メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    抗がん剤

    1:
     乳がん闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央が11日、自身のブログを更新し、前日10日は「痛みで七転八倒していました」と明かした。 現在、在宅医療で自宅に戻っている麻央は、「おはようございます。皆様、たくさんのメッーセージをありがとうございました。昨日は、更新したかったのですが、一日、痛みで七転八倒していました」と10日にブログを更新できなかった理由を告白。


     痛みについては、「夕方最終的に、在宅医療の先生に相談し、忘れていた座薬を試したら、ようやく落ちつくことができました。もう少し早く甘えてお電話をすればよかったです。眠る前も、予防で、座薬を使い、今朝は、ほんの少しの痛みで起き上がることができました!!」とつづった。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/11/0010273379.shtml

    引用元: ・【芸能】小林麻央、「痛みで七転八倒」 座薬で落ち着く©2ch.net

     小林麻央さん、あまりの痛みで1日中、七転八倒。 座薬でどうにか落ち着く の続きを読む

    1:
    自分が進行がん患者だったら抗がん剤治療を受けるか――。

    そんな質問に対し、医師と薬剤師の4人に1人が消極的という調査結果を、大森赤十字病院(東京都大田区)の佐々木慎・外科部長がまとめた。抗がん剤は、再発や他の臓器への転移がある進行がん患者の標準治療だが、効果や副作用に課題があるだけに、医療関係者の本音が表れた形だ。


    調査は昨年、同病院に加え東京都と神奈川県でがん治療を手がける大規模病院計5施設を対象に実施。胃がん患者になったと仮定した場合の抗がん剤治療に対する考え方などについてアンケートした。医師53人、薬剤師29人の計82人が回答した。


    自分が進行がん患者だったら「受けたくない」「限定的なら受けても良い」と消極的な回答をしたのは21人で25・6%。理由として「根治しない」「時間が無駄」「延命を望まない」「副作用がつらい」ことを挙げた。

    http://www.yomiuri.co.jp/science/20170609-OYT1T50010.html?from=ytop_ylist

    引用元: ・【調査】自分が患者なら…医師の25%が抗がん剤に消極的 表面に表れた医療関係者の本音「根治しない」「時間の無駄」 [無断転載禁止]©2ch.net

     自分が進行癌患者なら…医師の25%が抗がん剤に消極的 の続きを読む

    1:
    ロシアの学者らがガン細胞の抹殺には従来の放射線治療よりもプロトン(正の電荷をもった粒子)の光線を用いる手法が最も短時間で安全だということを証明した。スプートニクが報じた。新たな方法を開発したのはロシア科学アカデミー理論実験生物物理学研究所のオリガ・ロザノヴァ氏率いるグループ。ロザノヴァ氏は、プロトン療法はガンが首や脳髄などの重要な器官の近くにできるなど、放射線治療が功を奏さない種類のガンの治療に効果を発揮すると語っている。


    プロトン療法が放射線治療と異なる点は、腫瘍への照射がより直接的に及ぶこと。このため健康な皮膚が傷つけられることが少なく、脳、骨など外科医にはメスを入れにくい場所にできたガンの治療に効果を発揮する。


    ロザノヴァ氏率いるグループは、マウスを使った実験ではプロトン療法は比較的少ない照射回数でガン腫瘍の成長を5分の1から6分の1に遅らせることを明らかにした。この実験の結果は「生物物理学」誌に掲載されている。


    no title

    https://jp.sputniknews.com/science/201705173642805/

    引用元: ・【医療】つらいガンの放射線治療はもう要らない ロシアの研究者がより有効な「プロトン光線治療法」を開発 [無断転載禁止]©2ch.net

     ガンの放射線治療はもう要らない ロシアの研究者がより有効な「プロトン光線治療法」を開発 の続きを読む

    1:
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00000161-dal-ent


    乳がん闘病中の小林麻央が21日、ブログを更新し、鏡に映った自身の姿に衝撃を受け、泣いてしまったことを明かした。

     麻央はブログのタイトルを「痩せる」とし、この日朝、着替える時に裸で鏡の前に立った。麻央は「私が恐れていた姿に近い身体が写っていて、一瞬衝撃を受けたあと、泣いてしまいました」と明かした。

    引用元: ・小林麻央 鏡に映った自分の今の姿にショックを受け一晩中泣き続ける [無断転載禁止]©2ch.net

     【悲報】 小林麻央さん 鏡に映った自分の今の姿にショックを受ける 悪液質で痩せてしまったか の続きを読む

    抗がん剤治療

    1:
     世界で初めて開発された抗がん剤は、マスタードガスから生まれました。第一次世界大戦で使用された毒ガス、マスタードガス(イペリットとも呼ばれる)に、細胞分裂を抑える機能があることがわかりました。第二次世界大戦中には研究が進み、マスタードガスの誘導体のナイトロジェンマスタードが初めて抗がん剤として使われました。


     ナイトロジェンマスタードを改良したシクロフォスファミド(商品名:エンドキサン)は、がん細胞に対する殺傷力も高い半面、正常な細胞に与えるダメージも大きく、抗がん剤のなかでも副作用の強い薬として知られています。それにもかかわらず、現在でも代表的な抗がん剤として多くのがん患者に使われています。


     人を殺傷するために使われたものをがん治療に使用するとは、なんとも皮肉な話です。


     2015年11月、世界保健機関(WHO)は「がんの原因となる116種類の要因」を公式に発表しました。そこには、「喫煙」「紫外線」「エックス線・ガンマ線」「アスベスト」「加工肉」などが列挙されていますが、なんとシクロフォスファミドをはじめとした多くの「抗がん剤」も含まれていたのです。


     抗がん剤は、がん細胞を小さくするかもしれませんが、人体には確実に有害です。がんは「不治の病」「苦しい病気」というイメージが強いですが、抗がん剤を使うことによって、その苦しみはさらに大きいものになり得るのです。


     確かに、抗がん剤によって一命をとりとめたケースもあります。医師からは、「抗がん剤を使わなければ余命は3カ月だが、使えば1年」などと説明を受けるケースも見られます。


     しかし、抗がん剤によってがんを小さくすることだけを見ていては、本当の意味でのがんの治療にはならないのではないでしょうか。「木を見て森を見ず」という言葉に当てはめれば、がんが「木」なら身体は「森」です。森全体にも目を配る、総合的な治療が望まれます。



    ■進行したがん、再発したがんについての治療の進歩

     現在では、ステージ1のがんに関しては約90%、ステージ2でも70~80%ほどは治るといわれています。しかし、がんが進行したステージ3になると「5年生存率」は50%になり、ステージ4になると10~20%へとがくんと落ちてしまいます。ちなみに、抗がん剤治療は一般的に、進行したがんに対して行われることがほとんどです。



     ある医師からこんな話を聞きました。

    「一般の人ががんになった場合よりも、医師ががんになった場合のほうが、抗がん剤治療ではなく代替療法に頼る比率が高いというデータがある。これは自分の周りでもそうだと思うし、納得できることだ。なぜなら、多くの医師たちも、西洋医学だけでがんの治療が完結するとは本音ではさらさら思ってはいないからだ」


     進行したがんについて、治療の進歩が見られないのは、なぜなのか。現状の三大治療(標準治療)は最善なのか。このようなことを、医療従事者はもちろん、治療を受ける患者側もまた、あらためて考えてみるべきではないでしょうか。

    >>2以降に続く

    引用元: ・【病】なぜ多くの医師は、自身ががんになると抗がん剤を使わないのか [無断転載禁止]©2ch.net

     医師ががんになると抗がん剤を使わない理由とは の続きを読む

    このページのトップヘ