メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    精神疾患

    1:
    「鬱傾向にある人」の9割以上が医療機関で診断を受けていない-。

    鬱傾向にある人の意識と行動に関する調査で、こうした結果がまとまった。調査を担った藤田保健衛生大医学部の内藤宏教授(精神神経科)は「身近な内科医に相談し、そこから精神科受診を勧める体制づくりが必要」と話している。(村島有紀)


     この調査は、鬱状態でありながら、医療機関で診断・治療を受けていない潜在的な鬱病患者がどのような行動を取っているかを明らかにするため、塩野義製薬(大阪市)がインターネット上で行った。20歳から69歳までの1万9975人を調査。


    その結果、
    (1)最近1カ月間、気分が沈んだり、憂鬱な気持ちになったりすることがよくあった
    (2)最近1カ月間、物事に対して興味がわかない、あるいは心から楽しめないことがよくあった-

    の2つの質問で、いずれかが当てはまった人を「鬱傾向あり」に分類したところ、39%(7796人)が該当した。


     鬱傾向にある人は、ない人(1万2179人)に比べ、疲労倦怠(けんたい)感の身体的不調は2・5倍、睡眠障害も2・4倍、食欲不振または過食の割合も2・8倍多かった。さらに精神的不調については、「不安で、いてもたってもいられない」「気分が重苦しく、泣きたくなる」「死にたいと思うことがある」などがある割合が、5倍以上に上っていることが分かった。


     藤田教授は「鬱病は早期発見すればカウンセリングを受けたり、生活環境を変えたりすることで、薬を飲まなくても治るケースも多い。早期発見・早期治療がその後の治療期間の短縮につながる」と、受診と診断の重要性を強調する。


     また、鬱傾向があっても、医療機関で「鬱状態」などと診断をされている人はわずか8・1%で、約9割が未診断であることも分かった。未診断者(2028人)のうち、身近な内科医がいる人は約半数で、そのうち、相談する意向のある人は約3割、実際に相談できた人は1割にとどまった。


     相談したくない人の傾向は、「医師との関係が良好でない」「医師に相談しても、不調改善の効果を期待していない」など。また、「身近な内科医がいない」ケースは、20代、30代の若年層が比較的多く、「不調に対する重症意識が低い」「医師だけでなく家族や周囲との関係性も良好でない」といったケースが目立った。


     内藤教授は「相談したくないと回答した人の意見の中では、『医者は病気は診てくれるけど、病人として見てくれない』などもあり、医師側が改善しなければならない点も多く、医師の態度教育の必要性を痛感した」とする。

    以下ソース先で
    no title

    http://www.sankei.com/life/news/170523/lif1705230034-n1.html

    引用元: ・【健康】「鬱傾向にある人」の9割が未診断 かかりつけ医との連携必要 [無断転載禁止]©2ch.net

     【驚愕】 「鬱傾向にある人」の9割が未診断。 かかりつけ医との連携が必要 の続きを読む

    1:
    大人の注意欠如・多動性障害(ADHD)を見つけ出すには、世界保健機関(WHO)が中心となって作成した症状チェックリスト「Adult ADHD Self Report Scale(ASRS)」が使われることが多い。しかし、ASRSは米国の『精神疾患の分類と診断の手引き第4版(DSM-Ⅳ)』の基準に沿って作成されているため、同手引きの最新版である第5版(DSM-5)の診断基準とは合っていない。


    そこで、米国のマサチューセッツ工科大学などの研究グループは、DSM-5の基準に合う簡便なスクリーニングツールとして、質問項目を6項目に絞った「DSM-5版ASRS」を作成。その正確性を確認したところ、大人のADHD患者を正確に拾い上げることが可能だったという。



    *****

    1.直接話しかけられているにもかかわらず、その内容に集中することが困難だと感じることはあるか

    2.会議といった着席すべき場面で離席してしまうことはあるか

    3.余暇にくつろいだり、リラックスして過ごしたりすることが難しいと感じることはあるか

    4.誰かと会話しているとき、相手の話がまだ終わっていないのに途中で割り込んで相手の話を終わらせてしまうことはあるか

    5.ぎりぎりまで物事を先延ばしにすることはあるか

    6.日常生活を円滑に送るために誰かに依存することはあるか



    スクリーニング対象者は、これら6項目について①全くない②ほとんどない③時々ある④頻繁にある⑤かなり頻繁にある―の5段階で回答。いずれの項目も「全くない」場合は0点とする一方、最高得点は項目ごとに2~5点の範囲で重み付けされ、合計点数0~24点で評価するツールとした。

    *****
    一部抜粋です。全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    http://kenko100.jp/articles/170523004319/#gsc.tab=0

