メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    市川海老蔵

    1:
    サンケイスポーツ 5/9(火) 14:43配信

     乳がんの闘病中で4月22日から再入院しているフリーアナウンサー、小林麻央(34)が9日、ブログを更新。病院での食事を「三分粥」に変更し、食べることができたとつづった。最近のブログで野菜ペーストにスープを注いだものや、栄養ゼリーなどが食事となっていることを明かしていた麻央。姉であるフリーアナ、小林麻耶(37)の友人から「病食も三分粥なら、食べられたから、先生に相談して試してみて!」とアドバイスをもらったという。


     「早速昨日、看護師さんに相談してみました。そして今日 常食から三分粥に変更して頂きました」 とすぐに試みたという。「すごく有難い情報を頂き感謝です。知らなければ 今日も何も食べられませんでした で終わってしまっていた病食が、本当に天と地の差です」と、久々の食事への喜びをつづった。


     「人参と魚の出汁のペースト 重湯にスープを混ぜて柔らかく鶏と野菜を煮たもの少しずつ食べられました」とし、「まだ知らないけれどできる工夫は残されている あきらめたり、現状に甘んじているのはもったいないと学びました」と前向きな言葉も。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000530-sanspo-ent

    引用元: ・【芸能】小林麻央、三分粥に変更し「病食が本当に天と地の差です」 [無断転載禁止]©2ch.net

     小林麻央、三分粥に変更し「病食が本当に天と地の差です」 の続きを読む

    1:
    乳がんの闘病中で4月22日から再入院しているフリーアナウンサー、小林麻央(34)が6日、ブログを更新。5日夜に発熱したことを明かした。39・6℃を示す体温計の写真をアップし「昨夜は、急に発熱したので、今夜は、このまま安定して寝られますように」と祈った。


     また「笑顔を忘れないように笑顔で写真を撮りました」と笑顔を浮かべる写真も掲載。「今日も野菜ペーストに野菜スープを注いで頂きました。今、食事として摂れる唯一のものです」とつづったうえで、他は、栄養が摂れるゼリー、プロテインをなるべく口にするよう心がけています。食べられる量は少なくても、食べるスイッチを完全オフにしないことが大切だと分かったので、回復するまで粘って、粘ります」と懸命な努力を続けている。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170506-00000575-sanspo-ent

    引用元: ・【謎の高熱】小林麻央、急な発熱で39・6℃に 「今夜は、このまま安定して寝られますように」 [無断転載禁止]©2ch.net

     小林麻央、急な発熱で39・6℃に 「今夜は、このまま安定して寝られますように」 の続きを読む

    1:
     がん闘病中で再入院しているフリーアナウンサー・小林麻央(34)が5日、ブログを更新。現在、「食事がとれなくなっている」ことを明かした。ペースト状のものや、汁物は口に入れることができるようで、姉・小林麻耶の友人が作ってくれた愛情の詰まった“栄養食”に感謝した。


     この日は長女・麗禾ちゃん(5)、長男・勸玄君(4)が病院に面会に訪れ「約2週間ぶりに子供たちに会いました」と子供たちと久しぶりに会うことができたことをブログで報告。「短い時間でしたが、子供の日に、子供たちから笑顔をもらいました」「幸せでした」とつづった。


     また、「食事がとれなくなっている」麻央のために、麻耶の友人が、自身の闘病体験をもとに学んだ味噌汁の上澄みや野菜ペーストを作ってくれ、それを完食することができたという。麻央は「本当に有難いです。栄養が濃厚に詰まっているのがすごくよく分かりました。愛情も」と感謝の思いをつづった。


     麻央は4月22日に入院。その後、痛み止めの量を増やし、点滴や輸血などの治療を受けていることを明かしていたが、「痛みどめ薬で、鈍くなっている感覚もありますが、一方で、研ぎ澄まされる感覚もあるのかもしれないです。頑張ったりしなくても、身体は自然に頑張っています。あれこれ考えてしまう心で負けないように」と自らに言い聞かせるようにつづっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-00000136-dal-ent

    引用元: ・【芸能】小林麻央 食事とれず、痛み止めで感覚鈍るも「心で負けないように」©2ch.net

     【画像】小林麻央さん 食事とれず、痛み止めで感覚鈍るも「心で負けないように」 いよいよヤバそうな予感 の続きを読む

    1:
    《一昨日、昨日と輸血、点滴をして頂き、また、痛みどめの量を増やし、息苦しさが軽減しました。輸血をさせて頂けることに、感謝です》

     4月24日、小林麻央(34才)は病院からブログを更新した。1月末、子供たちからの「ママ、帰ってきてくれてありがとう」という言葉とともに都内の大学病院から退院し、自宅療養していた麻央だったが、4月22日に再入院した。娘の麗禾ちゃん(5才)とともに夫の市川海老蔵(39才)への手紙を書いたり、息子・勸玄くん(4才)の誕生日にケーキを作ったり、穏やかな日々が続いていたが、4月中旬に体調が急転。19日のブログにはこう綴られた。


