じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    脳腫瘍

    1:
    http://www.afpbb.com/articles/-/3125918?act=all

    【4月21日 AFP】イタリアの裁判所がこのほど、携帯電話の長時間にわたる使用が原因で良性の脳腫瘍ができたと訴えた男性労働者の主張を認め、社会保障当局に賠償するよう命じた。イタリア北部イブレア(Ivrea)裁判所の判決は11日に言い渡されたが、20日に初めて公になった。今後、不服申し立てが行われる可能性もある。


     訴えを起こしたのは、ロベルト・ロメオ(Roberto Romeo)さん(57)。裁判では、15年にわたり、仕事で日々3~4時間の携帯電話の使用を余儀なくされていたと話した。ロメオさんは、携帯電話を悪者扱いしたくないとしながらも、使い方にはもっと気を付ける必要があると話す。そして、「最初は、右耳が常に詰まったような感覚があった。2010年に腫瘍と診断されたが、幸いなことに良性だった。ただ、聴覚神経を切除する必要があり、今は何も聞こえなくなった」とこれまでの経過を説明した。


     専門家は、腫瘍とその治療により、ロメオさんの身体機能の23%に支障が生じたと算出。これを受けて裁判所は、損害賠償として月々500ユーロ(約5万9000円)を支払うよう国民労災保険協会「INAIL」に命じた。携帯電話による健康へのリスクの有無を調べた研究の大半は、一般的な使用であれば、人の健康を脅かす深刻なリスクはないと結論付けている。


     しかし、過度の使用で一定のリスクが生じる恐れがあるとする研究結果もあり、多くの専門家らは、この比較的新しいテクノロジーに対して適切な評価を下すのは時期尚早との見解を示している。(c)AFP

    2017/04/21 12:11(ローマ/イタリア)

    引用元: ・【健康】携帯電話の長時間使用で脳腫瘍に、原告の主張認める 伊裁判所 [無断転載禁止]©2ch.net

     携帯電話の長時間使用で脳腫瘍に、原告の主張認める - イタリアの裁判所 の続きを読む

    東京女子医科大学

    1:
    東京女子医科大学病院で通常の16倍の抗てんかん薬を処方され、その後、死亡した長浜裕美さんの夫が28日、「妻は過剰投与の副作用で死亡した」として病院と担当医師らを相手取り約4300万円の損害賠償を求める裁判を起こした。


    *+*+ 日テレNEWS24 +*+*
    http://www.news24.jp/articles/2017/03/28/07357582.html 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    引用元: ・【社会】16倍の薬処方され…東京女子医大病院を提訴 [無断転載禁止]©2ch.net

     通常の16倍の抗てんかん薬(ラミクタール)を処方…東京女子医大病院を提訴 の続きを読む

    黒沢健一

    1:
     脳腫瘍で療養中であることを公表していたシンガー・ソングライターの黒沢健一さんが、5日午前3時52分に亡くなった。享年48。黒沢さんの公式サイトで7日、発表された。通夜及び葬儀は近親者のみで執り行われ、後日ファンに向けた「お別れ会」の開催が予定される。

     黒沢さんが結成したバンド「L⇔R」のメンバーもコメントを発表。ギターで黒沢さんの弟でもある黒沢秀樹は「僕の実兄である黒沢健一は12月5日の深夜、夜明けを待たずに旅立ちました。家族の見守る中、安らかに眠るような最期を迎えることが出来ました」と報告し、「兄の遺してくれた作品が、一人でも多くの人の悲しみや絶望を癒し、希望の糧となってくれることを心から願っています」と呼びかけた。

     ベースの木下裕晴は「健一は自分の近くに長く一緒にいてくれた友人でもあります。よく会っていましたし、ソロの活動にも参加させてもらっていました。昨日亡くなった本人に会いましたが、寝ているくらいにしか思えず、未だに全く実感が湧きません」とコメント。

     元メンバーの嶺川貴子も「3年前久しぶりの再会をした時、健一君はぜんぜん変わっていなくて、笑顔で優しかった。短い時間だったけど、あの時再会できてよかった。発見された、健一君が描いた''いけんを言うもも'' の絵は、本当に私に似ていますね。大事にします。ありがとう」と追悼した。

