メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    自閉症

    学習障碍

    1:
    このコラムでは全6回にわたり、未就学期におけるお子さんの子育てや育ちの環境について、おもに発達の遅れや偏り、「発達障害」の側面から、その特徴や具体的な関わり方について紹介していきます。



    ◆近年、急速に身近になった「発達障害」というキーワード

    最近、小学校の授業における学級崩壊の話がこれまで以上に取りざたされるようになりました。授業に集中できない児童が複数いて、授業が円滑に進まない、集中できない…。そのほか、授業は遅れがちな児童の学習ペースに合わせる必要もあるため、なかなか授業が進まない、など。いわゆる「発達障害」の可能性がある児童が増えているので、学級運営は難しい、という声もあります。


    私が運営している保育所の未就学児の中にも、発達が気になる子どもが増えていると感じています。でも、発達に遅れや偏りが見られる子どもは、今になって急に増えてきたのでしょうか?


    2003年の文部科学省による「通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する全国実態調査」では、通常学級の小・中学校の6.3%(男子8.9%、女子3.7%)に発達障害の行動特徴がある、と示されています。そして、2012年に行われた同様の調査「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果について」では、公立小学校の通常学級に発達障害の可能性のある児童は6.5%(男子9.3%、女子3.6%)でした。つまり、10年前とほぼ同じ数字となっています。


    筆者が小学生だった30年以上前にも、クラスに1人は、席に落ち着いて座っていられなかったり、極端に授業についてこれない児童がいた記憶があります。また、そのような同級生に対し、無意識のうちにみんなで自然とサポートして授業を受けていたことを、子どもながらに覚えています。


    それでも、子どもの発達の偏りや遅れについて世間で語られることが増えたのは、「発達障害」という言葉が身近になり、世のお母さん、お父さんの間でも広く認知され始めたことを示しています。しかし、ほとんどの方は、具体的に発達障害とはどんなものか、よくわからないと感じているのではないでしょうか。



    ◆そもそも、発達障害って何?どのような症状のこと?

    発達障害は、大きく以下の4つに分類されます。

    1、知的発達の障害を中心とする知的障害(精神遅滞)MR
    2、自閉症を中心とする広汎性発達障害PDD
     ※近年は自閉症スペクトラム障害(ASD)という名称に変わりつつある。
    3、多動などの行動の問題を中心とする注意欠損/多動性障害(AD/HD)
    4、発達のある側面だけが特に障害されている発達の部分的障害(特異的発達障害)LD学習障害など

    それぞれについて、詳しく解説します。

    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0217/res_170217_5973010759.html
    リセマム2月17日(金)13時30分

    引用元: ・【社会】発達障害1 子どもに見られる発達の偏り・遅れ…発達障害とは?4つの分類や定義を解説 [無断転載禁止]©2ch.net

     発達障害とは? 子どもに見られる発達の偏り・遅れ の続きを読む

    発達障害3

    1:
    総務省行政評価局が、発達障害のある子どもの診断をしている医療機関の受診状況を調べた結果、半数以上の機関で初診までに3カ月以上待たされていることがわかった。中には約10カ月以上待たされる機関もあった。総務省は20日、厚生労働省に改善を勧告した。


    行政評価局は昨年8~11月、子どもの自閉症やアスペルガー症候群、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などの発達障害を診断できる医師がいる全国約1300の医療機関のうち、主要な27機関について調べた。


    その結果、高校生以下の受診者が初診を受けるまでにかかる期間は、1カ月以上3カ月未満が6機関、3カ月以上半年未満が12機関、半年以上が2機関あり、そのうち1機関では約10カ月かかっていた。初診を待つ子どもの数は10~49人が9機関、50~99人が4機関、100人以上が8機関だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000023-asahi-soci
    朝日新聞デジタル 1/21(土) 7:46配信

    引用元: ・【医療】発達障害、初診待ち最長10カ月 総務省が改善勧告 [無断転載禁止]©2ch.net

     発達障害、初診待ち最長10カ月 総務省が改善勧告 の続きを読む

    テレパシー

    1:
    ほとんど会話することができない自閉症の子どもの中に「テレパシー能力」を持つ者がいる可能性があることが科学者による実験で浮上した。他人の思考を自由自在に読む驚愕の実験映像とともにお伝えする。



    ■他人思考を読める子どもたち

    自閉症は軽度から重度まで広いスペクトラムを持つ先天的な脳機能障害だ。一般に、社会性やコミュニケーション能力に障害を抱えており、重度の患者の中にはほとんど身動きせず、意思疎通が極めて困難な者も存在する。ところが、米ニュースサイト「Collective Evolution」によると、ほとんど会話ができない自閉症の子どもに「テレパシー能力」が備わっているという驚きの研究が報告されたというのだ! 詳しく見ていこう。


    元ハーバード大学医学部会員であり、オレゴン州メドフォードの開業医としても活動しているダイアン・パウエル博士は、言葉を話すことができない自閉症の子どもを研究するうちに、彼らが「テレパシー能力」を持つことに気付いたそうだ。その中でも博士を最も驚かせたのが、当時7歳の女の子ヘイリーだ。


    実験が行われた2013年当時、ヘイリーは文字や数字を少し言うことができるだけで、それ以外はまったく喋ることができなかったという。また、簡単な計算もできなかったが、なぜか大人でも手間取る長大な計算に正解することがあったそうだ。当初、両親は「天才数学少女」だと思い込んだそうだが、セラピストが彼女に聞いてみたところ、意外な答えが返ってきたという。なんと、ヘイリーは他人の頭の中をのぞき見ることができるというのだ!


