メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    肥満

    1:
    太っている人の手術は大変であるーーー

    外科医なら誰もが同意するこの事実。本記事では、「肥満と手術の関係」について外科医の視点から解説します。筆者は大腸癌を専門とする外科の医師で、胃腸を切ることを専門としています。



    太っていると採血するのも一苦労

    記事の始めに、ここでの「太っている」がどれくらいかを示しておきます。人間がどれだけ太っているかを考えるのに重要なのは身長と体重のバランスなのですが、例えば155cmで72kg, 160cm で77kg, 165cmで82kg, 170cmで87kg, 175cmで92kg以上の人をさします。


    太っている人の採血をするのは、いつも大変です。採血って、腕のひじにある細い静脈ですることが多いのですが、太っている人だと脂肪に埋もれてしまい見えづらいのです。このひじの静脈はだいたい3mmくらいの直径です。太っている人でも血管の太さはあまり変わりないので、相対的にはとても細くなります。
    採血をするときは普通、目で見て静脈の青い色が皮膚から透けて見えるのを助けにします。ですが、太っている人だとそれも見えないのですね。


    見えないときは触って血管を探しますが、埋もれているためやっぱり探しづらいのです。太っている人にやりづらいのは採血だけでなく、点滴も同じです。点滴は採血をするような細い手の静脈に管を入れることが普通なので、脂肪に埋もれているとやっぱり入れづらいのです。



    太った人の手術は値段が違います

    そしてあまり知られていない事実なのですが、太った人の手術は値段が高くなります。手術にもよりますが、最低でも8万円以上は高くなってしまうのです。これは、上に書いた身長と体重のバランスよりもさらに太った人の場合です(BMI>>35)。身長が165cmの人で95kg、170cmでは101kg以上になります。


    ただし、患者さんが払う額が8万円高くなる訳ではありません。その人が入っている保険にもよりますし、高額療養費制度を利用すると減額されます。しかし、値段が上がるということはどういうことなのでしょう。手術を一件すると病院が得られるお金というのは、日本中どこでも同じで決まっています(保険診療に限りますが)。正確に言えばここで値段が高くなるというのは、麻酔の料金が上がるのです。つまり国が「太っている人の麻酔は大変だから、お金を多めにつけますよ」と言っているという意味に他なりません。


    では麻酔をかける際に、太っている人だと何が難しいのか。これは非常にたくさんあるのでキリがないのですが、一部をあげれば「麻酔のために使う、患者さんに入れる管を入れる難易度が上がる」ことが挙げられます。例えば全身麻酔であれば、口から気管という空気の通り道に人差し指くらいの太さのチューブを入れますが、これがまずとても入れづらい。さらに背中からいれる「硬膜外麻酔(こうまくがいますい)」と呼ばれる痛み止めの管は、痩せている人に比べるとはるかに入れづらいのです。痩せた人には6cmくらい刺せば入れられる管が、太っていると10cmくらい必要になることもあるほどです。



    外科医にとっても肥満の患者さんは「宝探し手術」

    一方、私のような外科医にとっても太った患者さんの手術は難しいのです。お腹のなかの腸を切る手術でお話します。腸を切るためには血管を切らなければなりませんが、その血管はとっても豊富な脂肪に包まれています。痩せている人であれば透けて見えるような血管も、太った人は厚い厚い脂肪の中を少しずつ切り進んで探さねばなりません。まるで「宝探し」のようなものです。当然血管を傷つける可能性も高まりますし、手術にかかる時間も長くなります。


    それ以外にも、あらゆるところで脂肪がせり出してくるために胃や腸などの重要な臓器が見えづらくなります。見えづらいということは、傷つける危険が増すということです。こんな理由で、外科医にとっても太った患者さんは手術が難しくなるのですね。筆者の感覚でいえば、30分や1時間は痩せた人より手術の時間がかかってしまいます。

    続きはサイト先で
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6241569

    引用元: ・【話題】太った人 手術が大変で高額に [無断転載禁止]©2ch.net

     太った人の手術は大変だから割増料金でよろしく の続きを読む

    1:
    血糖値の急激な上昇抑えるお菓子を開発
     
    健康志向の高まりで砂糖の需要が減少する中、大手製糖会社が和菓子店などとともに血糖値の急激な上昇を抑えるという糖分を使ったお菓子を開発しました。これは砂糖の需要が年々減る中、消費者の健康志向に応えることで新たな需要を掘り起こそうと大手製糖会社の三井製糖が大手デパートや和菓子店などと企画したものです。


