じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    子宮頸がんワクチン

    1:
    子宮頸がん、ウイルス感染リスク、導入前水準に ワクチン接種勧奨中止から4年
    2017.6.11 02:00
    http://www.sankei.com/life/news/170610/lif1706100031-n1.html

     子宮頸(けい)がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防するワクチンの積極的勧奨が中止されて4年がたち、接種者が大幅に減ったことにより、国内の女性の20歳時点でのHPV感染リスクがワクチン導入前と同程度に高まるとする予測を大阪大の上田豊助教(産婦人科)がまとめたことが10日、分かった。同ワクチンをめぐっては、体のしびれや痛みといった接種後の副反応が報告されたとして、積極的な接種勧奨が中止されている。


     HPVは主に性交によって感染し、女性の多くが一度は感染するとされる。多くは自然に治り、ウイルスは排除されるが、まれに感染が長く続き、がんの前段階を経て子宮頸がんになることがある。上田助教は、ワクチンの公費助成開始時に助成の対象年齢を超えていた平成5年度生まれの女性の20歳時点での2種類のウイルス型の感染リスク(感染者の割合)を1と設定。公費助成が始まった際に助成対象の16歳だった6年度生まれ以降の感染リスクをワクチン接種率から計算した。すると、約7割の人がワクチンを接種したことで、20歳時点での感染リスクは約3分の1にまで減った。

    以下はソース元で

    引用元: ・【予防ワクチン】子宮頸がん、ウイルス感染リスク、導入前水準に ワクチン接種勧奨中止から4年©2ch.net

     子宮頸がんのウイルス感染リスクがワクチン導入前水準に。 ワクチン接種勧奨中止から4年 の続きを読む

    1:
    今、生活スタイルの変化から乳がん、子宮頚がん、卵巣腫瘍など女性特有の病気になる人が増えている。最近は20代から30代の若い世代にも増えているこの病気を、早期発見するにはどうすればいいのだろうか。


    また、がんになった場合はどのように対処するべきなのだろうか。SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』では、女の病気と闘う人々をテーマに当事者たちが赤裸々に語った。


    http://i.imgur.com/1Bo7bNy.jpg

    34歳のときに子宮頚がん一歩手前の高度異形成と診断され、闘病をしていた松永友里香さんは、もともと生理不順も生理痛もなく順調だったという。しかし、あるとき、生理が終わっていたにも関わらず、夜中にトイレに行くと不正出血があった。


    「本当にパールひと粒くらいの出血で、トイレットペーパーにもつかなかった。不正出血はその1回だけ。
    それでも妹に相談したら病院に行ったほうがいいよって言われて、病院に行ったら(病気の)疑いがあると言われた」と当時を振り返り、些細な身体の変化に気付き、早期発見ができたと話した。



    no title

    子宮頚がんの発症原因はヒトパピローマウイルス(HPV)であり、性体験のある女性の8割はこのウイルスに感染すると言われている。しかし、新宿ミネルバクリニック院長の仲田洋美さんによると「普通は感染しても自然に排除される」とのこと。


    松永さんは「性交渉をしたことのある女性のほとんどはHPVを持っているけど、本来であれば免疫で普通の細胞に戻る」と説明したうえで、「男性経験が多いと“なる”と言われることがあるけど、どう考えてもそんなことないよなって思って」とコメント。


    HPVを発症するのは、性交渉から10年ほど経った後だという。たった1回しか性交渉をしていなくても感染することがあり、HPVは男性から女性に感染する。現在の日本ではワクチンは女性にばかり打たれているが、海外では「男性にもワクチンを打とう」という取り組みが行われている。

    https://abematimes.com/posts/2438705

    引用元: ・【医療】子宮頚がんの原因「HPV」 性交渉1回でも感染、発症は10年後 [無断転載禁止]©2ch.net

     子宮頚がんの原因「HPV」 性交渉1回でも感染、発症は10年後 の続きを読む

    1:
    厚生労働省研究班は10日、子宮頸(けい)がんワクチンを接種した後、10万人に15.6人の割合で、全身の痛みや起立障害など10以上の症状が出たとの推計を公表した。接種しない女性で10以上の症状がある人は同5.3人だった。厚労省は「推計から接種との因果関係は明らかにできない」としている。研究班は推計を有識者検討部会に同日報告。積極的勧奨を再開するかどうかの判断材料の一つになる。


    研究班は2015年7~12月、全国の病院を対象に子宮頸がんワクチン接種後の女性が訴える症状が出たケースの有無を調べた。昨年12月には第1弾の調査結果として、未接種者でも接種者と同様の症状があると報告していた。


    今回はさらに分析を進め、症状の数ごとに人口10万人当たりの患者数を推計した。症状が1つ以上は、接種者が同27.8人で未接種者は同20.4人。症状の数がいくつの場合でも接種者の方が未接種者より頻度が高かった。一方で、症状が10以上ある未接種者も一定数いると報告した。


    研究班は同ワクチンの接種から1カ月以内、3カ月以内、半年以内、1年以内の期間別の発症頻度も分析。全体は同27.8人だが、1年以内に発症した女性に絞ると、同17.5人になるとし、未接種者の同20.4人を下回った。

    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDG10HBP_Q7A410C1CR8000/

    引用元: ・【社会】子宮頸がんワクチン、接種者10万人中15.6人で“全身の痛み”や“起立障害”などの症状/厚生省公表 [無断転載禁止]©2ch.net

     子宮頸がんワクチン、接種者10万人中15.6人で“全身の痛み”や“起立障害”などの症状 - 厚生省 の続きを読む

    1:
     中学生の時に子宮頸(けい)がんワクチンの接種を受けた後、全身の痛みなどを発症した千葉県白井市の園田絵里菜さんが今月、20歳の誕生日を迎えた。痛みと闘いながら社会とのつながりを希望に、通信制大学へ進学。国などに損害賠償を求めた集団訴訟にも加わった。東京地裁で13日に開かれる第1回口頭弁論を前に「多くの人に私たちの現状と症状を知ってもらい、きちんとした議論をしてほしい」と望む。

