メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    虫歯

    1:
     子どもの虫歯の割合は、親の学歴によって差があり、子どもの成長につれて差が広がるという調査結果を、東北大の研究グループがまとめた。家庭環境によって健康格差が大きくなることを示しており、研究者は公的な支援の必要性を指摘している。


     子どもの虫歯は、親の学歴や収入と関わりがあると言われているが、この格差が子どもの成長につれてどうなるかは、あまり研究されていないという。


     東北大の相田潤・准教授(歯科公衆衛生学)らは、厚生労働省が実施している、2001年生まれの子どもを対象にした追跡調査の約3万5千人のデータを分析。両親の学歴で四つのグループに分け、2歳半から1年ごとに過去1年間に虫歯治療を受けた子どもの割合を算出し、比較した。


     その結果、両親とも大学以上を卒業した家庭では、虫歯治療を受けた子の割合は2歳半で5・6%、5歳半で31・5%だった。一方、両親が中学または高校卒業の家庭では、2歳半で8・5%、5歳半で41・5%で割合が高かった。虫歯治療を受けた割合の差の広がり方にも、統計学上の意味があったという。


     相田さんは「家庭環境によらず、メリットが受けやすい乳幼児健診での啓発、フッ素塗布など虫歯になりにくい支援をより充実させることが重要だ」と話している。(川村剛志)

     
    no title

    2017年6月19日12時2分 朝日新聞
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK5S73BKK5SUBQU01W.html?iref=sp_new_news_list_n


    引用元: ・【格差社会】子の虫歯、親の学歴で格差 成長につれ差が拡大…東北大調査 [無断転載禁止]©2ch.net

     【格差社会】子の虫歯、親の学歴で格差?! 成長につれ差が拡大 - 東北大調査 の続きを読む

    1:
     
    虫歯治療後の詰め物、かぶせ物の寿命(岡山大学・森田学教授)
    no title

     口の中の定期点検とクリーニングというメンテナンスのために、歯科医に通う人が増えてきた。長年、虫歯や歯周病など、何か問題が起きた時に受診する人が多かったが、歯を守っていくためには、それだけでは不十分だという認識が広がっている。とはいえ、まだ、習慣にしていない人も少なくないので、歯科メンテナンスの意義をおさらいしておきたい。


     歯に問題が起きてから歯科に行くのは、歯を失う道と言わざるを得ない。小さな虫歯なら、ちょっと削って詰める。深く進んでいたら、神経まで取ってクラウンをかぶせる。治療した詰め物、かぶせ物の寿命を調べた岡山大学の森田学教授(予防歯科学)の研究がある。平均すると、イラストのように10年もたない。詰めた物が外れる、かぶせたクラウンの下が虫歯になる、根の下に病変ができるといったトラブルが発生するからだ。この研究は10年余り前のもので、その後材料や接着剤などが改良され、もっともつようになった可能性はあるが、治療をすれば大丈夫というわけではない点に変わりはない。


     虫歯をつくるミュータンス菌や歯周病菌は、口の中で容易に増殖する。歯磨きやフロス(糸ようじ)、歯間ブラシで細菌や食べカスを取り除いても、取りきれない細菌が残る。また、歯は熱いもの、冷たいものという温度差にさらされ、食べ物をかむときに圧力が加わる。厳しい口内環境の中で、詰め物やかぶせ物と歯の間に隙間ができたり、これらの人工物が外れたり、傷んだりする。二次的な虫歯で再治療になれば、さらに歯は削られて小さくなる。神経を抜いた歯はもろくなる。歯の喪失に一歩ずつ近づいていく。こうした悪循環に陥らないため、日ごろのセルフケアや定期的な歯科メンテナンスが重要なのだ。



