じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    国立がん研究センター

    1:
    大腸がんの内視鏡検査を行う際に、人工知能ががんを見つけて医師に知らせるシステムを国立がん研究センターなどが開発し、人による見落としを防ぐ技術として注目されています。国立がん研究センターと大手電機メーカーのNECは、医師が内視鏡の画像を見ながら大腸がんの検査を行う際に、人工知能が画像を解析し、がんになる前のポリープやがんを見つけて即座に知らせるシステムを開発しました。


    このシステムでは、人工知能が異常を見つけるとチャイムが鳴り、画面上に緑色の丸印で位置を医師に知らせます。使われている人工知能は、正常な大腸の画像と大腸がんの画像など合わせて14万枚をディープラーニングという最新技術を使って学習していて、98%の確率でがんを見つけることができるということです。


    平成26年の国内の大腸がんによる死亡者数はおよそ5万人と、がんの中で2番目に多くなっています。国立がん研究センターによりますと、海外では、大腸がんの内視鏡検査でがんを24%見落としたという報告があるということで、2年後をめどに臨床試験を行い、実用化を目指したいとしています。


    国立がん研究センター中央病院内視鏡科の斎藤豊科長は、「大腸がんは検査で見落としが多いとされ、人工知能で補うことで死亡率の低下につなげたい」と話していました。

    7月10日 17時56分 (動画あり)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170710/k10011052571000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001

    引用元: ・【医療】大腸がん見落とし防止で人工知能使うシステム [無断転載禁止]©2ch.net

     大腸がん見落とし防止で人工知能使うシステム の続きを読む

    1:
    国立がん研究センター(東京都)などは、血液1滴で乳がんなど13種類のがんを早期発見する新しい検査法を開発し、来月から臨床研究を始める。同センターの研究倫理審査委員会が今月中旬、実施を許可した。早ければ3年以内に国に事業化の申請を行う。


     一度に複数の種類のがんを早期発見できる検査法はこれまでなく、人間ドックなどに導入されれば、がんによる死亡を減らせる可能性がある。検査法では、細胞から血液中に分泌される、遺伝子の働きを調節する微小物質「マイクロRNA」を活用する。がん細胞と正常な細胞ではマイクロRNAの種類が異なり、一定期間分解されない。


     同センターや検査技術を持つ東レなどは、がん患者ら約4万人の保存血液から、乳房や肺、胃、大腸、食道、肝臓、膵臓(すいぞう)など13種類のがんで、それぞれ固有のマイクロRNAを特定した。血液1滴で、がんの「病期(ステージ)」が比較的早い「1期」を含め、すべてのがんで95%以上の確率で診断できた。乳がんは97%だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00050007-yom-sci

    引用元: ・血液1滴でがん発見 [無断転載禁止]©2ch.net

     血液1滴でがんを発見する画期的な検査法が開発される! - 国立がん研究センター の続きを読む

    1:
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26HDA_W7A620C1CR8000/

    2017/6/26 20:12

     国立がん研究センターなどは26日、血液検査で膵臓(すいぞう)がんを早い段階で発見する技術の効果を確かめる臨床研究を7月から鹿児島県で始めると発表した。血液中の特定のたんぱく質の濃度変化を調べる。膵臓がんは自覚症状がほとんどなく、多くの患者が手術ができない状態で見つかる。早期発見できれば、生存率の大幅な向上が期待できる。


     膵臓がんによる死亡者数は肺、大腸、胃に次いで4番目に多い。最も進行した段階の「4期」で見つかった場合の5年後生存率は1%台だ。


     臨床研究は日本対がん協会(東京・千代田)や鹿児島県民総合保健センター、鹿児島大学などと協力する。健康診断を受ける50歳以上の男女が対象で、来年3月までに受診する人から5千~1万人分の血液を採取する。「アポリポプロテインA2アイソフォーム」と呼ぶたんぱく質の濃度を調べる。濃度が一定値以下の人は鹿児島大などで精密検査を受けてもらい、早期の膵臓がんの発見にどれだけ効果があるかを見極める。


     膵臓がんは早期の「1期」で見つかれば、手術で病巣を取り除くことができ、45%の患者が5年後も生存している。だが、多くの患者が最も進行した4期で見つかる。鹿児島県は超音波を使った精密検査の受診率が高く、検診や検査の体制が整っていることから、最初の実施場所に選んだという。秋以降、鹿児島県外でも臨床研究を実施する計画だ。

