メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    国立精神・神経医療研究センター

    1:
    「物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなる」という病気である「窃盗症(クレプトマニア)」――。これまで「万引き問題」は、「犯罪」と「刑罰」という視点でのみ捉えられることが多かった。しかし、これからは「疾患」と「治療」という医学的観点で取り扱うことも重要になってくるかもしれない。


    大森榎本クリニックは、東京都内で唯一、クレプトマニアの専門外来が設けられている。そこではどのような治療が行われているのだろか。同クリニックの精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏に話を聞いた。



    ■ 薬物依存症のプログラム「SMARPP」を参考に

    「当クリニックで行っているのは、認知行動療法を中心としたワークブックを使ったプログラムです。12セッションで1クール(半年間)、内容は『再発の予測と防止』と『リスクマネジメント』が中心です」

    そのプログラムで参考に用いたのが「SMARPP」。国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦氏が薬物依存症患者を対象に考案したプログラムだ(参考:薬物依存で<人里離れた施設に隔離>は古い?~街中でも治療可能な「SMARPP=スマープ」http://healthpress.jp/2016/11/smarpp.html)。


    「当院のクレプトマニアの治療プログラムは、まず『万引きをする引き金』や『万引きのリスクや衝動への対処』などを具体的に検討します。最後に再発防止計画(リスクマネジメントプラン)をつくり、患者そしてその家族と共有します」(斉藤氏)


    治療プログラムに加えて、患者にとって大きなメリットは「同じ問題を抱えた仲間が集う居場所がある」というとだ。「孤独」が引き金となって始まりやすいクレプトマニアにとって大切なことなのだ。通院パターンは、週に6回もあれば3回、あるいは1回など再発リスクに応じてさまざまだが、通院という、習慣を変える行動そのものも治療のひとつに違いない。実はさまざまな依存症に共通する再発の2大リスクがある。

     

    ■ すべての依存症に共通する<再発の2大リスク>

    「実はさまざまな依存症に共通して言えることは、『やることがなくて退屈をもてあます』『睡眠時間がきちんと取れなくなる』が、代表的な生活習慣の中での2大再発リスクなのです」(同)

    では、この2大リスクを回避するには、どうすべきか。「朝、目が覚めて、『行くところがある』というのがポイントです。また、我々の専門外来を訪ねれば、同じ悩みを持つ人と体験を共有できます。そして「やめ方」を学ぶことができます。さらに、クレプトマニアを克服しようとしているのは自分だけではない――と前向きな気持ちにつながります。

     
    また、通院して治療プログラムを受けている――という姿から、治療に真剣に取り組んでいることを家族も感じ取り、家族支援グループ(KFG:Kleptomania Family Group-meeting)への参加率も上がり、病気に関する理解や治療への協力が得られるようになる。家族の関係性も、良いほうに向かうことが多いようです」(同)



    ■ 治療のスタートは万引きで捕まってから

    ところが、クレプトマニアの患者は、最初から治療プログラムを自主的に受けることは少ない。患者の多くは窃盗(万引き)で捕まり、刑事事件として刑事手続の過程において、保釈されてから通院するケースがほとんどだ。だが、通院が裁判を有利に進めるための単なるアリバイに陥るおそれもあるのではないだろうか。そこで、大森榎本クリニックでは、裁判終了後も1年間の継続通院を患者と家族に誓約書に同意してもらってから治療を開始している。


    「治療プログラムの過程では、安全な日は『青色シール』、万引きをしそうになったら『黄色シール』、もし万引きしたら『赤いシール』、それらを各人がプログラムで用いるカレンダーに貼って、自身の<悪循環のパターン>を見つめ直します」「通院中の再犯は、これまで発覚したケースは1件。その方は、翌週に裁判を控えた中で再発しました。それも店員の目の前で万引きしています。


    我々は、このようなケースを『反省が足りない』『意志が弱い』という見方ではなく、それだけ重症であると判断します。このような患者を断ることなく受け入れていけば、当クリニックの患者の再犯事例は増えるかもしれません。しかし、居場所や受け皿は絶対に必要です。特に高齢者のクレプトマニアは、孤独が最大の引き金ですから」(同)

    http://biz-journal.jp/2017/07/post_19583.html
    http://biz-journal.jp/2017/07/post_19583_2.html

