メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    iPS細胞

    1:
    国環研など、ニワトリ体細胞からiPS細胞を効率的に樹立することに成功
    マイナビ:2017/05/10
    http://news.mynavi.jp/news/2017/05/10/258/

    国立環境研究所(国環研)などは5月8日、Oct3/4という遺伝子の働きを高めることでニワトリのiPS細胞を効率的に樹立できることを発見したと発表した。

    国立環境研究所生物・生態系環境研究センター 片山雅史特別研究員、大沼学主任研究員、岩手大学連合農学研究科 福田智一教授らの研究グループによるもので、4月7日付の国際科学誌「Journal of Cellular Physiology」に掲載された。


    鳥類のiPS細胞の樹立は困難であり、海外で数例の報告はあるものの、効率的なiPS細胞の樹立方法はこれまで確立されていなかった。そこで同研究グループでは今回、ニワトリをモデルとして鳥類の効率的なiPS細胞の樹立を試みた。


    具体的には、ニワトリの孵化後1日のヒナ由来の体細胞へ初期化因子を導入。初期化誘導のための遺伝子として、Oct3/4(Pou5F1)、Sox2、Klf4、c-Myc、Lin28、Nanogを使用した。さらにOct3/4の転写活性を高めるためにMyoDという遺伝子の転写活性領域の一部をOct3/4に結合。これらの遺伝子をひとつのベクターに連結させて、PiggyBacトランスポゾンシステムを用いて体細胞へ導入した。この結果、ニワトリの体細胞は初期化されることが明らかになった。


    このニワトリ由来の初期化細胞は長期間の継代が可能であり、同細胞の分化能力を確認したところ、三胚葉分化能力を有しており、iPS細胞であることがわかった。多能性は、FGF(Fibroblast growth factor)シグナルと、PouVおよびNanogの高発現により維持されており、哺乳類で報告されているFGF依存型のiPS/ES細胞と近い性質であるという。


    同研究グループは、今回の成果をもとに、さまざまな野生鳥類のiPS細胞を樹立し、各細胞へ分化誘導することで、感染症や農薬の評価系を構築することができると説明している。



    ▼関連サイト
    国立環境研究所の報道発表
    http://www.nies.go.jp/whatsnew/20170508/20170508.html

    2017年5月8日
    ニワトリ体細胞からの効率的なiPS細胞の樹立
    絶滅危惧鳥類に対する感染症や農薬等の影響評価への応用も!


    ▼関連スレ
    【医療】iPSで拡張心筋症治療…京大、臨床研究申請へ [無断転載禁止]2ch.net
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1494193468/

    引用元: ・【医療/バイオ】ニワトリ体細胞からiPS細胞を効率的に樹立することに成功と発表 国立環境研究所などのグループ©2ch.net

     ニワトリ体細胞からiPS細胞を効率的に樹立することに成功と発表 - 国立環境研究所などのグループ の続きを読む

    1:
    【AFP=時事】

    透明な液体で満たされた人工子宮で、ヒツジの胎児を正常に発育させる実験に成功したとの研究論文が25日、発表された。超未熟児の死亡や生涯にわたる身体障害を回避する助けになる可能性のある成果だという。


     英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に発表された論文の主執筆者で、米フィラデルフィア小児病院(Children's Hospital of Philadelphia)の胎児外科医のアラン・フレイク(Alan Flake)氏は、このシステムは子宮内での胎児の自然な発育が継続するように設計されていると話す。フレイク氏は電話記者会見で「それが、このシステムの優れた点であり、超未熟児に現在行われている対応策の改良につながると楽観している理由でもある」と語った。


     現在、妊娠期間が40週ではなく22~23週程度で生まれる新生児は、生存率が50%で、生存した場合でも90%の確率で重度の長期的な健康問題が発生するとされている。子宮内の生活を再現する今回の最新システムは、人への使用が承認されれば、これらの確率を大幅に改善するかもしれない。研究チームは米食品医薬品局(FDA)と協力して、人への臨床試験の準備を進めており、3年以内に開始できる可能性があるという。


     胎児は、合成羊水で満たした透明なプラスチック袋に入れられ、子宮内と同じように液体を呼吸する。
    「液体の環境は、胎児の発育に不可欠だ」と、フレイク氏は述べた。臍帯(さいたい。へその緒)が管を通して袋の外部の機械につながれており、この機械が内部を通る血液に対して二酸化炭素(CO2)の除去と酸素の供給を行う。



    ■機械式ポンプは不使用

     機械式のポンプは使われておらず、胎児の心拍だけで作動し続ける。未熟児の肺や心臓は機械式のポンプなどによる外傷に耐えるには小さく、超未熟児は生存しても慢性的な肺疾患などの健康問題が生じることが多い。


     論文の共著者マーカス・デイビー(Marcus Davey)氏は「機械式ポンプによる不均衡な血流が引き起こす心不全を回避できるのも私たちのシステムの大きな利点だ」と語る。デイビー氏は同小児病院胎児研究センターの研究者で、今回のプロジェクトではチーフエンジニアを務めた。


     今回の研究では、ヒツジの胎児6匹を妊娠105~112日(人間の妊娠23~24週目に相当)の時点で母親の胎内から人工子宮に移して発育させる実験を行った。胎児は人工子宮内で最大28日間発育させた。ヒツジは、特に肺の発達が人間と非常に良く似ているという理由から、出生前治療の実験に長年用いられている。


