メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    ADHD

    ADHD

    1:
    発達障害の一つである「注意欠陥多動性障害(ADHD)」の小学生の母親283人の60%が、ADHDとの診断後「症状の原因がはっきりしてほっとした」と感じていたことが、塩野義製薬などのインターネット調査で明らかになった。


    同時に42%が「子どもの将来が心配で落ち込んだ」と答えており複雑な心情もうかがえるが、調査を監修した日本ADHD学会理事長の斉藤万比古医師は「子どもの行動の原因が、自分のしつけが悪いからだと悩んでいる母親も多い。医療機関などに早く相談してほしい」と呼び掛けている。


    ADHDは、じっと座っていることができず歩き回ったり、衝動的に行動を起こしたりする症状があり、先天的な脳の機能障害と考えられている。子どもで5%、成人で2・5%程度いるとされる。調査によると、子どもの行動の原因が病気かもしれないと感じたきっかけについて「周りからの指摘」と答えた母親は51%で、うち34%が保育園や幼稚園の担任からの指摘だった。


    子どもが何らかの病気だと感じてから医療機関の診療を予約するまでに、半年以上かかった人も4人に1人いた。


    =2017/02/24付 西日本新聞朝刊=

    http://news.livedoor.com/article/detail/12716946/
    2017年2月24日 14時10分 西日本新聞

    引用元: ・【育児】子がADHDと診断の母親 6割「原因分かり、ほっと」 専門家 早期の受診呼び掛け [無断転載禁止]©2ch.net

     子がADHDと診断の母親 6割「原因分かり、ほっとした」 専門家は早期の受診呼び掛け の続きを読む

    注意欠如・多動性障害

    1:
    【AFP=時事】注意欠如・多動性障害(ADHD)と診断された人の脳は、ない人に比べてわずかに小さいとする研究論文が16日、発表された。ADHDは身体的な疾患であり、単なる行動の問題ではないと論文は主張している。研究者らは、ADHDの人の脳についての分析が過去最大規模で行われた今回の研究で、「構造的な違い」や発育の遅れの証拠が見つかったとしている。


     オランダ・ラドバウド大学(Radboud University)医療センターのMartine Hoogman氏が率いた研究は、ADHDと診断された1713人とADHDのない1529人を対象に行われた。研究論文は、英精神医学専門誌ランセット・サイキアトリー(Lancet Psychiatry)に発表された。


     子どもに多く診断されるADHDでは、不注意、多動性、衝動性の症状がみられ、学校や家庭において支障をきたすことがある。


     ADHDの原因をめぐっては論争が続いており、なかには難しい性格の子どもを抑えるための薬を使う口実にすぎないとか、親が悪いとする専門家もいる。ADHD治療に使用されるリタリンのような薬については、副作用があることも指摘されている。


     今回の研究では、4歳から63歳までの被験者らにMRIスキャンを受けてもらい、その結果を分析。脳スキャンの画像から、脳全体の体積とともに障害に関連すると考えられている7つの領域の大きさが測定された。その結果、ADHDと診断された人の脳では、全体の体積および5つの領域がより小さいことが確認された。


     研究結果についてHoogman氏は「その差は極めて小さく、数%の範囲内だった。これらの差を見極めるうえで、研究が前例のない規模であったことが大いに役立った」と述べている。違いが確認された領域には、情動の制御をつかさどるへんとう体も含まれていたという。


     研究では、ADHDの薬の投与有無と脳の大きさには関連性は見られなかった。これにより薬が脳の変化に寄与していないことが示された。


     Hoogman氏は、「研究を通じて構造の違いが確認され、ADHDが脳の疾患であることが示された」としながら、「この研究結が、ADHDを『単なる難しい子ども』や『親の教育の問題』とするレッテル貼りをなくす一助になることを願う」と話した。【翻訳編集】 AFPBB News

