メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    梅毒

    梅毒

    1:
    重症化すれば「死に至る恐ろしい病」として、古くから知られてきた性感染症「梅毒」。名軍師の黒田官兵衛をはじめ、歴史上の戦国武将のなかにも梅毒にかかって命を落としたとされる例は多い。


    この梅毒の感染者が近年、日本国内で急激に増加し、大きな問題になっている。国立感染症研究所は今年1月、昨年1年間の梅毒患者数が4518人に上ったと発表した。梅毒の感染者が4000人を超えたのは、1974年以来42年ぶりのことだという。


    なぜ今、梅毒の感染者が急増しているのか。性感染症の臨床分野の権威であり、梅毒の症例について詳しい泌尿器科専門医の尾上泰彦氏は、「現在の梅毒の患者数は、氷山の一角にすぎません」と指摘する。

    http://biz-journal.jp/2017/03/post_18252.html

    引用元: ・風俗業界に激震、梅毒「25倍」「25倍」 [無断転載禁止]©2ch.net

     風俗業界に激震、梅毒患者が5年で25倍に激増 の続きを読む

    梅毒3

    1:
    過去の病気と思われていた梅毒が急増中だ。2012年と比べ16年の感染者数は約5倍とすさまじく、主に若い女性の罹患が増えているという。梅毒の2012年までの20年間の感染者数は、年千人未満にとどまっていた。そのころの主な感染経路は男性の同性間の性的接触によるもので、感染経路が似たHIV(エイズウイルス)の合併例も多かった。


    それが13年以降、感染者数が急上昇し、16年の1年間で4518人(速報値)と、42年ぶりに4千人を超えた。急増分の多くは、若い女性の異性との性的接触によるものであり、女性の感染者の半数以上は20歳代だ。東京慈恵会医科大学病院皮膚科の石地尚興医師は、「男性の同性間から、なぜ異性間に広まったのかは不明ですが、対象者が圧倒的に多い異性間の性的接触への拡大が感染者の急増につながったのでしょう」 とみている。


    梅毒は「梅毒トレポネーマ」という細菌が原因の感染症だ。主に、性的接触に代表される濃密な接触により、トレポネーマが粘膜や傷ついた皮膚などから体内に侵入する。肛門性交やオーラルセックスでも感染し、病変部が口にあればキスでもうつる可能性がある。


    感染しても3週間ほどは症状が出ないが、その後、性器や肛門、唇など、トレポネーマが侵入した箇所で増殖して病変が生じる。

    (後略)
    https://dot.asahi.com/wa/2017020200017.html

    引用元: ・梅毒ハザード 冗談いってる場合じゃないらしい [無断転載禁止]©2ch.net

     梅毒警報発令中! すさまじい勢いで増加中らしい の続きを読む

    1:
    中国メディアの温州都市報などによると、浙江省温州市の同市人民病院で最近になり、30歳の女性銀行員が性病に感染していると確認されたが、医師によると日常業務で人民元札を数えており、トイレに行く前に手を洗わなかったので感染したと思われる。同病院では過去にも同様の例があったという。


    女性は30歳で、恋人がいた。恋人から感染したのではないかと疑った。恋人も同病院で診察を受けたが、感染していなかった。医師は女性から生活行動を詳細に尋ねた。女性は業務で紙幣を数えており、トイレに行く前に手を洗う習慣がなかったと分かった。そのため医師は、手に付着した病原体により感染したと思われると判断した。性病の種類は明らかにされていない。


    同病院では過去にも同様の実例があった。20歳の女性銀行員で、男性と交際したことはなく、経験もなかったという。同様に、紙幣を扱った後に手を洗っていなかったという。


    典型的な性病のひとつである梅毒の場合、梅毒スピロヘータは生体外では1-2時間で死滅するとされる。逆に言えば、それまでは感染する可能性が否定できないという。手に付いた場合に有効なのはやはり手洗いとされる。


    温州都市報によると、比較的新しい1元札を調べたところ、赤痢菌、大腸菌、ブドウ球菌、B型肝炎ウイルス、淋菌などが1枚あたり平均で120万存在したとの調べがある。紙幣を数えた場合、作業1時間で手についている病原菌が300万以上になった。


    さらに、紙幣を数える仕事をしている人の肝炎感染率はその他の人の6倍程度で、紙幣を直接扱う仕事を続ける期間が長くなるにともない感染率が上昇するという。上記以外にも、紙幣を扱って性病に感染したとみられる人がいるという。

    **********

    ◆解説◆

    手洗いは、さまざまな病原体に対する感染症予防に有効とされている。
    インフルエンザの場合には石鹸を使い流水で15-30秒程度の時間をかけて洗えば、感染率を大幅に減少できるとされる。

    東京都福祉保健局は食品取扱者に対して、指先、指の間、手首、ひじまでを約30秒をかけて洗い、20秒をかけて水で洗い流すことを推奨。
    かなり長く感じるので「ハッピーバースデーの歌2回」あるいは、自分の好きな歌を歌うことで、手洗いの時間を確実にすることができると提案している。

    写真:no title


    http://news.searchina.net/id/1580135?page=1

    引用元: ・【国際】中国の梅毒流行、「紙幣」からも感染…浙江省の女子銀行員に多い“お札を数えた後に手洗いの習慣なし”のケース [無断転載禁止]©2ch.net

     「紙幣」からも感染する中国の梅毒…銀行員はお札を数えた後に手を洗おう! の続きを読む

    梅毒感染

    1:
    異常なほどの勢いで増加する梅毒感染者数。特に若い女性の患者数は、5年間で5倍に急増!梅毒は感染力が非常に強く、1回の性交でも、キスでも感染します。なぜ、梅毒感染者は急に増えたのでしょうか?


