メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    高血圧

    1:
    太っていても医学的に健康でいられるという発想は都市伝説――。
    英バーミンガム大学の研究チームによるこうした報告が、ポルトガルで開かれている欧州肥満学会議で発表された。まだ中途段階にある研究内容は論文掲載されていないが、肥満していても心臓疾患や糖尿病や高コレステロールの症状が出ていなければ後年の健康に悪影響はないという従来の説を覆す結果が得られたという。


    「太ってても健康」説は、血圧や血糖値などの代謝性に関する数値が正常値の範囲ならば、仮に体重が正常値を超えていても大丈夫だという、魅惑的なものだった。バーミンガム大の研究者たちが、1995年から2015年にかけて、英国の350万人の一般診療記録を調べて、実際はどうなのか検証した。


    調査期間の当初に肥満(体格指数=BMI30以上)しているものの、心臓疾患や高血圧、高コレステロール、糖尿病の症状が出ていない人を追跡調査した。その結果、肥満しつつ「代謝的には健康」な人たちは、正常な体重の人たちよりも、後になって心臓疾患や脳卒中、心不全などになるリスクが高いことが分かったという。



    ■「太ってても健康」は本当にでまかせなのか

    英心臓病基金のマイク・ナプトン医師は、「これほど大規模な研究が、古くから伝わる都市伝説を解明するのは、めったにないことだ」と評価する。「研究結果は、非常に真剣に受け止めるべきだ。医療関係者には留意してもらいたい」 「これまでは、肥満によって血圧やコレステロール値が上昇するから、心臓発作につながるのだと考えられていた。しかし今回、肥満という以外はまったく健康だったかもしれない人も、心臓疾患にかかるリスクが高いと判明したのが、私には新しい発見だった。太り過ぎと言うだけで、心臓発作や脳卒中の危険が高まるのだ」


    ただし今回の発表は論文が専門誌にまだ掲載されていないため、他の複数研究者による検証が行われていない。このため、結論の精度や、どれくらい健康問題のリスクが高まるのかなど、把握しにくい。



    ■ではどうするべきか

    英心臓病基金によると、心臓の健康を維持するための通常のアドバイスがここでも有効だという。つまり、たばこは吸わず、バランスのとれた食事をし、日常的に運動をしてアルコール摂取量を抑えるというものだ。これを続ければ、人は健康でいられるという。


    「ただし、個人のせいにするのではない」とナプトン医師は補足する。「これは制度を作る人たち、地方自治体の議員や食品業界の関係者や政府に対する警鐘だ。健康になるための手立てを誰もが簡単に選べるような仕組みを、こうした人たちに確実に作ってもらいたい。 」


    バーミンガム大学のリシ・カレヤケティー医師はさらに、「代謝異常の有無にかかわらず、医療従事者は率先して肥満している人たちに減量を勧め、支援すべきだ。人口全体でみると、いわゆる代謝的に健康な肥満というのは、無害な状態ではない」と指摘した。



    ■誰もが同意するのか

    その一方で、太っていても、持って生まれた遺伝子などによっては健康でいられると結論する研究もある。たとえば2012年に発表された研究論文は、代謝性疾患がなければ太っていても健康でいるのは可能だと示唆している。欧州心臓疾患ジャーナルに掲載された米サウスカロライナ大学によるこの論文では、肥満していても身体的に健康な人は、体重が正常な人に比べて、心臓病やがんにかかるリスクが特に高いわけではないと書いている。



    ■健康と肥満――計測しにくい? 

    しかし他の専門家たちは、肥満と健康のレベルを科学者が計測する方法によって結果が左右されるだけに、この分野の研究は厄介だと指摘する。英キングス・コレッジ・ロンドンで栄養学が専門のトム・サンダース名誉教授は、バーミンガム大の研究について、データの区切り方が大きな弱点だと言う。たとえば高血圧や高コレステロール状態にあるかどうかを絶対値で定義しているが、人が健康かどうかをそのような絶対値で線引きするのは不正確だし、それほど単純な話ではないと教授は指摘する。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-39945161-bbc-int

    ※続きます

    引用元: ・【医学】「太ってても健康」は都市伝説 心臓疾患や脳卒中のリスクが高くなることが英研究で判明 [無断転載禁止]©2ch.net

     「太ってても健康」は都市伝説 心臓疾患や脳卒中のリスクが高くなることが英研究で判明 の続きを読む

    1:
    現役医師らが自ら、現代医療に蔓延る「過剰診療」、「無駄な医療」の内部告発に乗り出した。それがチュージング・ワイズリー(賢い選択)だ。2012年に米国の内科専門医認定機構(ABIM)財団が「不要かもしれない過剰な検診や、無駄であるばかりか有害な医療を啓発していこう」と呼びかけたキャンペーンだ。


