じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    睡眠障害

    1:
    睡眠の質が悪いと脳内に老廃物や病変タンパク質が蓄積し、アルツハイマー病を引き起こす原因になる可能性があるという研究結果が、このほど米神経学会誌に発表された。十分な睡眠が取れずにいる人は、米国の人口の約3分の1、世界では45%に上っている。


    今回の研究は米ウィスコンシン・アルツハイマー病研究センターなどの研究チームが実施。認知症状のない健康な大人101人(平均年齢63歳)の脊髄(せきずい)液を調べて、睡眠の質と、アルツハイマー病に関連するさまざまなタンパク質との関係を調査した。


    その結果、睡眠障害を訴える人ほど、タウ・タンパク質の病変や脳細胞の損傷および炎症の形跡が見られることが判明した。タウ・タンパク質は細胞の安定や構造を支えるタンパク質で、最近の研究では病変したタウ・タンパク質の蓄積が、アルツハイマー病進行の兆候である可能性が指摘されている。


    論文共著者のバーバラ・ベンドリン氏は今回の研究結果について、「睡眠障害はアルツハイマーに関連したタンパク質が脳内で蓄積される原因になり得る、という考え方に沿っている」と解説。「認知的には健康な、中年に近い人にもそうした影響があることが分かった」と指摘する。


    そうしたリスクがある人のアルツハイマー病発症を5年間遅らせるだけで、今後30年の間にアルツハイマー病の患者を570万人減らし、医療費は3670億ドル(約41兆円)削減できるとも同氏は指摘した。


    睡眠と認知の関係を調べているワシントン大学の研究者は今回の研究について、「夜間の睡眠障害だけでなく、日中に感じる眠気も、アルツハイマー病の初期症状と関係があることが判明した」と話し、「今回の研究では全般的に、初期のアルツハイマー病と睡眠障害との関係が確認された」としている。(以下省略)

    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/CNN

    引用元: ・【医療】睡眠障害、アルツハイマー引き起こす要因か・・・米研究 [無断転載禁止]©2ch.net

     睡眠障害、アルツハイマー引き起こす要因か - 米ウィスコンシン・アルツハイマー病研究センター研究 の続きを読む

    1:
    休日の朝の起床が少々遅めになることが習慣になっている人は、健康を損なう可能性を高めているかもしれない。仕事の日と休みの日の時間のずれが生む「ソーシャル・ジェットラグ(社会的時差ボケ)」が問題とされる。


    米国ではこれまでに、肥満や糖尿病、心臓系疾患の発症リスクを高めることが指摘されていたが、ボストンで2017年6月3日から開かれている米国睡眠学会の年次会であらためて、健康への影響の強さを示す研究結果が発表された。


    シフトワーカーのメタボリスクきっかけ
    リズムをうまく守れず代謝症候群(メタボリックシンドローム)のリスクを抱える可能性があることが分かったことをきっかけに使われるようになったという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13180713/

    引用元: ・休日の「寝だめ」で健康損なうリスクが増加 肥満や心血管系疾患も [無断転載禁止]©2ch.net

     休日の「寝だめ」で健康損なうリスクが増加!  肥満や心血管系疾患も の続きを読む

    1:
    堤下敦、「睡眠薬で意識朦朧」に医師の責任を問う声…2種類の睡眠薬処方は異例?
    文=ヘルスプレス編集部 2017.06.28
    http://biz-journal.jp/2017/06/post_19582.html

     お笑いコンビ・インパルスの堤下敦が、意識が朦朧とした状態で自動車の運転席にいるところを警察に発見された。この一件は、「睡眠薬」の使い方にあらためて警鐘を鳴らすニュースとなった。6月14日の深夜2時過ぎ、東京狛江市の路上で自動車の運転席にいた堤下は、銭湯に行って自宅に帰る途中だった。その後の会見によると、銭湯で牛乳と一緒に薬を服用し、そのまま自動車に乗ってしまったという。曲がるべき道を通過したところから記憶がなく、気がつくと警察官が窓を叩いていた――というのだから、いかにも危ない。大事故につながった可能性もある。


