メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    大麻取締法


    大麻
    1:
    米国で大麻(マリフアナ)の合法化が進んでいる。大統領選と同じ8日、大麻の利用解禁を問う住民投票が各地で行われ、カリフォルニア、ネバダ、マサチューセッツの3州が、嗜好(しこう)品としての使用を合法化することを決めた。これで西海岸全ての州で合法化されることになり、大麻解禁の波が止まらないようだ。


     大統領に過激なトランプ氏を選ぶだけではなく、大麻も合法化――。日本人には理解しがたいことが、米国では住民が大真面目で解禁に賛否を論じ、投票で決めている。米メディアによると今回の合法化決定で、嗜好用、医療用併せて全米人口の20%が「大麻合法」の地域に住むことになるという。


     大手の調査会社ギャラップ社が10月に実施したアンケートによると、全米の合法化支持率は60%に上り、過去最高を記録した。18~34歳の若年層に限れば、77%の高い割合で大麻の合法化を支持していた。一般人の大麻所持や栽培、授受を法律に禁じている日本と違って、大麻が既に「日常生活」に浸透している事情がありそうだ。


     合法化の決定を受けて10日には、早くもカリフォルニア州で、「最新鋭の技術を使った大麻栽培専用温室の発売」をPRする企業の記者発表があった。既に同社には注文が入り始めているという。既存の園芸地帯でも大麻栽培が始まる可能性がある。


     一足先に合法化したワシントン州にある2000平方メートルの2階建て倉庫を改造した認可植物工場では、最新技術を駆使し、発光ダイオード(LED)を使い、4000鉢の大麻を減農薬で栽培していた。




    狙いは犯罪組織撲滅?

     米国内で供給される大麻の多くはメキシコなどからの違法な輸入物で、犯罪組織の収入源になっていた。各州で進む合法化の狙いの一つには、「解禁と同時に栽培から小売りまでをコントロールすることで組織犯罪に打撃を与える」(ワシントン州の大麻担当者)ことが挙げられている。


     それだけに合法化に併せて地元での大麻栽培が振興され、今後、米国各地で露地や施設栽培が進むものとみられている。 米国の法律では州ごとに大麻が合法かどうかを判断するが、連邦政府は大麻が違法という姿勢を崩していない。国有地や国立公園などで大麻を利用すると、連邦保安官に逮捕される恐れがあるという。


     米国で合法化が広がっている理由の一つには「大麻は、たばこよりも健康被害は小さい」という主張がある。だが、異論もある。大麻を吸いながらの運転をどう防ぐかなどの議論も残っている。(特別編集委員・山田優)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161113-00010002-agrinews-soci

    引用元: ・【米国】広がる大麻合法化、西海岸全ての州で解禁に・・・若年層の77%は大麻合法化を支持 [無断転載禁止]©2ch.net

     広がる大麻合法化、西海岸全ての州で解禁に・・・若年層の77%は大麻合法化を支持 の続きを読む

    益戸育江

    1:
    約55グラムの大麻を自宅で所持したとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された元俳優の高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)が調べに、「大麻を使用していました」と吸引を認める供述をしていることが、同部への取材でわかった。


    大麻取締法では、大麻の所持は禁じられているが、使用については取り締まりの対象になっていない。同部によると、高樹容疑者は、吸引したことは認めているが、所持についてはあいまいな説明をしているという。


    高樹容疑者は10月25日、沖縄県石垣市の自宅で乾燥大麻を隠し持っていたとして、同居する男2人とともに同法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された。自宅からは使用した痕跡があるパイプ20本が押収されており、同部は高樹容疑者らが吸引するために大麻を所持していたとみて調べている。3人は15日に勾留期限を迎える。

    以下ソース:朝日新聞 2016年11月14日12時15分
    http://www.asahi.com/articles/ASJCG3W45JCGUTIL01D.html

    引用元: ・【社会】「大麻を使用していました」 高樹沙耶容疑者が供述©2ch.net

     「大麻を使用していました」 高樹沙耶容疑者が供述 の続きを読む

    安倍昭恵

    1:
    安倍昭恵首相夫人が語った「大麻と高樹沙耶」

    2016.11.01 16:00
    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6736

     安倍昭恵首相夫人(54)が「週刊文春」の取材に応じ、大麻についての見解を語った。 

    「私自身、大麻自体を悪いと思っていません。吸引に関しては、法を犯してはいけない。ただ私も山口県で(栽培の)免許を取りたいと思っていました。産業用は毒性がほとんどない。元々麻は自生していた植物なのに、なんでここまで取り締まるんだろうと思っています。トリカブトだってそこら辺に生えているのに」


     また昭恵夫人は、10月25日に大麻所持容疑で逮捕された元女優の高樹沙耶容疑者(53)と親交が深く、「逮捕されてショック」と周囲に語っていたという。高樹容疑者との関係についても、本誌の取材に「ハワイでシュノーケリングを教わった」などと答えている。

