メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    糖質制限

    1:
    http://www.news24.jp/articles/2017/03/07/06355884.html

     健康志向が強まる中、糖質を抑えた食品の人気が高まっている。その波は、外食産業でも広がり、お馴染みのる「糖質オフ」定番メニューでも糖質オフの新商品が続々と登場している。顧客取り込みに向けた各社の動きを取材した。


    ■都内にあるイタリアンレストラン「ファロ資生堂」が、11日から提供するイタリアンのコース料理。実はこのメニューにはある工夫がある。 たとえばニョッキには、じゃがいもの代わりに大豆を使うことで、糖質が抑えられるという。気になるのは、その味だが―
    記者「ニョッキだ」「マッシュポテトのようなしっとりとした食感ですね」


    メニューづくりには医師が監修。それにより、このコース料理の糖質の量はごはん1杯分の糖質よりも半分ほどに抑えられたという。こうした糖質オフの食品などの市場は年々拡大傾向に。去年の見込みは3400億円を超え、5年前と比べると4割ほども拡大している。


    ■糖質に配慮したメニューを出すお店は他にもある。 都内にある長崎ちゃんぽんのチェーン店。2015年から出している糖質を抑えたメニューには麺(めん)抜きのものがある。これにより、糖質が60%カットされるという。 都内にあるパスタ店「ジョリーパスタ扇店」で、今月から発売しているというのが現行の麺に比べて25%糖質を抑えたパスタだ。また、7日から牛丼チェーンの大手・松屋が始めたメニューが、牛焼肉定食のご飯が湯豆腐になったものだ(プラス50円)。 店側によると糖質が94パーセント抑えられるという。


    ■なぜ今、外食産業で糖質を抑えたメニューが増えているのだろうか。専門家は―
    「外食業界では今、人手不足により、人件費が上昇傾向にある。円安によって原材料価格の上昇も中長期的に見込まれる。そういった中で単純に値上げすることは難しいですが、『糖質オフです』とみなさんにアピールすることで選択肢を与えてより高い単価のメニューを選んで頂くことが可能」(野村証券・皆川さん) 外食産業でも導入が広がる糖質オフメニュー。健康志向の消費者を取り込む動きは今後も続きそうだ。

    引用元: ・【健康】ご飯の代わりに湯豆腐…外食でも導入広がる「糖質オフ」 [無断転載禁止]©2ch.net

     ご飯の代わりに湯豆腐…外食でも導入広がる「糖質オフ」 の続きを読む

    1:
    ●午後の眠気は、仕事のミスを誘う

    職場での昼食はどのくらいの量をとっていますか?

    朝食をしっかりとっている場合、昼食は自然と少なめになるでしょう。ただ、お腹が空かないからといって昼食を抜いてしまうのはよくありません。なぜなら、結局午後になってお腹が空いてしまい、手軽にとれるお菓子やパンをちょこちょこと食べてしまうことになるからです。それよりは、決まった時間に食事をするほうが体のリズムが同調しやすくなります。


    しかし、怖いのはランチ後の睡魔です。体内時計のベースになる1日のリズム(概日リズム)とは別に、半日(約12時間)周期のリズムがあることも知られています。こちらは、半概日リズムと呼ばれ、14~16時に活動力が落ちる眠気のピークが来ます。


    概日リズムでは、朝目が覚めて、夜に眠くなるように体がセットされていますから、午前2~4時に眠気のピークが来ますが、半日の周期リズム(半概日リズム)では昼下がりの14~16時に「魔の時間帯」がやってくるのです。


    実際に、スウェーデンのガス作業従事者7万5000人を対象にした統計によると、日中では14時に最も作業ミスが多いという結果が出ています。概日リズムの深夜にくる眠気のような大きなピークではありませんが、集中力が落ち、体が眠気モードに向かっていく中に昼食の時間帯が重なってくるわけです。


    一般的には「食事をするから眠くなる」と思われているかもしれませんが、それだけでなく、午後の睡魔は体のリズムにしっかり組み込まれた生理現象の1つといえるものなのです。とはいっても、多くの仕事を抱える身としては、どうにかして少しでもその眠気を回避したいところでしょう。


    そこでポイントとなるのが、食事の量と質です。たとえば、空腹にまかせてお腹いっぱい食べたらどうなるでしょうか。その場合にとりわけ問題になってくるのが、糖質のとりすぎです。


    限られたランチタイムを有効に使おうと、早くて安くて美味い丼物やラーメンを一気にかき込んだとしましょう。すると、血糖値が急上昇します。空腹も満たされ活力が湧いてきますが、急上昇した血糖値はインスリンの分泌により、やがて急降下します。つかの間の活力は消え去り、眠気やだるさ、心身のイライラにつながってしまうのです。


    この血糖値の乱高下は「グルコーススパイク」と呼ばれています。そこに、もともと体に備わっている半概日リズムが重なることで、眠気は倍増するでしょう。食事をして血糖値が上がるのは自然なことですが、たとえば朝食を抜いた状態で昼にお腹いっぱい食べると、血糖値の上昇は激しくなります。血糖値が上昇するということは、栄養が補給されたサインですから、体は安心して活動のスイッチを切ります。それが眠気の原因です。


    逆に血糖値が下降するのは栄養不足のサインであるため、動物でいえば、エサを探さなくてはなりません。覚醒モードになり、同時にイライラが増してきます。血糖値の乱高下=グルコーススパイクが続くと、眠気やだるさ、心身のイライラが繰り返し訪れ、体調はどんどん悪くなります。


    そうならないためには、午後の仕事に合わせて、昼食の量や食べ方を調整しましょう。


    ●昼食には何をどう食べればいいのか?