    その活動は拡大し、現在は全米74の医学・医療の専門学会が協力し、400以上の「無駄な医療」を指摘している。この活動は今やカナダ、ドイツ、イタリアなど17か国に広がり昨年10月には日本でも『チュージング・ワイズリー・ジャパン(以下、CWJ)』が立ち上がった。発起人となった七条診療所所長で佐賀大学医学部名誉教授の小泉俊三氏のほか、約20人の現役医師や医療専門家が名を連ねている。


    CWJでは、日本独自項目の啓発を行なうと同時に、すでに米国で報告されている項目の中から日本人にも有益だと思われるものを翻訳し、ホームページ上で公開している。現在は約50の項目が掲載されているが、そのうち成人男性に関連が深い5つを紹介する。




    【1】鎮痛薬は高血圧を引き起こす。心臓や腎臓に疾患がある人は使うべきではない

    痛みを抑える目的で、「NSAIDs(=非ステロイド性抗炎症薬)」と呼ばれる薬が処方されている。しかし、使い方を誤れば危険が迫る。やわらぎクリニック副院長で、CWJメンバーの北和也氏がいう。「ロキソニンやボルタレン、セレコックスなどが代表的です。高血圧により心臓や腎臓の機能を悪化させてしまうこともあります」


    膝や腰が痛い高齢者が鎮痛剤を服用して血圧が上がり、今度は降圧剤を飲むという“処方の悪循環”に陥る例もあるという。



    【2】抗菌薬入りの点眼薬は不必要。有害なケースも

    結膜炎で処方される点眼薬も場合によっては無駄である。総合診療医の岸田直樹氏が指摘する。「結膜炎の原因の多くはアレルギー性やウイルス性であり、菌を殺す抗菌薬入りの点眼薬では、そのどちらにも効果がありません。ごく稀に淋菌性結膜炎という細菌感染が原因の場合もありますが、これはわずか数%に過ぎない」


    抗菌薬入りの点眼薬は、かゆみや痛み、腫れや充血を起こす原因にもなるとされる。




    【3】不眠症の治療薬として「抗精神病薬」はあまり効果がない。重い副作用のリスクもある

    【続きはサイトで】
    https://www.news-postseven.com/archives/20170413_509048.html

    引用元: ・【医療】日本の成人男性に関係深い「無駄な医療リスト」5つ [無断転載禁止]©2ch.net

     日本の成人男性に関係深い「無駄な医療リスト」5つ の続きを読む

    1:
    【血圧を下げる新常識】ポケモンGOも血圧対策に有効、米論文でも報告 40~50代で高い継続率

    ポケモンGOを続けているのは、むしろ中高年層に多いという

    no title

    羽田明教授
    no title

    zakzak 2017.04.26
    http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20170426/dct1704261530001-n1.htm


     血圧が異常に高い状態が続くと、心筋梗塞や脳卒中、さらには高血圧性腎症にもつながる。しかし、高血圧はサイレントキラー(沈黙の殺し屋)と呼ばれるように、自覚症状がない場合が多く重大なリスクについてはピンとこない。国の施策では、自助努力を促そうとさまざまな働きかけを行っているが、中には、有効とはいえないものもある。そのひとつが、食品のパッケージや飲食店のメニューに記載された栄養表示だ。


     この料理は「何キロカロリー」「食塩含有量」「ナトリウム含有量」などと書かれていて、選択しやすいのだが、大多数の高血圧症の人の改善には、役立っていないそうだ。


     「栄養表示などは、国内外で広く導入されている方法ですが、多くの人の高血圧を改善するというエビデンス(科学的な根拠)は示されていません。健康意識の高い人は、表示を気にしますが、そうでない人は気にしない傾向があると思われます」


     こう指摘するのは、千葉大学予防医学センター副センター長の羽田明教授。千葉県内の国民健康保険組合の健診データを基にして、生活習慣病などの疫学研究を進め、予防に役立つ新たなアプローチの開発を行っている。


     「現在、高血圧の治療薬を飲んでいる人と、服用していない人の5年後の医療費の増減を調べています。しかし、リスクや不利益を示して脅しただけでは、高血圧を改善しようと思う人は増えません。楽しみながら改善できるよりよい方法を模索中です」


     ストレスを飲食で発散していると、表示カロリーより「好きなもの」「満足感を得られる料理」を選びがちだ。改善しようとしても、仕事などでイライラしていれば、健康的な食事は二の次になりがち。「わかっているけれど止められない」といった状況の回避は、なかなか難しい。


     「最近、米国の論文で、スマートフォンのゲーム『ポケモンGO』が、健康によい影響を与えそうだといった報告が、出始めていいます。スマホ歩きは危険なのでお勧めしませんが、若者より40~50代の継続率が高く、達成感が得られるため、自然に歩数が増えているようなのです」


