メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    美容整形

    1:
    医師免許なしに美容整形手術をしたとして、偽医師とクリニックのオーナーが、医師法違反の疑いで逮捕された。偽医師の男は、10年間にわたり100人以上に美容整形手術をしていた。

    23日午前、医師法違反の疑いで逮捕されたのは、高知市の医療法人「西武クリニック」の職員・森 勉容疑者(61)と、オーナーの谷川延洋容疑者(71)。
    警察によると2人は共謀し、2016年2月、高知市の49歳女性に対し、医師免許がないのに麻酔注射を打ち、二重まぶたの整形手術を行った疑いが持たれている。

    森容疑者は逮捕前、FNNのインタビューに応じた。
    医師法違反の疑いで逮捕された森 勉容疑者は「(医師免許が必要な手術をした?)しました。(何人に?)100人以上。(整形手術の技術はどこで?)見よう見まねで覚えた」と話していた。
    森容疑者は以前、愛知・名古屋市の病院で、事務職員として勤務していた経験を基に、高知市のクリニックで見よう見まねで、2005年から10年間にわたり、100人以上に美容整形手術をしたという。

    高知県警は、余罪について調べている。 (高知さんさんテレビ)

    配信 05/23 13:19
    FNNニュース
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00359015.html

    引用元: ・【高知】100人以上に手術(二重まぶた整形) 偽美容医師を逮捕 [無断転載禁止]©2ch.net

     無免許で100人以上に美容整形手術(二重まぶた整形) 医療法人 医信会 西武クリニックの偽医師を逮捕 の続きを読む

    1:
    愛知県警中村署は28日、名古屋市中村区の「東海美容外科クリニック」で27日午後、豊胸手術を受けていた同市千種区の女性会社員(32)が意識不明になり、搬送先の病院で死亡したと明らかにした。手術に問題がなかったか、クリニック側から事情を聴いている。


     中村署によると、男性医師と看護師の2人が27日午後7時半ごろからクリニックで女性の手術を開始。途中で意識を失ったため病院に運ばれたが、約1時間後の同10時25分ごろ死亡した。女性がこのクリニックで手術を受けるのは初めてだったという。同署は司法解剖して死因を調べる方針。


     名古屋市によると、2016年1月に開設され、これまでに行政指導などの処分は受けていないという。東海美容外科クリニックは「担当者がいないのでコメントできない」としている。


     国民生活センターによると、美容整形についての相談は15年度に2090件寄せられ、13年度以降3年連続で2000件を上回った。痛みが激しいなど後遺症があるという訴えのほか、料金トラブルも起きているが、美容整形手術に詳しいある医師は取材に「死亡に至るまでのケースは珍しい」と話した

    http://www.nikkansports.com/general/news/1785357.html

    引用元: ・豊胸手術中の32歳女性、術中に意識不明になり搬送先の病院で死亡 [無断転載禁止]©2ch.net

     豊胸手術中の32歳女性、術中に意識不明になり搬送先の病院で死亡 - 名古屋市 東海美容外科クリニック の続きを読む

    1: 2016/08/30(火) 19:01:34.27 ID:a3XvV0dX0● BE:273822876-PLT(13000) ポイント特典
    no title

    @katsuyatakasu
    2年で鼻筋がここまで伸びる事はあるのでしょうか?
    鼻筋高くなりたい



    高須克弥 ?@katsuyatakasu 3時間3時間前 東京 新宿区
    高須克弥さんがららをリツイートしました
     
    「ヒアルロン酸の射ちすぎはプチ整形の範疇を超えるからやってはいかん」と若い医者たちに講義したのにもう忘れとる( ω-、)

    額と鼻が同じ高さはギリシャじんだよ。不自然だよ。

    普通の鼻に戻してあげるから来なさい。

    引用元: ・高須克弥さん 「ヒアルロン酸の射ちすぎはプチ整形の範疇を超えるからやってはいかん」と例の鼻を解説 [無断転載禁止]©2ch.net

     高須克弥院長、HKT48のパンドラの箱をサラッと開けるwww 「ヒアルロン酸の射ちすぎはダメダメ!」 の続きを読む


    1: 2016/08/11(木) 19:15:13.13 ID:Mct73kxJ0● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
    高須院長「ドーピング何でもアリの全裸五輪」を提唱

    高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。
    今回は8月5日に開幕したリオデジャネイロ五輪についてお話をうかがいました。

     * * *
    ──いよいよリオデジャネイロ五輪が開幕なんですが、今回はロシアのドーピング問題が大きなトピックになりました。

    高須:ドーピングって言ったって、後付けでいろんなルールができてくるんだもんなあ。全部が全部悪いとは言い切れないよ。「あそこの国を潰すために、今度はこの薬を違反にしよう」っていう感じで、何か特別な意図があってドーピングのルールが変わるっていうことも考えられる。ただ、今回のロシアは国ぐるみでドーピングの隠蔽工作をやってたわけで、そこはなかなか擁護できないけどね。


    ──結果的に、ロシアの全選手の出場停止は免れました。

    高須:でも、出られない選手もいるんでしょ。そのなかにはまったくドーピングをしてない選手もいるかも
    しれないし、ドーピングをしているのに出られる選手もいるかもしれないわけだよ。


    ──そうですね。なんとなく不公平感は残ります。

    高須:だからね、もう何でもアリの大会を開いちゃえばいいと思う。ドーピングだろうが人体改造だろうが全部OK。すべて自己責任のもと、強くなるためのあらゆる手段を許すっていう大会だよ。


    ──それはすごい大会になりますね。

    高須:単純に面白さだけを考えたら、これ以上のものはないよ。絶対にみんなが喜んで見ると思う。これぞ人類の進歩だってね(笑い)。


    ──とんでもない大会になりますよね。

    高須:たとえば、ゴルフなんかでも道具によって結果が変わってくるんだよ。ルールの範囲内でもいい道具とそうではない道具で差が出てくる。そう考えると、規制を一切なくしてあらゆる道具を許しちゃったほうがフェアだと思うんだよ。これこそが文明ってもんじゃないのかな。すべてにおいて技術力が高い選手が優勝する。それがいちばんシンプルで面白いと思うね。


    ──なるほど。たしかにスポーツのルールは必ずしも公平ではないですしね。

    高須:ほら、スキーのジャンプなんかでも日本人があまりに強すぎると、ヨーロッパの選手が有利になるようにルールが変わったりするでしょ。そういうことなんだよ。誰かが得するようにできてるのがスポーツのルールなんだよね。だから結局ルールを排除しないと公平にはならない。何でもアリがいいんだよ。


    >>2につづく

    引用元: ・高須院長「もう、ドーピングや人体改造なんでもアリのスポーツ大会を開こう。そのほうが絶対に面白い」 [無断転載禁止]©2ch.net

     高須院長「もう、ドーピングや人体改造なんでもアリのスポーツ大会を開こう。そのほうが絶対に面白い」 の続きを読む

    このページのトップヘ