じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    精神病

    1:
    精神科医療の現場でバイブルとされている専門書があります。『精神疾患の診断・統計マニュアル』という本です。最新の第5版は900頁を超える大部ですが、ひとつ前の第4版は世界中で100万部以上も売れたのだそうです。買ったのは、精神科医だけでなく、生命保険や損害保険を扱う会社、あるいは裁判で犯罪者を担当する弁護士などでした。さらに、この本を陰で支えたのが、巨大な多国籍製薬企業(ビッグ・ファーマ)です。本連載の何回か分を割いて、「薬漬け医療」とビッグ・ファーマとの関係を探っていくことにします。


    この本は、改訂版が出るたびに膨大な数の病名が追加されていき、今や一般市民の半数が、なんらかの精神疾患ありと決めつけられかねない状況に至っています。たとえば最近、メディアでときどき話題になるADHD(注意欠如・多動性障害)という病名です。落ち着きのない子供につけられるもので、米国のある精神分析医は皮肉を込めて、「子供であれば落ち着きがないのは当たり前。昔は、単に『元気な子』と呼んでいたはず」と述べています。


    「恥ずかしがりや」や「ひとみしり」もありふれた性格を表す言葉でした。多少にかかわらず誰にでも認められるもので、少なくともこのマニュアルに「社交不安障害」という“病名”が掲載されるまでは、そのことになんの疑いもありませんでした【註1】。同書の執筆者のひとりは、「恥ずかしがりやは、この病気と大きくオーバーラップしており、多くが薬を必要とする状態だ」と述べたのです。

     
    ちなみにこの病気は、同書によれば、

    (1)人前に出るのが怖い、恥ずかしい、あるいは恥をかいたという感情が半年以上続いているか?
    (2)その感情は非常に強いか、あるいは特別な理由がなく生じているか?
    (3)自分では解決できないものか?
    (4)まともな社会生活ができなくなるほどか?

    という質問に全部イエスと答えると、診断されてしまうことになっています(最新版で若干の改定がなされている)【註2】。

    この陰に、ビッグ・ファーマの存在がありました。新薬を売るためにもっともらしい病名を次々に考え出し、有名医師を操って世の中に広めたとされているのです【註3】。たとえば英国のアイザック・マークス医師は、前述した病名(社交不安障害)を最初に使った人ですが、日本の精神科医たちは当時、これを画期的な研究業績だと評価していました。



    ■薬の宣伝のために論文量産

    しかし、この医師は後年、ジャーナリストのインタビューに答えて「数々の論文はうつの治療薬を宣伝するために書いた」と告白しているのです【註1】。PTSDという言葉が、大事件や大事故のあとのニュースでよく出てきます。「心的外傷後ストレス障害」という病名の略号で、意味は読んで字のとおりです。


    1980年代に用いられるようになった言葉ですが、当時はまだぴったりの薬がなく、多くのビッグ・ファーマがこの病名に合った薬の開発と発売許可を求め、しのぎを削っていました。そこで登場したのがゾロフト(日本ではジェイゾロフト)という、うつ病の薬でした。


    製薬企業はPTSDに有効であることを示すための臨床試験を繰り返しましたが、何回行っても有効性を証明することはできません。そこで、この薬を開発したビッグ・ファーマはいろいろ考えたあげく、薬が効きそうな女性だけを集めて臨床試験を行い、ついに発売許可を役所から得ることに成功したということです【註4】。


    ビッグ・ファーマがこれらの病名を、本当にでっち上げたのかどうかはわかりません。しかし新しい病名が、突然世間で注目を集めるようになったとき、それは医学の進歩を意味するものではなく、陰で誰かが大儲けしていると思ったほうがよさそうです。

