じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    育毛

    1:
    http://ikumouzai-ladies.com/img/usuge-jyosei5.jpg

    ストレスの増加でホルモンバランスが乱れやすい環境にある。女性の社会進出の増加によって、昔よりも若い年代の方がストレスにさらされる頻度が増えています。また労働環境の面でも個人にかかる負担が重くなりがちであるということもあります。


    この点はまた別の問題になりますが、現在の日本の雇用制度では多めの人員を雇って効率的に事業を進めるよりも、少ない人員に止めて必要があれば残業させたり休日出勤させるなどの雇用の仕方の方が企業の負担が少ないからです。
     

    このようにして従業員個人の負担が持続的なストレスとなって、女性の場合は体内でホルモンのバランスが乱れてしまう原因となります。通常であれば女性ホルモンの作用によって女性は様々な悪影響から守られています。


    育毛の分野であれば女性ホルモンは抜け毛を抑制し豊かな毛髪を維持する効果があります。ストレスによってホルモンバランスが乱れて女性ホルモンの分泌が減ると、男性ホルモンが優位になって薄毛症状を呈することもあります。

    http://ikumouzai-ladies.com/hairtrouble/mukasi-ima.html

    引用元: ・なぜ、ハゲで悩む女性が急増しているの? [無断転載禁止]©2ch.net

     ハゲで悩む女性が急増中 の続きを読む

    1:
    2017年5月16日に中日新聞や東京新聞のオンライン版で、本わさびに含まれる成分が育毛を促進することが愛知県のわさびメーカーの研究で判明したという趣旨の報道があった。まとめサイトなどでは「わさびを頭に塗ると毛が生える」などと話題になっているが、実際にはどの程度の効果が確認できたのか。J-CASTヘルスケアは研究を行った金印(きんじるし、愛知県名古屋市)に話を聞いた。



    ◇あくまで細胞実験の結果

    そもそも育毛のメカニズムは、毛髪の根元にある「毛乳頭細胞」から毛髪のもととなる「毛母細胞」に指示が出され、毛母細胞が分裂することで毛髪が成長するというものだ。


    中日新聞によると本わさびの葉に含まれる「イソサポナリン」、根茎に含まれる「6-MSITC」という成分が、「毛乳頭細胞」を活性化することが確認された。その活性度合いは、同じように毛乳頭細胞を刺激する効果のある発毛成分「ミノキシジル」の3倍に達するという。


    ミノキシジルは発毛効果があるとされる外用薬に含まれるが、これより高い活性化能力があるなら、確かに育毛も期待できそうだ。しかし、J-CASTヘルスケアの取材に答えた金印の担当者は「発毛や育毛効果は確認していない」とした。


    「あくまでも毛乳頭細胞のみを対象に行った細胞実験で、人の頭部での確認はしていません。2016年3月に開催された日本薬学会年会で発表はしていますが、論文はこれから執筆する予定です」 「VEGF」という毛髪を育てるために必要な栄養の供給に関係するホルモンが増加することも確認したが、これらによって実際に毛が生えるかまでは検証されていない。報道ではイソサポナリンがすでに育毛シャンプーの成分として利用されているとしていたが、これは誤りだという。


    「医薬成分ではなくそもそも育毛効果を確認していないので、育毛と謳うことはできません。化粧品原料として化粧品メーカーなどに供給し、ヘアケア成分としてシャンプーに使用していただいています」



    ◇チューブわさびには含まれていない

    気になるのはチューブわさびなどにもイソサポナリンや6-MSITCが含まれているかだ。まとめサイトなどでは「チューブわさびを買い占めるしかない」など、わさびを直接頭に塗ろうとする動きも見られる。効果の有無はともかく、試してみたくなる気持ちはわからなくもないが、担当者は「一般的なチューブわさびには本わさびがほとんど使用されていない」と話す。


    「仮に本わさびが使われているとしても、食用のわさびには辛み成分が含まれているので、刺激物として皮膚にダメージを与えるだけではないでしょうか」

    JCASTニュース
    https://www.j-cast.com/healthcare/2017/05/19298333.html?p=all
    画像 頭に塗っても効果はない
    no title

    元スレ
    【研究】育毛には本わさび 毛乳頭細胞活性化で、効果は市販剤の3倍 最大手メーカーがメカニズムを解明 ★3 (c)2ch.net
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1494941511/

    引用元: ・【薄毛】本わさびの成分に育毛効果? 研究を行ったわさびメーカーに確認すると…「発毛や育毛効果は確認していない」©2ch.net

     本わさびの成分に育毛効果? 研究を行ったわさびメーカーに確認すると… 「発毛や育毛効果は確認していない」 の続きを読む

    1:
    育毛には本わさび 毛乳頭細胞活性化、市販剤の3倍
    東京新聞:2017年5月16日 夕刊
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201705/CK2017051602000241.html

     業務用わさび最大手の金印(名古屋市)が、日本原産の香辛野菜「本わさび」に含まれる成分がヒトの育毛を促すメカニズムを初めて解明した。東京で二十四日に開幕する国際食品素材・添加物会議「アイフィア・ジャパン」で発表する。


     本わさびの葉から、アンチエイジングに効果があるポリフェノールの一種である「イソサポナリン」と呼ばれる成分を抽出。ヒトの頭皮の毛根にあり、発毛に関する物質伝達をつかさどる「毛乳頭細胞」にイソサポナリンを加えて培養すると、細胞が活性化する効果が観察された。活性化の度合いは、市販の育毛剤の有効成分に使われる「ミノキシジル」を加えた場合の三倍に達した。


