メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    水素水

    1:
    「インチキ水素水」ブログ、「中傷だ」と日本トリムが研究者提訴


    研究者のブログに「インチキ水素水」と書かれ、自社製品の信用を傷つけられたとして、家庭用整水器大手の日本トリム(大阪市北区)が、水素の医学的効果を研究している元日本医科大教授の太田成男氏を相手取り、約4400万円の損害賠償と謝罪文掲載を求める訴訟を大阪地裁に起こしたことが13日、分かった。 同日開かれた第1回口頭弁論で、太田氏側は請求棄却を求めた。


     訴状によると、太田氏は昨年12月、国民生活センターが容器入り水素水と生成器について行った商品テストの結果を受けて、自身の当時のブログに「本物の水素水とインチキ水素水」と題した文章を掲載。
    「容器入りの水素水では、10社製品中商品表記と同じ水素濃度のものは3社製品」のみだったとしてトリム社以外の3社の名前を記載した。


     トリム社の製品で商品テストの対象となったのは生成器のみで、表示と同程度の水素濃度が確認されたが、ブログ掲載後の5日間で返品やキャンセルが計143台に上ったという。太田氏側は答弁書で「『インチキ』という言葉はペットボトル入りの水素水に関する意見で、トリム社製品について述べたものではない。売り上げの減少とブログに何の因果関係もない」と反論している。

    http://www.sankei.com/west/news/170413/wst1704130053-n1.html

    こいつら本気だぞ 絶対に訴えられる

    引用元: ・お前ら このスレに日本トリムの水素水を「インチキ水素水」とか書いたら訴えられるぞ 絶対に止めとけ [無断転載禁止]©2ch.net

     ブログに日本トリムの水素水を「インチキ水素水」と書いて水素医学研究の第一人者太田成男氏が訴えられる の続きを読む

    1:
    福島市は10日、同市の摺上川ダムを水源とする水道水を詰めたペットボトル「ふくしまの水」が、国際的な品質評価コンテスト「モンドセレクション2017」の「ビール、水、ソフトドリンク部門」で最高金賞を受賞したと発表した。同商品は15、16年と連続で金賞を受賞したが、応募3年目で初めて最高金賞を受賞した。

    同商品は同ダムの受水開始や市制施行100周年を記念して、06(平成18)年に製造を開始。同市の水道水の安全性とおいしさを伝え、原発事故の風評を払拭(ふっしょく)しようと15年に初めて同コンテストに応募した。


    金賞受賞以降、製造数を増やし、昨年度までに計45万4千本を製造。本年度はパッケージに「最高金賞」のラベルを貼り、12万本を製造する。


    同商品はJR福島駅や県観光物産館など39店舗のほか、インターネットでも販売。多くの店舗で500ミリリットル100円(税込み)で販売している。小林香市長は同日、記者会見を開き、受賞理由について「3年連続でおいしく安全な商品を安定的に供給していることや、売り上げの一部を水源保全に役立てていること、ラベルのデザインを毎年変えていることが評価されたと思う」と指摘。「市制施行110周年の記念すべき年に念願の最高金賞を受賞でき大変うれしい」と喜んだ。


    写真:最高金賞を受賞した「ふくしまの水」
    no title


    http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170411-163568.php

    1:
    http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170411-163568.php

    「ふくしまの水」が最高金賞 モンドセレクション2017

    福島市水道局が製造・販売するペットボトル入り水道水「ふくしまの水」が国際的な品質評価コンテスト「モンドセレクション2017」で最高賞の最高金賞に初めて輝いた。小林香市長が10日、記者会見を開き発表した。

     「ふくしまの水」は水道水と同じ摺上川ダムの水を500ミリリットル容器に詰めて平成18年から製造している。28年度までに約45万本を生産した。29年度は約12万本を製造する予定。市役所などで1本100円(税込み)で販売している。



    引用元: ・【飲料】『ふくしまの水』が国際的な品質評価コンテスト「モンドセレクション2017」で最高金賞に輝く [無断転載禁止]©2ch.net

    引用元: ・「ふくしまの水」モンドセレクション2017で最高金賞に輝く [無断転載禁止]©2ch.net

     『ふくしまの水』が国際的な品質評価コンテスト「モンドセレクション2017」で最高金賞に輝く wwwwwwwwww の続きを読む

    1:
    no title


    伊藤園は4月10日、アミノ酸3200mgを水素水で摂取できるスポーツウォーター「アミノ水素水」を発売する。運動時に好適なアミノ酸3200mg(アラニン3000mg、テアニン200mg)を摂取できる清涼飲料水。甘味料や香料は一切使用せず、アミノ酸と水素水を組み合わせることによりすっきりとした味わいを実現した。


    容器は水素が抜けづらいアルミ缶を採用しており、常温・常圧にて未開封時であれば工場出荷時から賞味期限までの水素濃度を0.3~0.8ppmに保つことができる。内容量は410ml、希望小売価格が185円(税別)。

    ソース元:メーカーニュース
    http://makernews.biz/201703307300-7/


    引用元: ・【飲料】アミノ酸3200mgを水素水で摂取できるスポーツウォーター「アミノ水素水」4月10日発売 伊藤園[03/31] [無断転載禁止]©2ch.net

      伊藤園の新商品、その名も「アミノ水素水」。 アミノ酸3200mgを水素水で摂取できる! の続きを読む

    1:
    http://gqjapan.jp/life/business/20170227/hydrogen-water

    飲料メーカーにとっては業績を左右するほどのヒット商品だった「水素水」。しかし、そのブームは、たったひとつの報道発表で崩壊した。その煽りを大いに受けた整水器販売の日本トリムの言い分は──。


