メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    歯医者

    歯科医師

    1:
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00010001-yomidr-sctch

    歯科医師が2029年に約1万4000人過剰となるという推計を厚生労働省がまとめた。厚労省は文部科学省と連携し、歯学部定員の削減や国家試験の合格基準引き上げを検討する。


    歯科医師は14年で約10万人おり、20年間で約2万人増えた。開業する歯科医師も多く、診療所数は約6万9000で、「(5万店超の)コンビニエンスストアより多い」と指摘される。競争激化から診療所の経営が厳しさを増す中、不必要な診療が行われたり治療が長引いたりする懸念がある。


    厚労省は、将来の歯科医師の過不足を把握するため需給見通しを試算した。現行の歯科医師数や国家試験の合格者数から、将来の歯科医師数を推計。少子高齢化を踏まえた推定患者数や歯科医師が1日に診る患者数などから、必要となる歯科医師数を算定した。


    1日に診る患者数を厚労省や日本歯科医師会の調査を基に3段階で想定すると、17年は3100人不足~1万5600人過剰、29年は600~1万8100人過剰と幅が出た。厚労省の有識者検討会が、中間的な想定が精緻で妥当と結論づけたため、最終的な推計値は17年で1万1300人、29年で1万4100人過剰になるとされた。

    引用元: ・【医療】歯科医増え過ぎ。国家試験の合格基準引き上げも検討 [無断転載禁止]©2ch.net

     歯科医増え過ぎ。歯学部定員の削減や国家試験の合格基準引き上げも検討 の続きを読む

    歯科医

    1:
    歯に関すること、開業に関すること、関係ないこと、答えられる範囲で答えます。

    ゆっくりレスしてきますんで、ご容赦ください。

    ※前スレ
    歯医者開業してしばらく経つけど質問ある? ★3
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1463783118/

    引用元: ・歯医者開業してしばらく経つけど質問ある? ★4 [無断転載禁止]©2ch.net

     歯医者開業してしばらく経つけど質問ある? の続きを読む

    歯ブラシ

    1: 2016/09/15(木) 17:13:37.68 ID:CAP_USER
    その後、時代が経つにつれ歯科医師も増え、カーブが下り坂にさしかかる1980年では5万3602人(19.5人)になりました。2014年では、10万3972人(64.0人)にまで増え過剰気味とすら言われています。2015年現在の小学生の虫歯児率は25.0%と過去最低の水準にあります。虫歯の減少は医療体制の進展によるでしょう。虫歯の子どもは増えていると思われているかもしれませんが、現実はその反対です。


    結構なことですが、気になるデータもあります。虫歯の子どもの率の地域差です。『東京都の学校保健統計』という資料から、子どもの虫歯率を都内の地域別に出すことができます。都内23区の公立小学校低学年(1・2年生)の虫歯児率を計算すると最高は足立区の25.8%、最低は千代田区の11.1%です(2015年度)。同じ大都市でも、この2つの区では虫歯の子どもの率に倍以上の開きがあります。


    これは両端ですが、他の区はどうでしょう。図2は結果を地図で表したものです。大都市・東京の子どもの虫歯率マップをご覧ください。


    濃い色は20%(5人に1人)を超える区ですが、東部が軒並みこの色で染まっています。対して都心部(千代田区・中央区・港区など)は真っ白。虫歯の子どもの多いゾーンと、少ないゾーンがこんなにはっきり分かれることに驚かされます。


    子どもの虫歯率の地域差は単なる偶然ではなく、各区の社会的条件とリンクしている可能性がある。換言すると、虫歯の社会的要因のようなものがあるのではないか。それはズバリ貧困です。土地勘のある方は、図2の地図の模様を見てすぐにピンとくることでしょう。悲しいかな、それは統計で残酷に「見える化」されてしまいます。

    http://president.jp/articles/-/20101?page=2
    no title

    no title

    引用元: ・【国内】子供の虫歯率、足立区約26% 千代田区約11%・・・子どもの虫歯率と親の経済環境に高い相関性 [無断転載禁止]©2ch.net

     子供の虫歯率、足立区約26% 千代田区約11% → 子どもの虫歯率の差は経済力ではなく親の意識&知識の差か の続きを読む

    虫歯菌

    1: 2016/08/19(金) 21:48:06.16 ID:CAP_USER
    老化物質、虫歯進行にブレーキ 大阪大チーム発表
    歯に蓄積した老化関連物質「AGE」の働きで、年を取ると虫歯の進行が遅くなる―。

    こんな研究結果を大阪大の三浦治郎助教(総合歯科学)らのチームが明らかにし、歯学専門誌電子版に15日発表した。虫歯への耐性を強めているとみられ、チームは「加齢と虫歯の関係性の解明や、AGEを利用する治療法開発につながる可能性がある」としている。

    チームによると、AGEはタンパク質の糖化により作られる物質で、多くの種類がある。加齢に伴って体内に蓄積され、老化に関与するほか、糖尿病や腎不全などを悪化させる物質として研究が進んでいる。

    ▽引用元:共同通信 2016/8/15 18:54
    http://this.kiji.is/137842203224262140

    歯の象牙質(左)。左上の暗い部分が虫歯になっている。右は同じ象牙質を特殊な測定法で観察したもの。虫歯の部分にAGEが多く蓄積していることがわかった(大阪大提供)
    no title

    引用元: ・【歯科学】歯に蓄積した老化関連物質「AGE」の働きで、年を取ると虫歯の進行が遅くなる/大阪大 ©2ch.net

     歯に蓄積した老化関連物質「AGE」が虫歯の進行を遅くする-大阪大 の続きを読む

    このページのトップヘ