    引用元: ・【便利】わずか6問で、大人のADHDを発見できます/米国の研究グループが検出ツールを作成 [無断転載禁止]©2ch.net

     わずか6問で、大人のADHDを発見できます/米国の研究グループが検出ツールを作成 の続きを読む

    1:
    ■認知症、精神疾患を回復に向かわせる“セラピスト”ヒメ

    猫を飼っている人にとっては常識かもしれないが、飼い猫が、たまに飼い主を見てゆっくりとまばたきをすることがある。筆者の自宅で暮らしている猫もよくやる。これは「親愛の情」を示すシグナルとされる。そのまばたきに応えて、人間の方も同じように猫を見てゆっくりまばたきをする。すると、こちらからの愛情も伝えられるそうだ。そんな非言語のコミュニケーションが人の心を癒してくれる。


    ちなみに、猫がゴロゴロと喉を鳴らす音も、人間の癒しになることが科学的に証明されているそうだ。もともとは母猫が生まれたばかりの子猫に自分の存在を知らせるために鳴らすものだが、その低周波の振動が、人間の副交感神経を高めるのだという。副交感神経が高まり交感神経よりも優位に立つと、人はリラックスする。


    そんな、いろいろな面で人間を癒してくれる猫が、実際に病院や施設などで患者さんの治療や高齢者の介護に役に立っているのをご存知だろうか。本書『すべての猫はセラピスト』(講談社)では、ノンフィクション作家である著者が、アニマルセラピー(動物介在療法)の現場で「セラピーキャット」として活躍する一匹の猫を紹介している。


    認知症患者や障害児、精神疾患を抱える人たちが、猫の存在によって少しでも回復に向かったり、心を開きかけたりする様子を描写。さらに、猫の心の中に何があるのかといった哲学的な考察にまで踏み込んでいる。


    その猫の名は「ヒメ」。2007年生まれの雌猫で、真っ白な毛並みの美猫である。飼い主はアニマルセラピーの実践家で応用動物行動学者でもある小田切敬子さん。ヒメは、小田切さんのもとで働いていたセラピードッグのチャッピーと一緒に子猫の頃から介護・治療の現場に同行し、セラピーキャットとして育てられてきた。


    動物と触れ合うことで治療やリラックスの効果を引き出すアニマルセラピーでは、犬が使われることがほとんどだ。あるいは馬を使って乗馬体験などが行われる。猫による実践例は現状では非常に少なく、キャットセラピー、セラピーキャットという名称もまだ一般的なものではない。犬とは違い気まぐれで、トレーニングやしつけが簡単ではない猫に、はたして「セラピスト」が務まるのだろうか?



    ■言葉が通じないからこそダイレクトに感情が伝わる

    ヒメがセラピーキャットとしてデビューしたのは茨城県龍ケ崎市にある牛尾病院の介護療養病棟。セラピーの対象は認知症の進んだ高齢者の方々だ。ヒメは怖がりで、セラピーには不向きとも思われていたが、現場に着くと自ら進んで高齢者の膝の上に乗った。興味深いことにヒメは、病院の元気なスタッフが寄っていくとおびえるのだそうだ。小田切さんによると、ヒメには「セラピーを必要としている人」がわかるのだという。


    認知症が進行し、ほとんど会話が成立せず、話しかけても反応しなかった人が、ヒメを膝に乗せると穏やかな表情になり、体を撫でながら「ヒメちゃん」「ヒーメ」と呼びかける。猫は何もしなくても、そこにいるだけでそれだけの効果がある。



    猫は人間よりもはるかに聴覚が発達している。

    もちろん人の言葉の意味は理解できないが、声の調子や息づかいから喜怒哀楽が読み取れるのではないか、と著者は分析する。おそらく言葉の意味にとらわれないからこそ、ダイレクトに感情が伝わるということでもあるのだろう。表情や体を撫でられる触覚からも、人間から猫への愛情が伝わる。言葉によるコミュニケーション手段を失いかけているセラピーの対象者ならば、そうやって誰かに感情を伝えられるのは嬉しいことであるに違いない。


    私たち人間は、意識しないまでも、日々さまざまな常識や約束事にしばられながら生活している。そうしたものがどうしても気になりすぎて、がんじがらめにしばられるような気持ちに苛まれると、精神を病んでしまう。そんな人が、アニマルセラピーの対象者になりやすい。


