メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    小林麻央

    1:
    体験者たちが語る無念の実例
    週刊現代
    講談社
    毎週月曜日発売

    「検査はしなくてもいいですか?」と問うと、「大丈夫です」と答える医師。しかし、がんは確実に患者の体を蝕んでいた――。そんな、悔やんでも悔やみきれない「がんの見落とし」を、経験者たちが振り返る。
    「心配いらないですよ」


    乳がんで亡くなった小林麻央さんは、生前、ブログにこんな言葉を残している。〈私も後悔していること、あります(中略)あのとき、/もうひとつ病院に行けばよかった/あのとき、/信じなければよかった〉('16年9月4日付)


    その言葉からは、病院や治療の選び方についての後悔が滲む。とりわけ彼女は、がん告知までの医師、病院の選択を深く悔いていた。なぜなら、その過程で医師が、がんを見落とした可能性があるからだ。


    麻央さんが初めてがんを意識したのは、'14年2月。夫の市川海老蔵と人間ドックを受け、医師にこう告げられた。「左乳房に腫瘤があります。これはしっかり検査して診てもらったほうがいいので、なるべく早く病院へ行ってください」 麻央さんが「がんの可能性もあるということですか」と尋ねると、「五分五分です」


    この段階で、がんのリスクはハッキリと麻央さんに提示されていた。しかしその直後、麻央さんは都内の虎の門病院で、マンモグラフィ検査などを受け、がんを疑う状況ではないと告げられる。麻央さんは重ねて、細胞を直接採取して調べる「生検」の必要はないかと確認したが、医師は、「必要ないでしょう。心配いらないですよ。半年後くらいに、念のためまた診てみましょう」と答えた。


    麻央さんはホッと息をついた。

    ところが検査から8ヵ月経った同年10月、麻央さんは左乳房にパチンコ玉のようなしこりに気づき、不安を胸に、再診を受ける。しこりについて虎の門病院の医師に報告し、触診を受けた。だがこの段階でも医師は、「大丈夫だと思います」と判断していたという。


    しかし、エコー検査をすると医師の表情が曇る。腋にもしこりがあると分かり、ようやく生検を受けることになった。そして、検査から約10日後の10月21日、がんが告知された――。「麻央さんの担当医は、かなり迂闊だったと思います」と指摘するのは、乳がんを専門とし、数千の手術を行ってきたベテラン医師である。


    「検査の段階でつまずいていた可能性が高い。当初、担当医はマンモグラフィを使ったようですが、授乳中はマンモグラフィが映りづらい。様々な可能性を考えて、生検も行うべきだったと思います。もちろん乳がんは診断が難しいですが、麻央さんの例に限らず、医師が独りよがりに診断を下してしまい、『これで診察は終わり』と打ち切ってしまうケースは見受けられます。大抵は経験が浅かったり、過去の失敗の反省がない医師ですね」

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52231

    引用元: ・【話題】「あのとき信じなければ」小林麻央さんも後悔 がんを見落とす医者 [無断転載禁止]©2ch.net

     「あのとき信じなければ」小林麻央さんも後悔 がんを見落とす医者 の続きを読む

    1:
    標準治療を遅らせた? 海老蔵“スピリチュアル信仰”の是非
    2017.07.01
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/208528

     小林麻央さん(享年34)の逝去から、はや1週間、海老蔵一家はもとより、日本国民全員が悲嘆にくれている状況だが、今週発売の「週刊新潮」がある疑問を呈している。


     麻央さんは14年2月に人間ドックを受診。左乳房にしこりが見つかり、要再検査で都内の病院を受診したところ、白黒はっきりつかないため、3カ月後に再受診するよう促されたという。その8カ月後に再検査に訪れ、がんが見つかり、脇のリンパ節にも転移していることが明らかに。医師からは抗がん剤治療などの標準治療を提示されたが、これを断り、気功治療を行っていたというのだ。


     がんが見つかった段階で標準治療を行っていれば一般的には5年生存率で90%といわれているのだが、がん治療に訪れたのは発見から1年4カ月後。もうリンパが瘤のように腫れ上がり、乳房から膿が出るほどになっていたという。




    医師の米山公啓氏がこう言う。

    「代替医療に頼る前に、医師を訪ねセカンド、サードオピニオンに回るべき。医師の意見をたくさん聞くことで治療法を考えれば、もう少し考え方も変わったかもしれません。患者さんの年齢に関係なく、腫瘍はとにかくより早く取り除くことが生存率を高めます」


    ★1が立った日  2017/07/01(土) 09:52:06.97

    ※前スレ
    【芸能】標準治療を遅らせた? 海老蔵“スピリチュアル信仰”の是非
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1498870326/

