じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    臓器移植

    1:
    つい先日、驚くべきものが3Dプリンタで製作された。それはなんと卵巣だ。3Dプリンタで作った人工卵巣を移植したメスのマウス3匹が、健康な子どもを出産したというのである。しかも、人工卵巣からは正常なレベルのホルモンが産出されており、母マウスたちは出産後に母乳を分泌したという。近い将来、病気などで卵巣を失った人々も、人工卵巣で自分の子どもを持つことができるようになるかもしれない――。


    研究をまとめた論文は、今月16日付の学術誌「Nature Communications」に掲載され、英紙「The Guardian」など多くのメディアで取り上げられて話題となっている。

    no title



    ■バイオ3Dプリンタとは

    模型やフィギュアといった小物から拳銃のような武器まで、設計図さえあればさまざまなものを手軽に作ることができる3Dプリンタ。最近では3Dプリンタ出力サービスも増え、安価な家庭用プリンタまで販売されている。その応用範囲は幅広く、宇宙開発はもちろん医療分野でも注目されている。


    3Dプリンタはインクの代わりにプラスチックや金属などの材料を噴射して立体物を造形する仕組みとなっている。今回の実験では、動物の卵巣に存在するコラーゲン由来のゼラチンを材料として噴射する「バイオ3Dプリンタ」が使用された。

    no title


    米・ノースウェスタン大学の研究チームは、このバイオ3Dプリンタを使い、ガラススライド上に人工卵巣を印刷した。人工卵巣は15mm×15mmと非常に小さなもので、3Dプリントされた基本的な構造の中に、マウスの卵巣から採取した卵胞が組み込まれている。この人工卵巣を、卵巣を除去したメスのマウスに移植したところ、オスと交尾して出産した。人工卵巣には血管が通り、産出されたホルモンも正常に作用しており、出産したメスは授乳さえできたという。


    ■いずれは人間にも応用

    研究チームはこの成果がいずれは人間にも応用できるとしている。しかし、人間の卵巣はマウスのものよりはるかに巨大で、血管の位置を含めた特別な設計が必要だという。卵巣に限らず、臓器は細胞と血管が入り混じった複雑な構造をしているため、3Dプリンタによる作成が非常に難しい。この問題が解決されれば、人工卵巣のみならず、多くの臓器や組織を3Dプリンタで作成することが可能になるとされている。


    光っているのが人工卵巣由来の子マウス

    no title


    以前よりトカナでもお伝えしているが、3Dプリンタは頭蓋骨や顔などの治療においてすでに大きな成果を上げている。だが、その応用分野が生殖医療にも及ぶというのは驚きではないだろうか。ガンなどの病気の治療の過程では、生殖機能を損なってしまう人々も多い。今回の研究はそのような人々にとっての福音となりうるだろう。


    3Dプリンタと再生医療を組み合わせることで、いずれはさまざまな臓器を作ることができるようになるだろう。そうなれば、プラモデルのように臓器や人体パーツを組み合わせ、理想の体を作ることができるかもしれない。あるいはアンドロイドに人工の卵巣と子宮を組み込み、子どもを産んでもらえる時代が訪れるかも?

    そんなSFのような未来は、案外遠くないかもしれない。

    http://tocana.jp/2017/05/post_13282_entry.html
    http://tocana.jp/2017/05/post_13282_entry_2.html

    引用元: ・【医療/不妊治療】3Dプリンタで作った人工卵巣で妊娠・出産、マウスで実現!人間の臓器も“すべて印刷する”時代到来 [無断転載禁止]©2ch.net

     3Dプリンタで作った人工卵巣で妊娠・出産、マウスで実現!人間の臓器も“すべて印刷する”時代到来 の続きを読む

    1:
    死刑を執行された死刑囚の臓器を取り出して販売する国が存在する。その国とは隣国である中国である。

    中国は世界で最も末期患者で溢れている。中国政府は死刑囚の臓器を正式に販売してきたが、中国衛生部の統計によると、毎年臓器移植のために待機している人が150万にものぼるという。その内1万人余りが移植手術を受ける。


    このような死刑囚の臓器移植が世界的に議論となる。中国政府は2015年から清秋の臓器を利用した移植手術を全面的に中止すると宣言したが、まだ中国内の不法な臓器移植が行われているのが現状。また、2月には中国高官が中国死刑囚の臓器をヤミ販売する犯罪事例が起きた。


    世界医師会(WMA)オートマクロエバー事務総長は「中国の公約は、行政トリックに過ぎない」と非難。国際臓器倫理協会(IAEOT)イスンウォン会長は「中国当局は死刑囚の臓器を摘出する行為を中断するという約束を数回破った。中国は、自国の信念・思想のために不法監禁され、いつでも臓器を摘出れる危機に瀕し『良心の囚人』が大勢存在する」としている。いわゆる濡れ衣を着せられた人や冤罪である人も中にはいるということだ。カナダ、米国など各国調査団の調査によるとこの良心の囚人の数は2000~4000人と非常に多い。