    ●参考文献
    【註1】Lane C, How normal behavior became a sickness, shyness, Yale University Press, New Haven, 2007.
    【註2】Crome E, et al., DSM-IV and DSM-5 social anxiety disorder in the Australian community. Aust N Z J Psychiatry 49: 227-235, 2015.
    【註3】マーシャ・エンジェル、『ビッグ・ファーマ 製薬企業の真実』、栗原千絵子・斉尾武郎共監訳、篠原出版新社、2005.
    【註4】デイヴィッド・ヒーリー、『ファルマゲドン 背信の医薬』、田島治監訳、中里京子訳、みすず書房、2015.

    http://biz-journal.jp/2017/06/post_19590.html
    http://biz-journal.jp/2017/06/post_19590_2.html

    ★1:2017/06/27(火) 21:51:41.14
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1498567901/

    引用元: ・【医療】どんな性格も精神病…薬を売るために「新病名」を量産する巨大製薬会社と医師★2 [無断転載禁止]©2ch.net

     薬を売るために新しい病名を量産する巨大製薬会社と医師たち の続きを読む

    1:
    http://news.mynavi.jp/articles/2017/06/07/bpd/?rt=top

    1 精神医学的分類では「境界性パーソナリティー障害」
    須藤妙子


    恋愛関係において、パートナーへの束縛が激しくなったり、情緒不安定になったりした女性の様子を「メンヘラ」と称することがある。若い世代を中心にカジュアルに使われがちな言葉だが、医学的な定義があるわけではない。では、一般的にメンヘラと呼ばれる女性(もしくは男性)の症状は、専門家の目にはどう映るのだろうか。精神科の高木希奈医師に見解をうかがった。




    境界性パーソナリティー障害の特徴

    最近「メンヘラ」という言葉を至る所で耳にしますが、元々は、2ちゃんねるの「メンタルヘルス」という掲示板が"メンヘル"と略されるようになったことに由来するようです。そこから、その掲示板のユーザーのことを"~している人"という意味のerをつけて「メンヘラ」と呼ぶようになったとか。つまり精神疾患を持っている人を指す言葉だったのですが、徐々に使われる範囲も意味合いも変わっていき、今では若い世代を中心に、精神疾患よりももっと軽いイメージで使われていますね。


    メンヘラはネット用語ですから、もちろん精神医学用語ではありません。一般的にメンヘラにみられるような症状がさらに重い場合をあえて精神医学的に分類すると、「パーソナリティー障害」などに当てはまると思います。ですので今回は、パーソナリティー障害の中でも、最も当てはまると思われる「境界性パーソナリティー障害(以下、BPD)」についてお伝えしたいと思います。もっとも、メンヘラは恋愛における俗語としての意味合いも強いので、そう呼ばれる方がすべてBPDに当てはまるわけではないのでご注意ください。



    BPDは、次のような特徴があげられます。

    ・自分のアイデンティティーが確立されていない

    ・見捨てられ不安
    自分というものがないので、常に誰かに依存していないと不安になる。

    ・思考の二極化
    人や物事を「善か悪か」「白か黒か」の両極端でしか判断できない、ほどほどの状態がない。

    ・不安定な対人関係
    相手を理想化したり徹底的にこきおろしたりと、「良い人か悪い人か」「敵か味方か」の両極端でしか相手のことを見られない。また、同じ相手であっても、甘えたり絶賛したりしていたかと思えば、些細なことで急に相手を攻撃、罵倒するなど、人への評価が常に両極端。さらに、相手を自分の思い通りにコントロールしようとするため、平気で嘘をつき、それをもっともらしく話して相手を信じ込ませようとする。

    ・感情が常に不安定
    数十分~数時間単位の短時間ですぐに喜怒哀楽の感情が変わる。

    ・慢性的な空虚感や自己否定感

    ・衝動コントロールが困難
    自分の気分や感情をコントロールできずに、しばしば癇癪(かんしゃく)を起こす。常にイライラして怒っている。取っ組み合いの喧嘩や暴力を起こす。後述の自傷行為や自殺未遂、衝動行為に及ぶ。

