じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    国民健康保険

    1:
    体調が悪くなれば、誰もがいつでも自由に医療機関において少ない負担で検査を受け、必要な薬を処方してもらえる。すべての国民が、なんらかの公的な医療保険に加入するという「国民皆保険制度」のお陰だ。


    私たちにとっては当たり前のことだが、世界に目を向けるとそうではない。先進国でも「民間保険」中心の国もあれば、「無保険」の国民が多い国も存在する。日本の医療保険制度は非常に恵まれているのだ。しかし、現在医療の現場で働く医師たちの半数が「この制度は維持できない」と危機感を覚えていることが、最近の調査で明らかになった。




    ■ 医師の52%が「国民皆保険は破綻する」

    これは日本経済新聞と、10万人の医師が登録する情報サイト「メドピア」が共同で、全国の医師に対して行った調査の結果だ。インターネットを通じて1030人の医師から回答を得た。その中で「現状の皆保険制度に基づく医療は、今後も持続できると思うか」と聞いたところ、「そうは思わない」との回答が539人(52%)に達した。その理由としては「高齢者の医療費の増大」や「医療の高度化」を挙げる医師が多かったという。

     
    一方、「持続できる」と答えた医師261人(25%)でも、その多くが「患者負担の増加」「消費税の増税」など、財源を確保できることを条件として追記している。どちらにせよ、現状のままでは維持が難しいとの認識が大半を占めた。国民医療費は1990年度に20兆円を超え、2015年度は概算で41.5兆円。国民が支払う健康保険料と患者負担でまかなえているのはその6割にすぎず、残りの4割は税金などから補填されている状態だ。


    しかも政府の推計によれば、2025年度には国民医療費は54兆円に達するという。日々現場を見続けている医師達の危機感は、想像以上に大きい。対策としては「支払い能力のある人の負担増」「紹介状なしでも受診できる『フリーアクセス』に一定の制限を」という回答のほか、「医療の効率化」「過剰医療を見直すべき」という医療側の意識改革を求める声もあったという。




    ■ アメリカでは500もの過剰医療をリスト化

    近年、現代医療における過剰医療は日本だけでなく多くの先進国で議論されてきた問題だ。本来、医療行為にはそれを行うに値する科学的なエビデンスが伴う。しかし現実には「患者が要求する」「お金が儲かる」「患者に訴えられたくない」といった理由で、科学的な根拠に乏しい「無駄な医療」が行われている。たとえば、本来は必要のない検査や手術、抗生物質の使いすぎ、高齢者への多剤処方などだ。


    アメリカでは医療費高騰のかなりの部分を「過剰な治療」や「医療連携のミス」などの過剰医療が占めており、その割合は低く見積もっても「医療費全体の20%を超える」との報告もある。「医療費支出」と「患者の身体」の両方に負担をかける過剰医療は改めるべき--。


    そうした声が高まったアメリカの医療界では、2012年に「Choosing Wisely(賢明な選択)」というキャンペーンが立ち上げられた。具体的には、臨床系の医学会に呼びかけ、「考え直すべき医療行為」をエビデンスと共に具体的に5つずつ挙げてもらったのだ。たとえば「ウイルスが原因の風邪やインフルエンザに抗生物質は効かず、逆に耐性菌の増加につながる」「75歳以上がコレステロール値を下げても死亡リスクが下がるという明確な証拠はない」といった内容だ。最終的に70を超える学会が参加し、500近くにのぼる項目がリストアップされた。これらはすべて、科学的根拠と合わせてインターネットで公開されている。




    ■ 患者も適切な治療を選ぶ意識を

    この活動には各国が注目し、現在では、カナダ、イタリア、英国、オーストラリアなど10カ国以上に広まっている。日本でも昨年10月に「チュージング・ワイズリー・ジャパン(CWJ)」が発足。今年6月1日には日本医学会がシンポジウムで取り上げた。CWJ代表で佐賀大学名誉教授の小泉俊三医師は、「医療費削減が目的と誤解しないでほしい。大事なのは患者と医師がじっくり考え、望ましい医療を一緒に決めること」と語る。


    それでも、医師と患者が協力して適切な治療を選ぶことが、結果として医療費削減に少しでも寄与するならば、運動を進める意義はさらに大きくなるだろう。国民皆保険制度を維持するためには、自己負担の増加や増税など、なんらかの財源の手当が必要になる時が来る。


    .http://biz-journal.jp/2017/08/post_19829.html

    ★1:2017/08/05(土) 20:11:58.98
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1501940098/

    引用元: ・【医療】「国民皆保険は維持できない」 医師の過半数が悲観的見解…過剰医療蔓延で医療制度破綻の危機★3 [無断転載禁止]©2ch.net

     「国民皆保険は維持できない」 医師の過半数が悲観的見解…過剰医療蔓延で医療制度破綻の危機 の続きを読む

    1:
    厚生労働省と都道府県は自営業者などが加入する国民健康保険について公費の新たな配分ルールを固めた。国保の運営主体を来年度から都道府県に移すのにあわせ、医療費削減で成果を上げた自治体に公費を重点配分する仕組みをつくる。都道府県が自発的に医療費抑制に取り組むよう促す。

