メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    肥満

    1:
    世界で最も体重が重い女性といわれたエジプト出身のエマン・アフメド・アブド・エル・アティさんが、手術によって半分の体重になったという。アブド・エル・アティさんを治療したインド・ムンバイの病院が19日に明らかにした。手術前のアブド・エル・アティさんは家族によると体重500キロで、25年間にわたり家から出られなかったという。


    アブド・エル・アティさんは今年2月にムンバイのサイフィー病院に入院し、ムファザル・ラクダワラ医師率いる手術チームによって3月初めに、胃の一部を切除する減量手術(腹腔鏡下スリーブ状胃切除術)を受けた。


    病院によると、アブド・エル・アティさんは手術前はほとんど寝たきりだったが、手術後は車椅子に座ることができるようになり、前より長く起き上がっていられるようになった。病院は、上半身を起こして微笑むアブド・エル・アティさんの写真やビデオを公表した。


    ラクダワラ医師は、アブド・エル・アティさんの減量は「急速に」進んでいるが、子供の頃の脳梗塞の後遺症で半身が麻痺し、けいれんが頻繁に起きるのは変わらないと説明している。話をしたり飲み込む動作にも、引き続き困難が伴うという。


    病院は、CTスキャンの装置に入れるまでアブド・エル・アティさんの減量が進むのを待ち、脳梗塞の原因を調べる方針という。ラクダワラ医師はさらに、半年後には肥満治療の新薬の治験にアブド・エル・アティさんに参加してもらう予定だと説明した。サイフィー病院は現在、米製薬会社が開発中の新薬を使いたいと希望している。


    家族によると、アブド・エル・アティさんは生まれた時の体重が5キロで、象皮症だと診断された。象皮症は、寄生虫感染が原因で四肢など体の一部が肥大する病気。11歳の時に体重が激増して立ち上がれなくなり、脳梗塞を発症して以来は寝たきりで家を出られなくなったという。これまでは母親や姉妹がアブド・エル・アティさんの面倒を見てきた。


    体重が半減したことによって、アブド・エル・アティさんは世界で最も重い女性ではなくなった可能性がある。現在のギネス世界記録保持者は、2012年7月に体重293.6キロだった米国のポーリーン・ポッターさん。


    ラクダワラ医師とサイフィー病院は、アブド・エル・アティさんをエジプトからムンバイに移動させ治療するための資金を募金で募っていた。減量手術は皮下脂肪が過剰で、生命に危険を及ぼすほど肥満している人(肥満度を示すBMI指数が40以上など)のための、最後の治療手段として使われる。

    ソース/BBC
    no title


    ビフォー
    https://ichef.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/7B77/production/_92870613_mediaitem92869292.jpg
    アフター
    no title

    引用元: ・【海外】「体重500キロ」の女性、手術で体重半分に・・・インド(※画像あり) [無断転載禁止]©2ch.net

     【画像アリ】 地球で最も重い体重500キロの女性、手術で体重半分に - インド の続きを読む

    太り過ぎ2

    1:
    エトナ・インターナショナルは世界保健機関(WHO)、国連、各国政府、世界の食料産業からデータを収集し、世界における肥満を正確に描写するための包括的分析を行いました。報告書「世界的肥満現象:世界における肥満の蔓延に対処する」では、政府、食料生産者、小売業者、雇用者、保険会社が力を合わせて肥満の危機に対処するよう求めています。


    エトナ・インターナショナルのリチャード・ディ・ベネデット社長は、次のように述べています。「肥満率の上昇は、食事や健康的な生活について言われている事柄に変化を起こすべきことを明らかにしています。私たちは協力して、知恵と専門知識を総動員することで、世界的肥満現象の拡大に歯止めをかける必要があります。」


    WHOの統計によれば、肥満率は1980年から2倍以上に増加しており、世界の成人の13パーセントが肥満と分類され、40パーセント近くが太り過ぎとなっています。報告書の知見は、狙いを定めた緊急対策を協調して行わなければ、これらの数字がさらに上昇することを示しています。


    一部抜粋でお送りしております。
    詳細は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    http://www.jiji.com/sp/article?k=20170314005791&g=bw