    今回、開発したのは、どら焼きやケーキなどおよそ30種類のお菓子で、血糖値の急激な上昇を抑えるほか、内臓脂肪がつきにくくなるという糖分を使い体に優しいことをアピールしています。お菓子の販売は大手デパートで31日から始まり、試食した客は「糖分を取りすぎないように気をつけていますが、こうした商品が増えるとうれしいです」と話していました。


    消費者の間では無糖や低糖など糖分を抑えた商品へのニーズが高まっているということで、三井製糖事業開発部の奥野雅浩課長は「砂糖自体が健康に悪いわけではないが、健康志向が高まっているのも事実なので、会社として新たな事業に挑戦していきたい」と話していました。

    5月31日 13時34分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170531/k10011001321000.html

    引用元: ・【健康】血糖値の急激な上昇抑えるお菓子を開発 大手製糖会社の三井製糖©2ch.net

     血糖値の急激な上昇抑えるお菓子を開発! 大手製糖会社の三井製糖 の続きを読む

    1:
    太っていても医学的に健康でいられるという発想は都市伝説――。
    英バーミンガム大学の研究チームによるこうした報告が、ポルトガルで開かれている欧州肥満学会議で発表された。まだ中途段階にある研究内容は論文掲載されていないが、肥満していても心臓疾患や糖尿病や高コレステロールの症状が出ていなければ後年の健康に悪影響はないという従来の説を覆す結果が得られたという。


    「太ってても健康」説は、血圧や血糖値などの代謝性に関する数値が正常値の範囲ならば、仮に体重が正常値を超えていても大丈夫だという、魅惑的なものだった。バーミンガム大の研究者たちが、1995年から2015年にかけて、英国の350万人の一般診療記録を調べて、実際はどうなのか検証した。


    調査期間の当初に肥満(体格指数=BMI30以上)しているものの、心臓疾患や高血圧、高コレステロール、糖尿病の症状が出ていない人を追跡調査した。その結果、肥満しつつ「代謝的には健康」な人たちは、正常な体重の人たちよりも、後になって心臓疾患や脳卒中、心不全などになるリスクが高いことが分かったという。



    ■「太ってても健康」は本当にでまかせなのか

    英心臓病基金のマイク・ナプトン医師は、「これほど大規模な研究が、古くから伝わる都市伝説を解明するのは、めったにないことだ」と評価する。「研究結果は、非常に真剣に受け止めるべきだ。医療関係者には留意してもらいたい」 「これまでは、肥満によって血圧やコレステロール値が上昇するから、心臓発作につながるのだと考えられていた。しかし今回、肥満という以外はまったく健康だったかもしれない人も、心臓疾患にかかるリスクが高いと判明したのが、私には新しい発見だった。太り過ぎと言うだけで、心臓発作や脳卒中の危険が高まるのだ」


    ただし今回の発表は論文が専門誌にまだ掲載されていないため、他の複数研究者による検証が行われていない。このため、結論の精度や、どれくらい健康問題のリスクが高まるのかなど、把握しにくい。



    ■ではどうするべきか

    英心臓病基金によると、心臓の健康を維持するための通常のアドバイスがここでも有効だという。つまり、たばこは吸わず、バランスのとれた食事をし、日常的に運動をしてアルコール摂取量を抑えるというものだ。これを続ければ、人は健康でいられるという。


    「ただし、個人のせいにするのではない」とナプトン医師は補足する。「これは制度を作る人たち、地方自治体の議員や食品業界の関係者や政府に対する警鐘だ。健康になるための手立てを誰もが簡単に選べるような仕組みを、こうした人たちに確実に作ってもらいたい。 」


    バーミンガム大学のリシ・カレヤケティー医師はさらに、「代謝異常の有無にかかわらず、医療従事者は率先して肥満している人たちに減量を勧め、支援すべきだ。人口全体でみると、いわゆる代謝的に健康な肥満というのは、無害な状態ではない」と指摘した。



    ■誰もが同意するのか

    その一方で、太っていても、持って生まれた遺伝子などによっては健康でいられると結論する研究もある。たとえば2012年に発表された研究論文は、代謝性疾患がなければ太っていても健康でいるのは可能だと示唆している。欧州心臓疾患ジャーナルに掲載された米サウスカロライナ大学によるこの論文では、肥満していても身体的に健康な人は、体重が正常な人に比べて、心臓病やがんにかかるリスクが特に高いわけではないと書いている。



    ■健康と肥満――計測しにくい? 