    引用元: ・【芸能】標準治療を遅らせた? 海老蔵“スピリチュアル信仰”の是非 ★ 2 [無断転載禁止]©2ch.net

     小林麻央さんの標準治療を遅らせたのは、市川海老蔵さんの“スピリチュアル信仰”のせい?! の続きを読む

    1:
     歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻で、進行性の乳がんと闘病中だったフリーアナウンサー、小林麻央さんが22日夜に東京都内の自宅で死去したことが23日、分かった。34歳だった。麻央さんは昨年9月1日、「力強く人生を歩んだ女性でありたい」と、公式ブログ「KOKORO.」を新設し、闘病生活を赤裸々に明かした。


     投稿された記事の数は実に352回。苦痛を訴えるようなものはなく、回復を願い、生きている喜びをつづる前向きなものばかりで、多くの人々の共感を呼んだ。最後の更新は今月20日午前6時15分で、題は「オレンジジュース」。鼻にチューブを入れながらも笑顔の写真を添え、「皆様にも、今日 笑顔になれることがありますように」と結ぶなど最後まで愛にあふれていた。


     麻央さんのブログは、がんと闘う人々に勇気を与え、昨年11月には英公共放送BBCが選ぶ世界の人々に感動や影響を与えた「今年の100人の女性」の1人に日本人として初めて選出された。ブログ読者の1人だった教育評論家、尾木直樹氏(70)は「今を懸命に生き抜こうという力強さ、周囲への感謝の気持ちが伝わり、麻央さんが輝いてみえた」と振り返り、「彼女の生き方をそれぞれが自分の中に引き継ぐことが大切では。バトンを受けたランナーのように」と訴える。


     250万人以上の読者に希望を届けた同ブログは、今後、書籍化される可能性もありそうだ。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-00000000-sanspo-ent

    引用元: ・【映画化も?】小林麻央さんのブログ書籍化検討、がんと闘う人々に勇気と希望届けたい [無断転載禁止]©2ch.net

     小林麻央さんのブログ書籍化検討、がんと闘う人々に勇気と希望届けたい の続きを読む

    1:
    歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(こばやし・まお)さんが22日夜、都内の自宅で死去した。34歳。東京都出身。人気キャスターから梨園の妻へ転身し、成田屋を支えていた14年10月、乳がんの告知を受けて闘病中だった。21日に容態が急変したという。


    海老蔵は23日午後、公演先の東京・渋谷のシアターコクーンで会見を行う。


    海老蔵はこの日朝、ブログを更新。「人生で一番泣いた日です」「お察しください」「なるべくいつも通りに過ごします」などとつづった。麻央さんは08年12月にキャスターを務めていた日本テレビ「NEWS ZERO」のインタビューで海老蔵と出会い、10年3月に結婚。11年7月に長女麗禾(れいか)ちゃん(5)、13年3月に長男の勸玄(かんげん)くん(4)を出産。


    幸せな生活を送っていると思われた中、16年6月に海老蔵が会見し、麻央さんが乳がん闘病中であることを発表していた。麻央さんは同9月1日にブログを新設し、闘病の様子や心情、家族への思いをつづり、多くの人々の共感を呼んでいた。


    配信 2017年6月23日 11:04
    スポニチアネックス
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/23/kiji/20170623s00041000062000c.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000089-spnannex-ent

    関連スレ
    【記者会見】市川海老蔵 14時30分から記者会見 ブログには「人生で一番泣いた日です」★2 
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1498184378/

    ★1が立った時間 2017/06/23(金) 11:12:04.20
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1498188956/

    引用元: ・【訃報】小林麻央さん死去 34歳 22日夜自宅で 闘病中にブログ続けるも力尽く★5 [無断転載禁止]©2ch.net

     【訃報】小林麻央さん死去 34歳 22日夜自宅で 最後の言葉は「愛してるよ」 の続きを読む

    1:
     乳がん闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央が11日、自身のブログを更新し、前日10日は「痛みで七転八倒していました」と明かした。 現在、在宅医療で自宅に戻っている麻央は、「おはようございます。皆様、たくさんのメッーセージをありがとうございました。昨日は、更新したかったのですが、一日、痛みで七転八倒していました」と10日にブログを更新できなかった理由を告白。


     痛みについては、「夕方最終的に、在宅医療の先生に相談し、忘れていた座薬を試したら、ようやく落ちつくことができました。もう少し早く甘えてお電話をすればよかったです。眠る前も、予防で、座薬を使い、今朝は、ほんの少しの痛みで起き上がることができました!!」とつづった。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/11/0010273379.shtml

    引用元: ・【芸能】小林麻央、「痛みで七転八倒」 座薬で落ち着く©2ch.net

     小林麻央さん、あまりの痛みで1日中、七転八倒。 座薬でどうにか落ち着く の続きを読む

    このページのトップヘ