     詳細は、週刊文春11月2日発売号が報じる。



    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1478072396/l50

    引用元: ・「大麻自体を悪いと思っていません。トリカブトだってそこら辺に生えているのに」 安倍昭恵夫人 大麻と高樹沙耶について語る★4 [無断転載禁止]©2ch.net

     安倍昭恵夫人 「大麻自体を悪いと思っていません。トリカブトだってそこら辺に生えているのに」 の続きを読む

    麻の実

    1:
    鳥の餌「麻の実」湿らせ栽培 京都の男起訴
    http://mainichi.jp/articles/20161101/k00/00e/040/191000c

    鳥の餌として販売されている「麻の実」から大麻を栽培したとして、京都市山科区の男が大麻取締法違反(栽培)罪で起訴されていたことが分かった。発芽しないように加熱処理されていたが、男は湿らせて生育していたという。

    内装工の織部勇輝被告(31)は、9月に京都府警山科署に同法違反容疑で逮捕され、京都地検に起訴された。 起訴状によると、妻と共謀して今年3~9月、自宅で水にぬらしたキッチンペーパーで大麻種子を包んで発芽させ、大麻草1本を植木鉢に移植して栽培したとされる。

    山科署によると、逮捕後の調べに「処理が不十分な麻の実があるとインターネットで知り、今年1月にホームセンターで購入した。約2カ月後に発芽に成功し、新芽を摘み取って4、5回吸った」などと供述したという。 10月28日に京都地裁であった初公判で検察側は、織部被告が自宅の押し入れを改造してライトを設置するなどして栽培していたと指摘、懲役8月を求刑して即日結審した。

    厚生労働省監視指導・麻薬対策課などによると、麻の実は大半が輸入品で、発芽防止処理をするよう外為法に定められている。抽出検査で処理を確認しているといい、厚労省は「正規輸入品は全て検査しており、発芽は考えられない」としている。

    引用元: ・鳥の餌(麻の実)を濡らしたキッチンペーパーで包むと発芽し大麻草に → 逮捕 [無断転載禁止]©2ch.net

     鳥の餌(麻の実)を栽培して大麻草に → 大麻取締法違反(栽培)罪で起訴 の続きを読む

    医療用大麻

    1:
    大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者が訴えた「医療大麻の解禁」。高樹容疑者は、大麻が認知症予防やがんなど約250の疾患に有効だとして、合法化のうえ使用や研究を推進すべきなどと主張していた。


    そもそも、病気の予防や治療に大麻を用いるとはどういうことなのか。ツイッターやネット掲示板には、「結局、医療用大麻って何なんだ」「『医療用』と『嗜好用』の区別なんてあるの?」といった声が相次いでいる。こうした疑問について、厚労省の見解を聞いた。



    厚労省「医療用の大麻なんて存在しません」

    医療目的での大麻使用は、アメリカの一部の州やカナダなどで許可されている。こうした事実から、医療大麻推進派のなかには「海外では当たり前に使われている」と主張する向きもある。実際、NPO法人「医療大麻を考える会」のウェブサイトには、「大麻の医療使用を実質的に禁止しているのは、先進諸国のなかでは日本だけです」 との記述がみつかる。そのほか、サイト上では「(大麻は)依存性がほとんどなく実質的な致死量のない」治療薬にあたるとして、がんやうつ病などの難病にも効果があるとも主張していた。


    だが、厚生労働省監視指導・麻薬対策課の担当者は2016年10月27日のJ-CASTニュースの取材に対し、「前提として、医療用大麻なんて存在しません」と話す。続けて、「そうした名称は、大麻を医療に使用したいと主張している一部のグループの方が、独自に用いているものだと認識しています。医療のための大麻などなく、犯罪にかかわる大麻と全く同じ成分が含まれています」 と説明した。


    担当者によれば、現時点では世界保健機関(WHO)も「大麻の有効性に科学的な根拠はない」と判断する一方で、精神毒性や依存性については「有害と評価している」という。そのため、厚労省としては、「有毒性がはっきりしていて、有効性が認められていないものを、医療に使用することは認められない」 との見解だという。その上で、医療用に大麻が一部の州で許可されているアメリカであっても、連邦法や食品医薬品局(FDA)では使用を禁じている例を挙げ、「(推進派は)一部の良い所だけを持ち出して主張しているのでしょう」と指摘していた。

    (以下略 全文はリンク先で)
    http://www.j-cast.com/2016/10/27281965.html

    ※前スレ
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477581237/

    引用元: ・【社会】厚労省「医療用の大麻なんて存在しません」★3©2ch.net

     厚生労働省 「医療用の大麻なんて存在しません」 の続きを読む

    このページのトップヘ