    80歳の時に20本が自分の歯、目標だが…

     日本人の多くが長年、「治療→再治療→歯の喪失」というサイクルを経験してきた。歯は上下合わせて28本あるが、厚生労働省の歯科疾患実態調査(2011年)によると、失った歯の本数は、50歳代前半の平均で2.6本、60歳代前半で5.9本、70歳代前半で11.0本になる。80歳の時に20本の自分の歯を残そうと、日本歯科医師会や厚労省は「8020」運動を主唱しているが、達成しているのはほぼ4割。80歳で残っている歯は平均で半数の14本だ。一方で、世界には「8020」を達成している国もある。歯科衛生の先進国と言われるスウェーデンだ。この差はなぜ生まれたのだろう。


     スウェーデンの予防歯科で知られる歯科医、アンダース・スコグルンドさんによると、1960年代末に歯科衛生士の教育が始まり、予防処置が行われるようになった。21歳以下は無料で歯科医療を受けることができ、幼いころからメンテナンスが習慣になっているという。22歳になると、メンテナンスに1回1万5000円程度かかるが、スコグルンドさんがいるカールスタッド市では、市民の9割が継続しているそうだ。治療費が日本の自己負担分と比べてかなり高いこともあって、予防重視の姿勢が徹底されている。それが残る歯の多さにつながっている。(以下ソースで)
    6/2(金) 12:12配信 読売新聞(ヨミドクター)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00010000-yomidr-sctch

    引用元: ・【医療】詰め物・かぶせ物は10年もたない? 治療で歯を失い続けてきた日本人 [無断転載禁止]©2ch.net

     詰め物・かぶせ物は10年もたない? 治療で歯を失い続けてきた日本人 の続きを読む

    1:
    ■銀歯を入れるのは日本人だけ?

    欧米諸国では、美しく白い歯や歯並びの良さはとても価値あるものとされ、社会的なステータスを表すものになっています。歯がきたないことが就職にも影響したり、自己管理できていない人だと思われ、仕事の営業成績にも影響があるぐらいです。そのため皆が歯を綺麗に健康に保つために、常に高い意識を持っています。


    また欧米では、予防や歯のクリーニングのために歯科医院に通う方が98パーセント、治療をするために通う方が2パーセントと言われています。しかし、なんと日本では98パーセントの人が治療のために歯科医院に通います。「日本人の女の子はとてもかわいいのに、笑うと歯が汚いのはなぜ?」と言われているのです。



    ■銀歯にはリスクがいっぱい

    歯医者に行ってなんとなく銀歯になり、また虫歯ができたから銀歯が増えるという悪循環。銀歯以外の詰め物やかぶせものは自費になってしまうから、保険内の治療でいいや……。こんな感じで日本人の口の中は銀歯だらけになってしまっています。


    日本で銀歯と呼ばれているものは、金と銀とパラジウムの合金で日本にしかないものです。国民皆保険制度のために最低限の歯の機能の回復ができる、安くて加工しやすい銀歯がその昔うまれましたが、最近はこの銀歯における悪影響が注目されてきています。



    ■銀歯によるリスク1:金属アレルギーを引き起こす

    口の中には細菌が何百億と住み、銀歯は日々熱いもの冷たいものそして咬合力を受け、過酷な環境に置かれています。そのため銀歯は劣化しやすく、傷つきやすくなっており、また銀歯の表面から金属がイオン化されて溶けだし、体の中の蛋白質とくっつくことで金属アレルギーを引き起こす可能性があります。


    金属アレルギーは口の中の異常だけに限らず、体全身の異常をきたす可能性があります。手が赤くただれたり、全身にぶつぶつができたりすることもあるのです。


    銀歯をいれてすぐに異常が出る場合以外に、何年もしてから体に異常が出てくることも多く、原因不明の皮膚病だと思われることがあります。とくに銀歯に含まれているパラジウムという物質はアレルギーを引き起こしやすく、パラジウムに対してアレルギー反応を持つ方は100名中20名~30名ほどいると言われています。



