メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    妊活

    不妊症

    1:
    「妊活クライシス」男女の意識差が夫婦の危機に

    妊活中の夫婦が「赤ちゃんが欲しい」と強く願うばかりに、ますます相手を責め、自分を責め、夫婦間の不信感が募る――。いわば夫婦関係の「妊活クライシス(危機)」だ。妊娠をめぐる男女の意識差はなぜ生じるのか。危機を経験した夫婦や不妊治療の現場を訪ね、苦しい心の叫びに、耳を傾ける。

    (おおたとしまさ/Yahoo!ニュース編集部)



    「いっそ、夫に産んでほしい」
    仕事から帰宅した夫に、「今日、排卵日」と告げる。夫は言う。「いいよ」。「なんで私がお願いしたことになってるの?」と言いたくなる気持ちを押し殺す。そして生理が来るたびに、妻は、絶望を味わう。「できなかった」のではない。おっぱいをたくさん飲んでくれて、ハイハイして、あんよして、「ママ」と呼んでくれて、ランドセルを背負って桜の木の下で写真を撮って……、そうやって一緒に人生を歩むはずだった子供を、毎回、「失う」のだ。

     
    絞り出すように夫にだけ報告する。
    「(生理が)来ちゃった……」

    ほとんど「私たちの子供が亡くなった」という意味だが、落ち込む妻に、夫は悪気なく言う。
    「また次、頑張ればいいじゃないか」

    妻は心の中でつぶやく。
    「そういう問題じゃない」


    佐藤和子さん(39)=仮名、はこんな生活をもう5年以上続けている。単純に計算すれば、約60回の絶望を味わったことになる。しかし夫にとっては「まだ希望を捨てない」状態が継続しているだけ。同じ風景を見ていても、受け取る意味合いがまるで違う。「生理が来てしまったとき、妊活中の女性は、わが子を失った母親とまったく同じ『喪失感』を味わいますが、男性にはそれがなかなかわからない」と言うのは、不妊治療中のカップルへの心のケアを専門とする生殖心理カウンセラーの平山史朗さん(東京HARTクリニック)。


    生理が来るたびに、悲しみに暮れて、泣き続ける女性も多い。「そこで『泣くな。まだ次がある』は無理。しっかりと悲しむ環境を作ってあげることが、夫の役割です。励まそうと思って外出に誘うのも逆効果になることが多い」

    (続く)
    https://news.yahoo.co.jp/feature/570

    引用元: ・「妊活クライシス」男女の意識差が夫婦の危機に 「女でいることが苦しい。いっそ夫に産んでほしい。」 [無断転載禁止]©2ch.net

     妊活中の妊娠をめぐる男女の意識差が夫婦の危機を招く事も・・・ の続きを読む

    1:
    子宝に授からないとなると、かつては女性だけに問題があると思われていたが、男性の側にも原因があることがわかってきた。男性不妊には様々な原因があるのだが、精子の数が少なかったり元気がないとなかなか卵子まで到達できない。だが病院にいって調べるとなると億劫になる人も多いだろう。


    no title


    そんな中、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院とマサチューセッツ総合病院の研究者らが、スマホで精液の質を評価できる分析器を発表した。98パーセントの精度で標本の異常を発見することができるそうだ。不妊に悩む夫婦にとっては大切なガジェットになるかもしれない。



    ■スマホを使って5秒で判定

    『サイエンス・トランスレーショナル・メディシン』に掲載されたその研究は、世界で不妊に悩む推定4,500万人の夫婦と12パーセントの男性不妊者にとって新しい希望になるかもしれない。通常、男性が不妊検査を受けるには専門機関へ自分の精液を提出しなければならない。これは非常に恥ずかしく、屈辱的な経験である。しかしこの分析器があれば、自宅でたった5秒で判定することができる。


    no title



    その仕組みはこうだ。マイクロチップを内蔵したマイクロ流体スライドを精液の標本に浸ける。このスライドをスマホカメラに被さるよう装着した光学機器に挿入。標本の動画を撮影する。

    no title


    次に分析器がこの動画を調べ、精子の濃度と運動率を判定すると同時に、精子の数を計測。もし異常(WHOの基準に準拠。1,500万の精子/mlまたは運動率40パーセント未満)が見つかれば、医師に相談することになる。


    no title


    分析器は、パイプカットを受けてその効果を確認したい人にも使うことができる。将来的には、血液や唾液の分析にも応用される可能性がある。

    この分析器がいつ一般に発売されるようになるのか現段階では不明だが、今後アメリカ食品医薬品局の認可を求めるつもりだという。

    http://karapaia.com/archives/52236303.html

    引用元: ・【科学】スマホを使って「男性不妊」を自宅でチェック たった5秒で精液の質を調べることができる分析器が開発される [無断転載禁止]©2ch.net

     スマホを使って「男性不妊」を自宅でチェック たった5秒で精液の質を調べることができる分析器が開発される の続きを読む

    卵子ドナー

    1:
    社会
    国内初 匿名の第三者から卵子提供、出産
    (東京都)