    ※続きます

    引用元: ・【医療】万引きを繰り返すのは病気…「刑罰」だけでなく「治療」が重要 [無断転載禁止]©2ch.net

     万引きを繰り返すのは病気…「刑罰」だけでなく「治療」が重要??? の続きを読む

    くすぐったい

    1:
    NCNP、"自分でくすぐってもくすぐったくない"神経機構を解明
    周藤瞳美[2017/02/07]

    国立精神・神経医療研究センター(NCNP)は2月6日、運動中に手の感覚が抑制される新たな神経機構を解明したと発表した。同成果は、NCNP 神経研究所 モデル動物開発研究部 ジョアキム・コンフェ研究員、金祉希研究員、関和彦部長らの研究グループによるもので、2月5日付けの米国科学誌「The Journal of Neuroscience」に掲載された。
     

    他人に手のひらをくすぐられる場合と自分自身でくすぐる場合とでは、自分自身でくすぐった方がくすぐったさが抑制されること、また自分自身でくすぐった場合でも、より早く皮膚を刺激した方が感覚の抑制が大きいことなどが知られている。


    心理学的には、こういった運動時において、皮膚や筋感覚などに対する末梢刺激を知覚しにくくなる「感覚ゲーティング」という現象が明らかにされているが、どのような神経の働きによって感覚が抑制されるのかについては不明のままとなっていた。


    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:マイナビニュース 2017/02/07配信記事
    http://news.mynavi.jp/news/2017/02/07/312/

    ▽関連
    国立精神・神経医療研究センター プレスリリース 2017年2月6日
    自分と他人の行動を識別する新たな神経機構を解明
    -運動中の『感覚ゲーティング』がになう新たな機能-
    http://www.ncnp.go.jp/press/release.html?no=333

    The Journal of Neuroscience
    Nerve-specific input modulation to spinal neurons during a motor task in the monkey
    http://www.jneurosci.org/content/early/2017/02/03/JNEUROSCI.2561-16.2017

    引用元: ・【神経】"自分でくすぐってもくすぐったくない"神経機構を解明/国立精神・神経医療研究センター  ©2ch.net

     自分でくすぐってもくすぐったくない その仕組みを解明 - 国立精神・神経医療研究センター の続きを読む

    うつ病

    1:
    うつ病の重症度や"死にたい気持ち"に関わる血中代謝物を同定 - 九大など
    2016/12/19
    http://news.mynavi.jp/news/2016/12/19/209/

    九州大学(九大)は12月17日、うつ病の重症度に関連する血中代謝物を発見し、さらに罪悪感や死にたい気持ち(自殺念慮)などそれぞれの症状ごとに関連する代謝物が異なることを発見したと発表した。同成果は、九州大学大学院医学研究院 神庭重信教授、加藤隆弘特任准教授、康東天教授、瀬戸山大樹助教、大阪大学大学院連合小児発達学研究科 橋本亮太准教授、国立精神・神経医療研究センター神経研究所 功刀浩部長、服部功太郎室長らの研究グループによるもので、12月16日付けの米国科学誌「PLOS ONE」に掲載された。


    抑うつ重症度評価は、精神科医による診察・面接により行う方法が一般的であり、自記式による抑うつ重症度評価法も開発されてはいるが、いずれも本人の主観的な訴えや態度に基づくもので、より客観的な評価法の開発が求められている。


    今回の研究では、九州大学病院、大阪大学医学部附属病院、国立精神・神経医療研究センターおよび各機関の連携病院・クリニックを受診した患者を対象に、専門家面接によるハミルトンうつ病評価尺度(HAM-D)と自記式質問票によるPHQ-9という2種類の抑うつ重症度評価を実施。さらに患者から採血を行い、質量分析-メタボローム解析を用いて百種類以上の血中代謝物を計測し、血中代謝物と抑うつ重症度の相関を調べた。


