じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    誤診

    1:
    体験者たちが語る無念の実例
    週刊現代
    講談社
    毎週月曜日発売

    「検査はしなくてもいいですか?」と問うと、「大丈夫です」と答える医師。しかし、がんは確実に患者の体を蝕んでいた――。そんな、悔やんでも悔やみきれない「がんの見落とし」を、経験者たちが振り返る。
    「心配いらないですよ」


    乳がんで亡くなった小林麻央さんは、生前、ブログにこんな言葉を残している。〈私も後悔していること、あります(中略)あのとき、/もうひとつ病院に行けばよかった/あのとき、/信じなければよかった〉('16年9月4日付)


    その言葉からは、病院や治療の選び方についての後悔が滲む。とりわけ彼女は、がん告知までの医師、病院の選択を深く悔いていた。なぜなら、その過程で医師が、がんを見落とした可能性があるからだ。


    麻央さんが初めてがんを意識したのは、'14年2月。夫の市川海老蔵と人間ドックを受け、医師にこう告げられた。「左乳房に腫瘤があります。これはしっかり検査して診てもらったほうがいいので、なるべく早く病院へ行ってください」 麻央さんが「がんの可能性もあるということですか」と尋ねると、「五分五分です」


    この段階で、がんのリスクはハッキリと麻央さんに提示されていた。しかしその直後、麻央さんは都内の虎の門病院で、マンモグラフィ検査などを受け、がんを疑う状況ではないと告げられる。麻央さんは重ねて、細胞を直接採取して調べる「生検」の必要はないかと確認したが、医師は、「必要ないでしょう。心配いらないですよ。半年後くらいに、念のためまた診てみましょう」と答えた。


    麻央さんはホッと息をついた。

    ところが検査から8ヵ月経った同年10月、麻央さんは左乳房にパチンコ玉のようなしこりに気づき、不安を胸に、再診を受ける。しこりについて虎の門病院の医師に報告し、触診を受けた。だがこの段階でも医師は、「大丈夫だと思います」と判断していたという。


    しかし、エコー検査をすると医師の表情が曇る。腋にもしこりがあると分かり、ようやく生検を受けることになった。そして、検査から約10日後の10月21日、がんが告知された――。「麻央さんの担当医は、かなり迂闊だったと思います」と指摘するのは、乳がんを専門とし、数千の手術を行ってきたベテラン医師である。


    「検査の段階でつまずいていた可能性が高い。当初、担当医はマンモグラフィを使ったようですが、授乳中はマンモグラフィが映りづらい。様々な可能性を考えて、生検も行うべきだったと思います。もちろん乳がんは診断が難しいですが、麻央さんの例に限らず、医師が独りよがりに診断を下してしまい、『これで診察は終わり』と打ち切ってしまうケースは見受けられます。大抵は経験が浅かったり、過去の失敗の反省がない医師ですね」

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52231

    引用元: ・【話題】「あのとき信じなければ」小林麻央さんも後悔 がんを見落とす医者 [無断転載禁止]©2ch.net

     「あのとき信じなければ」小林麻央さんも後悔 がんを見落とす医者 の続きを読む

    1:
    6月29日 17時20分

    がんによる死亡率が12年連続で全国最悪の青森県は、がんの早期発見につなげようと県内の10の町と村で自治体のがん検診を受けた人を対象に調査したところ、胃がんと大腸がんについて検診の段階で患者の4割が見落とされていた可能性があることを示す分析結果をまとめました。がん検診の質を県が主体となって調べたのは今回が全国で初めてで、専門家はがん検診は早期発見に極めて重要だとしたうえで「がん検診の質が保たれているのかどうか、ほかの都道府県でも同様の調査を行い検証すべきだ」と指摘しています。


    がんによる死亡率が12年連続で全国最悪の青森県は、がんの早期発見につなげようと胃がん、大腸がん、子宮頸がん、肺がん、乳がんの5つのがんについて、平成23年度に自治体によるがん検診を受けた県内10の町と村の住民延べ2万5000人を対象にその後の経過を調べました。


    検診を受けて異常なしと判定されたのに1年以内にがんと診断された人を見落としの可能性があると定義し、その割合を調べたところ、検診の段階でがんを見落とされた可能性がある人はバリウムによるX線検査を行った胃がんで40%、便に含まれる血を調べる「便潜血検査」を行った大腸がんで42.9%、子宮の入り口の細胞を調べた子宮頸がんで28.6%に上ることを示す分析結果がまとまりました。


