メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    高血圧

    高血圧

    1:
     高血圧は、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高める。異常に高い値の血圧は、血管にダメージを与え、動脈硬化を促進するからだ。それは防がなければならない。


     動脈硬化には、高血圧以外にも、老化をはじめ、悪玉といわれるLDLコレステロール、生活習慣に伴う2型糖尿病などが関わる。心筋梗塞や脳卒中のリスクを下げるには、血圧のコントロールに加え、その他の動脈硬化の要因も改善することがなによりだ。


     東京医科大学病院循環器内科の冨山博史教授は、次のように指摘する。

     「生活習慣病のひとつである脂質異常症では、LDLコレステロール値140(単位・mg/dl、以下同)以上で、『高LDLコレステロール血症』と診断され、心筋梗塞などのリスクが高くなります。2型糖尿病を合併している場合は、さらにリスクが高まり、LDLコレステロール値120以下が目標値です。高血圧の人も、LDLコレステロール値に注意していただきたいと思います」


     日本動脈硬化学会の「脂質異常症治療ガイド2013年版」では、糖尿病、慢性腎臓病、脳梗塞、足などの血流が悪くなる末梢動脈疾患のいずれかがある場合は、高リスクとして、LDLコレステロールを120以下にすべく、生活習慣の改善を指導する。心筋梗塞の人は100以下にすることが必須だ。


     一方、高血圧の人は、その他のリスクを複合的に合併することが多々あるため、高い値のLDLコレステロールによる動脈硬化を防ぐことも、意識することが大切になる。「すでに高血圧の治療を受けている方で、LDLコレステロール値が高い場合は、主治医に相談してみてください。リスクをひとつずつ減らすことを考えましょう」


     動脈硬化を防ぐには、高塩分食や高脂肪食などの見直しや、1日30分以上の有酸素運動が功を奏す。しかし、仕事が忙しいと運動は後回しになりがちだ。加えて、この時期、外気が寒いと「駅から自宅まで歩く」というのも、身震いして避けたいと思う人はいるだろう。暖かい電車から冷たい外気に触れることで、血圧も急上昇しやすくなる。これでは運動もままならない。


     「寒いときには、室内での運動を心掛けてみてください。膝や腰が悪くなければ、職場の階段の上り下りも運動になります。また、最近は24時間利用できるジムもあります。ご自身に合った運動習慣を取り入れましょう」と冨山教授はアドバイスする。


     高血圧だけでなく、動脈硬化を防ぐことも忘れずに。 

    http://www.zakzak.co.jp/smp/health/disease/news/20170208/dss1702081530001-s1.htm

    引用元: ・【医療】高血圧だけ気にしてはダメ LDLコレステロールは動脈硬化の危険因子©2ch.net

     高血圧だけ気にしてはダメ! LDLコレステロールは動脈硬化の危険因子 の続きを読む

    減塩しょうゆ

    1:
    長らく日本では、「減塩=体によい」が当然とされたが、最近になって、次のような衝撃的なタイトルが躍り、大反響を呼んでいる。

    《「塩分を減らせば血圧は下がる」は間違いだった》(週刊ポスト2016年11月25日号)

    《気をつけろ! 減塩しすぎると認知症になる》(週刊現代2016年12月17日号)


    全国で1010万人が罹患し、国民病といわれる高血圧。放置すれば動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞、糖尿病などさまざまな病気のリスクが高まる。それゆえ高血圧の原因である塩分の摂取を抑制すれば、健康を維持できる――これが従来の「定説」だった。だが一連の記事は、減塩に高血圧対策としての意味がないばかりか、減塩が認知症を招くとまで指摘するのだ。



    60代女性がため息をつく。「私も夫も血圧が高くて、毎日塩分の量を気にして、夫にブーブー言われながらも薄味の食事を作ってきました。それが無駄だったばかりか、減塩しすぎると認知症になるだなんて。夫が『ほら、見ろ』なんてうれしそうな顔をして記事を見せてきて、私は戸惑うやら悲しいやら…」


    この女性のように毎日の減塩を心がけてきた人は多い。減塩のしょうゆやみそは人気だし、減塩カップラーメンまで登場。減塩料理のレシピ本も相次いで発売されている。


    それだけに従来の「減塩信仰」を全否定するかのような記事の連発に動揺が広がっている。「減塩こそ健康のもと」は間違いだったのか――。



    ■減塩で血圧は下がるのか下がらないのか?

