メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    理化学研究所

    網膜細胞

    1:
    他人の細胞から作った人工多能性幹細胞(iPS細胞)で網膜の細胞を作製し、「滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑(おうはん)変性」という目の病気の患者に移植する手術を理化学研究所などのチームが28日、世界で初めて実施した。手術は無事終了し、iPS細胞による再生医療の普及に向け大きく前進した。


     チームによると、患者は兵庫県在住の60代の男性。同日午後、神戸市立医療センター中央市民病院で手術を行った。京都大iPS細胞研究所が備蓄している健常者のiPS細胞を使い、理研が網膜細胞を作製。免疫のタイプが患者と同じで、拒絶反応が起きにくいことを確認して患部に移植した。


     加齢黄斑変性は網膜の中心にある黄斑という場所の機能が加齢に伴い損なわれ、視力が低下する病気。移植後の拒絶反応や症状改善の有無などを1年間観察し、3年間の追跡調査で安全性と有効性を確認する。


     理研などは平成26年、患者自身の細胞から作ったiPS細胞で網膜細胞を作製し、移植する世界初の手術を実施。患者は視力低下が止まるなど術後約2年たっても経過は順調だ。だが移植までの準備に11カ月かかり、費用も1億円と高額なことが課題だった。他人の細胞を使うと期間は約10分の1、費用も5分の1以下で済むとしていた。


     移植手術では、網膜細胞を溶液に浮遊させて患部に注射する方法を採用した。網膜の一部を切除し、細胞をシート状に加工して埋め込んだ前回と比べ、患者の負担や感染症の恐れが少ないという。


    産経ニュース
    http://www.sankei.com/life/news/170328/lif1703280037-n1.html

    引用元: ・【医療】他人のiPS細胞で網膜移植 理研、世界初の手術実施、無事終了 [無断転載禁止]©2ch.net

     世界初! 他人のiPS細胞の移植手術実施、無事終了。 再生医療の普及に向け大きく前進-理化学研究所など の続きを読む

    1:
     iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを用いる再生医療の治療コストについて、京都大学iPS細胞研究所の八代嘉美・特定准教授を中心としたチームが初の実態調査を始めた。治療に取り組む10程度の大学や企業に聞き取り、3年かけて報告書をまとめる。再生医療は多額の費用がかかる点が懸念されており、実態を明らかにし、今後の研究開発に役立てる。


     再生医療は、細胞の培養や加工などで従来の治療より費用や手間がかかる。理化学研究所などが2014年に行ったiPS細胞による目の難病治療では、患者1人に約1億円かかった。コストの詳細なデータはなく、将来、国の保険財政を圧迫しかねないとの指摘もあり、実態把握を求める声が高まっていた。


     調査は今年1月に開始。対象となる大学や企業の担当者らに、治療に使う細胞の培養費や品質検査費、移植手術費など、どんな治療にどれだけの費用がかかるのかを細かく聞き取る。対象は、脊髄損傷の治療準備を進めている慶応大学、食道や歯肉の再生を手がける東京女子医科大学、がんなどの免疫細胞による治療に取り組む京都大学などが含まれている。


     日本再生医療学会の会員計約5600人へのアンケートも行う。


              ◇


    【再生医療】 事故や病気で失ったり、損傷したりした臓器や器官を修復し、機能を再生させる医療。iPS細胞から様々な組織や細胞を作って移植するなどの方法がある。日本の経済成長戦略の柱としても期待されており、国内の市場規模は2030年、1兆円が見込まれている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00050014-yomidr-sctch
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170210-00050014-yomidr-000-5-view.jpg

    引用元: ・【医療】患者1人に1億円かかっていた!?…再生医療のコスト、初の調査©2ch.net

     患者1人に1億円かかる!? 再生医療のコストについて初の調査 の続きを読む

    1:
     他人の細胞から作った人工多能性幹細胞(iPS細胞)で網膜の細胞を作製し、患者に移植する理化学研究所などの臨床研究について厚生労働省の再生医療等評価部会は1日、計画を了承した。今年前半にも手術が行われる。他人由来のiPS細胞を使う臨床研究は世界初。再生医療の研究は費用低減などで実用化を目指す新たな段階に入る。


     理研は平成26年、患者自身の細胞から作ったiPS細胞を使って「滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑(おうはん)変性」という重い目の病気の患者に網膜細胞を移植する世界初の臨床研究を実施。手術は成功したが、より低費用で短期間に行うことが課題になっていた。


     今回の計画では、拒絶反応が起きにくい免疫型を持つ健常者の血液から、あらかじめ作って備蓄したiPS細胞を使用。患者自身の細胞から作る場合と比べ費用は5分の1以下、移植までの準備期間も約10分の1に抑えられる見込みだ。


     京都大iPS細胞研究所が備蓄している他人由来のiPS細胞を使って、理研が網膜細胞を作製。神戸市立医療センター中央市民病院と大阪大病院で計5人の患者に移植し、安全性と有効性を確認する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000530-san-sctch

    引用元: ・【医療】他人のiPS移植を了承 理研など世界初の臨床研究、今年前半にも手術©2ch.net

     他人由来のiPS細胞の移植を厚労省が了承  世界初の臨床研究  -理化学研究所 の続きを読む

    糖鎖

    1:
     日本の肥満者(BMIが25以上)数は増加傾向にあり、2015年の成人の肥満者は約2,500万人と推定されている。肥満は、糖尿病や高血圧、動脈硬化など生活習慣病の発症リスクを高めることが知られている。その原因の一つが、肥満に伴って肥大化・増殖した脂肪細胞の機能異常にあると考えられている。しかし、脂肪細胞の肥大化や増殖のメカニズムはまだ完全には明らかになっていない。

