じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    肥満

    1:
     松波総合病院(岐阜県笠松町)は8日、肥満症の新たな治療法の開発に向け、東京大学と共同研究を始めると発表した。 小腸の内壁を穴の開いた筒状の人工膜(インナーシャントソック)で覆い、栄養素の消化吸収を妨げる。同院での子豚を使った実験で体重増加の抑制が確認されたといい、3年以内の臨床実験を目指す。


     現在、肥満症治療で行われている胃の一部を切って栄養素の吸収を制限する手術は、食欲が減退しても元に戻せず、高齢になると体重が減少する心配があった。インナーシャントソックは、内視鏡を使って口から挿入する方法を想定しており、取り外しが可能という。


     記者会見した同病院の松波英寿理事長は「肥満症の治療を簡単に行えるよう、実用化を目指したい」とし、東大の瀬戸泰之教授は「世界中で肥満の治療が課題になっており、『夢の治療』と言える」と話した。研究は、東大の社会連携講座「肥満メタボリックケア講座」の一環で行われる。


     厚生労働省の2015年の国民健康・栄養調査によると、男性の29・5%、女性の19・2%がBMI(体格指数)25以上で肥満とされている。

    http://yomiuri.co.jp/science/20170709-OYT1T50015.html

    引用元: ・【医療】小腸に人工膜、肥満症「夢の治療」共同研究へ…子豚を使った実験では体重抑制の効果あり©2ch.net

     肥満症の新しい治療法を共同研究 - 東京大学と松波総合病院 の続きを読む

    1:
    太っているだけで「割増運賃」って・・・

    電車やバスなどの公共交通機関で「デブは運賃を倍支払うべき」――。女性限定のネット掲示板「ガールズトーク」に寄せられたこんな主張をめぐり、インターネット上で喧々諤々の議論が巻き起こっている。こうした訴えについて、ネット上では「これは正論」「全然あり」など賛同の声が出る一方、「(体型で)人を差別するのか」「荷物の多いビジネスマンもなんとかしろ」との異論も目立つなど、さまざまな意見が飛び交っている。



    ■「お願いだから痩せてくれ!!!! 」

    太っている人は割増運賃を払うべきだと訴えたのは、20代女性というネットユーザーだ。彼女が2017年7月5日に「ガールズトーク」へ投稿した書き込みでは、「デブ税として、公共交通機関でのデブの運賃倍制度導入希望!デブは、運賃を倍支払うべきです」 と主張。その理由としては、(1)満員電車など、太った人のせいで窮屈な思いをさせられるケースがある(2)一人で二人分の座席を使っている場合もあり、迷惑だ(3)宅配便でも、重い荷物や大きい荷物はその分の送料を請求される――などを挙げている。


    割増運賃となる基準については、体重ではなく「外形寸法より判断」すべきと説明。また、病気などでどうしても痩せられない人については、医師の許可を得て割増運賃の「免除」ができるようにすべき、としていた。さらに書き込みでは、太った人の運賃割増制度の導入によって想定できるメリットも挙げている。それは、国民の「健康意識の促進」と、公共交通機関の「輸送機能向上」の2点だという。



     こうした主張を展開した上で、この女性ユーザーは、「(上記した制度の導入を)本気で考えてしまうくらい、満員電車でデブに腹が立ってしまいます。暑いのに、暑苦しい巨体を押し付けられて...(略)お願いだから痩せてくれ!!!! 」 との言葉で投稿を締めくくっている。



    「神経疑うわ。笑えない」

    太った乗客をめぐる今回の投稿について、インターネット上では激しい議論が勃発。書き込みが寄せられた「ガールズトーク」上には、7日昼までに150件以上のコメントがある。さらに、ツイッターやネット掲示板「2ちゃんねる」でも投稿は話題となっており、様々な意見が相次いで寄せられている。



    この主張に賛同するユーザーも少なくなく、次のような投稿が出ている。「少しでも気持ち良くお互い過ごせるなら全然ありだと思います」 「できれば、痩せたら支払った分をいくらか返金してもらえる制度も併せてお願いします」  「映画館とかさ、幼児は膝の上なら無料だけど、1席使うなら料金かかるんだから、電車も2席分使うなら料金とらないとおかしいよ」