    人間ドックや健康診断で「血圧が高い。塩分の摂りすぎです」と医師に指摘されたことのある人は多いはずだ。イシハラクリニック院長で医師の石原結實さんが塩分と血圧の関係を解説する。「塩分を摂取すると血中の塩分濃度が高くなり、それを薄めるために血液内の水分が多くなります。すると血液全体の循環量が増え、血管に圧力がかかって血圧が増します」


    この高血圧を防ぐ手段とされるのが「減塩」だ。厚労省の『日本人の食事摂取基準』(2015年)は、理想的な1日の食塩摂取量を男性8g、女性7gと定める。日本高血圧学会の『高血圧治療ガイドライン』も「1日6g未満」をベースに高血圧患者の献立を決めている。


    この基準をクリアするのは難しい。例えば、天丼1人前(塩分4.1g)、たくあん2切れ(同1.5g)、梅干し1個(同2g)を食べるだけで塩分量は7.6gになり、3食どころか1食だけで「1日6g未満」をオーバーしてしまうのだ。


    こうした減塩を「意味がない」と否定する論文が、前述の週刊ポストが紹介した、1988年にロンドン大学などが英国、日本など32か国の約1万人を対象に行った「インターソルトスタディ」だ。調査の結果、「1日の塩分摂取量が6~14gの人には、塩分摂取と高血圧に相関関係が見られなかった」ことが判明し、同誌は1日の塩分摂取について、「日本人の平均摂取量である12g程度なら問題はない」とする専門家の見解などを伝えた。


    つまり、1日12gの塩分を摂っても血圧は高くならず、一般的な食事なら無理に塩分を控えなくてよいとの考えだ。従来の常識を覆すこの“新説”について、坂東ハートクリニック院長の坂東正章さんは、こう指摘する。「私もその調査結果を読みました。ナトリウム摂取量と血圧の間には万人に当てはまる関係はありませんが、一定の相関関係が認められている。その点にこそ注目すべきです。つまり、摂取する塩分が多いほど血圧が高くなる人がいることは科学的に証明されています。ですから、私は従来通り、血圧が高い人は厚労省が推奨するレベルの減塩を目標とすべきだと考えます」


    ただし問題は、塩分を摂っても血圧が「上がる人」と「上がらない人」がいることだ。前出の石原さんが言う。「食塩を摂取すると血圧が上がるか上がらないかは、その人の食塩感受性に関係があります。食塩感受性が高い人は腎臓からナトリウムを排出する機能が弱く、塩分を摂取すると血圧が上がります。1995年の東大の藤田敏郎教授(当時)の調査では、日本人のうち食塩感受性が高い人は約2割、低い人は約5割とされます。つまり、日本人の2人に1人は塩分を摂っても血圧が上がらないんです」

    http://www.news-postseven.com/archives/20170116_484108.html
    http://www.news-postseven.com/archives/20170116_484108.html?PAGE=2
    http://www.news-postseven.com/archives/20170116_484108.html?PAGE=3

    引用元: ・【医療】「減塩信仰」は間違いだった!? 日本人の2人に1人は塩分を摂っても血圧が上がらないらしい [無断転載禁止]©2ch.net

     「減塩信仰」は間違いだった!? 日本人の2人に1人は塩分を摂っても血圧が上がらないらしい の続きを読む

    high-blood-pressure

    1:
     高血圧になるのを防ぐうえで、冬本番でも、光熱費が気になって暖房をつけるより厚着をして凌ぐ人は要注意。東京女子医大教授・渡辺尚彦医師が解説する。「室温が低いと、体が熱の放出を防ぐために血管が収縮し、血圧が上がる原因になります。厚着で凌ぐより適切に暖房を使用したほうが血圧にはいい」 


    そのうえで、さらに血圧を下げるポイントがあると渡辺医師が続ける。「首を温めるようにしてください。首には体温調節の役割を持つAVA(動静脈吻合)という特殊な血管があり、寒いと感じると閉じ、血圧を上げてしまう。しかも一度閉じると10~40分は開きません。ですから、室内でもマフラーの使用をお勧めします」


