メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    抗がん剤

    抗がん剤治療

    1:
     世界で初めて開発された抗がん剤は、マスタードガスから生まれました。第一次世界大戦で使用された毒ガス、マスタードガス(イペリットとも呼ばれる)に、細胞分裂を抑える機能があることがわかりました。第二次世界大戦中には研究が進み、マスタードガスの誘導体のナイトロジェンマスタードが初めて抗がん剤として使われました。


     ナイトロジェンマスタードを改良したシクロフォスファミド(商品名:エンドキサン)は、がん細胞に対する殺傷力も高い半面、正常な細胞に与えるダメージも大きく、抗がん剤のなかでも副作用の強い薬として知られています。それにもかかわらず、現在でも代表的な抗がん剤として多くのがん患者に使われています。


     人を殺傷するために使われたものをがん治療に使用するとは、なんとも皮肉な話です。


     2015年11月、世界保健機関(WHO)は「がんの原因となる116種類の要因」を公式に発表しました。そこには、「喫煙」「紫外線」「エックス線・ガンマ線」「アスベスト」「加工肉」などが列挙されていますが、なんとシクロフォスファミドをはじめとした多くの「抗がん剤」も含まれていたのです。


     抗がん剤は、がん細胞を小さくするかもしれませんが、人体には確実に有害です。がんは「不治の病」「苦しい病気」というイメージが強いですが、抗がん剤を使うことによって、その苦しみはさらに大きいものになり得るのです。


     確かに、抗がん剤によって一命をとりとめたケースもあります。医師からは、「抗がん剤を使わなければ余命は3カ月だが、使えば1年」などと説明を受けるケースも見られます。


     しかし、抗がん剤によってがんを小さくすることだけを見ていては、本当の意味でのがんの治療にはならないのではないでしょうか。「木を見て森を見ず」という言葉に当てはめれば、がんが「木」なら身体は「森」です。森全体にも目を配る、総合的な治療が望まれます。



    ■進行したがん、再発したがんについての治療の進歩

     現在では、ステージ1のがんに関しては約90%、ステージ2でも70~80%ほどは治るといわれています。しかし、がんが進行したステージ3になると「5年生存率」は50%になり、ステージ4になると10~20%へとがくんと落ちてしまいます。ちなみに、抗がん剤治療は一般的に、進行したがんに対して行われることがほとんどです。



     ある医師からこんな話を聞きました。

    「一般の人ががんになった場合よりも、医師ががんになった場合のほうが、抗がん剤治療ではなく代替療法に頼る比率が高いというデータがある。これは自分の周りでもそうだと思うし、納得できることだ。なぜなら、多くの医師たちも、西洋医学だけでがんの治療が完結するとは本音ではさらさら思ってはいないからだ」


     進行したがんについて、治療の進歩が見られないのは、なぜなのか。現状の三大治療(標準治療)は最善なのか。このようなことを、医療従事者はもちろん、治療を受ける患者側もまた、あらためて考えてみるべきではないでしょうか。

    >>2以降に続く

    引用元: ・【病】なぜ多くの医師は、自身ががんになると抗がん剤を使わないのか [無断転載禁止]©2ch.net

     医師ががんになると抗がん剤を使わない理由とは の続きを読む

    オプジーボ3
    1:
     超高額と言われている小野薬品工業のがん免疫薬「オプジーボ」の価格を巡る議論が進んでいる。厚生労働省は5日、中央社会保険医療協議会・薬価専門部会を開き、引き下げの方法を取り上げた。「安価にして必要な患者に広く使用できるようにすべきだ」などの意見が相次いだ。こうした声を強く後押しするような事実が明らかになっていた。

    「これほど高い薬価は日本だけ。受容できるわけがない」。医師で構成する全国保険医団体連合会(保団連)の住江憲勇会長は語気を強める。

     保団連は8月、米国と英国におけるオプジーボの薬価を調べた。日本では100ミリグラム当たり約73万円であるのに対し、米国では同約30万円、英国では約14万円だった。同じ薬の値段が米国では日本の約4割、英国に至っては約2割でしかなかったのだ。
     

