じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    煽り運転

    1:
    逮捕の男、少なくとも5回以上の交通違反 東名事故(2017/10/14 11:47)

    東名高速でワゴン車を停車させて事故を引き起こし、夫婦を死亡させた事件で、逮捕された男はこれまでに少なくとも5回以上、交通違反で取り締まりを受けていたことが分かりました。

     石橋和歩容疑者(25)は6月、神奈川県の東名高速で、ワゴン車の前に車を止めて進路をふさいで事故を引き起こし、ワゴン車に乗っていた萩山嘉久さん(45)と妻の友香さん(39)を死亡させた疑いなどが持たれています。

    その後の捜査関係者への取材で、石橋容疑者は東名高速や山口県での交通トラブル以外に少なくとも5回以上、交通違反で取り締まりを受けていたことが分かりました。スピード違反のほか、シートベルト着用義務違反や右左折禁止場所の通行などでした。

    一方、石橋容疑者の父親がANNの取材に応じ、「息子は大人しい性格で、なぜ事件を起こしたのか全く分からない。被害者の家族にはただただ申し訳ない」と話しました。

    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000112153.html

    引用元: ・【社会】石橋容疑者の父親「息子は大人しい性格で、なぜ事件を起こしたのか全く分からない」

     石橋和歩容疑者の父親「息子は大人しい性格で、なぜ事件を起こしたのか全く分からない」  の続きを読む

    1:
    神奈川県大井町の東名高速道路下り線で6月に大型トラックがワゴン車に追突し夫婦が死亡、娘2人が負傷した事故で、県警は11日までに自動車運転処罰法違反(過失致死傷)と暴行の疑いで、福岡県中間市のアルバイト石橋和歩容疑者(25)を逮捕した。

    石橋容疑者は6月5日午後9時35分ごろ、現場から約1・4キロ手前の中井パーキングエリアで駐車位置を巡り注意されたのを逆恨みし、静岡市清水区の自動車整備業、萩山嘉久さん(45)と妻友香さん(39)一家のワゴン車を追い掛けて進路を妨害。追い越し車線に無理やり停止させ、車を降りて嘉久さんに暴行。後続のトラックが追突した。

    視界の悪い夜間で、時速100キロ前後が当たり前の高速車線での停車。危険行為ながら、容疑は追突したトラックの男性運転手(63)と同じ過失運転致死傷(7年以下の懲役・禁錮または100万円以下の罰金)。事故を直接起こしておらず、より罰則の重い危険運転致死傷の適用は見送られた。インターネット上では「罪が軽すぎる」「理不尽だ」との批判が上がっている。

    嵩原(たけはら)安三郎弁護士は「法律の越えられない壁」と解説。「容疑者は目の前のことしか頭にない。想像力の欠如を罰する法はないのが現状だ。高速道路など、閉鎖空間で適用される法律を考えるきっかけにしてほしい」と話した。

    http://www.sponichi.co.jp/society/news/2017/10/12/kiji/20171011s00042000379000c.html
    2017年10月12日 05:30

    前スレ                 2017/10/12(木) 06:28
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507796193/

    引用元: ・【社会】東名・夫婦追突死亡事故 “元凶”の男「危険運転」適用されず ★3

     【東名高速夫婦追突死亡事故】 石橋和歩容疑者 危険運転致死傷は適用されず高笑い の続きを読む

    1:
    sssp://img.5ch.net/ico/konkon_face.gif
    神奈川県大井町の東名高速で6月、ワゴン車が大型トラックに追突され夫婦が死亡、娘2人がけがをした事故で、一家のワゴン車の進路をふさいで停車させ、追突事故を引き起こしたとして逮捕された男が、事故の1カ月前にも山口県下関市の一般道で、3台の車に同様の妨害行為をしていたことが、捜査関係者への取材でわかった。短期間に繰り返された点を県警は重視し、詳しく調べている。

     神奈川県警に自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)などの疑いで逮捕されたのは、福岡県中間市の建設作業員石橋和歩容疑者(25)。6月5日夜、静岡市清水区の車整備業萩山嘉久さん(当時45)一家のワゴン車の進路をふさいで下り車線に停止させ、後方から来たトラックの追突事故を引き起こした疑いがある。嘉久さんと妻友香さん(当時39)が亡くなり、高校1年と小学6年の姉妹もけがを負った。

     石橋容疑者は約1・4キロの間、後方から極端に接近し、前に割り込んで減速するなどの妨害を繰り返していた。手前の休憩所で通行を妨げるように駐車していたのを嘉久さんから注意され、腹を立てたという。

     捜査関係者によると、事故の1カ月近く前の5月8日夜、石橋容疑者は下関市の一般道で運転中、時速約10キロまで急に減速。追い越した車にクラクションを鳴らすなどし、進路をふさいで停車させ、窓をたたいたという。

     翌9日未明には、ゆっくり走行している際に追い越そうとした車の進路を2回妨害して停止させ、運転席のドアを3回蹴った。同日早朝にも、追い越そうとした車の方へ自分の車を寄せて衝突。手前の信号で青に変わっても10秒ほど発車せず、その後も遅めの速度で走行していたという。

     県警は、いずれも石橋容疑者がきっかけをつくって追い越しを誘った可能性もあるとみて、6月の事故と共通点がないか解明を進めている。(古田寛也、伊藤和也)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000008-asahi-soci
    亡くなった人
    no title

    引用元: ・石橋容疑者「しょっちゅうやってました」

     1カ月前も3台に走行妨害 東名夫婦死亡事故の石橋和歩容疑者 「しょっちゅうやってました」  の続きを読む

    このページのトップヘ