    恨み節あふれる、業績の下方修正だった。整水器販売を手掛ける日本トリムは1月30日、第3四半期(2016年4~12月期)の業績を発表すると同時に、2017年3月期通期の業績見通しを引き下げた。従来予想の売上高173億円(前期比13.2%増)、営業利益34.7億円(同11.1%増)を、売上高153.5億円(同0.5%増)、営業利益30.2億円(同3.3%減)にするというものだった。


    同社は1982年6月、電解水素水整水器の製造および販売を目的として設立された。その後全国各地に営業拠点を広げ、2004年3月に東証1部へ上場。現在整水器では国内トップシェアを誇る。150億円余りの売上高のうち、整水器販売を中心とするウォーターヘルスケア事業が約95%を占めており、まさに水素水でのし上がってきた会社だ。


    それだけに悔しさが大きいのか、リリースでは業績を下方修正した理由をこう述べている。「昨年5月の産経ニュースを発端とする水素水に対する否定的な一連の報道の影響からは回復に向かう基調でした。しかし、昨年12月に国民生活センターから水素水に関する報道発表がなされ、その風評による影響が新たに発生し、販売効率が下がる結果となりました」。同社の株価は下方修正を公表した翌日に7%近く下落(終値ベース)、その後も膠着状態が続いている。



    水素水ブーム、崩壊の契機

    昨年5月の産経ニュースとは「美容、ダイエットと何かと話題の『水素水』 実はかつてブームを巻き起こした『あの水』と同じだった…」という記事。昨今水素水が注目されているが、一時期ブームとなったアルカリイオン水と基本的に中身は変わらない、といった内容だった。ただ、この記事に日本トリムの名前は登場していない。直接的なきっかけは、独立行政法人国民生活センターが2016年12月15日に報道発表した「容器入り及び生成器で作る、飲む『水素水』──『水素水』には公的な定義等はなく、溶存水素濃度は様々です──」という文書だ。


    同センターは、水素水に関する相談が2011年度から2016年9月末までの間で累計2260件に上ったことを踏まえ、水素水に関する調査を実施。飲用水として販売されている水素水10銘柄と水素水生成器9銘柄の計19銘柄について、商品の表示や広告のあり方、溶存水素濃度(水に溶けている水素ガス〈水素分子〉の濃度)をテストした。


    このテストは、水素水の機能を科学的に分析することよりも、表示や広告のあり方、表示どおりの水素濃度があるかなどを調べることを主眼としたものだった。テストでは溶存水素濃度が表示値より測定値のほうが低かったケースがあったほか、製品に記載された「様々な病気の原因といわれる悪玉活性酸素を無害化する」「アトピーに かゆい部分に水素水をつけて下さい」などの表示も、健康増進法や景品表示法などに抵触するおそれがあるとされた。



    日本トリムが怒る理由

    日本トリムの製品では定価17万7120円(税込み)の水素水生成器がテストの対象となった。テスト対象銘柄は「相談のあった銘柄をもとに選んだわけではない」(国民生活センター)とするが、日本トリム・執行役員経営企画部長の田原周夫氏は怒りを隠さない。「われわれは全国28カ所の事業所を通じ、毎月1回必ず消費生活センターに『何か問題はありませんか』と聞きに行っている。これまで消費者からは『だまされた』というクレームは一件もない。なぜわれわれが調査の対象に選ばれなければいけないのか。相談件数の内訳こそ、開示されるべきだ」

    (続けていた)

    引用元: ・【健康】崩壊・水素水ブームとは何だったのか [無断転載禁止]©2ch.net

     崩壊・・・ 水素水ブームとは何だったのか の続きを読む

    1:
    水素水商品の広告「根拠なし」 消費者庁、3社を処分

    朝日新聞デジタル 3/3(金) 15:00配信

     水素を溶かしたとする「水素水」や「水素サプリ」について、合理的な裏付けがないのに「水素のパワーでダイエット」などと宣伝していたのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は3日、通信販売会社「マハロ」(東京都)など3社に対し、再発防止策などを求める措置命令を出した。数年前からブームになっている水素水について、消費者庁が同法で処分をするのは初めて。


     他に命令を受けたのは、いずれも通販会社の「メロディアンハーモニーファイン」(大阪府)と「千代田薬品工業」(東京都)。同庁によると、3社は、水素が入っているとする飲料水「ビガーブライトEX」「水素たっぷりのおいしい水」やサプリ「ナチュラ水素」について、「燃焼ダイエット」「炎症を抑える効果で肩こりが軽減」などとする広告をホームページに載せていた。


    同庁が3社に広告の根拠となる資料の提出を求めたが、科学的に十分なものが示されなかったという。水素水などの水素関連商品は、芸能人やスポーツ選手がブログで紹介したこともあってブームになり、コンビニにも商品が並ぶようになっている。


    一方で、国民生活センターが昨年12月、禁じられた健康効果をうたう表示や広告が目立つうえ、水素自体が検出されなかった商品もあったとして、注意を呼びかけていた。(津田六平)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000063-asahi-soci

    引用元: ・水素水、「根拠なし」の景品表示法違反で処分wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww [無断転載禁止]©2ch.net

     水素水、「根拠なし」の景品表示法違反で処分wwww の続きを読む

    このページのトップヘ