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000019-jij_afp-sctch

    引用元: ・【医療】ADHD、脳の大きさにわずかな差 大規模研究で確認 [無断転載禁止]©2ch.net

     ADHD、脳の大きさにわずかな差 大規模研究で確認 の続きを読む

    学習障碍

    1:
    このコラムでは全6回にわたり、未就学期におけるお子さんの子育てや育ちの環境について、おもに発達の遅れや偏り、「発達障害」の側面から、その特徴や具体的な関わり方について紹介していきます。



    ◆近年、急速に身近になった「発達障害」というキーワード

    最近、小学校の授業における学級崩壊の話がこれまで以上に取りざたされるようになりました。授業に集中できない児童が複数いて、授業が円滑に進まない、集中できない…。そのほか、授業は遅れがちな児童の学習ペースに合わせる必要もあるため、なかなか授業が進まない、など。いわゆる「発達障害」の可能性がある児童が増えているので、学級運営は難しい、という声もあります。


    私が運営している保育所の未就学児の中にも、発達が気になる子どもが増えていると感じています。でも、発達に遅れや偏りが見られる子どもは、今になって急に増えてきたのでしょうか?


    2003年の文部科学省による「通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する全国実態調査」では、通常学級の小・中学校の6.3%(男子8.9%、女子3.7%)に発達障害の行動特徴がある、と示されています。そして、2012年に行われた同様の調査「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果について」では、公立小学校の通常学級に発達障害の可能性のある児童は6.5%(男子9.3%、女子3.6%)でした。つまり、10年前とほぼ同じ数字となっています。


    筆者が小学生だった30年以上前にも、クラスに1人は、席に落ち着いて座っていられなかったり、極端に授業についてこれない児童がいた記憶があります。また、そのような同級生に対し、無意識のうちにみんなで自然とサポートして授業を受けていたことを、子どもながらに覚えています。


    それでも、子どもの発達の偏りや遅れについて世間で語られることが増えたのは、「発達障害」という言葉が身近になり、世のお母さん、お父さんの間でも広く認知され始めたことを示しています。しかし、ほとんどの方は、具体的に発達障害とはどんなものか、よくわからないと感じているのではないでしょうか。



    ◆そもそも、発達障害って何?どのような症状のこと?

    発達障害は、大きく以下の4つに分類されます。

    1、知的発達の障害を中心とする知的障害(精神遅滞)MR
    2、自閉症を中心とする広汎性発達障害PDD
     ※近年は自閉症スペクトラム障害(ASD)という名称に変わりつつある。
    3、多動などの行動の問題を中心とする注意欠損/多動性障害(AD/HD)
    4、発達のある側面だけが特に障害されている発達の部分的障害(特異的発達障害)LD学習障害など

    それぞれについて、詳しく解説します。

    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0217/res_170217_5973010759.html
    リセマム2月17日(金)13時30分

    引用元: ・【社会】発達障害1 子どもに見られる発達の偏り・遅れ…発達障害とは?4つの分類や定義を解説 [無断転載禁止]©2ch.net

     発達障害とは? 子どもに見られる発達の偏り・遅れ の続きを読む

    スティーブ・ジョブズ

    1:
    おそらく誰でも記憶にあるだろう。小学校や中学校の頃、ひとときもじっとせず、おしゃべりをやめず、しかもその発言がKYなのに意外と本質を突いていたりして教師を困らせる、というタイプの生徒が一人くらいはいたことを。その生徒はいまなら間違いなく「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」と認定されるだろう。


    『ADHDでよかった』(新潮新書)の著者で、自身もADHDだという立入勝義氏は、在米20年のコンサルタント。立入氏によると、ADHDは人口の数%はいるが、一般的な理解が進んだのは、せいぜいここ10年くらいとのことだ。「私が小学生中学生だった30数年前には、発達障害についてはほとんど理解されていませんでした。当然ながら私も『多動で不注意の問題児』という扱いでしたし、実際、問題もたくさん起こしました」(立入氏)。