    ◆ポピュラーな「レンドルミン」と効果が高い「ベルソムラ」

     堤下が服用したのは「ベルソムラ20ミリグラム」と「レンドルミンD錠0.25グラム」、そして「アレジオン錠20ミリグラム」。かねてからアレルギーに悩まされていた堤下は、身体がかゆくて眠れないという症状があり、アレルギーの薬と合わせて睡眠薬を処方されていた。


     3種の薬のうち、アレジオン錠はアレルギーを抑えるための薬。残りの2つはともに睡眠に関する薬だ。レンドルミンはベンゾジアゼピン系で、きわめて広く処方されている睡眠薬。ベンゾジアゼピン系の薬は、しっかりした作用がありながら副作用が少なく、種類も多いため非常にポピュラーだ。しかし、長く服用することによる依存性も指摘されている。なかでもレンドルミンは短時間型の薬で、入眠障害に用いられることが多い。

    2:
     一方、ベルソムラは2014年に発売された新しい睡眠薬で、これまでの薬とは違った作用機序を持つ。副作用が少ないわりに効果が高く、入眠障害、中途覚醒の両方に効果があることから、最近処方されるケースが増えている。


    ◆処方された2種類の睡眠薬に疑問の声

     現在、精神科や心療内科では、同じ種類の薬を複数処方しないようにとの考え方が主流だ。その意味では、睡眠薬が2種類処方されている今回のケースには、医師の方針に疑問を投げかける向きもある。実際、6月18日放送『サンデー・ジャポン』(TBS)では、医師の奥仲哲弥氏が「2種類の睡眠導入剤を飲んで、さらに眠気の副作用があるアレジオンを通常の2倍量飲んでいる。相乗効果で1時間もあれば完全に寝てしまう」と指摘。


     これを受けて、女医でタレントの西川史子氏が「これを本当に医者が処方していたなら、医者も悪いと思う」とコメントした。だが、今回の一件で最大の問題は、やはり外出先で睡眠薬を飲み、その後運転しようとしたことだろう。

    3:
    ◆注意書きを安易に考えるな

     通常、睡眠薬が処方された際の注意書きには「眠気、注意力の低下」が喚起され、「車の運転や機械の操作は控えてください」などと記してあるはずだ。まさか、処方した医師が服用後の運転を認めていたはずもない。堤下は会見で、「銭湯から自宅までクルマで10分。帰宅してちょうど寝られると思い、薬を飲んでしまった」と語っている。


     眠れないのは、本当につらいものだ。患者の切実な求めに応じて、医師が複数の薬を一度に処方してしまうこともあり得る。不眠に悩む者としては、眠くなるタイミングを見計らい服薬を試みるのは当然の成り行きだ。


     しかし、睡眠薬に限らず、薬の注意書きを安易に考えないほうがいい。特に運転にまつわる禁忌事項は、絶対に御法度である。今回の一件が、睡眠薬を服用する方々の教訓となった――と捉えれば、堤下も少しは気楽に眠りにつけるだろうか。
    (文=ヘルスプレス編集部)
     

    ※依頼スレ539さんから
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1498395671/539
    🍵お役立ち情報
    スマホ用2ちゃんブラウザ「びんたん」(開発FOX★)
    http://bintan.ula.cc/2ch/%E8%8A%B8%E3%B9%E3%9D%E9%9F%E5%A0%B1+/
    「びんたん」から読むとちょっと違う!
    ブックマークして大いに活用して下さい。
    今、1番読まれているスレ 2ちゃん全体
    http://same.ula.cc/rom48/?2ch=rushAll

