メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    抜け毛

    1:
    隠すでも増やすでもなく時代は「魅せる」へ


    薄毛に悩む男性に似合う服装やヒゲの形、メガネなどのコーディネートをアドバイスし、新たな価値観を提示するユニークな企業が出現した。大阪市北区の「カルヴォ」だ。会社名は、イタリア語やスペイン語で「はげ」を意味するといい、昨年8月に設立された。4月には、薄毛モデルを起用したイベントを開催する予定で、大型連休の前後には、一般向けの本格的なサービスを開始するという。「コンプレックスを肯定できる社会を目指す」。代表者は壮大な〝夢〟を描いている。



    ■堂々!薄毛モデル

    昨年11月、大阪市内で開かれた撮影会。「カジュアル」と「フォーマル」の2つのテーマでコーディネートされた5人の薄毛の“モデル”が、御堂筋を歩いたり、中之島公会堂をバックにカメラマンのフラッシュを浴びたりした。カルヴォの松本圭司社長(44)によると、5人は会社経営者やサラリーマン。薄毛であることに、以前から悩みを抱えていたが、プロのスタイリングをはじめとする同社のサービスを受けて華麗に変身し、スーツ姿などで堂々とモデル役をこなした。


    撮影会の目的は、コーディネートを受ける前後の心理状態の変化を知るため。参加者は「自信になった」「髪形を気にして写真に撮られることを避けてきたが、今日は快感だった」と話していたといい、松本社長も事業への手応えを感じた。

    http://www.sankei.com/west/news/170313/wst1703130008-n1.html
    no title

    no title

    no title

    ※長いので続きはソースで

    引用元: ・「ハゲはもう隠すな」 薄毛新時代は「魅せる」がトレンド 頭を曝け出せ [無断転載禁止]©2ch.net

     「ハゲはもう隠すな」 薄毛新時代は「魅せる」がトレンド 頭皮を曝け出せ の続きを読む

    薄毛

    1:
    背の低い白人男性は薄毛になりやすい、欧州研究
    2017年03月10日 12:35 

    【3月10日 AFP】背の低い欧州系の男性は、早期脱毛症になるリスクが高いとする新たな研究結果が8日、発表された。

    同論文の主執筆者で、独ボン大学(University of Bonn)のシュテファニー・ハイルマン・ハインバッハ(Stefanie Heilmann-Heimbach)教授は、AFPの取材に「相対的に低身長の男性ほど、頭髪を失う可能性が高くなるようだ。毛髪脱毛症に関与する遺伝子の一部は、概して低身長に関連していることを、今回の研究データは示している」と語った。


    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:AFPBBNews 2017年03月10日 18:47
    http://www.afpbb.com/articles/-/3120893

    ▽関連
    Nature Communications 8, Article?number:?14694 (2017)
    doi:10.1038/ncomms14694
    Meta-analysis identifies novel risk loci and yields systematic insights into the biology of male-pattern baldness
    http://www.nature.com/articles/ncomms14694

    引用元: ・【生物学】背の低い白人男性は薄毛になりやすい 遺伝子変異を63個特定/独ボン大学©2ch.net

     背の低い白人男性は薄毛になりやすい 遺伝子変異を63個特定  - ボン大学(ドイツ) の続きを読む

    はげ

    1:
    5万2000人分の生体データを用いた調査で、著しい抜け毛・脱毛につながる遺伝子座(遺伝子の位置)を識別することに成功したことが報告されています。まだ個人の「はげ」をどうこうする段階ではありませんが、「なぜはげるのか」という遺伝的な原因の解明が進むことが期待されています。


    no title

    no title



    これはエディンバラ大学認識老化・認識疫学センターのSaskia Hagenaars氏と同センターの統計遺伝学者ウィリアム・デイヴィッド・ヒル氏らによって行われた研究で、学術誌・PLOS Geneticsに2月14日に掲載されました。


    Hagenaars氏らは、「はげ」に関するゲノム全体の共同研究を行っているイギリスの生体バンクと協力して、40歳から69歳の男性5万2000人のゲノムと健康データを調べました。その結果、著しい脱毛・抜け毛と結びついた、287の遺伝子座を正確に示すことができました。また、共通の遺伝的変異に基づいて「脱毛がない」「著しく脱毛する」を識別する予測アルゴリズムも開発したとのこと。Hagenaars氏によれば、男性を「はげ」にする遺伝的シグナルの多くは母親から受け継いだX染色体由来のものだったそうです。


