メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    形成外科

    1:
    愛知県警中村署は28日、名古屋市中村区の「東海美容外科クリニック」で27日午後、豊胸手術を受けていた同市千種区の女性会社員(32)が意識不明になり、搬送先の病院で死亡したと明らかにした。手術に問題がなかったか、クリニック側から事情を聴いている。


     中村署によると、男性医師と看護師の2人が27日午後7時半ごろからクリニックで女性の手術を開始。途中で意識を失ったため病院に運ばれたが、約1時間後の同10時25分ごろ死亡した。女性がこのクリニックで手術を受けるのは初めてだったという。同署は司法解剖して死因を調べる方針。


     名古屋市によると、2016年1月に開設され、これまでに行政指導などの処分は受けていないという。東海美容外科クリニックは「担当者がいないのでコメントできない」としている。


     国民生活センターによると、美容整形についての相談は15年度に2090件寄せられ、13年度以降3年連続で2000件を上回った。痛みが激しいなど後遺症があるという訴えのほか、料金トラブルも起きているが、美容整形手術に詳しいある医師は取材に「死亡に至るまでのケースは珍しい」と話した

    http://www.nikkansports.com/general/news/1785357.html

    引用元: ・豊胸手術中の32歳女性、術中に意識不明になり搬送先の病院で死亡 [無断転載禁止]©2ch.net

     豊胸手術中の32歳女性、術中に意識不明になり搬送先の病院で死亡 - 名古屋市 東海美容外科クリニック の続きを読む

    バービー人形

    1:
    女性器を理想の形にしたいと、美容整形手術を受ける女性が急増している。これには形成外科医らも驚いており、その倫理と効果をめぐって医療専門家らの間で意見が分かれている。国際美容外科学会(ISAPS)のまとめによると、2015年に「ラビアプラスティー」と呼ばれるこの陰唇形成手術を受けた女性の数は世界中で9万5000人以上に上ったという。


     ラビアプラスティーは大半の場合、膣口の脇にある小陰唇の縮小手術を意味する。


     2015年に行われた美容整形手術の症例数を多い順に並べると、ラビアプラスティーは19位だった。ちなみに22位は「膣の若返り」(主に膣管の狭小化)で、5万件余り行われた。米国美容形成外科学会(ASAPS)によると、米国では同年に9000件近く実施されており、前年比で16%増だったという。それ以前は統計さえなく、ここ数年で爆発的に増えている様子がうかがえる。


     ASAPSの理事を務める、米ニューヨーク(New York)の形成外科医ノーラン・カープ(Nolan Karp)氏はAFPに対し、「女性はいっそう生殖器の見た目を気にするようになってきている」と語った。

     なぜか? インターネットのせいだ。

    「インターネット以前、女性は一生のうち何人の女性の裸を見ていただろうか?」とカープ氏。今日の人々は、「何がかわいらしくて、何が普通で、どれが見栄えが良くて、どれが見栄えが悪いかを認識している」と指摘した。しかし男性や女性が目にしているものの大半は、世に存在する女性器の形や大きさを全て反映しているわけでは決してない。



    ■理想は「バービー」

     カナダ産科婦人科学会(SOGC)のドロシー・ショー(Dorothy Shaw)元会長は、「標準形」が求められていることについて、「大いに憂慮している」と述べた。理想とされる外陰部は、少女のそれに似ている。ショー氏は「陰毛がなく非常につるりとしており、割れ目らしきものが見えるだけ」と説明し、実際には「大多数が少女のように見えるというわけではない。大多数がそうは見えないのだ」と強調した。
     

     突出している小陰唇が擦れて不快感に悩まされる女性がいるのは事実だが、それを手術の口実にする人が多いと、専門家らは見ている。


     婦人科医で形成外科医のニコラ・ベレニ(Nicolas Berreni)氏は、フランスのパリ(Paris)で開催された世界規模の美容学会「IMCAS」に出席した際AFPに対し、「われわれの理解では、痛みの緩和を理由に陰唇形成手術を希望する約4割の症例で…女性はうそをついている」と明かした。「彼女たちが本当に欲しいのは『バービー(Berbie)』の見た目。バービー人形の小陰唇は見えない」



    ■術後の慢性痛も

     単に個人の好みの問題では済まない。健康リスクも伴う。ショー氏は既に定年退職しているが、ラビアプラスティーやその他の美容整形手術を受けた後に「外陰部が慢性的に痛むという女性を診ている同僚もいる」としている。 ショー氏はとりわけ、10代の少女らが身体発育が完了する前にラビアプラスティーを受けることに警鐘を鳴らしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000027-jij_afp-int

    引用元: ・【医療】「バービー」になりたい…女性器の整形急増、専門家から警鐘も©2ch.net

     「バービー」になりたい…女性器の整形急増、専門家から警鐘も の続きを読む

    このページのトップヘ