じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    業務停止

    1:
    国内屈指の有名法律事務所「アディーレ法律事務所」に業務停止処分が下された。NHKによると、着手金を無料にするキャンペーンを期間限定とうたいながら5年近く続けていたとし、東京弁護士会が法人としての業務を2カ月間停止すると発表したという。

    有名タレントをテレビCMで起用するなど、名の知れた法律事務所だけに衝撃は大きいが、実際のところ「どれだけ悪質なのか?」そして「処分は適正なのか?」イマイチわからない。そこで今回はアディーレ法律事務所の元従業員に一連の事案について話を聞いてみたのでご覧いただきたい。

    ・元アディーレ法律事務所の従業員

    話を聞かせてくれたのは、アディーレ法律事務所に5年以上勤務した経験を持つAさんだ。職種については本人の希望で伏せるが、アディーレ法律事務所の内情をよく知る人物であることは間違いない。以下でインタビューをご覧いただこう。

    ──まず、今回の一報を聞きどう思われましたか?
    「率直に言って、2カ月は重すぎると思いましたね。せいぜい業務停止にはならない戒告くらいが妥当だと思います」

    ──素人だといまいちピンと来ないのですが、今回の景品表示法違反はそこまで重い罪なのでしょうか?
    「うーん、違反は違反なんですが正直大した話ではないと思います。着手金の額が表示より高かったり、金銭的被害が発生していたなら悪質ですが、誰も損はしていないですからね」

    ──なるほど。ではなぜ今回アディーレ法律事務所に重い処分が下されたのでしょうか?
    「まあ、弁護士会からは嫌われてましたから。CMやテレビ出演で目立っていましたし、ウケ狙い? で代表が東京弁護士会の会長選挙に出馬していましたし。煙たい存在だったのは間違いないと思います」

    ──そうなんですね。ではいずれ刺される予感みたいなものはあったのでしょうか?
    「実は表向きのイメージと違って、内部的には結構きちんとしているんですよ、アディーレは。なので、煙たくても正面から叩けるようなネタはあまりなかったのだと思います」

    ──ふむふむ。
    「ただ、今回は格好のネタがあったので、弁護士会が一点突破したって感じですかね。まあ、前から目はつけられていてたとは思うので、いずれ何らかの形で今回のようなことが起こる気はしていました」

    ──なるほど。
    「でも、やっぱり2カ月は重いと思います。アディーレは弁護士だけではなく電話オペレーターなどもかなりの規模で雇用していますから、2カ月間仕事ができないのは大変だと思いますよ」


    Aさんによれば、アディーレ法律事務所は東京弁護士会にとって煙たい存在であり、以前から何かが起きる予感はあったようだ。この話だけで「アディーレ法律事務所」及び「東京弁護士会」についてこれ以上の詮索はできない。……が、単純な「景品表示法違反」というだけではなく、根深い何かがありそうだ。

    ソース/ロケットニュース24
    https://rocketnews24.com/2017/10/12/967896/

    引用元: ・【社会】アディーレ法律事務所の元従業員が語る「2カ月業務停止命令が下された本当の理由」

     アディーレ法律事務所の元従業員が語る「2カ月業務停止命令が下された本当の理由」  の続きを読む

    1:
    2017年10月11日

    東京弁護士会 会長 渕上 玲子

    本日、東京弁護士会は、弁護士法第56条に基づき、弁護士法人アディーレ法律事務所に対し業務停止2月、元代表社員の弁護士石丸幸人会員に対し業務停止3月の懲戒処分をそれぞれ言い渡しました。
    同弁護士法人は、広告表示が改正前不当景品類及び不当表示防止法(以下「景表法」といいます。)の有利誤認表示に該当したとの理由で、消費者庁より広告禁止の措置命令を受けましたところ、この度、当会は、同弁護士法人の広告行為が景表法に違反し、かつ日本弁護士連合会の弁護士等の業務広告に関する規程等にも抵触するものであり、弁護士法人として品位を失うべき非行であると判断し、上記のとおりの懲戒処分を申し渡しました。
    同弁護士法人の広告表示は、債務整理・過払金返還請求に係る役務を一般消費者に提供するにあたり、実際の取引条件よりも有利であると一般消費者を誤認させ、一般消費者の自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれのある極めて悪質な行為であり、しかも、長期間にわたって多数回反復継続されている組織的な非行と言わざるを得ません。
    当会は、このような事態が生じたことを重く受け止め、今後も、市民の弁護士会に対する信頼を確保するために、弁護士や弁護士法人の非行の防止に努めるとともに、非行に対しては厳正に対処して参ります。
    なお、同弁護士法人の依頼者の方が多数おられることから、下記のとおり臨時電話相談窓口を設け、依頼者からのご相談に応じております。


    http://www.toben.or.jp/message/seimei/post-481.html
    【関連スレ】
    【業務停止】アディーレ法律事務所、懲戒処分。事実と異なる宣伝★3
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507751330/

    引用元: ・【アディーレ業務停止命令】東京弁護士会が会長談話「極めて悪質な行為であり、組織的な非行」

     【アディーレ法律事務所】景表法に違反が酷すぎて業務停止命令 の続きを読む

    このページのトップヘ