メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    性感染症

    1:
    ゴムを使う100の方法 女子のための the 100 ANSWERS」(A4判2ページ)。宝塚大看護学部の日高庸晴(やすはる)教授(社会疫学)が代表の研究班が、厚労省のエイズ対策研究事業の一環で作った。20~30代の女性に対し、避妊具をつけてほしいことが男性にうまく伝わった体験談をインターネットで募集。373人の回答をもとに、「つけなきゃ無理!」などはっきり断る文言や「寝たふりをする」といった100の伝え方を挙げた。


     作成の中心となった新潟大医歯学総合病院感染管理部の古谷野(こやの)淳子・特任助教(臨床心理学)は、相手がHIVなどの性感染症の予防をしようとしない場合、求めるのは勇気がいるとみる。「予防の知識を教わっていても、いざとなると行動を起こせない人もいる」。大人になるまで性に関することを教わる場面は少なく、友人とも話しづらい。リーフレットを見て、「これなら自分も使えそう」と思ってくれたら、と古谷野さんは願う。


    続きはWebでお願いします。
    2017年5月31日11時46分 朝日新聞
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK5M6HGLK5MPTIL02J.html?iref=sp_new_news_list_n

    no title

    no title

    引用元: ・【社会】「ゴムを使う100の方法」 HIV予防へ女性向け冊子「つけなきゃ無理!」や「寝たフリ」がオススメ…厚生労働省 [無断転載禁止]©2ch.net

     「ゴムを使う100の方法」 HIV予防へ女性向け冊子「つけなきゃ無理!」や「寝たフリ」がオススメ - 厚生労働省 の続きを読む

    1:
    今、生活スタイルの変化から乳がん、子宮頚がん、卵巣腫瘍など女性特有の病気になる人が増えている。最近は20代から30代の若い世代にも増えているこの病気を、早期発見するにはどうすればいいのだろうか。


    また、がんになった場合はどのように対処するべきなのだろうか。SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』では、女の病気と闘う人々をテーマに当事者たちが赤裸々に語った。


    http://i.imgur.com/1Bo7bNy.jpg

    34歳のときに子宮頚がん一歩手前の高度異形成と診断され、闘病をしていた松永友里香さんは、もともと生理不順も生理痛もなく順調だったという。しかし、あるとき、生理が終わっていたにも関わらず、夜中にトイレに行くと不正出血があった。


    「本当にパールひと粒くらいの出血で、トイレットペーパーにもつかなかった。不正出血はその1回だけ。
    それでも妹に相談したら病院に行ったほうがいいよって言われて、病院に行ったら(病気の)疑いがあると言われた」と当時を振り返り、些細な身体の変化に気付き、早期発見ができたと話した。



    no title

    子宮頚がんの発症原因はヒトパピローマウイルス(HPV)であり、性体験のある女性の8割はこのウイルスに感染すると言われている。しかし、新宿ミネルバクリニック院長の仲田洋美さんによると「普通は感染しても自然に排除される」とのこと。


    松永さんは「性交渉をしたことのある女性のほとんどはHPVを持っているけど、本来であれば免疫で普通の細胞に戻る」と説明したうえで、「男性経験が多いと“なる”と言われることがあるけど、どう考えてもそんなことないよなって思って」とコメント。


    HPVを発症するのは、性交渉から10年ほど経った後だという。たった1回しか性交渉をしていなくても感染することがあり、HPVは男性から女性に感染する。現在の日本ではワクチンは女性にばかり打たれているが、海外では「男性にもワクチンを打とう」という取り組みが行われている。

    https://abematimes.com/posts/2438705

    引用元: ・【医療】子宮頚がんの原因「HPV」 性交渉1回でも感染、発症は10年後 [無断転載禁止]©2ch.net

     子宮頚がんの原因「HPV」 性交渉1回でも感染、発症は10年後 の続きを読む

    1:
    増える梅毒に危機感

    角田徹・都医副会長は、若年層を中心に梅毒が急速に増えている現状を報告した。2016年は日本全体で4518人の患者が報告され、うち東京都は3分の1に当たる1673人。2015、2016年では、結核を除くと最も感染症で報告が多くなっている。


    全体では男性患者が多いが、20代から30代前半の若い女性が増えているとし、「若い女性が増えると先天梅毒が増える」と危機感を示した。角田氏は増加の背景は分かっていないとしつつ、「外国人観光客によるコマーシャルセックスワーカーの利用が増えていることも要因と考えられる」と指摘している。


    都医としては東京都と連携して医療機関に梅毒に特化した講習会を開催しているほか、一般向けの啓発にも力を入れるとした

    https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/529813/

    引用元: ・日本列島に激震、感染症ランキングで梅毒が1位の快挙!!! ほぼデリヘルが原因 [無断転載禁止]©2ch.net

     日本列島に激震、感染症ランキングで梅毒が1位の快挙!!! ほぼデリヘルが原因 の続きを読む

    1:
    ■質問内容

    性欲を満たすための風俗店にいったことがありますか?


    ■調査結果

    1位 64.4% : いいえ

    2位 35.6% : はい


    ■「いいえ」と答えた男性は64.4%

    64.4%の男性が「いいえ」と答えました。
    理由は以下の通りです。

    ・お金がかかるから(20代男性)
    ・もったいないので(20代男性)
    ・高いし怖いから(20代男性)
    ・病気やぼったくり、自分の評判が心配なのでいかない(20代男性)
    ・金銭的な余裕が無い。風俗店が社会的に好評価されているサービスでないため(30代男性)
    ・風俗店が近くになく、行く機会もなかったので(30代男性)
    ・興味がない(30代男性)
    ・行きたいのだが、不思議な話、これまで会社でこの手が得意な人との出会いがなかった(40代男性)
    ・行かなくても彼女がいるので(40代男性)

    と意見がありました。

    https://yoshi-toku.jp/article/view/1230

    引用元: ・性欲を満たすための風俗店にいったことがありますか?  64.4% いいえ [無断転載禁止]©2ch.net

     性欲を満たすための風俗店にいったことがありますか?  6割以上が「いいえ」と回答 の続きを読む

    梅毒

    1:
     性感染症の「梅毒」の患者の数が今年に入ってからすでに1000人を超え、1999年以降、最も速いペースで感染が広がっていることがわかりました。 「梅毒」は「梅毒トレポネーマ」という細菌に主に性的接触によって感染し、「しこり」や「ただれ」などの症状が出るほか、妊婦の場合、流産や死産のおそれがあります。

     
     国立感染症研究所によりますと、先月26日までに報告された今年はじめからの患者の数は1013人にのぼり、いまの届出方式になった1999年以降で最多だった去年の同じ時期の1.3倍と、過去最も速いペースで患者が増えています。都道府県別では東京が323人と最も多く、次いで、大阪が147人、神奈川が61人でした。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3020771.html

    引用元: ・【社会】梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大©2ch.net

     梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大中 の続きを読む

    このページのトップヘ