    ・自傷行為や自殺未遂
    リストカット、アームカット、根性焼きなど。

    ・衝動行為
    過量服薬、アルコール・薬物乱用、浪費、ギャンブル、万引き、過食、危険運転、逸脱した性行動など。



    精神科疾患は、脳内の神経伝達物質の乱れ、遺伝素因、環境要因などさまざまな要因が重なったことが発症に関連していると言われますが、まだその原因がはっきりわかっていないものがほとんどです。しかし中には、後天的要因が大きく発症に関係するものがあり、BPDもその中の一つです(ただし、後天的要因だけが原因ではありません。前述したようないろいろな要因が組み合わさって発症します)。


    例えば、幼小児期に両親(特に母親)から十分な愛情を注がれなかったり、保護を受けられなかったりした場合や、虐待(特に性的虐待)、いじめ、暴力などの既往がある場合は、発症要因の一つになります。


    ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

    (つづく)

    2:
    http://news.mynavi.jp/articles/2017/06/07/bpd/001.html

    満たされない恋愛が引き金になることも

    今まで全く問題なかったのに……

    10代後半~20代前半くらいまでは、特に恋愛においては誰でも情動不安定になることは多いものです。メンヘラと思われるような行動をとる場合も多々あるかとは思いますが、それで大きなトラブルを引き起こしていなければ問題はありません。ただし、周りに迷惑がかかるようになるとちょっと問題です。


    今まで全く問題なかったのに、付き合った男性によってメンヘラになってしまった場合は、よっぽど相手の男性がひどい付き合い方をしたのでしょう。例えば、浮気を繰り返す、自分の親友や近しい友達と浮気をしたり付き合ったりした、何股もかけられていた、ひどい振り方をされた……などなど。そうなると、男性不信や人間不信となって、対人関係が不安定となり、さらには感情も不安定となり、自己否定感が強まります。


    そうすると「またこの人は自分の前からいなくなってしまうのではないか」「またひどいことをされるのではないか」などといった不安感や見捨てられ不安が高まり、相手に依存し、束縛して自分の思い通りにコントロールするようになります。




    付き合う男性へのアドバイス

    一時的にメンヘラのような状態になっても、時間がたつにつれて、前述したような症状が治まってくればいいのですが、なかなか改善せず、次々と相手を変えるなどして、さらに状況や状態が悪化してしまう場合もあります。


    相手と信頼関係を築き、信用や安心感を得られれば、メンヘラの方の心は安定します。男性は、このような女性と付き合うと大変なこともたくさんあると思いますが、途中で見捨てないこと。離れたりくっついたりと、相手を振り回してしまうのは良くありません。自分が好きになった相手、選んだ相手であり、"この人をなんとかしてあげたい、救いたい"と思うのであれば、何があっても最後まで本人の面倒を見る、くらいの覚悟でお付き合いをしてください。


    ただし自分では手に負えない場合は、精神科へ相談するようにしましょう。精神科では、BPDそのものに効く薬はないため、気分安定薬を中心とした薬物療法と、各種精神療法を組み合わせて治療を行います。精神科を受診したからといってすぐに治るものではなく、服薬とカウンセリングを併用しながら環境調整も行っていき、ゆっくりと時間をかけて治療していく場合がほとんどであると思います。



    ※本稿は『あなたの周りの身近な狂気』(高木希奈著 / セブン&アイ出版)を参考にしています
    ※写真と本文は関係ありません

    取材協力: 高木希奈(タカギ・キナ)


    精神保健指定医、日本精神神経学会認定専門医、日本精神神経学会認定指導医、日本医師会認定産業医。
    長野県出身。聖マリアンナ医科大学卒業。現在は、精神科単科の病院で精神科救急を中心に急性期治療にあたっている。また、産業医として企業にも勤務経験あり。
    著書に『間取りの恋愛心理学』(三五館)、『あなたの周りの身近な狂気』(セブン&アイ出版)、『精神科女医が本気で考えた 心と体を満足させるセックス』(徳間書店)、電子書籍『女医が教える飽きないエッチ』(App Store、Kindle)など。趣味は、海外旅行とスキューバダイビング。オフィシャルブログはこちら。