    一方、肺がんは16.7%、乳がんは14.3%でした。専門家によりますと、一般にがん検診では20%程度の見落としは許容範囲と考えられているということです。がんの発見率を100%にしようとすると、がんでない多くの人に本来必要でない精密検査を行うことで結果として健康被害を引き起こすおそれがあるためで、20%程度であれば多くの場合、初期のがんでもあり次回の検診で見つければ影響も少ないためとだということです。


    今回の調査結果は胃がんと大腸がんで20%を大きく上回っていて、調査を行った弘前大学の松坂方士准教授は「4割というのは驚きでがんによる死亡率が高い原因の1つの可能性がある。がん検診は極めて重要な対策なので、今後は受診率を上げるとともに検診の質を高めていく取り組みを進める必要がある」と話しています。


    青森県は「4割捕捉できていない事は課題として受け止めたい。今回は町村部が対象でまだサンプル数が少ないので、今後、市部も含め複数年度調査を行いがん検診の質の向上に努めたい」と話しています。


    専門家によりますと今回の調査は自治体が医療機関を通じてがん患者の情報を集める「地域がん登録」システムのデータが整ってきたことなどで可能になった全国でも初めての調査です。国立がん研究センター検診研究部の斎藤博部長は「検診の質をどう管理するかは全国共通の課題でほかの自治体でも同様の検証を行うべきだ」と指摘しています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170629/k10011034551000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005

    引用元: ・【青森】胃がん・大腸がん 検診で“4割見落とされた可能性” 青森県調査 [無断転載禁止]©2ch.net

     胃がん・大腸がん検診で“4割見落とされた可能性” - 青森県調査 の続きを読む

    1:
    乳がん検診 超音波使う新技術を開発 日立
    日本放送協会:2017年5月24日 14時11分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170524/k10010993371000.html

    超音波を使う乳がんの検診で、検査をする人の技量に左右されずに高い精度で腫瘍を発見できる新しい技術を日立製作所が開発しました。日立が開発したのは、乳がんの検診のうち超音波を使う方式の新しい技術です。新しい技術では、受診者はうつ伏せになって水を満たした検査容器に乳房を入れるだけで検査を受けられます。


    従来の検診では、1つの方向から超音波を照射するため、腫瘍などの発見は検査をする人の技量に左右されていましたが、新しい技術はリング状の装置が超音波を360度から照射するため、検出の精度が大きく高まったということです。また、腫瘍の様子もより詳細に把握できることから、良性か悪性かの判定の精度も高まるとしています。


    日立では北海道大学病院と共同研究を進め、3年後の2020年をめどに実用化を目指すということです。開発に当たっている日立製作所基礎研究センタの川畑健一さんは「現状の検診よりも簡単に測れるうえ精度がよく、誰がやっても同じ結果が出る検査を目指して開発した」と話しています。



    ▼関連スレ
    【社会】日立がメインフレームのハード製造を中止、AP8800Eの後継はIBM機ベース
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1495551374/

    引用元: ・【医療/企業】高い精度の乳がん検診 超音波使う新技術を日立製作所が開発 ©2ch.net

     検査する人の技量に左右されない精度の高い乳がん検査機器を日立製作所が開発。  の続きを読む

    1:
    総合病院で集中治療室にて入院していた患者が突如容体が悪くなり、医師から死亡判定を受けて、霊安室に移された。死亡したと判定された男性は82歳と高齢で、5月9日の午後12時40分頃に担当医から心肺停止による死亡判定を受けた。この老人は長期間の肝臓透析でほかの病院で治療をうけていたが、容体が悪化し、8日に総合病院に移された。


    この男性の家族は死亡判定後1時間ほど経って、葬儀場霊安室に遺体を移したという。しかしそこで男性が突如動きだし家族は驚いた。最後の最後に身元確認する際に男性の体を覆っていた布が揺れたからだ。家族と葬儀場の関係者は男性が息をしているのを確認し、男性を再度集中治療室に戻した。


    男性はその後、2日ぶりに食事をするほど容体が好転し、近い内には一般病室に移動できるという。男性の家族は「父が生きていることを知らずに葬儀を行うところだった」と病院側を抗議した。


    病院側は当時心肺停止状態だった男性に心肺蘇生を十分にしたものの、呼吸と脈が戻ってこず、家族が見守る中で死亡診断を発行。通常の手続き通り進めたと述べた。また、男性の死亡判定を受けた後に、再度息を吹き返したのは医学的に説明が不可能だと付け加えた。この病院の関係者は「男性は認知症も患っていたが、息を吹き返したあとは家族の認識度が良くなっていた」「医師たちも苦しむミステリーだ」と述べた。

    http://gogotsu.com/archives/28934
    no title

    引用元: ・死亡判定された82歳のおじいちゃん遺体安置所で目を覚まし家族ビックリ! 食事ができる程元気に [無断転載禁止]©2ch.net

     死亡判定された82歳の男性、遺体安置所で目を覚ます! その後食事ができる程元気に - 韓国 の続きを読む

    1:
    嘔吐や耳鳴り 医師の決めつけで重病が放置された誤診の例
    zakzak 2017.04.23
    http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20170423/dct1704231000001-n1.htm

