メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    硬膜外麻酔

    1:
    神戸市西区の産婦人科医院で2015年9月、麻酔を使って痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で出産した女性が、生まれてきた長男(1)とともに重い障害を負っていたことが28日、関係者への取材で分かった。麻酔が脊髄の中心近くに達したとみられ、女性が呼吸できなくなったという。


    女性は低酸素脳症が原因の多臓器不全のため、今年5月に35歳で亡くなった。同医院は責任を認め、示談金を遺族に支払った。産婦人科医院「おかざきマタニティクリニック」で起きた「無痛分娩」の際の医療事故。亡くなった女性の夫(32)=東京都港区=らは「『息ができない』と話したのが最期の言葉だった」と涙を浮かべながら経緯を打ち明けた。


    初産だった女性。小柄な体形に比べ、おなかが大きくなっていた。同クリニックは実家に近く、当初は自然分娩の予定だった。遺族によると、男性院長からは、出産が困難な際に吸引カップを使う「吸引分娩」をしながら無痛分娩をすることを提案されたという。女性の母親(60)=同市西区=も止めたため、女性はためらっていたが、院長から説明を受ける中で「病院だから大丈夫だよね」と、無痛分娩での出産を決めた。


    出産は朝から始まり、「硬膜外麻酔」の開始直後、院長は外来診察で呼ばれ離席。麻酔薬の投与が進むにつれ女性の体調は徐々に悪化し、おなかの子どもの心拍数も下がり始めた。看護師らが対処し、院長も戻ってくるが、その後、女性は意識を失った。同クリニックに駆け付けた母親が目撃したのは、手術室で横たわる女性の姿と別の病院に電話する院長の姿だったという。


    出産前にはおなかが動く様子を動画で撮影し、家族みんなに送っていたという女性。子どものために将来設計を練り直したり、名前を考えたりと、わが子の誕生を楽しみに待っていた。生まれてきた長男(1)は一時は肺炎で危篤状態になり、尿を管理する脳の機能が育たないため、常に水分調整などの処置を受けなければならないなど、「いつどうなってもおかしくない状態が続いている」という。


    遺族は「体制が整ってるところだったら、こんなことにはならなかったのか。分娩の痛みと引き換えに命がなくなるなんて」とうつむいた。(篠原拓真)

    配信 2017/6/29 06:40
    神戸新聞NEXT
    https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201706/0010324098.shtml

    関連ニュース
    無痛分娩ミス女性死亡 麻酔で呼吸困難、子も障害
    https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201706/0010324094.shtml

    引用元: ・【兵庫】最期の言葉は「息できない」 神戸でも無痛分娩医療事故 子も障害 [無断転載禁止]©2ch.net

     神戸市西区の「おかざきマタニティクリニック」でも無痛分娩医療事故 女性と生まれた長男に重い障害 の続きを読む

    1:
    出産時の痛みを麻酔で和らげる無痛分娩(ぶんべん)を行う京都府京田辺市の産婦人科医院「ふるき産婦人科」で医療過誤が相次いで発覚した問題で、2011年に無痛分娩で出産した京田辺市の別の夫婦の長女も脳に重度障害を負っていたことが13日、分かった。


    両親によると、子どもは意思疎通ができない寝たきりとなり、介護の末に3歳で亡くなったという。夫婦は13年、同医院に対し、医療ミスが原因だとして介護費や慰謝料など計約1億円を求めて提訴。京都地裁で係争している。


    訴状などによると、母子ともに妊娠中から同医院で検診を受け、異常はなかったという。11年4月19日、同医院は分娩監視装置を装着せず、無痛分娩のための硬膜外麻酔を実施し、さらに陣痛促進剤を注入した。吸引分娩と腹部を強く押した後に、帝王切開で出産したが、子どもは仮死状態で出生した。同医院は約4時間後に宇治市の総合病院に転院させた。


    夫婦側は「産婦人科診療ガイドラインに定められた監視装置を装着せずに陣痛促進剤を使用し、硬膜外麻酔を実施した」と指摘。そのうえで、「促進剤を過剰投与し、高濃度の麻酔を使用し、決められた妊婦の血圧測定もしなかった結果、低酸素脳症を発症させた」と主張している。