    ヒル博士は、今回の研究に用いたデータは「はげの形」について集められたもので、はげ始めた年齢によるものではないので、今後、「はげ始め」を識別することができるようになればさらに強い遺伝的シグナルを理解できると期待しているとのこと。


    「個々人がはげるパターンを正確に予測するというところにはほど遠い」と、研究に携わったリカルド・マリオーニ博士は語っていますが、今回の研究で「はげ」の遺伝的原因の解明へ大きく踏み出したのは間違いないので、やがては期待されるような「はげ予測」もできるようになるのかもしれません。


    最終的に「はげ対策」までできるようになれば、悲しそうに「また髪の話してる」とつぶやくアスキーアートが使われることはなくなるはず。


               |
                |  彡⌒ミ
               \ (´・ω・`) また髪の話してる・・・
                 (|   |)::::
                  (γ /:::::::
                   し \:::
                      \


    http://gigazine.net/news/20170215-genetic-prediction-baldness/

    引用元: ・【医療】「ハゲになる遺伝子の位置」を科学者が特定、遺伝的原因の解明へ大きな一歩 [無断転載禁止]©2ch.net

     「ハゲになる遺伝子の位置」を科学者が特定、遺伝的原因の解明へ大きな一歩 の続きを読む

    1:
    no title

    以前から不自然だとトランプ氏の髪についてはささやかれてきたが…。

    ドナルド・トランプ米国次期大統領の、70歳とは思えないふさふさした髪には、長年「カツラ疑惑」が報じられてきた。しかし、ついにその論争に終止符が。トランプの担当医がメディアに対して、彼に育毛薬「プロペシア」を処方していたことを告白したのだ。


    この告発を行ったハロルド・N・ボーンシュタイン医師によれば、トランプ氏との出会いは1980年代までさかのぼり、それ以来定期的な健診などを行ってきたという。大統領選に当選してからは連絡はとっていないという、この医師の告白について、疑問を呈す声もあがっているが、多くの海外メディアで「トランプ次期大統領、ヅラ疑惑晴れる」として報じている。


    さて、トランプ氏が使っていたというプロペシアは、アメリカメルク社が開発した抗アンドロゲン薬で、元々は前立腺肥大症や前立腺癌を抑える効果があるとされていたもの。しかし、男性型脱毛症(AGA)に対しても効果があることから、全世界のハゲで悩む男性たち購入されていた(ちなみに日本では2015年に特許が切れており、現在は各社から後発商品が販売されている)。


    国内臨床試験においては、1mgの主成分で胃部不快感、性欲減退など6%程度の副作用が認められたといった報告や、まれに肝機能障害を起こすといった報告もあがっている。大統領の激務のなかでは、多くの大統領がストレスによる抜け毛に悩まされたという。国内の抵抗勢力も多く、海外からも注目の集まっているトランプ氏だけに、今後もこの脱毛薬を手放せそうだ。

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170203/Mogumogunews_3315.html

    引用元: ・トランプ大統領の育毛剤使用を、医師が証言 長年のヅラ論争に決着、プロペシア使っていた [無断転載禁止]©2ch.net

     トランプ大統領のヅラ疑惑について定期検診を行っていた医師が証言とかwww の続きを読む

    BOLD

    1:
    パリのリュクサンブール公園で、美女が恋人のスキンヘッドの頭を愛おしく――まさに愛撫するように――撫でまわしているのを目にしたときは、思わず目が釘付けになりました。

    それから、セーヌ川にかかる橋上で見た、赤ちゃん連れのブライダル風景。男性のオツムはツルツルで、「年の差婚で頑張っているんだなぁ」と観察していたら、お肌も赤ちゃん並みにツルツルスベスベ。なんと、「若いパパ」だったのです。

    (中略)

    以上のように、フランス滞在も長くなると、多くのマダムやマドモアゼルが、パートナーの“ハゲ具合”に頓着しない、それどころか、スキンヘッドをとても好んでいると思われる場面に数多く遭遇します。

    *+*+ 東洋経済 +*+*
    http://toyokeizai.net/articles/-/142381 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    引用元: ・【社会】パリジェンヌは男の薄毛を“官能的”と捉えている!不毛な戦いから開放されよう [無断転載禁止]©2ch.net

     世界には男の薄毛を“官能的”と捉える女性もいる! の続きを読む

    このページのトップヘ