     糖鎖とは、グルコースなどの糖が鎖状につながってタンパク質などに結合したもので、体内の半分以上のタンパク質は糖鎖を持った状態で存在している。糖鎖はタンパク質の修飾の中で最も多く、体の中でさまざまな役割を果たしている。また糖鎖は種類が多様で、それぞれの糖鎖が異なる役割を持っていることから、特定の糖鎖の増減が、がん、糖尿病、アルツハイマー病などの疾患の原因の一つとなることが分かっている。しかし、肥満時に起こる脂肪細胞の肥大化や増殖の過程で、どの糖鎖がどのような役割を果たしているのかはほとんど明らかになっていなかった。

     今回、理化学研究所(理研)グローバル研究クラスタ疾患糖鎖研究チームの蕪木智子客員研究員、木塚康彦研究員、北爪しのぶ副チームリーダー、谷口直之チームリーダーらの研究チームは、マウスを用いて、「α2,6シアル酸」と呼ばれる糖を持つ糖鎖が肥満を抑えることを発見した。

     研究チームが高脂肪食を与えて肥満にしたマウスの脂肪組織を調べたところ、末端にα2,6シアル酸を持つ糖鎖の量が、肥満細胞への分化に伴って大きく減少していることを発見した。これは、α2,6シアル酸を作る酵素であるST6GAL1[4]の遺伝子が、DNAメチル化という仕組みによって“オフ”になるためであることがわかった。

     逆に、培養した脂肪細胞においてST6GAL1の量を強制的に増やすと、脂肪の蓄積量が減少することもわかった。また、脂肪細胞を詳しく解析した結果、インテグリンβ1と呼ばれる接着性のタンパク質がα2,6シアル酸を持っており、α2,6シアル酸が少なくなるとインテグリンβ1の働きが弱まり、それが脂肪細胞の増殖や分化を促進することがわかった。

     これらのことから、ST6GAL1が作るα2,6シアル酸を持った糖鎖は、インテグリンβ1などの働きを調節することで脂肪細胞の増殖と肥満を抑えることが明らかになった。実際、ST6GAL1欠損マウスに高脂肪食を与えると、通常マウスよりも体重や脂肪の増加量が大きくなった。ヒトの遺伝子解析でも、ST6GAL1が肥満や糖尿病と関係があることが、最近、報告されている。今後、肥満に関連する疾患の治療を考える上で、α2,6シアル酸を標的とした新しい治療法の開発が期待できるとしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000142-economic-sci

    引用元: ・【医療】肥満を抑える糖鎖とは 理研が発見、生活習慣病の治療法開発に期待©2ch.net

     糖鎖が脂肪細胞の肥大化や増殖を抑制することを発見 - 理化学研究所 の続きを読む

    タバコ2



    1:
    <たばこ>喫煙で遺伝子変異増加…長く多く吸う人ほど蓄積 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161104-00000003-mai-soci


     ◇がん研究センターなど発表

     世界約5000人のがん患者の遺伝子データを解析し、たばこを多く、長く吸う人ほど遺伝子に突然変異が起きることが分かったとの研究成果を、国立がん研究センターや理化学研究所など日米英韓の研究チームが、4日付の米科学誌サイエンスに発表した。細胞ががん化する原因とされる遺伝子の突然変異が、たばこの化学物質によって誘発されることが明らかになった。

     チームは、17種類のがん患者5243人を対象に、たばこを吸う人と吸わない人で遺伝子に違いがあるかを解析。その結果、肺、喉頭、口腔(こうくう)、膀胱(ぼうこう)、肝臓、腎臓のがんは、喫煙者の方が遺伝子の突然変異が多かった。最も多い肺がんでは、毎日1箱(20本)を1年間吸うと150個の突然変異が蓄積すると推計された。

     詳しく調べると、肺、喉頭、肝臓のがんは、たばこの化学物質が突然変異を直接起こし、咽頭(いんとう)、口腔、食道、膀胱、腎臓のがんも、直接ではないものの喫煙が突然変異を誘発していた。通常、遺伝子の突然変異は自然に修復されるため、大量に蓄積することはない。【野田武】



    1:
    毎日たばこを1箱吸うと、1年間で、肺の細胞の遺伝子150個が、突然変異するという研究結果が発表された。国立がん研究センターなどによると、1年間、毎日たばこを1箱吸い続けると、肺の細胞の遺伝子150個に傷がつくなどの突然変異が起こるという。これらの変異は、蓄積すると、がん発症の危険性を高めるとされている。


    遺伝子の変異は、肺のほか、咽頭(いんとう)や膀胱(ぼうこう)、肝臓(かんぞう)などでも確認されたという。研究グループは、喫煙によって傷つけられる遺伝子の数が、具体的に判明したのは初めてだとしている。
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00340869.html

    引用元: ・毎日たばこを1箱吸うと1年間で肺の細胞の遺伝子150個が突然変異 [無断転載禁止]©2ch.net

     毎日たばこを1箱吸うと1年間で肺の細胞の遺伝子150個が突然変異を起こし、修復されずに蓄積される の続きを読む

    このページのトップヘ