    ただ一方で、人の身体的特徴を公共交通機関が「区別」することは問題ではないか、などとして、「見た目で人差別して(中略)主(=投稿者)の神経疑うわ。笑えない」  「デブだって個性だと思うよ。確かに迷惑だけど、それ言ったらベビーカーだって車椅子だって迷惑でしょ?そういうことじゃないと思う」  「相撲選手やらビルダーも引っ掛かるやん 何で仕事で体格維持しとるのにケチ付けられなきゃいかんのや」 と反発する意見も多い。


    また、この主張に触発されたのか、混雑時のキャリーケースといった荷物にも「課税」すべきなど、日ごろ電車やバスを利用していて不満に感じた点を率直に訴えるユーザーの姿も目立った。



    ■投稿者は謝罪「本当にごめんなさい」

     なお、発端の主張を書き込んだ女性は7月6日、「差別だ」などと反発する意見が相次いだことを受け、「ガールズトーク」上で謝罪している。その投稿では、 「本気で怒る方や不快に感じる方もいるだろう事を配慮してませんでした。申し訳ございませんでした。冗談のつもりでも、傷つく方も、本気にしてしまう方もいるのですね。本当にごめんなさい」 と謝罪。続けて、「これからますます暑そうですが、お身体大切に!太りすぎは健康に良くないですよー!笑」との言葉も送っていた。


    J-CASTニュース (2017/7/ 7 19:06)
    https://www.j-cast.com/2017/07/07302733.html?p=all

    ★1が立った時間 2017/07/07(金) 23:43:33.98
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1499451111/

    引用元: ・【ネット】電車やバスに「デブ税」導入して!そんな主張は「差別」?議論白熱 投稿者は謝罪へ★4 [無断転載禁止]©2ch.net

     【肥満】 電車やバスに「デブ税」導入して!との主張に議論白熱 投稿者は謝罪へ の続きを読む

    1:
    休日の朝の起床が少々遅めになることが習慣になっている人は、健康を損なう可能性を高めているかもしれない。仕事の日と休みの日の時間のずれが生む「ソーシャル・ジェットラグ(社会的時差ボケ)」が問題とされる。


    米国ではこれまでに、肥満や糖尿病、心臓系疾患の発症リスクを高めることが指摘されていたが、ボストンで2017年6月3日から開かれている米国睡眠学会の年次会であらためて、健康への影響の強さを示す研究結果が発表された。


    シフトワーカーのメタボリスクきっかけ
    リズムをうまく守れず代謝症候群(メタボリックシンドローム)のリスクを抱える可能性があることが分かったことをきっかけに使われるようになったという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13180713/

    引用元: ・休日の「寝だめ」で健康損なうリスクが増加 肥満や心血管系疾患も [無断転載禁止]©2ch.net

     休日の「寝だめ」で健康損なうリスクが増加!  肥満や心血管系疾患も の続きを読む

    1:
    太っている人の手術は大変であるーーー

    外科医なら誰もが同意するこの事実。本記事では、「肥満と手術の関係」について外科医の視点から解説します。筆者は大腸癌を専門とする外科の医師で、胃腸を切ることを専門としています。



    太っていると採血するのも一苦労

    記事の始めに、ここでの「太っている」がどれくらいかを示しておきます。人間がどれだけ太っているかを考えるのに重要なのは身長と体重のバランスなのですが、例えば155cmで72kg, 160cm で77kg, 165cmで82kg, 170cmで87kg, 175cmで92kg以上の人をさします。


    太っている人の採血をするのは、いつも大変です。採血って、腕のひじにある細い静脈ですることが多いのですが、太っている人だと脂肪に埋もれてしまい見えづらいのです。このひじの静脈はだいたい3mmくらいの直径です。太っている人でも血管の太さはあまり変わりないので、相対的にはとても細くなります。
    採血をするときは普通、目で見て静脈の青い色が皮膚から透けて見えるのを助けにします。ですが、太っている人だとそれも見えないのですね。


    見えないときは触って血管を探しますが、埋もれているためやっぱり探しづらいのです。太っている人にやりづらいのは採血だけでなく、点滴も同じです。点滴は採血をするような細い手の静脈に管を入れることが普通なので、脂肪に埋もれているとやっぱり入れづらいのです。