    引用元: ・【医学】見捨てられるのが怖い…! 「メンヘラ」を精神科医が解説 [無断転載禁止]©2ch.net

     見捨てられるのが怖い… 精神科医がメンヘラを解説 の続きを読む

    1:
    世界には韓国人にのみかかる特別な病気が存在するという。韓国のオンラインコミュニティに「韓国人だけかかる病気」というタイトルの記事が掲載され、またそれを韓国のニュースサイトが取り上げた。その病気の名前は「火病(ファビョン)」といい、悔しい気持ちを抑えられずに生理機能の障害などで頭痛や胸が苦しくなる精神疾患症状。


    これは韓国のみに存在する文化固有の障害であり、米国精神医学会で発表した精神疾患の診断と統計マニュアル書籍であるDSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)では、病名を韓国表記でHwa-Byong(つぼと同音)と公式登録した。医学会でも韓国特有の文化症状群と定義している。


    このような文化固有の障害は心理的な症状だけではなく、具体的な身体化症状も引き起こす。この症状を治療するために、病院を探しても、原因の特定は難しく神経性症状と診断される場合が多い。


    韓国で「火病」を抱えて居る多くの人は50代の女性だという。この統計から、男性(旦那)の権威に対して
    家庭内での自分の感情を抑制しすぎて症状がでるのだという。また家庭内で自分の主張を話すことができず、目上の者に服従する韓国のトップダウン文化も「火病」を誘発している。


    「火病」と言えば日本のネットで「ファビョン」や「ファビョる」などとスラングのように使われており、都市伝説扱いされているが実は正式な病名であった。また韓国だけで無く、マレーシアやインドネシアの人がかかる病気、アムク(Amuk)というものも存在。これは国から感情が抑圧された生活を送っているため、限界になると他人に暴行を加えたり最悪の場合は殺人を犯すというもの。


    日本では「中二病」と呼ばれているものがあるが、これはスラングであり正式な病名では無い。

    http://gogotsu.com/archives/30565
    no title

    引用元: ・【祝・正式登録】韓国人だけがかかる病気「火病」 米国精神医学会に公式に登録される [無断転載禁止]©2ch.net

     韓国人だけがかかる病気「火病」 米国精神医学会に公式に登録される の続きを読む

    1:
    筑波大学教授 原田隆之


    ■痴漢という「病」

    痴漢は犯罪かと問うと、100人中100人がそうだと答えるだろう。もちろんそれは間違いではない。しかし、「痴漢という病」としての観点もまた重要である。このような観点が欠落しているからこそ、上で述べたような「治療」という介入が見落とされるのである。


    現に、世界的に用いられている精神障害の診断基準である「精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)」には、窃触症という疾患がリストアップされており、それは「同意していない人に触ったり、身体をこすりつけたりすることから得られる反復性の強烈な性的興奮が、空想、衝動、または行動に現れる」障害であると記載されている(太字筆者)。


    まさに痴漢は、このような病態であると言える。そして、このような衝動や行動が反復され、やめようと思ってもやめられない、まさにコントロール不能になることがこの障害の特徴であり、「性的依存症」とも言える一面も併せ持っている。痴漢は病気だから治療が必要だ、などという話をすると、「痴漢の味方をするのか」「痴漢は好きでやっているのだから、病気ではないだろう」などという感情的な反発を招くことは予想されるし、現に面と向かって批判されたこともある。


    しかし、痴漢行為を医療の枠組みからとらえ直すことは、何も犯罪としての責任を軽くしようとする企てではない。犯罪か、病気か、という二者択一ではなく、どちらの見方の必要だという複合的なとらえ方を提案しているだけである。さらに、これが最も重要な点であるが、私が拠って立つ科学的な立場からすると、痴漢だけでなく、犯罪一般に言えることだが、処罰だけでは再犯の抑制にはならないという科学的なエビデンスがある。


