メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    糖質制限

    食事

    1:
    http://agora-web.jp/archives/2024688.html

    ゆるい糖質制限をしていると、食生活が大きく変わります。和食はどうしてもご飯が無いと成り立たないので、焼肉やステーキといった食事が多くなります。始める前と比べて、ご飯やパン、パスタ、ラーメンを食べる量が激減して、その分肉ばかり食べるようになりました。野菜も意識して食べるようにしていますが、今までの栄養学では動物性たんぱく質の摂りすぎで、体には良くないとされる食生活です。


    しかし、体に良い食事か悪い食事かというのは、時代と共にどんどん変わっていきます。子供の頃、給食で毎日飲まされ、体に良いと言われていた牛乳は、飲まない方が良いという意見が増えてきているようです。あるいは、コーヒーはカフェインが入っていて胃を荒らすから飲まない方が良いとされてきました。


    こちらも、最近では成人病の予防に効果があると言われ、飲んだほうが良いことになっています。日本では栄養のバランスが取れた食事は、糖質60%、たんぱく質15%、脂質25%程度とされていました。しかし今やこの比率が糖尿病をはじめとする生活習慣病の原因とさえ言われるようになっています。糖質制限の書籍を読むと、例えば糖質12%、たんぱく質32%、脂質56%といったまったく異なる比率が推奨されているのです。


    今までは、健康診断で悪い数値が出ると、体に良い和食を中心にして野菜を食べるよう指導されました。でもこれは、ご飯を中心とした糖質の多い食事と言うことになりますので、むしろ症状を悪化させるリスクがある。逆に、バターや肉といった材料は、これまで体に良くないと言われていましたが、むしろこのような材は良質なたんぱく質、脂質源として積極的に摂取したほうが良いということになるのです。


    今までの日本の医学や栄養学の健康になるための常識が覆され、今や健康を害する非常識に変わっている。食事に関する知識や情報と言うのは、最新の研究データを知り、自分で何が正しいかを判断しなければならない時代になったと感じます。医者が書いた糖質制限の本を読んでから、和食を食べることが少なくなり、最近はステーキや焼肉など以前は不健康と思っていた食事が増えています。果たしてこのようなゆるい糖質制限で薦められている食事が本当に体に良いのか。今までの常識とあまりに間逆なので、半信半疑な状態です。


    体にとって何が良い食べ物なのかと言うのは、食材毎の単体で考えるべきではなくバランスの問題なのかもしれません。ゆるい糖質制限をやりながら、医学のあるいは栄養学の専門家の意見も聞いてみたいと思います。

    引用元: ・【糖質制限】和食をやめてステーキと焼肉を食べれば健康になる [無断転載禁止]©2ch.net

     糖質制限するなら和食をやめて肉ばかり食べれば良い?? の続きを読む

    1:
    カロリー制限、やっぱり長寿に効果 論争に終止符か
    朝日 小川裕介2017年1月18日07時52分
    http://www.asahi.com/articles/ASK1K5SDYK1KULBJ016.html?iref=com_alist_8_01


    カロリー制限はやはり長寿に効果がある、とする研究結果を米国の二つの研究チームがまとめ、17日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。両チームは1980年代後半からアカゲザルで実験を続け、効果をめぐって相反する結果を発表。両チームが共同で実験データを再解析し、「効果あり」で結論が一致したという。


     二つの研究チームは米国のウィスコンシン大学と国立加齢研究所。いずれも、好きなだけ食べさせる集団と、それよりも摂取カロリー量を3割減らした集団で生存年数などを比較する実験をしているが、大学は2009年と14年に「効果あり」、研究所は12年に「効果はなかった」と発表していた。


     今回、両チームで15年7月までの互いの実験を比べると、カロリー制限を始めた年齢が大学は大人の7~15歳なのに対し、研究所は1~23歳と幅広かった。このため、研究所のデータについて、実験開始時の年齢を若年(1~14歳)と中高年(16~23歳)に分けて改めて解析すると、若年でカロリー制限を始めた場合は寿命が延びる効果はみられなかったが、中高年で始めた場合は効果がみられ、特にオスは平均寿命の推計が全体よりも9歳ほど長い約35歳だったという。


     また、両チームの解剖データを調べたところ、開始年齢や性別にかかわらず、カロリー制限をしたグループのほうが、がんの発生率が15~20%ほど低かった。糖尿病や脳卒中など加齢に伴う病気も、より遅く発症していた。


     東京都健康長寿医療センター研究所の石神昭人研究部長(老化制御)は「論争に一つの終止符が打たれた。約30年に及ぶカロリー制限の研究データは、人間にも置き換えることができそうだ」と話す。(小川裕介)



    ごちゃ混ぜ関連

    左の毛並みとヒザが悪い歯抜け尻皮膚病は通常エサ、右の精悍なのは栄養不足にならない程度の節制CRエサ
    no title


    【医療】「糖質制限」で末期がん患者の8割が改善 衝撃の研究結果★3
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1479966478/