    ふるき産婦人科は取材に対し、「裁判になっていることなので取材に応じられない」と話した。


    同病院をめぐっては、無痛分娩による硬膜外麻酔ミスで京都市左京区の母子、京田辺市の母子の計4人が意思疎通や自発呼吸ができなくなるなど重度障害を負ったとして、2件の医療過誤訴訟が京都地裁に提訴されている。ふるき産婦人科に損害賠償を求める訴状を手に「本当に悔しい。娘を返してほしい」と語る父(京都府内)

    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170614-00000000-kyt-000-4-view.jpg
     

    配信 2017年06月14日 07時30分
    京都新聞
    http://kyoto-np.co.jp/politics/article/20170614000027
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000000-kyt-l26

    関連スレ ※ふるき産婦人科 他2件の訴訟
    【京都】「麻酔ミスで母子とも植物状態」 家族、京田辺市の「ふるき産婦人科」を提訴…医院側は全面的に争う姿勢★2
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1496836646/
    【社会】無痛分娩の麻酔ミスで母と子が植物状態に 夫らが京都の産婦人科医院に9億4千万円の損害賠償を求め提訴★3
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1497397055/

    引用元: ・【京都】「娘を返してほしい」 京田辺市の「ふるき産婦人科」 無痛分娩で脳障害3件目発覚 3歳で死亡 [無断転載禁止]©2ch.net

     京田辺市の「ふるき産婦人科」 無痛分娩で脳障害3件目発覚!! 脳に重度障害を負い3歳で死亡 の続きを読む

    1:
     出産時に麻酔で痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で、麻酔のミスで妊婦だったロシア人女性(40)=京都市左京区=と生まれた長女(4)が植物状態になったとして、2人と大学教授の夫(55)、親族の計4人が、京都府京田辺市の医院「ふるき産婦人科」に計約9億4千万円の損害賠償を求める訴訟を京都地裁に起こした。代理人弁護士が12日、明らかにした。提訴は昨年12月28日。


     訴状などによると、女性は平成24年11月、同医院で長女を無痛分娩により出産するため、脊髄を保護する硬膜の外側(硬膜外腔)に腰から注射し、局所麻酔薬を投与する硬膜外麻酔を受けた。だが約20分後に容体が急変し、意識を消失。救急搬送先の病院で帝王切開で長女を出産した。


     女性は「心肺停止後脳症」と診断され、現在まで意識が回復せず植物状態。長女も出産直後から植物状態のままだという。


     原告側は、麻酔の針が本来より深い位置の「くも膜下腔」に達していたミスが疑われるほか、高濃度の麻酔薬を過剰投与したことが原因と訴えている。一方、同医院は「取材はお受けしません」としている。


     同医院をめぐっては1月、帝王切開の際の麻酔ミスがあったとして計約3億3千万円の損害賠償請求訴訟を起こされている。

    http://www.sankei.com/west/news/170612/wst1706120047-n1.html
    2017.6.12 20:40

    ★1:2017/06/12(月) 22:28:40.15
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1497274120/

    引用元: ・【社会】無痛分娩の麻酔ミスで母と子が植物状態に 夫らが京都の産婦人科医院に9億4千万円の損害賠償を求め提訴★2 ©2ch.net

     無痛分娩の麻酔ミスで母と子が植物状態に 京都府京田辺市の医院「ふるき産婦人科」に9億4千万円の損害賠償を求め提訴 の続きを読む

    1:
    帝王切開の際の麻酔のミスにより、妊婦だった女性(38)と生まれてきた長女(1)がともに寝たきりの植物状態になったとして、女性の夫(37)と両親らが、京都府京田辺市の医院「ふるき産婦人科」を相手取り、計約3億3千万円の損害賠償を求める訴訟を京都地裁に起こしたことが5日、分かった。


    原告側代理人によると、女性が受けた麻酔は、脊髄を保護する硬膜の外側(硬膜外腔)に細い管(カテーテル)を入れ、局所麻酔薬を投与する硬膜外麻酔。胎児への影響はほとんどないとされ、出産時の痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」でも一般にこの方法がとられているという。


    同地裁で5月に開かれた第1回口頭弁論で医院側は請求棄却を求めた。取材に「適切な措置をとった」として、全面的に争う姿勢を示した。


    訴状などによると、女性は第2子妊娠中から同医院で定期健診を受け、逆子と判明したため帝王切開で分娩することになった。平成28年5月に同医院に入院し、産婦人科医師から硬膜外麻酔を受けたが、直後に容体が急変。意識不明となり、同府宇治市内の総合病院に救急搬送された。