    《息苦しさと 変な発汗と 痛みと。10日前まで普通に歩けたのに、10歩歩くのもやっとになってしまうのだから》
    《夜、母に背中をさすってもらって 一緒に泣きました。》

     地方公演で家族のもとを離れている海老蔵は心配でたまらない様子だ。同日、自身のブログで《何回かかけるも繋がらずなにかあせる私、 家に電話をしてお母様と話すとホッとする》と、娘からの電話に折り返しても繋がらなかった時の不安を明かしている。市川家の知人が言う。


    「1月末に退院して以降の治療方針は、がんそのものをなくすことよりも、痛みを緩和して普通の生活を送れるようにするということ。それでも最近、痛みのコントロールも難しくなっているようで、再入院となったようです」


     誰よりも強く麻央の回復を願っているのは海老蔵だ。昨年10月、《おれがたすける》とブログに綴った海老蔵は《奇跡を起こすためには、何が奇跡なのかを徹底的に調べ上げなくては》と、具体的な治療法を探し続けていた。選択肢の1つにあったのが、渡米して治療を受けることだった。


    「体温をコントロールして免疫力を上げるという手法でがん治療に取り組んでいる日本人医師が米ニューヨークでクリニックを開設しています。ハリウッドスターの相談にも乗るというゴッドハンドで、海老蔵さんは麻央さんのことを何度も相談しているそうです。アメリカ国内と日本を飛び回っているその先生に麻央さんも会っていて、麻央さんはブログに《素晴らしい先生との出会いに心を動かされました》と書いていました」(医療関係者)



     アメリカではがん治療の研究が進んでいて、日本ではまだ受けることができない最先端治療も受けられる。医療経済ジャーナリストの室井一辰さんが解説する。

    「がん細胞を攻撃する“キラーT細胞”を血中から取り出す『CARTカート治療』をはじめとして最新治療の研究が進んでいます。ただ、CART治療には1回5000万円かかるといわれています」


     アメリカでは、医療費は各個人が加入する民間保険で賄う仕組み。2016年に保険会社が負担したステージ4のがん患者の1人当たりの年間保険料は、平均18万2655ドル(約2000万円)。一般に、日本人はこうした民間保険に入っていないため、同等の額を全額自己負担で支払わなければならない。前出の日本人医師の元で治療するにも数千万円の費用がかかるという。


    「さらに日本人の場合、滞在費は仮に6か月として、飛行機とホテル代だけでも300万~500万円。コーディネーター料は相場が曖昧で言い値になってしまうため、かなりの額が提示されてしまいます」(前出・室井さん)よほどの資産家でなければアメリカでの治療のハードルはかなり高い。歌舞伎関係者によれば、今、海老蔵は奔走しているという。


    「海老蔵さんはその家柄から、歌舞伎座では主役以外を演じることが難しいため、頻繁に舞台に立つことができません。だから、自主公演で稼ぐしかない。とはいっても、スーパー歌舞伎では2億円かかったとされる衣装代や、劇場主への心付け、一門の役者への祝儀と、お金は膨大にかかります。それらのやりくりをしつつ、治療費を捻出するのは、並大抵のことではありません」(歌舞伎関係者)


     母が退院し、家族団らんの日々が一刻も早く戻って来ることが待たれる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12995125/

    引用元: ・【芸能】海老蔵 麻央の渡米治療を模索し涙の奔走 [無断転載禁止]©2ch.net

     市川海老蔵 末期がんに苦しむ小林麻央の渡米治療を模索し涙の奔走 の続きを読む

    1:
     再入院し、がん治療中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が29日夜、ブログを更新し、これまで39度を超す高熱が出ていたが、この日、36度台に下がったことを報告した。麻央は体調が悪化し、今月22日に再入院。輸血、点滴をし、痛み止めを増量するなどの治療を受けている。


     この日、「熱」のタイトルで更新したブログでは、「39度台の熱が毎日出ていたのが一昨日あたりから38度台のみになり、今日は37度台に安定していました」とこれまで、高熱が続いていたことを明かした。そして、この日の最後の検温で36.7に下がっていたことを報告。「熱も、クリア!かな。ひとつずつ クリア!していこう。」と前向きにブログを締めくくっていた。


     麻央の入院は当初の予定より長くなっているようで、28日のブログでは「今回、主治医の先生と予定していた退院日があったのですが、『この日に、ママは帰ってくるからね』という子供たちとの約束を守れませんでした」とつづっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00000156-dal-ent

    引用元: ・【芸能】小林麻央 39度超える高熱続いていた…36度台に下がったと報告©2ch.net

     39度超える高熱が続いていた小林麻央さん、ようやく29日に36度台まで下がったと報告 の続きを読む

    このページのトップヘ