メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    放射能汚染

    1:
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO16870290V20C17A5CR8000/

    2017/5/25 23:30日本経済新聞 電子版

     東京電力福島第1原子力発電所の事故後、放射性セシウムを含む微粒子が関東地方の広い範囲に飛んできたことが、東京理科大や東京大などの研究チームの調査でわかった。事故の進展過程を知る手がかりになるほか、放射性物質の環境や健康への影響を調べる材料となる。千葉市で開催された日本地球惑星科学連合大会で25日発表した。

     見つかったのは直径1マイクロ(マイクロは百万分の1)メートルほどのガラス状微粒子で「セシウ…

    引用元: ・【調査】放射性セシウム含む微粒子 「3.11」後、都内にも飛来 [無断転載禁止]©2ch.net

     【悲報】 放射性セシウムを含む微粒子 「3.11」後、都内にも飛来 の続きを読む

    1:
    東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域に指定されている浪江町井手の十万山で起きた山林火災で、県は9日、周辺3カ所で8日測定した大気中を浮遊するちりの放射性セシウム137の濃度が前日の約3~9倍に上がったと発表した。

    県放射線監視室によると、浪江町井手のやすらぎ荘が1立方メートルあたり3・59ミ… ※続く

    配信 2017年5月10日

    毎日新聞 続きは会員登録をしてご覧になれます
    https://mainichi.jp/articles/20170510/ddl/k07/040/020000c

    引用元: ・【福島】浪江・十万山の山林火災 放射性セシウム、3~9倍に上昇 [無断転載禁止]©2ch.net

     浪江町帰還困難区域の山林火災 放射性セシウム、3~9倍に上昇 の続きを読む


    1:
    http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170401-161066.php

     県が31日に公表した2008(平成20)~12年の県内のがん患者情報では、12年にがんで死亡した人は男性3747人(08年比160人増)、女性2488人(同119人増)でいずれも08年より増加した。県は今後、詳細に分析した上でがん対策を進める方針。


     1984年以降、県民の死亡原因第1位となっているがんの実態把握などを目的に、初めて5年分の患者情報を集めた。県の委託を受けた福島医大が調査。県の協力要請に応じた医療機関の報告を基に集計した。


     がん死亡数は男性が08年3587人、09年3586人、10年3720人、11年3735人、12年3747人。女性は08年2369人、09年2457人、10年2453人、11年2457人、12年2488人だった。 


     高齢化の影響などを取り除いて算出した12年の「年齢調整死亡率」(人口10万人当たり)は男性179.3人(08年比4.7人減)、女性85.7人(同2.9人減)でいずれも減少。ただ部位別では、男性が膵臓(すいぞう)13.5人(同2.2人増)、女性は大腸12.5人(同1.3人増)、膵臓9.5人(同1人増)、子宮5.2人(同1人増)などでわずかな増加がみられた。


     また08年にがんと診断された人の5年後の生存率は男性57.1%、女性62%。部位別で生存率が低かったのは、肝および肝内胆管(男性24.2%、女性25.2%)、胆のう.胆管(男性23.7%、女性19.7%)、膵臓(男性5.8%、女性2.7%)だった。

    引用元: ・【健康】福島県「がん死亡数」増加傾向 死因第1位、実態把握し対策へ [無断転載禁止]©2ch.net

     福島県「がん死亡数」増加傾向  死因第1位、実態把握し対策へ の続きを読む

    1:
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170311-00009231-jprime-soci

    原発事故から6年。食品の汚染度は低下するも「食の安全」は本当に取り戻せたか?

     事故の収束作業が続く福島で’11年秋に開設した『いわき放射能市民測定室たらちね』の鈴木薫事務局長は「被ばくを少しでも少なく、というのがここを訪れる人たちの思い。放射線を測って数値を知れば、やみくもに怖がるのではなく対策が立てられます」と語る。


    「炉心から出た放射性物質の量は、全部かき集めても両手にのります」


     そう話すのは事故以来、現場で放射性物質の測定を続ける東京大学大学院の小豆川(しょうずがわ)勝見助教。炉心にある大量の放射性物質を思えば、外へ出た量はごく一部。だが、それが広範囲に甚大な汚染をもたらしている。


     事故3年目に小豆川助教がスーパーの食品を測り中央値をとると、1kgあたり0・16ベクレル。現在はさらに低く、食品の汚染度は「下がっている」。ただ事故発生から1年を振り返ると、「事故直後の福島県内の葉物野菜は、数千ベクレルのものもありました」(小豆川助教)


    ’11年3月17日に国の暫定規制値が設定され検査が始まるまで、汚染度の高い食品が流通したことを考慮すべきと言う。’12年4月には規制値より厳しい新基準値─一般食品100ベクレルが施行され、検査体制も順調に機能。現在は「流通している食品に基準値を超えるものはまれ」だ。


    食の安全は回復したと安心していいのか。実は、そうとも言いきれない。0・003ベクレルまで検出する小豆川助教にかかれば、放射性物質は今もほぼ検出されるという。ならば「被ばくは気にしない」、いや「少しでも減らしたい」など考え方はさまざまだ。
    .

    引用元: ・原発事故から6年経つけどさぁ実は放射能ってたいしたことないんじゃ・・・ [無断転載禁止]©2ch.net

     原発事故から6年経つけどさぁ実は放射能ってたいしたことないんじゃ・・・ の続きを読む


    1:
    福島原発の東電社員、「中傷」で強いストレス…順天堂大など分析
    2017年3月7日

    福島第一、第二原子力発電所で事故後も働く東京電力社員の心の傷は、津波や知人を亡くした被災体験よりも、中傷などの批判によるものが根強く残るとする分析結果を、順天堂大学などのチームがまとめた。英医学誌に7日発表する。


    チームは、事故直後から現地で社員の心の健康をサポートしてきた。社員1417人に2014年11月まで計4回、震災で受けた心の傷に関する記述式のアンケートを実施。津波からの避難、家族や同僚の死亡、財産喪失などに関するストレスの大きさを分析した。


    医療機関で受診を拒否されたり、避難先で住民に問いつめられたりするなどして心に傷を受けた社員は、11年時点で12・8%にあたる181人。事故から3年以上が過ぎても、こうした経験をしていない社員に比べて、約3倍も非常に強いストレスが残っていた。また、発電所の爆発や同僚の死亡といった現地社員特有の経験によるストレスも、時間が経過しても強く残ることが確認された。


    研究をまとめた順天堂大の谷川武教授(公衆衛生学)は、「現地社員の抱えるストレスは大きく、心理面のサポートを考えるべきだ」と話している。

    YOMIURI ONLINE
    http://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170307-OYTET50011/

    引用元: ・【医療】福島原発の東電社員、「中傷」で強いストレス…順天堂大学などのチームが分析©2ch.net

     福島原発の東電社員、「批判」で強いストレス…なぜか被害者ヅラwwww の続きを読む

    このページのトップヘ