    ■「梅毒」患者42年ぶり4千人超!20代前半女性が増加

    国立感染症研究所は昨年1年間の梅毒の感染者が4518人となり、昭和49年以来42年ぶりに4千人を超えたと発表しました。平成22年~27年までの5年間で4倍に急増しています。特に女性患者は急増しており、5年間で5倍になりました。このうち76%を15~35歳の若い女性が占めています。特に20代前半の感染者数が突出しています。



    ■妊婦が感染すると高確率で胎児に感染

    特に妊婦さんや妊娠の可能性のある女性は注意が必要です。妊婦が梅毒に感染すると、奇形・流産・死産の原因となったり、先天性梅毒の赤ちゃんが生まれたりする可能性があります。胎児が胎盤を通して感染するリスクは60~80%と、かなり高確率です。



    ■1回の性行為での感染率15~30%! キスでも感染!

    梅毒の病原体は粘膜と接触することで感染します。その感染力は、HIVなど他の性病と比べ非常に強い。たった1回の性交で感染する可能性は、15~30%と非常に高いのです。また、オーラルセックスによる咽頭部への感染、アナルセックスによる直腸への感染など、性行為の方法によって性器以外の場所にも感染します。口に梅毒の病変部分がある場合は、キスでも感染します。感染者とのコップや箸の使い回し、皮膚に傷のある状態での愛撫などでも感染の可能性があるのです。



    ■症状は「3週間」「3か月」「3年」で大きく変化

    梅毒の症状は、感染から「3週間後」、「3ヵ月後」、「3年後」の3期に分類しています。「3週間後」の第1期は、陰部、くちびる等の感染した部位に、小さなしこりや潰瘍ができ、少し遅れて股の付け根部分のリンパ節が腫れます。これらの症状は痛みや痒みが無く、放置しても2~3週間で消えます。だからこそ、第1期が最も危険な時期とされます。治ったと勘違いしたまま性交渉をし、知らず知らずのうちに感染拡大を引き起こしてしまうのです。



    ■3か月後、全身に赤い発疹

    第1期の症状が消えた後、梅毒の病原体は血液の中に入り、全身に広がります。そして「3か月後」の第2期。今度は全身に発疹という形で表れます。顔や手足にピンク色の円形のあざが出来たり、「バラ疹」と言われる赤茶色の盛り上がったブツブツが全身に広がります。多くの感染者が、この段階で慌てて病院に駆け込みます。梅毒は、この第2期までに治療することが肝要です。



    ■「梅毒が進行すると鼻が落ちる」?

    感染から3年以上経った第3期では、結節性梅毒疹やゴム腫などといわれる大きなしこりが出来ます。さらに進行すると、心臓、血管、神経、精神、目などに重い障害が現れ、場合によっては死に至ります。以前はよく「梅毒が進行すると鼻が落ちる」などと聞きましたが、第3期のゴム腫が鼻骨にできると、崩れたり陥没することがあり、この状態を「鼻が落ちる」と表現したのでしょう。ただ、現在では第3期以上に進行する患者さんは、ほとんどいません。



    ■過去3か月から1年の全ての性交渉相手に感染リスク!

    梅毒は、1940年代の「ペニシリン」の発見により患者数は激減しました。現在の治療法は抗菌薬の服用になります。ただし梅毒は、一度治っても何回でも感染してしまいます。したがって、特定のパートナーがいるのなら、その人も検査をしなければなりません。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00010000-houdouk-hlth
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00010000-houdouk-hlth&p=2

    (続く)

    引用元: ・【医療】キスでも感染!急増する「梅毒」の強力な感染力とは [無断転載禁止]©2ch.net

     キスでも感染!急増する「梅毒」の強力な感染力とは の続きを読む

    梅毒3

    1:
    国立感染症研究所は13日、昨年1年間の梅毒の感染者が4518人(速報値)となり、昭和49年以来42年ぶりに4千人を超えたと発表した。厚労省は「早期発見すれば治療と感染拡大防止につなげられる。不特定多数との性行為など、気になる人は早めに受診してほしい」としている。


    都道府県別の患者数は、東京1661人、大阪583人、神奈川284人、愛知255人、埼玉190人、兵庫181人、千葉139人-など。梅毒は主に性行為によって感染し、性器や唇などに赤い発疹ができる。抗菌剤で治療できるが、放置すると脳や心臓に重い合併症を起こすこともある。


    戦後間もない時期には年間20万人を超えていた。抗菌剤治療が普及して激減。平成22年は621人だったが、27年までの5年間で4倍に急増した。特に20代前半の女性の感染増加が目立つ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12536558/

    引用元: ・【社会】梅毒、20代前半の若い女性の感染増加 ©2ch.net

     梅毒、20代前半の若い女性の感染増加 の続きを読む

    このページのトップヘ