    驚いたセラピストが、自身の父親・大家・書籍の名前からI Love Youのドイツ語訳までヘイリーが知るはずのない情報を答えるよう指示したところ、全問完璧に解答してのけたという。


    当時行われた実験の様子が映像に残されている。ヘイリーは黙々とボード上の数字をペンでタッチし、面倒な割り算を完成させていくが、もちろんこの数式は彼女に知らされていない。ヘイリーはセラピストが計算機ではじき出した数値を、彼女の頭の中をのぞき見ることで知っているのだ。

    http://tocana.jp/2017/01/post_12061_entry.html

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=BBGwkk8vp3w


    引用元: ・【科学】自閉症の子どもに「テレパシー能力」があることが判明 7歳少女の実験動画に驚愕 ©2ch.net

     【動画アリ】 自閉症の7歳少女に「テレパシー能力」があることが判明  の続きを読む

    自閉症2

    1:
    自閉症児は黄色が苦手、そのかわり緑色を好む -発達障害による特異な色彩感覚-

    正高信男 霊長類研究所教授、マリン・グランドジョージ レンヌ第一大学講師らの研究チームは、自閉症スペクトラム障害(ASD)の特徴の一つと考えられる知覚過敏の中でも色彩に着目し、ASD児の色彩感覚にどのような特徴がみられるかを調査しました。


    赤、青、緑など6色の好感度を調査した結果、ASD児は黄色が苦手で緑色を好む傾向があることが分かりました。生活環境を整えるうえで色彩の面も配慮する必要があることを示唆する研究結果です。本研究成果は、2016年12月23日午後0時30分にスイスの学術誌「Frontier in Psychology」に掲載されました。

    --- 引用ここまで 以下引用元参照 ---

    ▽引用元:京都大学 研究成果 2016年12月26日
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/161223_2.html

    引用元: ・【発達心理】自閉症児は黄色が苦手で緑色を好む傾向 発達障害による特異な色彩感覚/京都大 ©2ch.net

     自閉症児は黄色が苦手で緑色を好む傾向。 発達障害による特異な色彩感覚を調査 - 京都大 の続きを読む

    1:
    【プレスリリース】自閉症の根本治療にマウスで初成功 〜次世代の治療戦略を提唱〜 | 日本の研究.com
    https://research-er.jp/articles/view/51264
     
    no title



    ポイント
    •自閉症の治療は発症原因に根ざした根本的な治療法が存在しない
    •発達障害・精神疾患に関与する遺伝子 CAMDI の欠損マウスは自閉症様行動を示す
    •自閉症様行動を引き起こす神経細胞移動の遅延は中心体の未成熟が原因と判明
    •中心体の未成熟は HDAC6 の過剰活性化が原因と判明
    •HDAC6 特異的阻害剤の投与により神経細胞移動の遅延は回復し自閉症様行動が改善

    ■概要■

    自閉症などの発達障害や統合失調症などの精神疾患の研究は、大きな社会的要請もあり重要な研究課題となっています。これまでにもその発症要因や治療法を探るために、遺伝子・分子レベルで研究されてきましたが、未だ発症原因に根ざした根本的な治療法は確立されていません。

    この度、東京薬科大学生命科学部の福田敏史講師、柳茂教授らのグループは、発達障害・精神疾患の発症との関与が示唆される遺伝子 CAMDI の欠損マウスを作製して解析を行いました。その結果、発達障害の原因の一つと考えられている大脳皮質の神経細胞移動の遅延が観察され、実際にこのマウスは多動、繰り返し行動、新規環境への適応不全などの典型的な自閉症様行動を示すことがわかりました。

    さらに、CAMDI が HDAC6 の酵素活性を制御していることを突き止め、CAMDI の欠損が HDAC6 の過剰な活性化を招いた結果、神経細胞の移動を調節する中心体が未成熟となり、神経細胞移動の遅延を引き起こすことを明らかにしました。これは自閉症の新たな発症メカニズムとしても注目されます。

    さらに、胎生期に HDAC6 特異的阻害剤である TubastatinAを投与すると、神経細胞の移動は正常に戻り、自閉症様行動も劇的に回復しました。これはマウスを用いた世界初の自閉症様行動の根本治療の成功例であり、次世代の治療戦略の方向性を示す画期的な研究成果です。


    (以下略)

    引用元: ・【医学/神経科学】自閉症の根本治療にマウスで初成功 次世代の治療戦略を提唱 [無断転載禁止]©2ch.net

     自閉症の根本治療にマウスで初の成功。 次世代の治療戦略をの方向性を示す画期的な研究成果 の続きを読む

    このページのトップヘ