福山友愛病院

1:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00050188-yom-soci

精神科治療を行う、広島県福山市の福山友愛病院(361床)が昨年11~12月、統合失調症などの患者6人に本来は必要のないパーキンソン病の治療薬を投与していたことがわかった。


病院を運営する医療法人「紘友(こうゆう)会」の末丸紘三会長の指示による投薬で、病院側は取材に「使用期限の迫った薬の在庫処理がきっかけの一つ」と説明。患者の一人は投与後、嘔吐(おうと)し、体調不良となっていた。


病院によると、末丸会長は病院で精神科医としても勤務しており、昨年11月28日~12月6日、主治医に相談せず、パーキンソン病の治療薬「レキップ」の錠剤(2ミリ・グラム)を統合失調症などの患者6人に投与するよう看護師に指示し、複数回、飲ませた。また末丸会長は、通常の8倍の投与量を指示していた。

引用元: ・【医療】在庫処理のため、必要ない薬を患者に大量投与。広島県の福山友愛病院 [無断転載禁止]©2ch.net

 在庫処理のため、必要ない薬を患者に大量投与。広島県の福山友愛病院 の続きを読む