    引用元: ・【健康】世界人口の40%が太りすぎ/「世界で肥満が大流行」エトナ・インターナショナル報告 [無断転載禁止]©2ch.net

     全世界の人口の40%が太りすぎ?! 肥満が大流行 - エトナ・インターナショナル報告 の続きを読む

    肥満

    1:
    不健康な食事、米で年間40万人の死亡に関連 研究
    2017年03月10日 10:50 

    【3月10日 AFP】不健康な食生活によって、米国では年間40万人以上が心臓病と関連疾患で死亡している恐れがあるとの研究結果が9日、発表された。研究によると、米国人は、塩分、脂肪、糖分などを多く含む食品を取り過ぎており、その一方で、果物、野菜、全粒穀物などは足りていないのだという。研究結果は、米オレゴン(Oregon)州ポートランド(Portland)で開催の米国心臓協会(AHA)の会合で発表された。
     

    研究を率いた米ワシントン大学(University of Washington)保健指標評価研究所(IHME)のアシュカン・アフシン(Ashkan Afshin)助教(国際健康学)は、「ナッツ、野菜、全粒穀物、果実などの健康的な食物の摂取不足と塩やトランス脂肪酸などの不健康な食事成分の取りすぎとの組み合わせは、米国での循環器疾患による死亡の主要原因となっている」と指摘する。


    「米国での循環器疾患による死亡の半数近くが、食事の改善によって回避できる可能性があることを、研究結果は示している」とアフシン助教は述べ、食習慣を変えることで、多くの命が救われる可能性があると説明した。

    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:AFPBBNews 2017年03月10日 10:50
    http://www.afpbb.com/articles/-/3120873

    ドーナツ、フライドポテト、フライドチキンなどのいわゆるファストフード。米フロリダ州マイアミで(2006年9月27日、資料写真)。(c)AFP/ROBERT SULLIVAN
    no title

    引用元: ・【循環器】不健康な食生活 米国で年間40万人以上が心臓病と関連疾患で死亡している恐れ©2ch.net

     不健康な食生活 米国で年間40万人以上が心臓病と関連疾患で死亡している恐れ の続きを読む

    1:
    カロリー制限、やっぱり長寿に効果 論争に終止符か
    朝日 小川裕介2017年1月18日07時52分
    http://www.asahi.com/articles/ASK1K5SDYK1KULBJ016.html?iref=com_alist_8_01


    カロリー制限はやはり長寿に効果がある、とする研究結果を米国の二つの研究チームがまとめ、17日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。両チームは1980年代後半からアカゲザルで実験を続け、効果をめぐって相反する結果を発表。両チームが共同で実験データを再解析し、「効果あり」で結論が一致したという。


     二つの研究チームは米国のウィスコンシン大学と国立加齢研究所。いずれも、好きなだけ食べさせる集団と、それよりも摂取カロリー量を3割減らした集団で生存年数などを比較する実験をしているが、大学は2009年と14年に「効果あり」、研究所は12年に「効果はなかった」と発表していた。


     今回、両チームで15年7月までの互いの実験を比べると、カロリー制限を始めた年齢が大学は大人の7~15歳なのに対し、研究所は1~23歳と幅広かった。このため、研究所のデータについて、実験開始時の年齢を若年(1~14歳)と中高年(16~23歳)に分けて改めて解析すると、若年でカロリー制限を始めた場合は寿命が延びる効果はみられなかったが、中高年で始めた場合は効果がみられ、特にオスは平均寿命の推計が全体よりも9歳ほど長い約35歳だったという。


     また、両チームの解剖データを調べたところ、開始年齢や性別にかかわらず、カロリー制限をしたグループのほうが、がんの発生率が15~20%ほど低かった。糖尿病や脳卒中など加齢に伴う病気も、より遅く発症していた。


     東京都健康長寿医療センター研究所の石神昭人研究部長(老化制御)は「論争に一つの終止符が打たれた。約30年に及ぶカロリー制限の研究データは、人間にも置き換えることができそうだ」と話す。(小川裕介)



    ごちゃ混ぜ関連

    左の毛並みとヒザが悪い歯抜け尻皮膚病は通常エサ、右の精悍なのは栄養不足にならない程度の節制CRエサ
    no title


    【医療】「糖質制限」で末期がん患者の8割が改善 衝撃の研究結果★3
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1479966478/

    【健康】 食事でカロリー20%制限しても寿命伸びない!? 20年以上研究したチームが科学誌Natureに発表
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1346307640/