    引用元: ・【芸能】堤下敦、「睡眠薬で意識朦朧」に医師の責任を問う声…2種類の睡眠薬処方は異例? [無断転載禁止]©2ch.net

     堤下敦、「睡眠薬で意識朦朧」に医師の責任を問う声…2種類の睡眠薬処方は異例? の続きを読む

    1:
    入院している患者のうち誰が自殺しようと試みるか予測することはそう簡単なことではありません。しかし、ヴァンダービルト大学のコリン・G・ウォルシュ准教授らはこの問題に対する機械学習アルゴリズムを開発、人工知能によって自殺企図を高い精度で予測することに成功しました。

    Predicting Risk of Suicide Attempts Over Time Through Machine LearningClinical Psychological Science - Colin G. Walsh, Jessica D. Ribeiro, Joseph C. Franklin, 2017
    http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/2167702617691560

    no title


    Artificial intelligence to predict suicide risk proved accurate in initial tests ? Quartz
    https://qz.com/1001968/artificial-intelligence-can-now-predict-suicide-with-remarkable-accuracy/


    従来の「自殺予測」は精度に限界があったため、ウォルシュ准教授らはこの壁を機械学習を応用して超えることを目指しました。用いられたのはヴァンダービルト大学医学センターで「自傷や自殺のおそれがある」とされた5167人の電子カルテと、自殺未遂の既往例がない患者の中からランダムに選ばれた1万2695人の電子カルテ。


    この結果、人工知能は「この先2年で自殺を試みる可能性」の予測で80~90%、「来週自殺を試みる可能性」の予測で92%の精度を発揮しました。


    調査の中でウォルシュ准教授らのチームは、生体リズムの調節などで知られるホルモン・メラトニンの摂取が自殺リスクを算出する上で重要なポイントであることに気付きました。ウォルシュ准教授によれば、「メラトニンが自殺を引き起こす」というわけではなく、メラトニンを処方される状態、つまり睡眠障害が自殺リスクに関連すると考えられるとのこと。ただ、これはまだ仮説の段階だとのことです。

    no title

    http://gigazine.net/news/20170614-ai-predict-suicide-risk/

    引用元: ・【医療】自殺を試みる可能性がある患者を人工知能が9割の精度で予測(米ヴァンダービルト大学の研究) [無断転載禁止]©2ch.net

     自殺を試みる可能性がある患者を人工知能が9割の精度で予測 - 米ヴァンダービルト大学研究 の続きを読む

    1:
    ◆睡眠障害の症状抑制、オレキシン使用薬作成し効果確認 筑波大チーム

    日中に強い眠気や脱力発作などに襲われる睡眠障害「ナルコレプシー」について、オレキシンという物質を使った薬が症状を抑制する効果があることがマウスによる実験で確認されたと、筑波大の研究チームが15日、米科学アカデミー紀要電子版に発表した。ナルコレプシーの新たな治療薬につながると期待される。


    ナルコレプシーは、日中の耐え難い眠気や、感情の高まりなどによって体の筋肉が脱力する発作を起こし、患者の生活全般に深刻な影響を及ぼしている。筑波大国際統合睡眠医科学研究機構のグループは、神経伝達をつかさどり覚醒を維持するオレキシンという物質を使った薬を作ることに成功。


    これを使い、正常なマウスに投与する実験を行ったところ、覚醒時間が延長されることが確認された。連日投与した場合は、ナルコレプシー患者に多い体重の増加も抑えられた。筋肉が脱力する発作を人為的に起こしたマウスに投与すると発作が抑制された。


    柳沢正史教授は「将来的に病院治療薬として使い、経口で効く薬を作りたい」と述べた。うつ病の過眠症や、薬の副作用による過剰な眠気などを伴うほかの睡眠障害を改善する創薬にもつながるとみている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00000003-ibaraki-l08

    引用元: ・【医学】睡眠障害「ナルコレプシー」の症状抑制、オレキシン使用薬作成し効果確認 筑波大チーム [無断転載禁止]©2ch.net

     睡眠障害「ナルコレプシー」の症状抑制、オレキシン使用薬作成し効果確認 - 筑波大チーム の続きを読む

    このページのトップヘ