    引用元: ・【医療】国立がんセンター、膵臓がんを血液で早期発見 臨床研究開始 [6/26] 膵臓がんによる死亡者数は肺、大腸、胃に次いで4番目 [無断転載禁止]©2ch.net

     国立がん研究センター、膵臓がんを血液検査で早期発見 鹿児島県で臨床研究開始 の続きを読む

    肝硬変

    1:
    肝臓細胞若返り 国立がん研究センター、動物実験で成功

    国立がん研究センターの落谷孝広分野長らは11日、肝臓の細胞を若返らせることに動物を使った実験で成功したと発表した。4種類の化合物を使うことで、成熟した肝臓の細胞を肝細胞などの基になる細胞に変化させた。人でも成功すれば、肝臓がんや肝硬変など重い肝臓病の再生医療に道が開ける。
     

    ラットの肝臓の細胞を使って実験した。化合物で若返らせた細胞を慢性肝炎のマウスに移植した。8週間後に調べると、マウスの肝臓の細胞の大部分がラットの健康な細胞に置き換わり、肝臓の働きが正常に戻った。安全性の面でも問題は起きなかった。「肝臓だけでなく様々な臓器にも応用できる可能性がある」と落谷分野長は話す。
     

    重い肝臓病の治療は現在、臓器移植しかないとされるが、提供者不足で進んでいない。iPS細胞から肝臓の基になる細胞を作って移植する治療の研究が進んでいるが、うまく再生できていないという。また遺伝子を導入して作るため、移植した細胞ががんになる懸念もある。

    ▽引用元:日本経済新聞Web 2016/11/11 23:38
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG11HAD_R11C16A1CR8000/

    ▽関連
    国立がん研究センター プレスリリース 2016年11月11日
    肝臓を再構築する肝前駆細胞へのリプログラミングにラット、マウスで成功
    再生医療やがん治療への応用に期待
    http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20161111.html

    *ご依頼いただきました。

    引用元: ・【医学】肝臓の細胞を若返らせることに動物実験で成功 再生医療やがん治療への応用に期待/国立がん研究センター©2ch.net

     肝臓の細胞を若返らせることに動物実験で成功! 再生医療やがん治療への応用に期待 - 国立がん研究センター の続きを読む

    コーヒー

    1:
    朝日新聞デジタル 11/5(土) 19:23配信

     日本人でコーヒーを1日3杯以上飲む人は、脳腫瘍(しゅよう)を発症するリスクが低いという研究成果を国立がん研究センターの研究チームがまとめた。コーヒーの成分の一部が発がん抑制に関係している可能性があるという。

     国内10地域に住む40~69歳の男女約10万人に、コーヒーを飲む頻度など習慣を聞き、その後約20年にわたり経過をみたところ、157人が脳腫瘍を発症した。

     研究チームは、コーヒーを1日3杯以上、1~2杯、1杯未満と飲む頻度で3グループに分けて、年齢や喫煙歴などの影響を取り除き、脳腫瘍のリスクを調べた。その結果、1日3杯以上飲む人は、1杯未満の人に比べて、脳腫瘍の発症リスクが53%低かった。

     コーヒーに含まれるクロロゲン酸やトリゴネリンという成分には抗酸化作用などの働きがあり、発症を抑えた可能性があるという。一方、海外では1日7杯以上と過剰に飲むと逆にリスクが高まるとの報告もあり、研究チームは、予防効果が出やすい適量があるとみている。緑茶についても同様に調べたが、関連は見られなかった。

     同センターの澤田典絵室長は「脳腫瘍の症例そのものがあまり多くなく、科学的根拠として確立するには、さらなる研究成果の蓄積が必要」と話している。

     研究成果は、国際対がん連合(UICC)が発行するがん専門誌「インターナショナル・ジャーナル・オブ・キャンサー」(電子版)に掲載された。(川村剛志)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00000065-asahi-soci

    引用元: ・【社会】コーヒー1日3杯で脳腫瘍リスク減?過剰摂取は逆効果も 国立がん研究センター [無断転載禁止]©2ch.net

     コーヒー1日3杯で脳腫瘍リスク減、過剰摂取は逆効果 - 国立がん研究センター の続きを読む

    このページのトップヘ