じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    1:
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17258150S7A600C1CR8000/


     厚生労働省の有識者会議は2日、がん対策の国の指針となる「第3期がん対策推進基本計画」の案を取りまとめた。がん治療の充実を重視し、拠点病院間の「質の格差」の解消に取り組むことなどを明記。がんの早期発見に向け、検診で「疑い」が見つかった場合に受ける精密検査の受診率を90%に高める目標を掲げた。


     基本計画は2007年4月に施行したがん対策基本法に基づき政府が作成する。今回は17年度からの6年間が対象。今夏の閣議決定を目指す。基本計画案では全体目標として、(1)科学的根拠に基づくがん予防・がん検診の充実(2)患者本位のがん医療の実現(3)尊厳を持って安心して暮らせる社会の構築――を3本柱として掲げた。


     同案では医療提供体制の充実に向けて、治療や相談などの体制で拠点病院間で格差が生じていることを指摘。診療実績を用いた病院間の比較や、第三者評価などを通じて格差の解消に取り組んでいくことが盛り込まれた。遺伝子情報に基づき最適な治療法を選択する「がんゲノム医療」を推進していくことも明記した。


     がんを早期発見し、治療につなげていくことの重要性も打ち出し、がん検診の受診率を50%、疑いが見つかった場合に受ける精密検査の受診率を90%に高める目標を掲げた。実現に向け、職場でのがん検診を充実させようと1年以内にガイドラインを作成することを盛り込んだ。


     一方、がんの予防を巡っては、東京五輪・パラリンピックが開催される20年までに、医療機関や飲食店などで受動喫煙にさらされる人を「ゼロ」にする目標が、有識者会議の委員の総意として決まった。ただ受動喫煙対策を罰則付きで義務付ける健康増進法の改正案の国会提出は不透明な状況が続いている。このため基本計画に反映させるかどうかは、厚労省が今後決めるという。

    引用元: ・【医療】がん精密検査受診90%に 基本計画案、「疑い」見つかった場合 2017/6/2 23:24 [無断転載禁止]©2ch.net

     検診で癌の「疑い」見つかった場合の精密検査受診率目標を90%に! - がん対策推進基本計画 の続きを読む

    医療大麻合法化
    1:
    ドイツ連邦議会は19日、医療目的での大麻使用を合法とする法律を成立させた。一部のがんや多発性硬化症などの重大疾病患者が対象。嗜好用大麻は違法のままとなる。この法律は全会一致で議会を通過。医師に対し、化学療法による慢性的な悪心やてんかんなどに苦しむ患者への大麻の処方を認める。


     欧州では、英国、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、オーストリア、フィンランド、オランダ、チェコ、ルーマニアといった国で大麻が一部合法化されている。3月に発効する法律は、健康保険による給付を義務付ける。また今後、大麻栽培を担当する公共の機関を設立するが、当面は外国から大麻製品を輸入する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000005-jij_afp-int

    引用元: ・【国際】ドイツ、医療用大麻の使用を合法化©2ch.net

     ドイツ連邦議会は19日、医療目的での大麻使用を合法とする法律を成立 の続きを読む

    がん克服

    1:
    現在、日本人の死因の1位はよく知られているとおり「がん」で、死亡者数のおよそ3割を占めています(2015年、厚生労働省人口動態調査)。日本で、がんが初めて死因の1位になったのは1981年のこと。それ以来、がんの死亡者数は年々増え続け、現在にいたるまで死因1位の座を不動のものとしています。


    この数字が物語るとおり、がんは多くの人の命を奪う恐ろしい病気です。がんと聞けば、誰もが深刻にならざるを得ないほど、その恐ろしさが周知されています。それだけに、がん治療の研究は絶え間なく続けられており、その成果として新しい技術や新しい薬が次々に開発されています。


    また日本では、国民が公的医療保険に加入し医療費を互いに支え合う「国民皆保険制度」があるため、基本的に誰もが平等に医療の恩恵を受けることができます。さらに、1カ月の医療費の自己負担額が一定額を超えた場合は、超過した金額が後から払い戻される「高額療養費保険制度」もあり、国内で保険適用されている最先端の医療を誰でも受けやすいのです。


    今、話題となっている超高額薬価の抗がん剤「オプジーボ」も、基本的には誰でも使うことができます。普通に考えるなら、がん治療の進展に伴い、医療環境が整った日本におけるがんの死亡者数は年を追うごとに圧倒的に減っていくはずです。


    ところが実際には、この日本において、がんで亡くなる人の数は年々増えつづけています。がん治療の研究は継続的に行われているというのに、なぜ死亡者数は減少しないのでしょうか。私たちが暮らす日本のみならず、世界の国々においても、がんの死亡者数は増えつづけているのでしょうか。



    ■がんは無限に増殖する?