    保団連は調査結果を塩崎恭久厚労相に提出、薬価の再考を強く訴えた。住江会長は「海外と同程度まで薬価を引き下げるのが当然だ」と説く。


    なぜ、こうなったのか主な理由は2つある。
     ひとつはオプジーボが日本で初めて承認されたからだ。薬価を決めるときに他国の事例を参考にできなかった

    (続きはサイトで)
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO08036870V01C16A0X11000/
    no title

    引用元: ・【医療】超高額抗がん剤オプジーボ「高いのは日本だけ」  海外では日本の2割程度の薬価 [無断転載禁止]©2ch.net

     超高額抗がん剤オプジーボ「高いのは日本だけ」 。 日本での薬価はイギリスの5倍 の続きを読む

    抗がん剤

    1:
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS05H3A_V01C16A0EE8000/

    厚生労働省は超高額の抗がん剤オプジーボの価格を2017年度に臨時で引き下げる。5日開いた中央社会保険医療協議会(中医協)で大筋合意した。オプジーボは1年間使うと、1人あたり約3500万円かかる。最大で25%引き下げる方向だ。18年度には超高額薬の価格を見直しやすい制度を導入し、公的医療保険財政の膨張を抑える。


     厚労省が想定以上に売れた高額薬の価格を引き下げる既存の仕組みをオプジーボに適用すると提案した。中医協の委員から目立った反対意見はなく、今後は引き下げ率を議論する。薬価見直しは原則2年に1回。次は18年度の予定で、臨時改定は異例だ。オプジーボは14年に悪性黒色腫(メラノーマ)の治療薬として初めて保険を適用。推定患者数が470人と少なく、高額な薬価を設定した。

    (以下略)

    引用元: ・【医療】超高額抗がん剤のオプジーボ、最大25%下げへ [無断転載禁止]©2ch.net

     超高額な抗がん剤 オプジーボ、最大25%下げへ。でも、まだまだ高いけどな! の続きを読む

    直腸がん

    1: 2016/08/27(土) 09:04:58.08 ID:CAP_USER9
    国立がん研究センターなどの研究チームは26日、大腸がんの再発を防ぐ可能性がある新たな物質を開発したと発表した。従来の抗がん剤が効きにくく、再発や転移をしやすい「がん幹細胞」を抑える効果があり、新たな抗がん剤として実用化をめざすという。

    大腸がんは国内では年約13万人が発症、部位別で最も多くなった。患者の9割は、細胞の増殖などを制御する「Wnt(ウィント)シグナル」と呼ばれる細胞内の命令系統に異常が生じて、がん細胞やその元になるがん幹細胞の増殖・発生が引き起こされるという。

    同センター研究所の山田哲司(てっし)・創薬臨床研究分野長らは、このシグナル異常に強く関与している酵素を発見。この酵素の働きを妨げることで、がん細胞の増殖を抑える新たな物質をつくった。

    http://www.asahi.com/articles/ASJ8V3VSLJ8VULBJ003.html

    引用元: ・【医療】大腸がん再発防ぐ?新物質を開発 国立がんセンターなど ©2ch.net

     大腸がん再発防げるかも?!国立がんセンターなどの研究チームが新物質を開発 の続きを読む

    1: 2016/09/15(木) 23:27:26.99 ID:7UdQuYyh0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    乳がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が15日、ブログを更新。抗がん剤治療でタキソールを投与していること、副作用で「指先の痺れが強くなってきた」ことを明かした。

    15日夜に更新したブログで、「今は、抗がん剤のタキソールの投与を続けてきましたが、副作用で指先の痺れが強くなってきました」と包み隠さず報告。

    「温かいお湯にビー玉でコロコロマッサージすると症状が良くなると聞き、試してみました!」と明かし、「その瞬間は和らぎますが、すぐに痺れが戻ってしまいました」と副作用である指先の痺れを取り去るまでには至らなかったことを伝えた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000099-dal-ent
    no title


    ブログ
    私の大事なカツラです。
    http://ameblo.jp/maokobayashi0721/

    引用元: ・小林麻央 抗がん剤副作用で「指先の痺れ強く」 [無断転載禁止]©2ch.net

     小林麻央 抗がん剤 タキソールの副作用で「指先の痺れ強く」 の続きを読む

    このページのトップヘ