    ■ 動画をみる
     病気で卵子のない女性が、匿名の第三者から卵子の提供を受け出産したことが分かった。こうした出産が明らかになったのは国内で初めて。 NPO法人「OD-NET」によると、出産したのは早発閉経で卵子がない40代前半の女性で、2015年、卵子の提供を受け妊娠したという。30代の女性が匿名を条件にボランティアで卵子を提供した。  


    日本ではこれまで、姉妹などから卵子の提供を受け出産した例はあるが、匿名の第三者の卵子で妊娠・出産が明らかになったのは今回が初めて。赤ちゃんは女の子で今年1月に生まれ、母子共に健康だという。


    今回、出産した女性以外にも同様の卵子提供で妊娠した女性が2人いて、年内に出産予定だという。卵子提供を巡っては、誰が母親なのかなど親子関係が複雑になるため、NPO団体は法律の整備を急いでほしいと訴えている。
    [ 3/22 15:38 NEWS24]

    http://www.news24.jp/nnn/news890146054.html
    Copyright(C)NNN(Nippon News Network)

    引用元: ・国内初 匿名の第三者から卵子提供、出産 [無断転載禁止]©2ch.net

     国内初、匿名の第三者から卵子提供を受けて、妊娠&出産 の続きを読む

    1:
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000075-dal-ent

    加藤貴子 夫の「不妊」を告白 妊活の現実伝える

     ドラマ「温泉へ行こう」シリーズなどで知られる女優・加藤貴子(46)が自身のブログで、夫が「不妊」だったことを明かした。加藤は13年10月に一般男性と結婚。不妊治療の末、14年11月に第1子長男が誕生した。現在も妊活中。


    加藤は12日に更新したブログで、「これから妊活を始めようとしている方の旦那さん、またはパートナー、男性の方へのメッセージです」と切り出し、「まず、不妊の原因は女性側だけではない、『男性不妊』というのもあることを知っていただきたいです。現に我が家は男性不妊でした」と“不妊=女性が原因”とのイメージを取り除くように願った。


     加藤の夫は精子が一般男性の10%しかなく、そのうえに、運動率5%と言われた時もあったという。医師からは「顕微授精でしか妊娠できる可能性はないです」と伝えられ、「旦那さんはショックを受けたようです。まさか、妊娠できない理由が自分にもあるんだとは、思ってもいなかったようです」と振り返った。


     加藤夫妻の場合は、不妊治療のクリニックに相談するまで8年間かかったことも告白。「その間に卵子はどんどん老化していました」と明かし、「避けられるものなら、私たちが経験したことを避けて欲しいと思います(中略)お子さんが欲しいとお考えの方は、奥さんやパートナーに丸投げせずに、どうかお二人で取り組んで戴きたいです」と伝えた。


     加藤の夫の場合は運動や食事の改善、酒を控えるなど生活改善した結果、自然妊娠出来るまで精子の状態が好転。その後、顕微授精ではなく体外受精で第1子を授かることができたという。

    引用元: ・加藤貴子が夫の「不妊」をカミングアウト「子供が出来ないのは男が原因でした」 [無断転載禁止]©2ch.net

     加藤貴子が夫の「不妊」をカミングアウト「子供が出来ないのは夫が原因でした」 の続きを読む

    体外受精

    1:
    体外受精で26人に別人の精子使用か オランダ、半数が既に妊娠・出産


    【12月28日 AFP】オランダ中部ユトレヒト(Utrecht)の医療機関で、体外受精(IVF)を行った最大26人の女性に対して、父親になるはずの男性とは別人の精子細胞が使用された恐れがあることが分かった。これらの女性の半数は既に妊娠または出産しているといい、調査が行われている。


    ユトレヒトのユニバーシティ・メディカル・センター(University Medical Centre)は27日に発表した声明で、2015年4月中旬から2016年11月中旬までに行われた体外受精で「手続き上の誤り」があったと明らかにした。

     
    あるカップルが用いた精子細胞が他の26組のカップルにも使われた疑いがあり、父親になるはずの人の精子細胞とは別の精子細胞が卵子細胞と体外受精させられた可能性があるという。同センターは取り違えが起きた可能性は小さいとしながらも、可能性は「排除できない」としている。

     
    体外受精を行ったカップルには取り違えの可能性が伝えられている。(c)AFP


    ▽引用元:AFPBBNews 2016年12月28日 12:03 発信地:ハーグ/オランダ
    http://www.afpbb.com/articles/-/3112642

    引用元: ・【生殖医療】体外受精で26人に別人の精子使用か 半数が既に妊娠・出産/オランダ ©2ch.net

     体外受精で26人の女性に父親になるはずの男性とは別人の精子使用か 半数が既に妊娠・出産 - オランダ の続きを読む

    このページのトップヘ