    ■銀歯によるリスク2:被せた歯がまた虫歯になる

    銀歯と歯は歯科用のセメントでくっついているのですが、正確にいうとぴったりくっついているわけではありません。銀歯を入れる際に歯との隙間をセメントで埋めて、セメントと銀歯の摩擦力でくっついているだけなのです。そのため入り込んだ虫歯菌によりまた中に虫歯がひろがっていたということは珍しくありません。中のセメントも劣化してくるので、古い銀歯のなかは気づいたら真っ黒になっていたなんてこともよくあります。


    銀歯の下のむし歯は発見しづらいですし、レントゲンにも写りにくいのでなかなか発見しにくいのも事実です。神経がない歯の場合には症状も出にくいので、しばらく歯科医院に行っていなかったら、歯を残せないほどにぼろぼろになっているなんてこともあります。


    このような状態を避けるためにも、定期検診は重要ですね。一方、セラミックのかぶせものや詰め物は歯やセメントと相性がよく、ぴったりくっついているため、銀歯に比べて再び虫歯になるリスクは格段に少ないです。



    ■銀歯によるリスク3:歯周病が悪化しやすい

    銀歯の表面は傷がつきやすく、その小さい傷に口の中の菌がたくさん寄ってきます。銀歯と歯茎の境目にも歯周病菌他たくさんの菌がたまりやすく、銀歯をいれてから歯周病の進行が早まったりもします。奥歯に銀歯を入れて数年したら、歯茎が腫れたり歯周病で歯が揺れてきた、という経験がある人もいるかと思います。


    銀歯の周りは特に汚れや菌が溜まりやすいので、歯ブラシ以外にも歯間ブラシやフロスを使い綺麗に歯を磨き、定期的に歯科医院での健診やクリーニングを受けていく必要があります。銀歯と歯茎の境目が菌の住処になっていると、口臭の原因にもなります。保険適用によって日本の歯科の治療は安く、誰でも受けられる利点もありますが、上記のように実は銀歯には様々なリスクもあるのです。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13086018/

    ★1:2017/05/19(金) 22:04:41.75
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1495199081/

    ※続きます

    引用元: ・【生活の知恵】本当は怖い歯の治療…銀歯を入れるのは日本人だけ リスクをよく理解する必要も★2 [無断転載禁止]©2ch.net

     本当は怖い歯の治療…銀歯を入れるのは日本人だけ リスクをよく理解する必要あり の続きを読む

    1:
    兵庫県の学校で行われた歯科検診で、虫歯の治療が必要と診断された子どものうち、65%が治療しないまま放置し、歯がほとんどなくなるなどして食べ物をかむことが困難な“口くう崩壊”という状態の子どもも300人以上いることが、歯科医などの団体が行った調査で初めてわかりました。


    この調査は、兵庫県内の公立と私立の小、中、高校などあわせて1409校を対象に兵庫県保険医協会が初めて行い、19.4%にあたる274校から回答を得ました。それによりますと、昨年度、それぞれの学校で行われた歯科検診で、虫歯の治療が必要と診断された子どものうち、65%にあたる2万2600人余りが治療しないまま放置していたことがわかりました。


    その割合は、▼小学校で46%、▼中学校で64%、▼高校で84%と年齢が上がるにつれて高まっていました。また、歯がほとんどなくなるなどして食べ物をかむことが困難な“口くう崩壊”という状態の子どもも、回答した学校の3分の1を超える97校に、あわせて346人いたことがわかり、兵庫県内では1800人にのぼると推定されています。


    口くう崩壊の原因を各学校に複数回答であげてもらったところ、▽家庭の所得が低いなどの経済的困難や、▽子どもの歯に対する保護者の理解不足、それに、▽1人親家庭といった理由がいずれも30%を超えていました。


    調査の中で、“口くう崩壊”の子どもについて、各学校の養護担当の教諭は次のように記述しています。「そしゃくが困難な状態が長い間放置されている」、「重度の歯肉炎で固いパンが食べられない」、「声が小さく、表情がない。食べるのが遅い」など、学校生活にも支障が出ている状況が伺えます。