    がんは細胞のイレギュラーによって起こる病気です。私たちの身体は約60兆個(近年の研究では約37兆個との説もあります)の細胞からできていて、それらの細胞は自らをコピーし、細胞分裂を繰り返しています。正しくコピーが行われていれば問題はありませんが、何度もコピーをするなかで、うまくコピーできないもの、いわゆるコピーミスが起こります。それが「がん細胞の元」になるのです。


    誰の身体でもコピーミスは1日5000回程度起こる、つまりがん細胞の元は1 日に5000個ほどできるといわれています。「1日に5000個」と聞くと、絶望的な気分になりますが、こうした「がん細胞のもと」は、ほとんどが修復されたり、死んでしまったりします。たとえ修復されずに生き残ったがん細胞の元があっても、「NK(ナチュラルキラー)細胞」と呼ばれる免疫細胞が、修復されなかったがん細胞の元を食べて体内から消滅させます。


    しかし、万が一NK細胞ががん細胞の元を見逃してしまうと、それが分裂をくり返すことになるのです。正常な細胞であれば、分裂を数十回ほど繰り返すと死滅(アポトーシス)し、新しい細胞に入れ替わります。
    しかし、イレギュラーであるがん細胞の元は、死滅することなく分裂を繰り返し、増え続けていくのです。ひとつだったがん細胞の元が2つになり、4つ、8つ……と増殖を繰り返し、その数を増やし続けていくと、やがてがんとして認識されます。


    がん細胞の元が増殖を始め、それが大きくなりがんと呼ばれるようになるまでには、およそ10年かかるといわれています。これは、がん細胞が1センチ(細胞数10億個)になるまでの期間は約10年と考えられるからです。つまり、60歳でがんと診断された人は、少なくとも50歳くらいの頃から、がん細胞の元が成長し始めていたのかもしれません。


    現代の西洋医学では、がんは無限に増殖するとされています。これは近代医学の祖といわれるドイツ人医師のルードルフ・ルートヴィヒ・カール・ウィルヒョウ(1821~1902)の「がん細胞増殖説」に基づくものです。ウィルヒョウは、「がん細胞は、ひとたび発生すると無限に増殖を続ける」と主張しました。


    しかし、その説に沿うと、納得できない面があります。がんは、1回分裂すると2個になり、2回分裂すると4個……、40回で 1兆個に達します。この計算でいくと、46回目の分裂で64兆個となり人間の細胞の数とされる60兆個を超してしまいます。

    http://biz-journal.jp/2017/01/post_17650.html
    http://biz-journal.jp/2017/01/post_17650_2.html
    http://biz-journal.jp/2017/01/post_17650_3.html

    (続く)

    引用元: ・【医療】がんの治療法が飛躍的に進歩しても、亡くなる人は年々増加という不都合な真実…がんの定説自体が間違っている疑いあり [無断転載禁止]©2ch.net

     がんの治療法が飛躍的に進歩しても、亡くなる人は年々増加という不都合な真実 の続きを読む

    腫瘍マーカー

    1:
    ◆がんの目印となる「腫瘍マーカー」は信用するな!数値の変化に一喜一憂してはいけない問題点とは?

    ◇がんの目印となる腫瘍マーカーって何?

    がんができると、健康体に見られない特殊な物質が血液中に大量に出現する。このがんの目印となる物質を「腫瘍マーカー」と呼ぶ。腫瘍マーカーは、がんが発生した臓器や組織と高い関連性あることから、血液中に基準値以上に出現すれば、がんの存在を推測する強い根拠になる。


    腫瘍マーカーの検査は、採取した血清にモノクロール抗体という試薬を加え、モノクロール抗体と腫瘍マーカーが結合した数値を測定する。尿や膣分泌液などを使って検査する場合もある。自治体の住民検診では、胃、肺、大腸、乳房、子宮などの発生頻度の高いがんのスクリーニング(ふるいわけ)検査が行われている。


    一方、人間ドックでは、尿、便、血液の検査や、触診、喀痰、膣分泌液の細胞診、各臓器のエックス線、超音波検査をはじめ、内視鏡、注腸X線、マンモグラフィー(乳房X線)、腫瘍マーカー、肝臓、腎臓、前立腺などの検査項目が追加され、より高精度の検査が行われている。



    ◇腫瘍マーカーの問題点

    しかし、腫瘍マーカーの検査は、現状では理想的な検査とはいえず、問題点を抱えている。なぜだろう?
    理由はただひとつ。腫瘍マーカーの検査は、がんがないのに、腫瘍マーカー値が上昇する偽陽性を示す場合がある。逆に、がんがあるのに、腫瘍マーカー値が上昇しない偽陰性を示す場合も少なくない。