    太った人の手術は値段が違います

    そしてあまり知られていない事実なのですが、太った人の手術は値段が高くなります。手術にもよりますが、最低でも8万円以上は高くなってしまうのです。これは、上に書いた身長と体重のバランスよりもさらに太った人の場合です(BMI>>35)。身長が165cmの人で95kg、170cmでは101kg以上になります。


    ただし、患者さんが払う額が8万円高くなる訳ではありません。その人が入っている保険にもよりますし、高額療養費制度を利用すると減額されます。しかし、値段が上がるということはどういうことなのでしょう。手術を一件すると病院が得られるお金というのは、日本中どこでも同じで決まっています(保険診療に限りますが)。正確に言えばここで値段が高くなるというのは、麻酔の料金が上がるのです。つまり国が「太っている人の麻酔は大変だから、お金を多めにつけますよ」と言っているという意味に他なりません。


    では麻酔をかける際に、太っている人だと何が難しいのか。これは非常にたくさんあるのでキリがないのですが、一部をあげれば「麻酔のために使う、患者さんに入れる管を入れる難易度が上がる」ことが挙げられます。例えば全身麻酔であれば、口から気管という空気の通り道に人差し指くらいの太さのチューブを入れますが、これがまずとても入れづらい。さらに背中からいれる「硬膜外麻酔(こうまくがいますい)」と呼ばれる痛み止めの管は、痩せている人に比べるとはるかに入れづらいのです。痩せた人には6cmくらい刺せば入れられる管が、太っていると10cmくらい必要になることもあるほどです。



    外科医にとっても肥満の患者さんは「宝探し手術」

    一方、私のような外科医にとっても太った患者さんの手術は難しいのです。お腹のなかの腸を切る手術でお話します。腸を切るためには血管を切らなければなりませんが、その血管はとっても豊富な脂肪に包まれています。痩せている人であれば透けて見えるような血管も、太った人は厚い厚い脂肪の中を少しずつ切り進んで探さねばなりません。まるで「宝探し」のようなものです。当然血管を傷つける可能性も高まりますし、手術にかかる時間も長くなります。


    それ以外にも、あらゆるところで脂肪がせり出してくるために胃や腸などの重要な臓器が見えづらくなります。見えづらいということは、傷つける危険が増すということです。こんな理由で、外科医にとっても太った患者さんは手術が難しくなるのですね。筆者の感覚でいえば、30分や1時間は痩せた人より手術の時間がかかってしまいます。

    続きはサイト先で
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6241569

    引用元: ・【話題】太った人 手術が大変で高額に [無断転載禁止]©2ch.net

     太った人の手術は大変だから割増料金でよろしく の続きを読む

    1:
    血糖値の急激な上昇抑えるお菓子を開発
     
    健康志向の高まりで砂糖の需要が減少する中、大手製糖会社が和菓子店などとともに血糖値の急激な上昇を抑えるという糖分を使ったお菓子を開発しました。これは砂糖の需要が年々減る中、消費者の健康志向に応えることで新たな需要を掘り起こそうと大手製糖会社の三井製糖が大手デパートや和菓子店などと企画したものです。


    今回、開発したのは、どら焼きやケーキなどおよそ30種類のお菓子で、血糖値の急激な上昇を抑えるほか、内臓脂肪がつきにくくなるという糖分を使い体に優しいことをアピールしています。お菓子の販売は大手デパートで31日から始まり、試食した客は「糖分を取りすぎないように気をつけていますが、こうした商品が増えるとうれしいです」と話していました。


    消費者の間では無糖や低糖など糖分を抑えた商品へのニーズが高まっているということで、三井製糖事業開発部の奥野雅浩課長は「砂糖自体が健康に悪いわけではないが、健康志向が高まっているのも事実なので、会社として新たな事業に挑戦していきたい」と話していました。

    5月31日 13時34分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170531/k10011001321000.html

    引用元: ・【健康】血糖値の急激な上昇抑えるお菓子を開発 大手製糖会社の三井製糖©2ch.net

     血糖値の急激な上昇抑えるお菓子を開発! 大手製糖会社の三井製糖 の続きを読む

    このページのトップヘ