     育毛を促すメカニズムについては、イソサポナリンの働きによって、毛乳頭細胞が外部からの刺激を受け取る「受容体(レセプター)」の感受性が高まり、細胞を活性化させることが判明。毛髪をつくるのに必要な栄養などを、毛乳頭細胞に送り届けるための毛細血管をつくるタンパク質が増えることも分かった。


     このほか、本わさびの根茎に含まれる辛味成分の一種である「6-MSITC」をヒトの毛乳頭細胞に投与した実験でも、同様の効果やメカニズムが観察された。この育毛を促す二つの成分は本わさび特有で、チューブ入りわさびの多くに使われる西洋わさびには含まれていないという。



    ▼関連スレ
    【農業/食】全国一の生産量、安曇野産ワサビの生産量激減 長野
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1494683103/


    ※スレタイ一部修正しました

    ▼1の日時&前スレ
    2017/05/16(火) 15:30:44.54
    【研究】育毛には本わさび 毛乳頭細胞活性化で、効果の度合いは市販剤の3倍 最大手メーカーがメカニズムを解明
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1494916244/

    引用元: ・【研究】育毛には本わさび 毛乳頭細胞活性化で、効果は市販剤の3倍 最大手メーカーがメカニズムを解明 ★2©2ch.net

     育毛には本わさび 毛乳頭細胞活性化で、効果は市販育毛剤の3倍 最大手メーカーがメカニズムを解明 の続きを読む

    自慰行為

    1:
    まず「育毛」を促進する物質は「テストステロン(T)」だと言われています。そして「脱毛」を促進する物質は「ジヒドロテストステロン(DHT)」だと言われています。この2つは名称が似ていることからもわかるように「5α還元酵素」という物質により変化したものです。ジヒドロテストステロン(DHT)は主に精巣で生産されたテストステロン(T)が前立腺で5α還元酵素により変換されて生産されます。


    テストステロン + 5α還元酵素 = ジヒドロテストステロン


    テストステロンは性欲、活力、毛髪や筋肉、骨密度の維持などに重要な男性ホルモンです。ようするに成長を促進するタンパク質を合成する男性ホルモンです。まるで良いことばかりですが、経口摂取では肝臓を突破できないという特性があるため、基本的には自然に分泌させるしかありません。


    一方で、ジヒドロテストステロンは陰茎海綿体における一酸化窒素合成酵素(NOS)活性、すなわち勃起活性という機能を持ちます。しかしジヒドロテストステロンは同時に脱毛を引き起こし、増大しすぎると前立腺肥大症を引き起こします。


    ジヒドロテストステロンは「ハゲる男性ホルモン」として有名ですが、ジヒドロテストステロン単体でハゲるのではなく、「テストステロンとジヒドロテストステロンのバランスが崩れたときにハゲる」のです。テストステロンが勝利、または拮抗している状況では育毛は継続されます。

    (つづく)
    http://ameblo.jp/harukaboost/entry-12235164868.html

    引用元: ・やはり「ハゲ」の原因はオナニーだった [無断転載禁止]©2ch.net

     「ハゲ」の原因は、やっぱりオナニーだったのか…orz の続きを読む

    1:
    アメリカで多くの人に見られているサイトに「TOP TEN OF CITY」というのがある。ここで「Top 10 Foods for Healthy Hairs」、つまり「髪にいい食べ物トップ10」が発表され、1位に選ばれたのがなんと卵だったという。

     卵かけご飯や納豆というのは、日本人の朝食でごく一般的な風景。毎日卵かけご飯という人もいるだろう。ところがそう聞いて、「毎日、卵かけご飯を食べているのに、薄毛が解消されない」と怒る気持ちもわかる。確かに、卵を食べたからといって毛が増えたという実感はなさそうだが、フードコンサルタントで栄養士の中川貴子氏はこう言うのだ。

    「卵には、髪が生成されるために必要となるほとんどの栄養素が含まれています。髪の材料となるタンパク質も豊富。また、黄身には『ビタミンH』と言われるビオチンも豊富に含まれている。ビオチンは髪の毛を作るアミノ酸の代謝を促進する働きがあり、育毛効果が高い成分で、卵は発毛・育毛効果の高い食べ物です。しかし、食べ方を間違えると発毛、育毛効果は得られません」


     その間違った食べ方というのが「卵かけご飯」なのだという。

     中川氏がさらに説明する。 「生卵の状態で食べること、白身と黄身をかき混ぜることがダメなのです。その理由は、白身にあります。白身にはアビシンというタンパク質が含まれており、これが黄身の中にあるビオチンと結合すると、ビオチンが体内に吸収されるのを妨げてしまう。ですから、卵をかき混ぜれば混ぜるほど、育毛効果はなくなってしまうのです」


     それでは、このビオチンを効果的にとるためにはどうすればいいのか。 「ズバリ、ゆで卵です。『かき混ぜない状態で過熱している料理』が最適で、目玉焼きもいい」(前出・中川氏)


     今や学会では、卵を多く取ってもコレステロール値が上がることはない、と断言している。ゆで卵と目玉焼きなら、これは手軽だ。

    (谷川渓)

    アサヒ芸能
    http://www.asagei.com/excerpt/71778
    画像
    no title

    引用元: ・【薄毛】ゆで卵に育毛効果©2ch.net

     ゆで卵に育毛効果! 卵が髪に良い食品トップ10の堂々1位に輝く の続きを読む

    このページのトップヘ