     黒沢さんは19歳で南野陽子、島田奈美などへ楽曲提供やCM曲提供など、作家としてデビュー。1991年に弟の秀樹、木下裕晴と共にバンド「L⇔R」を結成し「Knockin' on your door」などがヒット。1997年に「L⇔R」を活動休止し、ソロアーティストとして活動を開始していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00000318-oric-ent

    引用元: ・【訃報】「L⇔R」黒沢健一さんが死去 今年10月に脳腫瘍を公表 [無断転載禁止]©2ch.net

     【訃報】「L⇔R」黒沢健一さんが死去 今年10月に脳腫瘍を公表したばかり の続きを読む

    コーヒー

    1:
    朝日新聞デジタル 11/5(土) 19:23配信

     日本人でコーヒーを1日3杯以上飲む人は、脳腫瘍(しゅよう)を発症するリスクが低いという研究成果を国立がん研究センターの研究チームがまとめた。コーヒーの成分の一部が発がん抑制に関係している可能性があるという。

     国内10地域に住む40~69歳の男女約10万人に、コーヒーを飲む頻度など習慣を聞き、その後約20年にわたり経過をみたところ、157人が脳腫瘍を発症した。

     研究チームは、コーヒーを1日3杯以上、1~2杯、1杯未満と飲む頻度で3グループに分けて、年齢や喫煙歴などの影響を取り除き、脳腫瘍のリスクを調べた。その結果、1日3杯以上飲む人は、1杯未満の人に比べて、脳腫瘍の発症リスクが53%低かった。

     コーヒーに含まれるクロロゲン酸やトリゴネリンという成分には抗酸化作用などの働きがあり、発症を抑えた可能性があるという。一方、海外では1日7杯以上と過剰に飲むと逆にリスクが高まるとの報告もあり、研究チームは、予防効果が出やすい適量があるとみている。緑茶についても同様に調べたが、関連は見られなかった。

     同センターの澤田典絵室長は「脳腫瘍の症例そのものがあまり多くなく、科学的根拠として確立するには、さらなる研究成果の蓄積が必要」と話している。

     研究成果は、国際対がん連合(UICC)が発行するがん専門誌「インターナショナル・ジャーナル・オブ・キャンサー」(電子版)に掲載された。(川村剛志)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00000065-asahi-soci

    引用元: ・【社会】コーヒー1日3杯で脳腫瘍リスク減?過剰摂取は逆効果も 国立がん研究センター [無断転載禁止]©2ch.net

     コーヒー1日3杯で脳腫瘍リスク減、過剰摂取は逆効果 - 国立がん研究センター の続きを読む

    1:
    がん克服の米少女、いじめ苦に自殺 笑顔うまく作れず
    http://www.cnn.co.jp/usa/35091459.html
    no title


    米オハイオ州の小学校に通う11歳の少女が、学校で執拗(しつよう)ないじめに遭って自殺した。母親によると、少女は脳腫瘍(しゅよう)の治療の後遺症で笑うと表情がゆがむ症状があり、これを理由にいじめを受けていたという。


    小学6年生のベサニー・トンプソンさんは3歳の時に脳腫瘍と診断され、放射線治療を受けて2008年にがんを克服した。しかし治療の過程で神経を損傷し、笑顔がぎこちなくなった。特にひどいいじめを受けた10月19日、ベサニーさんは親友にもうこれ以上耐えられないと言い残し、自らの命を絶った。


    親友の父親はベサニーさんの母親ウェンディー・フォイトさんに電話で連絡したが、間に合わなかった。ベサニーさんはこの日帰宅すると、自宅にあった銃で自分を撃って死亡した。子どもたちの目の届かない場所にしまってあった銃を、ベサニーさんが探し出したと見られる。


    ベサニーさんは優しくて活発で、水泳と動物と音楽が大好きな少女だった。


    フォイトさんはベサニーさんが自殺する2日前、校長にいじめのことを相談し、校長は調査中だと説明していたという。

    (略)

    引用元: ・3歳でガンを克服 → 後遺症を理由にイジメ、11歳で自殺 [無断転載禁止]©2ch.net

     3歳で脳腫瘍を克服するも放射線治療の後遺症を理由にイジメを受け、11歳で自殺 - 米 オハイオ州 の続きを読む

    このページのトップヘ