     「ポケモンGO」は、位置情報によって日常の中でポケットモンスターを見つけるゲーム。ポケモンを捕まえるために、身体活動が高まりやすいのだ。


     「ご自身で達成感や楽しみをぜひ見つけてください。それが高血圧の改善策で最も大切なことだと思っています」と羽田教授は話す。食生活の見直しが楽しくなる自分なりの方法を探しだそう。(安達純子)

    引用元: ・【健康】ポケモンGOも血圧対策に有効、米論文でも報告 40~50代で高い継続率©2ch.net

     ポケモンGOも血圧対策に有効、米論文でも報告 40~50代で高い継続率 の続きを読む

    1:
    22日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)で、サンドウィッチマン・伊達みきおが、自身の健康状態に医師から警告を受けたと明かした。番組のオープニングでは、サンドウィッチマンらがゲストとして登場し、健康の話題となった。伊達は「最近、僕がヤバくて」と切り出し、「血圧測ったら200超えてた」「上が211で、下が145だった」と明かすと、スタジオからどよめきが起きた。


    そして伊達は、医師から目の前で「今、死んでもおかしくない」と警告されたというのだ。不健康の理由について、伊達は「お腹がいっぱいじゃないと眠れない」と説明し、相方の富澤たけしは「夜中にカステラ食うんですよ」と暴露した。


    しかし伊達は「できるだけ食べるようにしてますね」と言い出し、MCの久本雅美から「逆! 逆!! できるだけ食べないようにしてください」とツッコまれたのだった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12971360/
    no title

    引用元: ・サンド・伊達みきお 不健康で医師から警告「今、死んでもおかしくない」 血圧 上211 下145 [無断転載禁止]©2ch.net

     サンドウィッチマンの伊達みきお、血圧が上211・下145 で「今、死んでもおかしくない」と医者に言われる の続きを読む

    高血圧

    1:
     高血圧は、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高める。異常に高い値の血圧は、血管にダメージを与え、動脈硬化を促進するからだ。それは防がなければならない。


     動脈硬化には、高血圧以外にも、老化をはじめ、悪玉といわれるLDLコレステロール、生活習慣に伴う2型糖尿病などが関わる。心筋梗塞や脳卒中のリスクを下げるには、血圧のコントロールに加え、その他の動脈硬化の要因も改善することがなによりだ。


     東京医科大学病院循環器内科の冨山博史教授は、次のように指摘する。

     「生活習慣病のひとつである脂質異常症では、LDLコレステロール値140(単位・mg/dl、以下同)以上で、『高LDLコレステロール血症』と診断され、心筋梗塞などのリスクが高くなります。2型糖尿病を合併している場合は、さらにリスクが高まり、LDLコレステロール値120以下が目標値です。高血圧の人も、LDLコレステロール値に注意していただきたいと思います」


     日本動脈硬化学会の「脂質異常症治療ガイド2013年版」では、糖尿病、慢性腎臓病、脳梗塞、足などの血流が悪くなる末梢動脈疾患のいずれかがある場合は、高リスクとして、LDLコレステロールを120以下にすべく、生活習慣の改善を指導する。心筋梗塞の人は100以下にすることが必須だ。


     一方、高血圧の人は、その他のリスクを複合的に合併することが多々あるため、高い値のLDLコレステロールによる動脈硬化を防ぐことも、意識することが大切になる。「すでに高血圧の治療を受けている方で、LDLコレステロール値が高い場合は、主治医に相談してみてください。リスクをひとつずつ減らすことを考えましょう」


     動脈硬化を防ぐには、高塩分食や高脂肪食などの見直しや、1日30分以上の有酸素運動が功を奏す。しかし、仕事が忙しいと運動は後回しになりがちだ。加えて、この時期、外気が寒いと「駅から自宅まで歩く」というのも、身震いして避けたいと思う人はいるだろう。暖かい電車から冷たい外気に触れることで、血圧も急上昇しやすくなる。これでは運動もままならない。


     「寒いときには、室内での運動を心掛けてみてください。膝や腰が悪くなければ、職場の階段の上り下りも運動になります。また、最近は24時間利用できるジムもあります。ご自身に合った運動習慣を取り入れましょう」と冨山教授はアドバイスする。


     高血圧だけでなく、動脈硬化を防ぐことも忘れずに。 

    http://www.zakzak.co.jp/smp/health/disease/news/20170208/dss1702081530001-s1.htm

    引用元: ・【医療】高血圧だけ気にしてはダメ LDLコレステロールは動脈硬化の危険因子©2ch.net

     高血圧だけ気にしてはダメ! LDLコレステロールは動脈硬化の危険因子 の続きを読む

    このページのトップヘ