    しかし他の専門家たちは、肥満と健康のレベルを科学者が計測する方法によって結果が左右されるだけに、この分野の研究は厄介だと指摘する。英キングス・コレッジ・ロンドンで栄養学が専門のトム・サンダース名誉教授は、バーミンガム大の研究について、データの区切り方が大きな弱点だと言う。たとえば高血圧や高コレステロール状態にあるかどうかを絶対値で定義しているが、人が健康かどうかをそのような絶対値で線引きするのは不正確だし、それほど単純な話ではないと教授は指摘する。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-39945161-bbc-int

    ※続きます

    引用元: ・【医学】「太ってても健康」は都市伝説 心臓疾患や脳卒中のリスクが高くなることが英研究で判明 [無断転載禁止]©2ch.net

     「太ってても健康」は都市伝説 心臓疾患や脳卒中のリスクが高くなることが英研究で判明 の続きを読む

    1:
    [グアダラハラ 17日 ロイター] - 世界で最も重いとされるメキシコの男性が、減量のため胆膵バイパス手術を受けた病院から近く退院することが決まり、17日に担当医師らとともにメディアの取材に応じた。この男性、フアン・ペドロ・フランコさん(33)は体重が一時595キロあった。若干の体重を落とす減量処置を受けたが健康問題解決には不十分だったため、入院して手術を受けた。


    9日に行われた手術後も経過観察のため入院していたが、回復も順調で厳しいダイエットも続けている。ただ、依然としてかなりの肥満状態で、さらに減量しないと糖尿病、心臓発作、臓器不全などのリスクがあるという。世界保健機関(WHO)によると、メキシコは肥満の割合が高く、青年期の人口の35%が肥満体。

    フアン・ペドロ・フランコさん 2017年 
    no title


    配信 2017年 05月 18日 14:06

    ロイター
    http://jp.reuters.com/article/heaviest-idJPKCN18E0E9

    引用元: ・【メキシコ】体重600キロ近かったメキシコ男性が減量手術、近く退院へ [無断転載禁止]©2ch.net

     体重600キロ近かったメキシコ男性が減量手術、近く退院へ の続きを読む

    1:
     日本ではお目にかかれないような斬新な税制度がアメリカで導入され始めている。それは、砂糖がたっぷりと溶けている炭酸飲料に課税する「ソーダ税」だ。市民の肥満解消を名目としたこの政策は、現地でも議論を呼んでいる。



    ◆バークレー市の成功
     ガーディアン紙によると、アメリカで初めてソーダ税が導入されたのはカリフォルニア州のバークレー市だ。2015年3月からソーダ税が施行され、1オンスあたり1セントが課税される。1ドルのソーダ缶(12オンス)であれば12セント、2ドルの2リットルボトル(約68オンス)であれば68セントが課税されることになる。


     アメリカの非営利メディア『Plos Medicine』の研究によると、導入開始時の2015年3月からの1年間で、同市のソーダの消費量は9.6%減少し、その一方でソーダ税が導入されていない地域では6.9%もの上昇が見られた。またその代替として購入されたか否かは学術的に証明できないものの、同市でのボトルウォーターの売上は15.6%も上昇した。また、砂糖の入っていない紅茶や牛乳、フルーツジュースの売上は上昇したが、ダイエットドリンクやエナジードリンクの売上は減少したという。


     こうした商品間の売上の増減にも関わらず、小売店の平均的な売上には変化が見られなかったという。ソーダ税は、小売店の利益を一切損なわずに、市民をより健康的な飲料水へと誘導することのできる理想的な制度のように考えられる。




    肥満大国アメリカで広がりをみせるソーダ税 その効果は如何に?
    http://newsphere.jp/national/20170506-1/

    引用元: ・肥満大国アメリカで、ついにソーダ税が導入される [無断転載禁止]©2ch.net

     肥満大国アメリカで、ついにソーダ税が導入される の続きを読む

    このページのトップヘ