    つまり、腫瘍マーカーが陽性でも「がん」がない時もあれば、陰性でも「がん」を否定できない時もある。確定診断が定まりにくい診断法、それが腫瘍マーカーだ。


    その結果、腫瘍マーカーは、腫瘍が悪性か良性かを診断するために実施するがん検診(がんの早期発見)に補助的に利用される場合が多い。むしろ、早期がん手術後の経過を観察したり、再発を早期発見したり、抗がん剤治療や放射線治療の効果を調べるために、進行がんの勢いの評価や治療効果の判定を進める時に活用されている。したがって、がんの確定診断は、腫瘍マーカーの検査に併せて、超音波検査、X線CT、MRI、PET、血管造影などの画像診断、生検などを統合して実施している



    ◇腫瘍マーカー「CEA」「TPA」「CA125」などの特性とは?

    一般社団法人日本衛生検査所協会によれば、腫瘍マーカーには多くの種類がある。たとえば、数値が高ければ、がんの可能性を示唆する「CEA」、数値によりがんの量や病状が分かる「TPA」、卵巣がんの可能性を示す「CA125」などだ。


    CEAは胎児の早期の受精卵細胞と共通する物質で、がんが発生すると、特殊なタンパク質、酵素、ホルモンを生成する。基準値は5.0(ng/ml)以下。喫煙者や糖尿病患者は高い。数値が高まると、大腸がんや肺がんなどの可能性がある。個人差が大きいので、早期発見には向かない。経過、再発、転移の可能性の判断に有効とされる。

    TPAは非特異的腫瘍マーカーで、がんに高い数値を示す。基準値は75.0 U/L未満。臓器特異性は乏しく、良性疾患でも陽性を示す場合があるため、早期診断には向かない。がんの量や病状、病期と関連して増減するので、経時的な推移を観察すれば、転移や再発の予測、治療効果の判定の指標として有効だ。

    CA125は卵巣がんに特異性が高く、診断や治療効果の指標になる。基準値は35U/ml以下。漿液性腺がん、移行上皮がん、類内膜腺がんの陽性率は80~90%と高い。閉経後は安定するが、閉経前は月経によって大きく変動するとされる。


    その他、乳がんの腫瘍マーカーには、CA15-3、CEA、BCA225、NCC-ST-439、HER2などがある。早期診断の陽性率は低いが、手術後の抗がん剤や放射線治療の効果や、再発の兆候の判定には有用だ。


    また、PSAは前立腺がんに特異性の高い腫瘍マーカーで、がんの発見や経過観察に重要な役割を果たす。基準値は4.0ng/ml未満。前立腺炎や前立腺肥大で上昇することもある。

    写真:腫瘍マーカーの検査は血清にモノクロール抗体という試薬を加え測定
    no title


    ヘルスプレス 2016.11.25
    http://healthpress.jp/2016/11/post-2672.html
    http://healthpress.jp/2016/11/post-2672_2.html

    >>2以降へ続きます。

    引用元: ・【医療】がんの目印となる「腫瘍マーカー」は信用するな 数値の変化に一喜一憂してはいけない問題点とは? [無断転載禁止]©2ch.net

     がんの目印となる「腫瘍マーカー」は信用するな! 数値の変化に一喜一憂するのは無駄か の続きを読む

    西川史子先生

    1:
    医師でタレントの西川史子(45)が急性胃腸炎のため入院したことを3日、所属事務所が発表した。4日に出演予定だったTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)をはじめ、テレビのレギュラー4番組など、当面、仕事を休む。

    先月30日に腹痛や食欲不振などの体調不良を訴え、今月1日に都内の病院で診察を受けたところそのまま入院。現在は症状が落ち着いているという。

    5月にも、同じ急性胃腸炎で約2週間入院していた。所属事務所によると前回の退院後、回復と再発を繰り返していたため、今回の入院を機に、根本的な治療にあたる。復帰時期は、今後の体調と相談して決定する。

    西川は最近、テレビ番組などで激やせが指摘されていた。先月9日、都内でイベントに出席した際、「がんじゃないかという説をネットで見て、さすがに自分でも心配になってすぐ病院に行った。検査を受けたら大丈夫でした」と話していた。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/04/kiji/K20161204013843540.html
    2016年12月4日 05:30

    引用元: ・【芸能】西川史子 また急性胃腸炎で入院、根本的に治療へ [無断転載禁止]©2ch.net

     【悲報】 西川史子先生、また急性胃腸炎で入院。テレビ出演を休んで治療に専念 の続きを読む

    このページのトップヘ