    朝食がしっかりとれていれば、昼食は糖質の少ないそばにするとか、おにぎり1つくらいにするなど、軽めの食事でも十分にお腹は満たせます。コンビニエンスストアで売っている甘栗、焼き芋、バナナなどもおすすめです。甘いものは、なるべく精製されていない、自然に近いものでとったほうが血糖値の上昇もゆるやかで、消化の負担が少なくなってくるからです。


    血糖値を気にする人は、GI値がさらに低いカシューナッツ、くるみなどのナッツ類やチーズ、ゆで卵などを組み合わせてもいいかもしれません。いずれにせよ、仕事のコンディションを整えるうえでは、ランチにラーメンとライス、丼物とそばのセットなどの炭水化物(糖質)の組み合わせは禁物です。(以下省略)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170506-00126360-diamond-soci

    引用元: ・【話題】昼食に「麺+ご飯もの」のセットを食べてはいけない理由 ©2ch.net

     昼食に「麺+ご飯もの」のセットを食べてはいけない理由がコレ の続きを読む

    1:
    お菓子が大好きな子どもたち。日常には甘いものが溢れかえっているのですから、当然です。スウェーデンのあるお母さんはふと思いました。「娘に一切砂糖を与えないようにすると、一体どうなるのかしら?」

    no title


    お菓子が大好き!子どもにはそんなイメージがあります。実際、ごはんよりもお菓子の方が喜ぶお子さんは多いのではないでしょうか。ごはん前にお菓子はやめてよ、なんて注意するお母さんの声もよく聞きます。


    大人でさえ、体によくないとわかっちゃいるけどやめられないお菓子。まだ幼い子どもが自分でコントロールできるわけがありません。中には多量の砂糖が使われているものも少なくなく、子どもに与える量は考えねばなりません。


    スウェーデン人のLarssonさんは、4歳の娘さんをもつお母さん。彼女はふと思い立ち、娘さんに砂糖を与えないようにしてみたのです。

    no title


    その結果を、Facebookで報告しているLarssonさん。多くな人が彼女の記事に興味をもち、コメントしています。どの程度徹底的に砂糖を断ったのかはわかりません。とにかく、お菓子は一切たった様子。最初はお菓子がほしくてほしくて泣きじゃくった娘さんですが……


    2週間ほどたったころ、娘さんに変化があらわれてきたといいます。

    no title



    それまでは感情の起伏が激しく、怒りっぽく、なかなか寝付かなかった娘さん。しかし、砂糖を断ち始めてから、なんとずいぶんおだやかになり、夜もすぐ寝付くようになったのだとか。その変化は誰の目にも明らかだったそう。


    no title


    そして味覚にも変化が。今まで嫌っていた野菜を、おいしいと言って食べるようになったのです。これは大きな変化ですね。



    Facebookのコメントにはもちろん賛否両論ありました。

    否定派の意見としては、
    ・栄養学的に、砂糖と今回の結果が関係あるとは言えない。
    ・砂糖を完全にたつことは難しいし、それが子どもにとっていいとは思えない。

    という意見が目立ちました。



    Larssonさんは、今回の興味深い結果をぜひたくさんのお母さんに知ってもらいたいと、記事を作成したのだとか。これは、子育てだけでなく、我々にも考えさせられる記事ですよね。

    http://www.yukawanet.com/archives/5191323.html

    ★1:2017/03/28(火) 04:34:49.58
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490658960/

    引用元: ・【国際】スウェーデンの母親が娘に砂糖を一切与えないようにした結果 ⇒ 怒りっぽかった性格が穏やかに、野菜嫌いが野菜好きに★3 [無断転載禁止]©2ch.net

     スウェーデンの母親が娘に砂糖を一切与えないようにした結果… の続きを読む

    食事

    1:
    http://agora-web.jp/archives/2024688.html

    ゆるい糖質制限をしていると、食生活が大きく変わります。和食はどうしてもご飯が無いと成り立たないので、焼肉やステーキといった食事が多くなります。始める前と比べて、ご飯やパン、パスタ、ラーメンを食べる量が激減して、その分肉ばかり食べるようになりました。野菜も意識して食べるようにしていますが、今までの栄養学では動物性たんぱく質の摂りすぎで、体には良くないとされる食生活です。


    しかし、体に良い食事か悪い食事かというのは、時代と共にどんどん変わっていきます。子供の頃、給食で毎日飲まされ、体に良いと言われていた牛乳は、飲まない方が良いという意見が増えてきているようです。あるいは、コーヒーはカフェインが入っていて胃を荒らすから飲まない方が良いとされてきました。