    【健康】 食事でカロリー20%制限しても寿命伸びない!? 20年以上研究したチームが科学誌Natureに発表
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1346307640/

    長寿に関わるとして、世界的に注目される遺伝子「サーチュイン」が、
    体の成長を抑制することを、神戸大大学院医学研究科のグループが発見。
    同遺伝子が、成長より、生存のためのエネルギー生産を優先させることが原因。
    神戸新聞 2013年10月24日

    【企業】クリスピードーナツ、一瞬でブーム消滅&大量閉店の惨状…甘すぎ&高すぎ&カロリー高すぎ ★4
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1484424039/

    引用元: ・【英科学誌ネイチャー】カロリー制限、やっぱり長寿に効果 論争に終止符か©2ch.net

     【英科学誌ネイチャー】カロリー制限、やっぱり長寿に効果 論争に終止符か の続きを読む

    no title

    1:
    【2017年の展望】主役は「コメ」?TPPに農協改革…どうなる日本農業

    2017年1月3日 11:40

    17年度予算案では、水田の畑地化推進に1034億円を計上。労働時間が不規則な酪農家の負担を削減するための機械化支援に60億円。営農が厳しい中山間地の農業支援に400億円が新たに設定された。しかし全体でみると17年度は目新しい項目が乏しく、農業の基盤整備に力点を置いている。


    TPPや農協改革など、話題の多かった2016年の農業。マスコミに取り上げられることも多く多くの課題を露呈した。しかしそのどれもが解決には至っておらず、17年も引き続き各所の動向が注目されている。17年、日本の農業はどこへ向かうのだろうか。


     何より気になるのが16年11月に参院本会議で承認されたTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)だ。日本やアメリカ、ニュージーランドやシンガポールなどの環太平洋地域による協定で、それぞれの国で設定していた関税を撤廃して自由な貿易を促すことが主な内容だ。関税がなくなることで今までより安価に輸入ができるようになり、各国の経済が発展するとされている。


     しかし前日にアメリカの次期大統領、トランプ氏が当選早々にTPP反対を宣言。交渉の先行きは不透明だ。トランプ氏はその後も「就任から100日以内に取り組む政策課題」として貿易政策を掲げ、「17年1月20日の就任初日にTPP協定からの離脱を表明する」と動画メッセージ内で強調した。「アメリカにとって大きな災難となる」とまで話し、代わりに公平な2国間協定の交渉を進める予定だとした。

    http://www.zaikei.co.jp/sp/article/20170103/345532.html

    引用元: ・白いご飯を食べる必要はない 現代の食事は、糖質などはおかずで充分摂れており、米は栄養過多 [無断転載禁止]©2ch.net

     白いご飯を食べる必要はない 現代の食事は、糖質などはおかずで充分摂れており、主食に米は栄養過多 の続きを読む

    1:
     「結果にコミットする。」をコンセプトに、7万人以上のダイエットを成功させたプライベートジム「RIZAP(ライザップ)」が、2017年1月1日から放送する新TVコマーシャルに、ものまねタレントの松村邦洋(49)を起用することを発表した。

     タレントやプロ野球選手・政治家などを150人を超える幅広いレパートリーを持つ松村は、元々太りやすい体質だった上、食レポの仕事が重なり、気がつくと80キロの体重が141キロへ増加。医師に長く生きられないといわれ、ウオーキングなどの自己流ダイエットを開始するも、練習せずに出場した09年の東京マラソン中に倒れ、一時心肺停止、救急搬送された。

     それをきっかけに健康管理を心掛けはじめたが、現在の体重は110キロ。自分が思い描く「標準体型」に近づくことが出来ない自己流のダイエットに限界を感じ、RIZAPと一緒に“人生初の標準体型”に挑戦することになった。

     松村は「自分自身の革命にワクワク。今まで改善できなかった自分自身のだめな部分や改めたい部分が、RIZAPが教えてくれる“食や運動のノウハウ”によってうまく改善できるのではないか」と期待を語り、「信じて全て任せてみようと思う」とRIZAPに全幅の信頼を寄せた。

     また、お笑い芸人のエド・はるみ(52)も「皆さんが楽しかったと答えているのが印象的。自分も挑戦するのが楽しみです」と宣言。元日からCMが放送される。


    スポーツ報知 12/30(金) 4:03配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000186-sph-ent
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20161229-00000186-sph-000-1-view.jpg

    引用元: ・【芸能】松村邦洋「RIZAPで痩せます!」2017年元旦からCM放送開始©2ch.net

     松村邦洋とエド・はるみ 「RIZAPで痩せます!」 2017年元旦からCM放送開始 の続きを読む

    ダイエット6

    1:
    ダイエットしようと思ったら糖質制限ばっか推してきてムカつくわ

    引用元: ・ダイエット本「肉食べまくってもいい、マヨネーズ使いまくってもいい、糖質制限すれば痩せる」←これ信じていいの? [無断転載禁止]©2ch.net

     ダイエット本「肉食べまくってもいい、マヨネーズ使いまくってもいい、糖質制限すれば痩せる」←これ信じていいの? の続きを読む

    このページのトップヘ