     折々で論争になる“男性の小用問題”。「掃除が大変だから座ってしてよ」と妻に再三注意されても、面倒なので結局立って用を足してしまう。これも血圧には悪影響だという。「理想は暖房便座に座っての“座り小便”です。立ち小便の場合、小水を30センチ先に飛ばすことが必要になり、無意識のうちにかなりの腹圧がかかっています。すると一瞬のうちに血圧が急上昇するのです」(渡辺医師)

     そろそろ妻の軍門に下るしかないか……。


    ※週刊ポスト2016年12月16日号
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161208-00000018-pseven-life

    引用元: ・【医療】高血圧を気にする男性は暖房便座に座って小便をしよう©2ch.net

     高血圧が気になる男性は暖房便座に座って小便を! の続きを読む

    高血圧

    1:
    ◆血圧新基準は患者激減恐れた「高血圧マフィア」が潰した

    日本高血圧学会が定める「高血圧」の基準値は、2014年のガイドラインでは、まず血圧の上(収縮期)130mmHg以上を正常高値血圧と呼び“高血圧予備群”として注意を促し、さらに140以上を「高血圧」と分類し、治療対象にしている。


    本誌・週刊ポストは今から2年前の2014年、「血圧147は健康値」という大特集を組んだ(5月12日号)。この根拠は、日本人間ドック学会が同年4月、健康保険組合連合会との共同研究による、「新たな健診の基本検査の基準範囲」と題した報告書を発表したことにある。約150万人に及ぶ人間ドックの健診受診者のデータから、健康な人の「正常な基準範囲」の上限として、現行基準よりも大幅に緩い147という数値を公表した。


    これまで高血圧と診断されていた人たちが「正常」となるならば、いったいこれまでの基準値は何だったのか──本誌がこの報告を大々的に報じたことで、血圧の基準値をめぐる大論争に発展した。この人間ドック学会の発表に対し、他の学会が猛反発した。高血圧学会や動脈硬化学会は、〈人間ドック学会の「基準範囲」は日本国民の健康に悪影響を及ぼしかねない危険なもの〉と強く批判した。


    その結果、人間ドック学会はその後、「あくまで健康の目安であり、病気のリスクを示したものではない」とトーンダウンしてしまう。果たして、「血圧147は健康値」という新基準は誤りだったのか。健康基準についての研究を行なう東海大学名誉教授の大櫛陽一・大櫛医学情報研究所長は「新基準は正しかった」と断言する。


    「同時期(2014年)に米連邦政府のガイドライン作成委員会(JNC8)が決めた新基準では、血圧は60歳以上なら上は150以上が高血圧とされた。それどころか60歳未満については上の基準を定めること自体に『科学的根拠がない』とも指摘しています。人間ドック学会の新基準はこの数値とも近く、高く評価されるべきものでした。


    が、日本では高血圧の基準が非常に厳しく定められているため、それと相容れない新基準は医師会や臨床学会から大きな批判を浴び、脅えた人間ドック学会も議論自体を引っ込めてしまったのです。日本の高血圧基準を見直す大きなチャンスだっただけに、残念でなりません」


    なぜ、そうまでして医療界は新基準を潰したかったのか。「過去の調査によると、30~80歳の男女で『血圧の上が130以上』には全体の約30%の人が当てはまります。それに対し、新基準で基準範囲外とされる148以上の人は約8%しかいない。高血圧とその予備群が3分の1以下になる。この基準が臨床に適用されれば、高血圧患者が激減して町医者の経営が成り立たなくなり、薬局にも大ダメージになる。だから、業界を挙げて猛反発したのです。


    その動きを牽引したのが、降圧剤のセールスのために、学会に働きかけて血圧の基準を下げてきた集団です。欧米では『高血圧マフィア』と呼ばれるその集団によって、20年前に米国政府やWHO(世界保健機関)の血圧基準が下げられた。その反省から、基準が緩和されたのです。


    ところが、日本では今も既得権に固守する勢力が、学会と厚生労働省の定める基準に強い影響を及ぼし、基準がそのままという現実がある」(同前)


    ※週刊ポスト2016年12月23日号

    (▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)

    NEWSポストセブン 2016.12.14 07:00
    http://www.news-postseven.com/archives/20161214_474701.html?PAGE=2

    引用元: ・【医療】血圧新基準は患者激減を恐れた「高血圧マフィア」が潰した [無断転載禁止]©2ch.net

     降圧剤でぼろ儲け?! 血圧新基準は患者激減を恐れた「高血圧マフィア」が潰した の続きを読む

    このページのトップヘ