    「治療」というオプションを追加することではじめて、確実に再犯が抑制されるのである。センセーショナルに騒いでも、厳罰を科しても、ましてや線路上を走っても、痴漢という犯罪は抑制できない。つまり、痴漢を病気としてもとらえて治療を提唱する立場は、痴漢撲滅を叫んでさまざまな対策を講じている人たちと同じく、痴漢という犯罪をなくし、これ以上被害者を出さないようにしたいという目的で一致している。


    それに加えて、痴漢行為をやめたいと思ってもやめることができず、仕事を解雇されたり、家庭崩壊に至ったり、刑務所に入ってしまったりという、加害者側の悲劇をも未然に防ごうとする努力でもあるが、これは何も加害者を擁護しようという企みではないだろう。自業自得だと見捨てておけばよいということでもない。

    では、どのような治療を行うのか、治療にはどれだけの再犯抑止効果があるのか、私自身の行っている取り組みを紹介したい。

    (以下省略、つづきはウェブで!)

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51903?page=4


    引用元: ・【科学】筑波大教授「痴漢は病気であり、治療が必要」・・・「科学の力」で痴漢をなくす、驚きの方法 ©2ch.net

     筑波大教授「痴漢は病気であり、治療が必要」・・・「科学の力」で痴漢をなくす、その驚きの方法とは の続きを読む

    1:
    双極性気分障害の原因を特定
    Proceedings of the National Academy of Sciencesに掲載

    横浜市立大学 学術院医学群 薬理学 五嶋良郎教授らの研究グループは、サンフォード・バーナム・プレビス医学研究所(米国、サンディエゴ)のEvan Snyder博士らと共同で、双極性気分障害*1の患者さんのiPS細胞*2の解析から、collapsin response mediator protein 2 (CRMP2) というタンパク質の翻訳後修飾異常*3を発見しました。


    双極性気分障害とは、気分障害と言われる疾患の中の一つのタイプで、躁(そう)状態と鬱(うつ)状態の両方が出現する病態、いわゆる躁鬱(そううつ)病です。この双極性気分障害の患者さんには古くから炭酸リチウムという薬物が使用され、良く効く人とそうでない人がいることが知られていましたが、なぜ効果があるかはよくわかっていませんでした。


    今回の研究において、1) 疾患特異的iPS細胞を使った実験で、炭酸リチウム*4が効く双極性気分障害の患者さんの脳では、CRMP2のリン酸化*5が亢進していること、2) この亢進は炭酸リチウムで抑えられること、3) 躁病の動物モデルでは、CRMP2 のリン酸化が亢進していること、CRMP2のリン酸化を起こらないようにしたCRMP2S522Aノックインマウスというモデル動物(後述)では、躁状態が軽減されること、
    4) 患者さんの死後脳では、神経の伝達を担う構造体であるシナプスの構造が変化していること、5) 炭酸リチウムの処方を受けていたヒトではCRMP2のリン酸化亢進がみられず、シナプスの構造は正常に保たれていること、を明らかにしました。


    本研究により、炭酸リチウムが効く双極性障害患者さんではCRMP2のリン酸化修飾異常が病態と相関しており、その異常は炭酸リチウムで抑制されることが分かりました。また、この関係は動物モデルでも同様であることが確認されたため、双極性気分障害の新しい治療法の研究開発に大いに役立つと期待されます。

    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:横浜市立大学 2017.05.12
    http://www.yokohama-cu.ac.jp/amedrc/news/20170508_goshima.html

    ▽関連
    Early Edition > Brian T. D. Tobe, doi: 10.1073/pnas.1700111114
    Probing the lithium-response pathway in hiPSCs implicates the phosphoregulatory set-point for a cytoskeletal modulator in bipolar pathogenesis
    http://www.pnas.org/content/early/2017/05/11/1700111114.full

    引用元: ・【医学】双極性気分障害の原因を特定/横浜市立大©2ch.net

     双極性気分障害の原因を特定 - 横浜市立大学 の続きを読む

    このページのトップヘ