    また、そうした子どもの家庭状況については、「経済的に困難でネグレクト傾向の母親」「仕事が忙しくて病院に行く暇がない、お金がない」「家庭で歯や健康の大切さを感じていない」など、家庭の経済的事情や保護者の理解不足を上げる回答が寄せられています。保護者だけの責任にするのではなく、貧困対策も含めて歯の治療を受けやすい環境を作ることが必要だ」と話しています。
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/2025766711.html

    引用元: ・口腔崩壊の子供が多いらしい  (^ν^)「口腔崩壊」画像検索っと → (;゙゚'ν゚') [無断転載禁止]©2ch.net

     【口腔崩壊】 虫歯の治療が必要と診断された子どものうち、65%にあたる2万2600人余りが治療しないまま放置 の続きを読む

    デンタルケア

    1:
    「『私は毎日歯を磨いているから大丈夫!』と思っている人も多いと思いますが、まずはその認識から変えてください」とは、歯科衛生士の豊山とえ子さん。


    「日本人の多くは、歯を磨けば虫歯や歯周病が防げると思っているようですが、これは間違い。日本では毎日歯を磨く人が95%もいるにもかかわらず、虫歯や歯周病が多いのがその証です。本当に必要なのは、歯を磨くことではなくプラーク(歯垢)コントロール。口内の細菌を取り除くことです」


    海外では小さい頃から口内の細菌の取り除き方を教わっているのに対し、日本では“何を取り除くか”を理解していない人が多い、と富山さん。そのため、正しいオーラルケアができないことが多いのだと語る。では正しいオーラルケアの方法とは?


    「ほとんどの人は、歯ブラシを歯の表面など当てやすい部分にしか当てておらず、歯垢が残ってしまっています。歯ブラシで落とせる歯垢は約61%というデータも。歯垢がたまるのは、歯と歯の間、歯茎のきわ、歯の真後ろ、奥歯のかみ合わせの溝の4つ」


    これを落とすにはワンタフトブラシ、歯間ブラシ、フロスも使うことが不可欠だとか。


    「まず歯ブラシは毛の先端とかかと部分を、歯の外と内それぞれの奥角と手前角に当てるのがポイント。歯茎のきわ、歯と歯の間の角に斜め45度に当て、5mm幅程度を上下または左右に小刻みに振動させて。1分間に数万回振動する電動歯ブラシなら歯1本に2秒ほど軽く当てるだけで効果的に歯垢が落とせてベターです。歯ブラシが届きにくい歯と歯の間には、ピンポイントで毛先が届くワンタフトブラシを使いましょう」


    特にいちばん奥の歯の向こう側や前歯には、ヘッドが直角のものが最適だそう。


    「また、歯と歯の間の歯垢の除去には歯間ブラシを。ただし歯間ブラシは歯の隙間に合わせてサイズを選ぶことが重要です。小さすぎると歯垢が残り、大きすぎると歯肉や歯を傷つけるのでストレスなく入るものを。歯と歯の間の隙間がない場合はフロスが◎」


    初心者には細めのワックス付きで、持ち手のあるものがおすすめとか。


    「指に巻きつけて使うフロスは自己流で使うと歯垢が残りがちなので、一度歯科医師や歯科衛生士に使い方を教わって。これらの組み合わせで歯垢除去率が格段に上がります」さらに、歯専用鏡や歯の汚れを染め出す液で確認しながら行えば理想的だそう。さぁ、さっそく今日から実行しよう!

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170119-00010000-ourage-life
    OurAge 1/19(木) 12:44配信

    引用元: ・【健康】毎日歯磨きしているのに、なぜ日本人には虫歯や歯周病が多いのか? [無断転載禁止]©2ch.net

     毎日歯磨きしているのに、日本人には虫歯や歯周病が多い理由とは の続きを読む

    このページのトップヘ