    一方で、ADHDは別名「天才病」とも言われ、特定の分野で際立った才能を発揮する人も少なくない。スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツをはじめ、有名なIT起業家の大半はADHDなどの発達障害であるとの見方もある。また、マイケル・フェルプスやブリトニー・スピアーズ、あるいは大人のADHDの啓発活動をしている勝間和代氏のように、自身のADHDを公言している著名人も少なくない。


    立入氏も、日本の大学入試は「不注意」で全敗したものの、アメリカに渡ってUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)を卒業し、マーケティングや事業開発を専門にしてキャリアを築いた。自分で起業した経験も持っている。「好奇心旺盛で、興味を持ったことには徹底してのめり込むADHDの人は、組織での規律を求められるサラリーマンには向いていないかも知れませんが、自分の好きな事業に好きなだけ打ち込める起業家には向いていると思います。特にIT周辺の事業とは親和性が高いので、IT業界は『ADHDだらけ』です」(立入氏)


    ちなみに、日本の起業家の中でも自身のADHDを自覚している人がいる。楽天の三木谷浩史氏もその一人だ。ジャーナリストの大西康之氏が著した『ファーストペンギン 楽天・三木谷浩史の挑戦』(日本経済新聞出版社)の中で、三木谷氏は、「他の人と違う。ADHDの傾向があるかもしれない」と自己分析している。


    実際、小学校時代の三木谷氏は、授業に興味を失うとふらふらと教室を出て行き、いつも廊下に立たされていたという。本の中で描かれる三木谷氏は、疲れ知らずで働き続け、会話をしていても普通の人にはついて行けないほど話は飛びに飛び、世界中をプライベートジェットで飛び回っている。しかも、興味のあることには熱狂的に入れ込み、「頭の中では同時に何本もの列車が走っている」が、興味のないことには露骨にソッポを向いてしまう。こうした特徴は、ADHDの特徴に極めてよく似ている

    http://news.livedoor.com/article/detail/12605516/
    2017年1月30日 6時12分 デイリー新潮

    引用元: ・【企業】スティーブ・ジョブズや楽天・三木谷氏も? 発達障害「ADHD」には起業家・天才がゴロゴロ [無断転載禁止]©2ch.net

     発達障害「ADHD」には起業家・天才がゴロゴロいるって本当? の続きを読む

    発達障害4

    1:
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だったりと発達障害の人が苦手とする分野があります。注意しているのに困難な場合は、発達障害かもしれません。まずは、セルフチェックを行ってみましょう。


    1、約束を忘れやすい
    2、長時間座っているのが苦手
    3、仕事のツメがあまい
    4、不注意によるミスが多い
    5、単純作業が苦手
    6、1対1で話しているのに会話に集中できない
    7、よく物を置き忘れたり、無くしたりする
    8、雑音で気が散ってしまうことがよくある
    9、落ち着かない、ソワソワすることがよくある
    10、時間に余裕があってもリラックスできない
    11、一方的にしゃべりすぎてしまう
    12、相手の会話をさえぎってしまう
    13、順番待ちをするのが苦手
    14、慣れていない場所はかなり緊張する
    15、あいまいな表現の会話が理解できない


    これらのチェックリストにある項目は、一般的には努力や注意をすればできるもの。発達障害の人の場合は、やろうと思ってもできないのです。発達障害と気づかずに、そのまま生活を続けると「自分は仕事ができない」と自己嫌悪に陥り、うつ病などの二次障害が発生することにもなりかねません。


    半数以上当てはまったり、特に気になる項目がある人は、まわりの人に相談をするのはもちろん、地域の相談センターや専門医に相談をしてみましょう。

    http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20170110/Goorank_4003.html

    引用元: ・大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック 半数以上当てはまると注意が必要 [無断転載禁止]©2ch.net

     大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック 半数以上当てはまると注意が必要 の続きを読む

    このページのトップヘ