    女性は搬送中に一時心肺停止となったが、蘇生。同病院で帝王切開が行われ、長女が生まれた。しかし女性は最近まで植物状態で、今も首から下が動かない。長女も出産直後から現在まで意識不明の状態が続き、この病院で脳に回復困難な損傷を受けたと診断された。


    原告側は本来、硬膜外腔に注入すべきだった麻酔薬を、さらに奥の「くも膜下腔」に注入するミスがあったと主張。その結果、女性は脊髄を通じて大部分の神経に麻酔がかかる「全脊髄麻酔」の症状に陥り、気道確保や搬送の処置も遅れたと訴えている。

    http://www.sankei.com/west/news/170606/wst1706060013-n1.html

    別ソース
    帝王切開時の麻酔で母子に重度障害…報告せず
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170605-OYT1T50148.html

    引用元: ・【京都】「麻酔ミスで母子とも植物状態」 家族、京田辺市の「ふるき産婦人科」を提訴…医院側は全面的に争う姿勢 [無断転載禁止]©2ch.net

     帝王切開の際に硬膜外麻酔をミス ⇒ 母子とも植物状態となり京田辺市「ふるき産婦人科」を提訴 … 医院側は全面的に争う姿勢 の続きを読む

    1:
    神戸市中央区の「母と子の上田病院」で2015年8月、麻酔を使い出産時の痛みを和らげる無痛分娩(ぶんべん)で女児を産んだ女性が、担当した男性院長のミスで亡くなり、示談金を支払うことで遺族と同病院が示談していたことが18日、分かった。遺族は19日、男性院長を業務上過失致死の疑いで刑事告訴する方針。


    亡くなったのは篠原稚子(わかこ)さん=当時(36)。遺族などによると、15年8月19日、同病院で無痛分娩による出産をした際、陣痛促進剤を多量に投与され、出産後に子宮内からの大量出血により重度の低酸素脳症を発症。意識不明の重体となり、約1年後に急性循環不全で死亡した。


    病院側は当初、羊水が血管内に流れ、血流を遮る「羊水塞栓症(ようすいそくせんしょう)」として責任を認めなかったが、後に過強陣痛の緩和や帝王切開など適切な対応をしていなかったとして男性院長のミスを認め、示談金を支払った。


    欧米などでは一般的な出産方法で、国内でも手がける医療機関が増えている無痛分娩。篠原さんの兄(42)=同市垂水区=によると、篠原さんも2人目の出産に際し「初産では陣痛がひどくて長かったので」と選択。出産の4日前、親族と食事をした時は「今回は痛くなさそうで大丈夫そう」と話していたという。


    出産は午前8時半から始まり、硬膜外麻酔が開始され、陣痛促進剤「オキシトシン」が多量に投与される中で異変が生じた。「頭が痛い」。寒気や吐き気など不調を訴えたが投与は続いた。その後、子どもは取り出されるも子宮などからの出血が止まらず、別の病院に搬送。「目を開けているのに目が見えない。死にたくない」。搬送中に話した一言が最後の言葉だった。


    遺族によると、搬送先の病院で男性院長が「私は産婦人科をほとんどしておらず、ひよこだった」と弁明したという。「未熟で済むのか」。篠原さんの兄はずっと引っ掛かっていた。


    遺族によると、男性院長は一度も謝罪に訪れていないという。大阪府和泉市の産婦人科医院で無痛分娩出産をした女性が亡くなったとして、4月に担当医師を業務上過失致死容疑で書類送検の方針との報道もあり、刑事告訴に踏み切った。篠原さんの兄は「無痛分娩はリスクもあると認識すべきだ。産婦人科医と麻酔医の両方が立ち会うなど、未熟な医者が出ないよう対策を取る必要がある。被害者が二度と出ないようにしてほしい」と求めた。


    病院側は「個人情報に関わることであり、コメントは差し控えたい」としている。(篠原拓真)


    配信 2017/5/19 07:00

    神戸新聞NEXT
    https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201705/0010201209.shtml

    引用元: ・【兵庫】無痛分娩で医療ミス、妊婦死亡 刑事告訴へ 神戸 [無断転載禁止]©2ch.net

     無痛分娩で医療ミス、妊婦死亡 母と子の上田病院の院長を刑事告訴へ - 兵庫県神戸 の続きを読む

    このページのトップヘ