     「私の誤診率は14.2%である」--神経内科の権威で東大名誉教授の冲中重雄氏は、1963年、東大を退官する際の最終講義でこう述べた。これは臨床診断と剖検(病理解剖)結果を比較して出した数字で、医療関係者はその率の低さに驚嘆したが、市井の人々は逆に、日本最高の名医でも14%も誤診があるという事実に衝撃を受けた。


     また、2004年に世界的に有名な医学専門誌『Archives of Internal Medicine』に、フランスの医師らがICU(集中治療室)で死亡した人々の剖検結果についての論文を掲載した。そこには〈生前診断の約30%は誤診だった〉と書かれていた。誤診が起こる理由としてもっとも多いのが診察時の「見誤り」や「見落とし」だ。実例を見ていこう。


     〈眼科医に緑内障と診断されて以来、定期的に眼科で検査を受け、点眼薬を使い続けたが、右目の視野がどんどん狭くなっていった。治療効果が得られずおかしいと思い、大学病院でCTスキャンを撮ったところ、「脳腫瘍」だと宣告された〉


     脳は人体において最も重要な器官であるが、疾患の症状は多岐にわたるため、脳が原因だと疑われないケースもある。この患者は腫瘍摘出手術を受けたが、結果的に右目は失明してしまったという。上野毛脳神経外科クリニック院長の小林信介氏が解説する。「脳腫瘍が視神経を圧迫し、視力悪化や視野狭窄などの症状が出るケースです。急激な視力悪化など緑内障と症状が似ているため、誤診されることが多い。もっと早く精密検査をしていれば、失明せずに済んだかもしれません」


     高齢者の場合、脳腫瘍の発症部位によっては、軽度の認知症を引き起こすこともある。「もの忘れが1年ほど前からひどくなり、言葉が出なくなったという男性が先日来院され、MRI検査をしたところ脳腫瘍が見つかりました。腫瘍を手術で取り除いてからは、もの忘れの症状が改善されました」(同前)


     〈日常的な耳鳴りに悩まされ、近所の耳鼻科に相談したところ「耳鳴りは老化現象の一つだから仕方ない」と言われた。後日、別の病院で聴力検査を受けると、聴力に左右差があった。念のためMRIを撮ってみると、「聴神経腫瘍」という脳腫瘍が見つかった〉


     井上耳鼻咽喉科院長の井上里可氏が言う。「最初の医師はなぜ、単なる老化と決めつけたのか。耳鼻咽喉科医の間では、耳鳴りは、聴神経腫瘍の初期症状として知られています。この脳腫瘍は神経にできる“おでき”のようなもので、100人に1人くらいの割合で発生します。耳鳴りは脳腫瘍に限らず、様々な病気のサインであることが多い。“耳鳴りは放置してはいけない”と心してほしい」


     その他、くも膜下出血の誤診も起こり得る。くも膜下出血の典型的なサインといえば“頭をバットで殴られたような痛み”だが、それ以外に“首の後ろが痛むだけ”というケースもある。後者の場合、整形外科に行ってしまうと「寝違え」などと誤診され、症状が現われた時には手遅れという可能性がある。症状としては「嘔吐」や「吐き気」もポイントとなるため、もしそれらがあれば脳神経外科を受診するべきだろう。

     ※週刊ポスト2017年4月28日号


    聴神経鞘腫 治療が遅れると聴力失われることもあるので注意
    http://www.news-postseven.com/archives/20111021_65661.html
    血便が続く、吐き気が収まらない がんが見逃された誤診実例
    http://www.news-postseven.com/archives/20170421_513858.html
    原発性の脳腫瘍は1万人に1人の割合で発生 但し半数は良性
    http://www.news-postseven.com/archives/20110511_19972.html
    【がん検査法5/6】費用が高額なPET検査、MRIの精度は?
    http://www.news-postseven.com/archives/20160130_380121.html
    クモ膜下出血 年間5000人に1人発症し約40%が3日以内に死亡
    http://www.news-postseven.com/archives/20130323_177633.html

    依頼815

    引用元: ・【嘔吐や耳鳴り】医師の決めつけで重病が放置された誤診の例©2ch.net

     世間が思うより医師の誤診率が高い件  医師の決めつけで重病が放置された誤診の例 の続きを読む

    このページのトップヘ