     ヒツジの胎児は人工子宮内で「正常な呼吸と嚥下(えんげ)を示し、目を開け、羊毛が生え、動きがさらに活発になり、成長、神経機能、臓器の成熟のすべてが正常だった」とフレイク氏は説明した。実験に使われたヒツジのほとんどは人道的に殺して脳、肺、そのほかの臓器を調べた。数頭は哺乳瓶で栄養を与えて育てたところ「あらゆる面で普通に発育した」(フレイク氏)という。そのうちの1頭は研究から「引退」し、ペンシルベニア(Pennsylvania)州の農場で暮らしている。


     FDAの臨床試験が順調に進み、新生児に対する安全性と有効性が証明されれば、人工子宮システムはあと3~5年で利用可能になると、フレイク氏は語った。

    【翻訳編集】 AFPBB News


    Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000003-jij_afp-sctch

    引用元: ・【医学】超未熟児向け人工子宮、ヒツジ胎児が正常発育 米研究 [無断転載禁止]©2ch.net

     【動画アリ】超未熟児向け人工子宮、ヒツジ胎児が正常発育 - 米研究 の続きを読む

    網膜細胞

    1:
    他人の細胞から作った人工多能性幹細胞(iPS細胞)で網膜の細胞を作製し、「滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑(おうはん)変性」という目の病気の患者に移植する手術を理化学研究所などのチームが28日、世界で初めて実施した。手術は無事終了し、iPS細胞による再生医療の普及に向け大きく前進した。


     チームによると、患者は兵庫県在住の60代の男性。同日午後、神戸市立医療センター中央市民病院で手術を行った。京都大iPS細胞研究所が備蓄している健常者のiPS細胞を使い、理研が網膜細胞を作製。免疫のタイプが患者と同じで、拒絶反応が起きにくいことを確認して患部に移植した。


     加齢黄斑変性は網膜の中心にある黄斑という場所の機能が加齢に伴い損なわれ、視力が低下する病気。移植後の拒絶反応や症状改善の有無などを1年間観察し、3年間の追跡調査で安全性と有効性を確認する。


     理研などは平成26年、患者自身の細胞から作ったiPS細胞で網膜細胞を作製し、移植する世界初の手術を実施。患者は視力低下が止まるなど術後約2年たっても経過は順調だ。だが移植までの準備に11カ月かかり、費用も1億円と高額なことが課題だった。他人の細胞を使うと期間は約10分の1、費用も5分の1以下で済むとしていた。


     移植手術では、網膜細胞を溶液に浮遊させて患部に注射する方法を採用した。網膜の一部を切除し、細胞をシート状に加工して埋め込んだ前回と比べ、患者の負担や感染症の恐れが少ないという。


    産経ニュース
    http://www.sankei.com/life/news/170328/lif1703280037-n1.html

    引用元: ・【医療】他人のiPS細胞で網膜移植 理研、世界初の手術実施、無事終了 [無断転載禁止]©2ch.net

     世界初! 他人のiPS細胞の移植手術実施、無事終了。 再生医療の普及に向け大きく前進-理化学研究所など の続きを読む

    歯の再生

    1:
    岡山大、犬の歯を幹細胞で再生
    天然とほぼ同じ

    犬の幹細胞から作り出した歯のもとになる「歯胚」を、同じ犬の歯が抜けた部分に移植し、天然の歯とほぼ同じものを再生することに成功したと、岡山大と理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)のチームが16日付の英科学誌電子版に発表した。

     
    マウスでも成功例の報告があるが、岡山大の窪木拓男教授は「実用的な歯の再生治療が可能なことを大きな動物で実証した。人への応用を目指したい」としている。

    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:共同通信 2017/3/16 21:19
    https://this.kiji.is/215081735738426868

    ▽関連
    岡山大学 プレスリリース
    イヌの歯の再生に成功 大型動物モデルにおける構造・機能的に完全な歯の再生成功によりヒトにおける完全な歯の再生治療の実現可能性を証明
    http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id457.html
    図1 イヌ歯胚細胞を用いた再生歯胚の作成
    http://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press28/press-170317-1img1.jpg

    引用元: ・【再生医療】イヌの歯の再生に成功 犬の幹細胞から歯胚を作成、移植し天然の歯とほぼ同じものを再生/岡山大など©2ch.net

     人間の歯の再生にも期待が高まる!! イヌの歯の再生に成功! - 岡山大学と理化学研究所  の続きを読む

    no title

    1:
    人の細胞持つヒツジ胎児を作製
    将来の臓器移植想定、米で実験


    体のあらゆる細胞になる人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を、ヒツジの受精卵に入れて育て、人の細胞を持つヒツジの胎児を作ったと東京大の中内啓光教授が8日、仙台市で開かれている日本再生医療学会で明らかにした。

     
    iPS細胞を使い、ヒツジに人の細胞を持たせたのは初めて。中内氏は「さまざまな動物で、人の臓器を作れるかを調べる研究の一つ。将来は動物の体内で人の臓器を作り、移植に利用できるようにしたい」と話している。
     

    日本では人の細胞が混入した動物の受精卵を着床させることは禁じられているため、中内氏が教授を兼務する米スタンフォード大で実験した。

    ▽引用元:共同通信 2017/3/8 18:49
    https://this.kiji.is/212145389834946037

    引用元: ・【再生医療】東京大の教授 人の細胞持つヒツジ胎児を作製 将来の臓器移植想定、米で実験©2ch.net

     東京大学の中内啓光教授 人の細胞持つヒツジ胎児を作製 将来の臓器移植想定 の続きを読む

    このページのトップヘ