     「体が良くなりますように」。1月12日、都内の神社で初詣をした園田さんは手を合わせて祈った。入院が続き、今年初めての外出だった。2月の誕生日は、接種後に発症したアレルギーで食べられなくなった小麦粉を抜いたケーキで、家族が祝ってくれた。

     ワクチンを初めて接種したのは中3だった2011年8月。直後から体の痛みや不正出血があり、高校2年になると頭痛や歩行障害などが悪化した。通学が難しくなり、通信制への転校を余儀なくされた。

     卒業後も寝たきりの状態が続く苦しい生活の中で「また社会とつながりたい」と大学進学を決意した。体調が悪く机に向かえない日もあったが、昨春、合格の知らせが届いた。

     移動には今も車椅子が必要で、痛みや治療のために授業を受けられない日も多い。それでも、授業で学んだことを楽しそうに話す姿に、母小百合さん(53)は胸がいっぱいになる。「体が良くなったらどんどん講義を取ってほしい。友達とご飯を食べたり、遊びに行ったり、若い時にしかできない経験をさせたい」

     ワクチンを巡っては、厚生労働省が積極的な接種の呼びかけを中断した一方、接種を勧めるべきだと主張する専門家もいる。集団訴訟では、国などが原告の請求棄却を求めて争うことが確実だ。

     園田さんは昨年7月、提訴の記者会見に出席した。「会見に出たことで、理解してもらえるように言葉で伝えるのは大事だと思うようになった。お金や謝罪がほしいわけじゃない。治療法を確立し、失ったものを取り戻せるようにしてほしい」と思いを語る。

     半年ほど前から、自分の足で大学に通えるようにと脚を鍛える体操を始めた。症状が重く法廷に来られない仲間もたくさんいる。「動ける自分がしっかり願いを伝えたい。勝ち取りたいのは光ある未来です」と笑顔を見せた。【円谷美晶】

     国が承認した子宮頸がんワクチン接種後の健康被害を巡る集団訴訟は、全国の15~22歳の女性119人が国と製薬会社2社に1人1500万円の賠償を求め東京、大阪、名古屋、福岡の4地裁に起こした。

     ワクチンは、がんの原因であるヒトパピローマウイルスの感染を防ぐ効果があるとされ、日本ではグラクソ・スミスクラインが2009年に、MSDが11年に厚生労働省の承認を受けて販売を始めた。13年4月に小学6年から高校1年を対象とした定期接種になったが、健康被害報告が相次ぎ、国は2カ月後から接種の積極的な勧奨を控えている。痛みやけいれんなどが生じ、歩行や通学ができなくなったと訴えている人もいる。

     2社は審理が先行する地裁の裁判で「ワクチンはがん予防に有効で、接種と健康被害の因果関係を示す医学的データはない」などと反論し、国も請求棄却を求めている。

     厚労省の研究班は昨年12月、全国の病院を対象にした疫学調査で、健康被害として報告されたのと同様の症状が、接種を受けたことがない人にも一定数出ているとの結果を公表。ただし、年齢層が違うなど単純には比較できず、接種と症状の因果関係は判断できないとした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000047-mai-soci
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170210-00000047-mai-000-1-view.jpg

    引用元: ・【社会】<子宮頸がんワクチン>欲しいのは光ある未来…13日初弁論©2ch.net

     <子宮頸がんワクチン> 欲しいのは光ある未来…13日初弁論 の続きを読む

    1:
     子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に運動障害などが生じた問題で、厚生労働省研究班は26日、全国の病院を対象にした疫学調査で、接種を受けたことがない人にも、副作用として報告されたのと同様の症状が出ているとの結果を公表した。調査結果からは接種を受けた人と受けていない人を単純に比較できず、接種と症状の因果関係は判断できないとした。

     厚労省は2013年4月からワクチンを公費負担による定期接種としたが、副作用報告が相次いだため、同年6月に接種の呼びかけを中止した。調査結果は26日午後の厚生科学審議会の部会で報告されるが、呼びかけを再開するかどうかについて、厚労省は「部会では接種勧奨の議論はしない」と説明している。

     調査は研究班代表の祖父江友孝大阪大教授らが実施。小児科や神経内科など1万8302の診療科に調査票を送り、昨年7~12月の間、感覚や運動の障害や痛みなどが3カ月以上続き、通学などに支障があった12~18歳の患者がいたか聞いた。

     当時、接種対象だった女性で症状のあった365人のうち、接種後に発症した人は103人、接種を受けたことのない人も110人いた。接種を受けたかどうか不明は137人、その他15人だった。これを統計的に分析すると、接種者で症状のある人は人口10万人あたり27.8人、接種を受けていないが症状のある人は同20.4人と推計された。

     研究班によると、接種者の多くは16歳以上なのに対し、非接種者は15歳以下が大半。また、接種者をみた医師はワクチン接種との関連病名で診断しやすい「バイアス」がかかりがちという。このため因果関係の判断ができないという。【野田武】

    毎日新聞 2016年12月26日 14時00分(最終更新 12月26日 14時23分)
    http://mainichi.jp/articles/20161226/k00/00e/040/164000c

    引用元: ・【社会】子宮頸がんワクチン 未接種で症状…副作用と類似 [無断転載禁止]©2ch.net

     子宮頸がんワクチン 未接種でも同様の症状…副作用と類似 の続きを読む

    このページのトップヘ