    長寿に関わるとして、世界的に注目される遺伝子「サーチュイン」が、
    体の成長を抑制することを、神戸大大学院医学研究科のグループが発見。
    同遺伝子が、成長より、生存のためのエネルギー生産を優先させることが原因。
    神戸新聞 2013年10月24日

    【企業】クリスピードーナツ、一瞬でブーム消滅&大量閉店の惨状…甘すぎ&高すぎ&カロリー高すぎ ★4
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1484424039/

    引用元: ・【英科学誌ネイチャー】カロリー制限、やっぱり長寿に効果 論争に終止符か©2ch.net

     【英科学誌ネイチャー】カロリー制限、やっぱり長寿に効果 論争に終止符か の続きを読む

    1:
    昼食後、デスクに向かって仕事をしていると、あるいはぼんやりテレビを見ていると、急に強烈な眠気を感じることはないだろうか。だるくなったり、イライラしたり、集中力が失われる。食べてもまたすぐに空腹感を覚えることもある。そういう人は血糖値の異常を疑ったほうがいいかもしれない。


     健康診断の血液検査で血糖値の項目は必ず入っている。この値が高いと糖尿病の可能性が高くなるとされ、医者に注意を促されるが、実は健康診断では発見できない「隠れた異常」が現代日本人に蔓延していることがわかってきた。それが「血糖値スパイク」だ。これは、食後の短時間に限って血糖値が急上昇し、またすぐに急降下するというもの(下図参照)。空腹時血糖の正常値の上限は109mg/dLとされているが、食後はこの値を上回ることがある。


     しかし、その上昇があまりに急で140mg/dLを超えてしまう状態を血糖値スパイクと呼ぶ。ちなみにスパイクとは釘のこと。グラフにすると釘のような鋭い形で血糖値が急上昇するので、この名前がついた。通常の健康診断では異常がみつからないので、無自覚の人も多いが、潜在的な患者数は1400万人以上に及ぶと推計されている。


     なぜ急激な血糖値の乱高下は身体に悪いのか。東京慈恵会医科大学の糖尿病・代謝・内分泌内科講師の坂本昌也氏が解説する。「血糖値の急上昇が繰り返されると、血管内の内皮細胞がダメージを受けます。そこに炎症が起こる結果、血管の壁が厚くなる。これが動脈硬化の原因になります。


     血糖値スパイクのみで重大な病気になる可能性は高くないですが、そこに高血圧や脂質異常症が加わることで心筋梗塞の発症にもつながります。また糖尿病の患者さんで血糖値のスパイクが高いと認知症を発症している人が多くなるという調査結果があります。これは、脳の血管がダメージを受け続けたことで、気づかぬうちに小さな脳梗塞が起きているからだと考えられています」


     血糖値スパイクは、肥満の人がなるとは限らず、やせ形の若い人でもこの症状に悩まされている人も多い。知らず知らずのうちに、内臓や血管にダメージを与える血糖値スパイクを避けるためには、どのような対策をとればよいのだろうか。


     まずは食事の摂り方だが、血糖値上昇の原因に直接関係する糖分は当然、摂りすぎてはいけない。GI値という指数がある。これは純粋なブドウ糖を摂取したときの血糖値が上昇するスピードを100として、食物の血糖値上昇率を測った数字。GI値は血糖値管理の重要な指標となる。管理栄養士の川端理香氏が語る。


     「GI値の高い食べ物の代表は純粋な甘味、砂糖やはちみつです。そして精製された白い小麦で作られたパン。パンにジャムをつけて食べるのが最も血管を傷つける食べ方ですね。糖と同時に油や食物繊維を摂ると血糖値の急上昇が抑えられる。だからバターが入ったパン、例えばクロワッサンのようなパンのほうが、純粋に塩と小麦でできている食パンやフランスパンよりも血糖値を上げにくい」

    (以下ソースで)

    現代ビジネス 12/18(日) 6:01配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161218-00050411-gendaibiz-bus_all&p=1
    画像
    no title

    引用元: ・【医療】バターが入ったパンの方が血糖値が上がりにくい 潜在患者は1400万人!糖尿病・心筋梗塞にならないための食事法©2ch.net

     糖尿病・心筋梗塞にならないための食事法とは? の続きを読む

    このページのトップヘ