    動物たちには、そんな常識や約束事はほとんど存在しない。きちんとトレーニングを受けた犬には約束事があるかもしれないが、猫はたいてい自由だ。だからこそ、「がんじがらめ」になったことで病んだ人たちを癒せる。

    no title

    no title

    http://newswitch.jp/p/8426

    ※続きます

    2:
    ※続きです

    小田切さんも、「うつ病などの精神疾患の人たちは、何かをしなさいと言われるのが苦痛なので、猫が好きなようにやっているほうがリラックスできる」と指摘している。猫を自分に投影して「自分もあんなふうに生きたい」と憧れたり、「あんな生き方もあるんだ」と発見したりといったこともあるのだろう。


    アニマルセラピーには「逆セラピー」という考え方もある。セラピーの対象者が、犬や猫の世話をすることが対象者の癒しにもなる、というものだ。動物から一方的に「癒される」のではなく「癒し、癒される」関係になる。こうした相互性が、両者の絆をより深め、豊かな感情の交流を生む。それが心を癒し、回復や治癒につながる。


    健常者同士でも、コミュニケーションがうまくいかなかったり、感情的な行き違いからトラブルに発展することは珍しくない。そんな時には、セラピーキャットと対象者の交流を思い出してみてはどうだろうか。

    ※以上です

    引用元: ・【医療】人の心を癒す「セラピーキャット」が医療や介護の現場で大活躍(写真あり) [無断転載禁止]©2ch.net

     人の心を癒す「セラピーキャット」が医療や介護の現場で大活躍 の続きを読む

    自殺願望

    1:
     2016年中に自殺した人のうち、3人に2人が心身の健康問題が動機となったことがわかった。一方、生活苦や家庭問題は2割程度だった。厚生労働省と警察庁が23日に分析結果を公表した。自殺者数は7年連続で減っているが、厚労省はこうした結果を踏まえ、自殺防止対策を検討する。


     16年中の自殺者数は2万1897人。そのうち1万6297人分の遺書などを分析し、1人最大三つまで自殺の動機をまとめた。それによると、うつ病や体の病気など健康問題が1万1014人(67・6%)と最も多かった。生活苦や借金など経済・生活問題の3522人(21・6%)、夫婦の不和や将来に悲観したなど家庭問題の3337人(20・5%)が続いた。


     15年も健康問題が最多の67・5%で、経済・生活問題が22・7%など同様の傾向だった。厚労省の担当者は「自殺の多くは様々な要因が連鎖する中で起きている」としている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000019-asahi-soci

    引用元: ・【社会】自殺の動機、3人に2人が「健康問題」 厚労省など分析 [無断転載禁止]©2ch.net

     自殺の動機、3人に2人が「健康問題」。一方、生活苦や家庭問題は2割程度 - 厚労省など分析 の続きを読む

    うつ病4

    1:
    うつ病の症状を自覚した人の35%は医療機関を受診するまでに半年以上かかり、そのうち46%は「頑張りや気の持ちようで解決できる」と思っていたことが製薬会社、日本イーライリリー(神戸)の調査で分かった。


    「うつ病に対する理解不足が受診を遅らせている」と分析している。


    うつ病と診断され、現在は社会生活に復帰しているか、復帰に向けて準備をしている20~60代の男女に昨年11月、インターネットを通じて質問し、計517人から回答を得た。設問や分析は、精神科医と、精神疾患がある当事者・家族を支援するNPO法人「地域精神保健福祉機構」(千葉県)が監修した。


    受診までに半年以上かかった181人に理由を複数回答で尋ねると「頑張りや気の持ちよう...」に次いで「性格の問題と思った」が35%、「疲労が原因で、少し休めば解決すると思った」が32%、「受診に抵抗があった」が28%と続いた。


    診断前の病気に対する認識を問うと、回答者の60%は「自分がうつ病になる可能性があるとは思っていなかった」と回答。うつ病の症状として「気分の落ち込み・眠れない・食べられない」は72%が理解していたが、「だるい・重い・さまざまな所が痛い」も症状であると理解していた人は50%だった。


    うつ病であることを周囲に伝えたかについては、配偶者にも伝えなかった人が11%、親に伝えなかった人が31%いた。職場の人には43%が知らせていなかった。


    知らせた後に、回復に役立った周囲の人の行動では配偶者、友人、職場の人のいずれでも「普段通りに接してくれた」ことがトップだった。


    配信 2017.03.21

    47NEWS ニュースサイトで読む
    http://www.47news.jp/feature/medical/2017/03/post-1669.html

    3:
    >>1 追加

    うつ症状を感じてから受診までの期間
    no title

    引用元: ・【医療】うつ病の患者調査 35%が受診までに半年超 [無断転載禁止]©2ch.net

     うつ病患者の35%が受診までに半年超かかった - 日本イーライリリー(神戸)調査 の続きを読む

    このページのトップヘ