    中国は既に死刑囚の臓器摘出が禁止されている状況で、このような議論が起きることを「ナンセンスだ」と反論した。中国は表向きは法律で禁止しているが、現在も死刑囚の臓器が摘出されているのが現状。政府も知っていて黙認している状態なのだ。

    http://gogotsu.com/archives/28167
    no title

    引用元: ・死刑囚の臓器を取り出して違法に販売する国が存在 中には冤罪の人も…… その国とは [無断転載禁止]©2ch.net

     死刑囚の臓器を取り出して違法に販売する国が存在。 中には冤罪の人も… の続きを読む

    1:
    日本臓器移植ネットワークは22日、埼玉医大総合医療センターに入院していた6歳以上10歳未満の男児が、臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。15歳未満の脳死判定は13例目。

    移植ネットによると、男児は頭部外傷により21日夜に脳死判定を受けた家族が臓器提供に同意し、22日夕に摘出手術が行われる。 

    男児の肺は福岡大病院で50代女性、もう片方の肺は東大付属病院で50代女性、肝臓は国立成育医療研究センター(東京)で10歳未満の女児、腎臓の一つと膵臓(すいぞう)は藤田保健衛生大病院(愛知)で30代女性、もう片方の腎臓は防衛医大病院(埼玉)で60代男性に移植される予定。小腸は医学的理由で移植を断念した。

    以下ソース:時事通信 2017/04/22-12:24
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042200349&g=soc

    引用元: ・【医療】10歳未満男児の臓器提供へ=15歳未満の脳死13例目©2ch.net

     埼玉医大総合医療センターに入院していた6歳以上10歳未満の男児の臓器提供へ=15歳未満の脳死13例目 の続きを読む

    豚人間

    1:
    人の細胞持つブタ胎児作製 米、将来の臓器移植見据え

    【ワシントン共同】人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)をブタの受精卵に注入し、人の細胞が交ざったブタの胎児を作ることに初めて成功したと米ソーク研究所などのチームが26日、米科学誌セルに発表した。
     

    将来的にブタの体内で人の臓器を作り、人に移植する再生医療につなげることを目指す技術だが、倫理的に問題だとする指摘も根強い。

     
    チームは人の皮膚から作ったiPS細胞を、1466個のブタの受精卵に注入し、41匹のブタの子宮に戻した。
    186個の受精卵が最長4週間育って胎児となり、うち67匹が人の細胞を持っていることを確認した。



    ▽引用元:共同通信 2017/1/27 12:431/27 12:49updated
    https://this.kiji.is/197518507767006708

    ▽関連
    Salk Institute for Biological Studies
    Salk News January 26, 2017
    New findings highlight promise of chimeric organisms for science and medicine
    http://www.salk.edu/news-release/new-findings-highlight-promise-chimeric-organisms-science-medicine/

    Cell
    Interspecies Chimerism with Mammalian Pluripotent Stem Cells
    http://www.cell.com/cell/fulltext/S0092-8674(16)31752-4
    http://www.cell.com/cms/attachment/2081749851/2072569773/gr1.jpg

    引用元: ・【再生医療】人の細胞持つブタ胎児作製 ヒトのiPS細胞をブタの受精卵に注入 将来の臓器移植見据え/米ソーク研究所など©2ch.net

     人の細胞持つブタ胎児作製 ヒトのiPS細胞をブタの受精卵に注入 将来の臓器移植見据え - 米ソーク研究所など の続きを読む

    臓器移植2

    1:
    臓器提供システムに不具合 2人が心臓移植受けられず

     日本臓器移植ネットワークは、脳死からの臓器提供があった際、どの患者に臓器を提供するかを選ぶシステムに不具合が見つかり、本来、心臓移植を受けるはずだった患者2人が手術を受けられないミスがおきていたと明らかにしました。 ネットワークでは、これまでにも患者の選定を誤るミスが相次いでいて、システムは、その改善のために去年導入したものでした。


     27日、会見した日本臓器移植ネットワークによりますと、脳死からの臓器提供があった際、どの患者に臓器を提供するのかを選ぶシステムに不具合が見つかり、去年10月以降行われた21例の脳死からの臓器提供のうち3例で、移植手術を受ける患者の選定を誤っていたことがわかりました。


     その結果、本来心臓移植を受けるはずだった患者2人が、移植を受けられない事態となっているということです。


    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    NHK 1月27日 17時47分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170127/k10010855311000.html

    引用元: ・【医療】臓器提供システムに不具合 2人が心臓移植受けられず ©2ch.net

     臓器提供システムに不具合 2人が心臓移植受けられず の続きを読む

    このページのトップヘ