献血3

1:
県赤十字血液センター、高校などで呼びかけ

少子化などを背景に、若者の献血離れが深刻化している。県内で昨年献血した人に占める10~30代の割合は38・3%にとどまり、初めて4割を割り込んだことが県のまとめで分かった。このままのペースで減少すれば、将来輸血に必要な血液が大幅に不足するとみられ、県赤十字血液センターは「若い世代は、血液不足を将来の自分の問題と考えて献血に協力してほしい」と呼びかけている。


県によると、県内の献血者は1991年の10万7069人をピークに減少。2005年に5万人を下回った…

http://mainichi.jp/articles/20170315/ddl/k44/040/264000c

引用元: ・若いの行ってこい!若者の献血離れ深刻化 10~30代、昨年初めて4割以下 [無断転載禁止]©2ch.net

 若者の献血離れが深刻化! 求む、若い世代の血液 の続きを読む