    この結果、抑うつ重症度に関連する血中代謝物を20種類同定することに成功。特に、3-ヒドロキシ酪酸、ベタイン、クエン酸、クレアチニン、γ-アミノ酪酸(GABA)の5つの代謝物が、3機関の患者群で共通して抑うつ重症度に強く関連することがわかった。また、抑うつ気分、罪悪感、自殺念慮などそれぞれの症状ごとに関連する代謝物が異なることも明らかになった。たとえば、自殺念慮に関しては、脳内免疫細胞ミクログリアとの関連が示唆されるキヌレニン経路の代謝物が強く関連していていたという。


    さらに同研究グループは、機械学習を導入することで、数種類の代謝物情報から自殺念慮の有無やその程度を客観的に予測するためのアルゴリズムも開発している。同研究グループは、今回の研究成果について、うつ病の客観的評価法開発および臨床検査応用に貢献するだけでなく、うつ病の病態解明や、見出した代謝物をターゲットとした食品・薬品開発促進への波及も期待されると説明している。


    ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

    引用元: ・【医療】うつ病の重症度や"死にたい気持ち"に関わる血中代謝物を同定 - 九大など©2ch.net

     うつ病の重症度や"死にたい気持ち"に関わる血中代謝物を同定 - 九大など の続きを読む

    睡眠2

    1:
    『潜在的睡眠不足』の解消が内分泌機能改善につながることを明らかに


    ■本成果のポイント
    1. 健康成人の必要睡眠時間を精密に測定した結果、平均約1時間の自覚していない睡眠不足(潜在的睡眠不足)が存在することが明らかになりました。

    2. 潜在的睡眠不足の解消により、眠気のみならず、糖代謝、細胞代謝、ストレス応答などに関わる内分泌機能の改善が認められました。

    3. 潜在的睡眠不足は自覚していないがゆえに長期間にわたり持続する危険性があり、中長期的な健康リスクに留意する必要があると考えられます。




    国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP、東京都小平市 理事長:水澤英洋)精神保健研究所(所長:中込和幸) 精神生理研究部の北村真吾室長、三島和夫部長らのグループは、現代人の多くが自覚できない睡眠不足(潜在的睡眠負債)を抱えている危険性を明らかにしました。
     

    睡眠不足は生活習慣病やうつ病などさまざまな健康リスクを高めることは広く知られていますが、個人の睡眠不足度を定量評価して健康への影響を見た実証研究は測定技術上の困難さからこれまでほとんど行われていませんでした。


    本研究では健康な成人男性15名(平均年齢23.4 歳)を対象として、特殊な実験室内で9日間にわたり就床時間を12時間に延長して睡眠を充足(飽和)させる試験に参加してもらいました。試験期間中の睡眠時間の変動曲線から各被験者の必要睡眠時間を個別に算出したところ平均8.41時間(8時間25分)と試算されました。


    一方、自宅での習慣的睡眠時間はそれより1日当たり平均1時間短いことが明らかになりました。さらに、睡眠延長後には眠気の解消だけではなく、空腹時血糖値の低下、基礎インシュリン分泌能の増大、甲状腺刺激ホルモンや遊離サイロキシン濃度の上昇、副腎皮質刺激ホルモンやコルチゾール濃度の低下など、糖代謝、細胞代謝、ストレス応答などに関わる内分泌機能が有意に改善しました。


    これらの結果から、試算された1日当たり1時間の睡眠不足は被験者の心身機能に負担となっているにもかかわらず、眠気などの症状が乏しいために本人はその存在を自覚できない潜在的睡眠不足(potential sleep debt)と命名し、臨床上および公衆衛生学上留意すべき危険な睡眠習慣として注意を喚起したいと思います。
     

    本研究は、文部科学省脳科学研究戦略推進プログラム、文部科学省科学研究費、および国立精神・神経医療研究センター精神・神経研究開発費事業の一環として行われ、2016 年10月24日に科学雑誌「SCIENTIFIC REPORTS」に掲載されました。
    (--引用ここまで 以下引用元参照--)

    ▽引用元:国立精神・神経医療研究センター プレスリリース 2016年10月26日
    http://www.ncnp.go.jp/press/release.html?no=124

    引用元: ・【睡眠】『潜在的睡眠不足』の解消が内分泌機能改善につながることを明らかに/国立精神・神経医療研究センター©2ch.net

     『潜在的睡眠不足』の解消が内分泌機能改善につながることを明らかに - 国立精神・神経医療研究センター の続きを読む

    このページのトップヘ