    こちらも、最近では成人病の予防に効果があると言われ、飲んだほうが良いことになっています。日本では栄養のバランスが取れた食事は、糖質60%、たんぱく質15%、脂質25%程度とされていました。しかし今やこの比率が糖尿病をはじめとする生活習慣病の原因とさえ言われるようになっています。糖質制限の書籍を読むと、例えば糖質12%、たんぱく質32%、脂質56%といったまったく異なる比率が推奨されているのです。


    今までは、健康診断で悪い数値が出ると、体に良い和食を中心にして野菜を食べるよう指導されました。でもこれは、ご飯を中心とした糖質の多い食事と言うことになりますので、むしろ症状を悪化させるリスクがある。逆に、バターや肉といった材料は、これまで体に良くないと言われていましたが、むしろこのような材は良質なたんぱく質、脂質源として積極的に摂取したほうが良いということになるのです。


    今までの日本の医学や栄養学の健康になるための常識が覆され、今や健康を害する非常識に変わっている。食事に関する知識や情報と言うのは、最新の研究データを知り、自分で何が正しいかを判断しなければならない時代になったと感じます。医者が書いた糖質制限の本を読んでから、和食を食べることが少なくなり、最近はステーキや焼肉など以前は不健康と思っていた食事が増えています。果たしてこのようなゆるい糖質制限で薦められている食事が本当に体に良いのか。今までの常識とあまりに間逆なので、半信半疑な状態です。


    体にとって何が良い食べ物なのかと言うのは、食材毎の単体で考えるべきではなくバランスの問題なのかもしれません。ゆるい糖質制限をやりながら、医学のあるいは栄養学の専門家の意見も聞いてみたいと思います。

    引用元: ・【糖質制限】和食をやめてステーキと焼肉を食べれば健康になる [無断転載禁止]©2ch.net

     糖質制限するなら和食をやめて肉ばかり食べれば良い?? の続きを読む

    1:
    カロリー制限、やっぱり長寿に効果 論争に終止符か
    朝日 小川裕介2017年1月18日07時52分
    http://www.asahi.com/articles/ASK1K5SDYK1KULBJ016.html?iref=com_alist_8_01


    カロリー制限はやはり長寿に効果がある、とする研究結果を米国の二つの研究チームがまとめ、17日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。両チームは1980年代後半からアカゲザルで実験を続け、効果をめぐって相反する結果を発表。両チームが共同で実験データを再解析し、「効果あり」で結論が一致したという。


     二つの研究チームは米国のウィスコンシン大学と国立加齢研究所。いずれも、好きなだけ食べさせる集団と、それよりも摂取カロリー量を3割減らした集団で生存年数などを比較する実験をしているが、大学は2009年と14年に「効果あり」、研究所は12年に「効果はなかった」と発表していた。


     今回、両チームで15年7月までの互いの実験を比べると、カロリー制限を始めた年齢が大学は大人の7~15歳なのに対し、研究所は1~23歳と幅広かった。このため、研究所のデータについて、実験開始時の年齢を若年(1~14歳)と中高年(16~23歳)に分けて改めて解析すると、若年でカロリー制限を始めた場合は寿命が延びる効果はみられなかったが、中高年で始めた場合は効果がみられ、特にオスは平均寿命の推計が全体よりも9歳ほど長い約35歳だったという。


     また、両チームの解剖データを調べたところ、開始年齢や性別にかかわらず、カロリー制限をしたグループのほうが、がんの発生率が15~20%ほど低かった。糖尿病や脳卒中など加齢に伴う病気も、より遅く発症していた。


     東京都健康長寿医療センター研究所の石神昭人研究部長(老化制御)は「論争に一つの終止符が打たれた。約30年に及ぶカロリー制限の研究データは、人間にも置き換えることができそうだ」と話す。(小川裕介)



    ごちゃ混ぜ関連

    左の毛並みとヒザが悪い歯抜け尻皮膚病は通常エサ、右の精悍なのは栄養不足にならない程度の節制CRエサ
    no title


    【医療】「糖質制限」で末期がん患者の8割が改善 衝撃の研究結果★3
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1479966478/

    【健康】 食事でカロリー20%制限しても寿命伸びない!? 20年以上研究したチームが科学誌Natureに発表
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1346307640/

    長寿に関わるとして、世界的に注目される遺伝子「サーチュイン」が、
    体の成長を抑制することを、神戸大大学院医学研究科のグループが発見。
    同遺伝子が、成長より、生存のためのエネルギー生産を優先させることが原因。
    神戸新聞 2013年10月24日

    【企業】クリスピードーナツ、一瞬でブーム消滅&大量閉店の惨状…甘すぎ&高すぎ&カロリー高すぎ ★4
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1484424039/

    引用元: ・【英科学誌ネイチャー】カロリー制限、やっぱり長寿に効果 論争に終止符か©2ch.net

     【英科学誌ネイチャー】カロリー制限、やっぱり長寿に効果 論争に終止符か の続きを読む

    このページのトップヘ