    現在、市町村が運営する国保加入者は約3300万人。都道府県への移管に伴って、大企業の健康保険組合の負担を増やす「総報酬割」の導入で浮く…※続く

    配信 2017/6/28 1:30
    日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18198220Y7A620C1MM8000/

    引用元: ・【厚労省】国保、医療費削減で成果をあげた自治体 公費重点配分  [無断転載禁止]©2ch.net

     国民健康保険について医療費削減で成果をあげた自治体に公費重点配分 - 厚生労働省 の続きを読む

    1:
    すべての国民が公的な医療保険に加入している現在の国民皆保険について、医師の半数が「維持できない」と考えていることが29日、日本経済新聞社などが実施したアンケート調査で分かった。高齢化や医療技術の進歩で治療費が高額になっていることに医療現場で働く医師の多くが強い危機感を抱えている。医療の効率化の必要性を挙げる医師も目立った。


    調査は日本の医師数の3分の1に当たる約10万人が登録する医師向け情報サイ… ※続く


    配信 2017/6/30 1:14
    日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASM426H0K_Z20C17A6MM8000/

    ★1が立った時間 2017/06/30(金) 07:56:45.19
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1498777005/

    引用元: ・【医療】国民皆保険による医療制度、医師の半数「持続不能」 [6/29 日経調査]★2 [無断転載禁止]©2ch.net

     医師の半数が「国民皆保険による医療制度の継続は無理!!」と回答 - 日経新聞社アンケート の続きを読む

    医療2

    1:
    日本では、悲惨な医療事故が起こる度に、医療バッシングが起こり、医療不信に拍車がかかる。その度に「日本の医療はひどい」「欧米に比べて遅れている」等の声が聞かれる。先進主要国に比べ、本当に日本の医療はひどいのか、調べてみた。(多摩大学大学院教授、医師 真野俊樹)



    ● 日本人は自国の医療に 不信感を持ちすぎている?

     日本人ほど自国の医療に不信感を持っている国民はいない。2010年にロイター通信が報じた「医療制度に関する満足度調査」によると、日本人の医療満足度は15%で、これは世界の先進・新興22ヵ国中、最下位である。ちなみにトップは、スウェーデンの75%だ。また、カナダの調査(下表)においても、客観的データはほぼA評価であるのにもかかわらず、日本人の健康への自己評価は低い。


     その一方で、安倍政権では日本の「医療の良さ」を海外に輸出するとしているし、中国人を中心に日本に医療ツーリズムで訪れる患者も増えてきているようだ。果たして日本の医療レベルは高いのであろうか。そこを簡単に検証してみたい。


     あえて結果を先に言えば、筆者の分析では、日本の医療は世界の医療と比べても「10勝5敗3分け」(表)で「世界一」と言えるものであった。

     なぜ、そうと言えるのか。その要点を説明しよう。

    〈続きはソースで〉

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170316-00121429-diamond-soci

    引用元: ・【医学】「医療世界一」は国際比較してみたら日本だった [無断転載禁止]©2ch.net

     「医療世界一」は国際比較してみたら日本だった?! の続きを読む

    限度額適用認定証2

    1:
    生きてくうえで絶対に欠かせない医療費だが、ある裏ワザを使えば、医療費を削ることができるという。生活マネーウォッチャーの「お~ミカ。」さんがレポートします。

     * * *

    医療費が高額になった場合、『高額療養費制度』を利用して大部分を健康保険にカバーしてもらおう!というのは、前回紹介しました。でもコレ、申請してからお金が戻ってくるまでに2~3か月もかかるから、いずれにせよ、最初に自腹で大金を払わなくてはならないのが玉にきずなのよね。


    でも、実は、どんなに医療費がかかっても、最初から自己負担限度額の約8万~9万円(一般的な収入の場合)ですむ裏ワザがあるんです。それが『限度額適用認定証』。入手方法や使う際に気をつけたいポイントなどを医療費に詳しいファイナンシャルプランナー、黒田尚子さん(「」内以下同)に教えてもらいました。


    『限度額適用認定証』は、医療費を払う時に提出する、はがきくらいの大きさの書類で、事前に申請しておくのがポイント。


    では、どこに申し込めばいい?

    「まずは、自分の健康保険証に書いてある、“保険者”に連絡し、申請書を手に入れます。郵送かホームページから入手できますよ。申請書が届いたら、必要事項を記入し、健康保険証のコピーを添えて郵送するだけ。1週間ほどで『限度額適用認定証』が届きます。有効期限は通常1年。入院などの予定がある場合は早めに申請しておきましょう」 

    手続きは無料。病気やけがはいつ起きるかわからないから、入院の予定がない私も、早速申請してみました! 実際にやってみて気をつけたいと思ったのは、申請書の「療養予定期間」の欄。ここを空欄で出せば、有効期限は1年になるけれど、何か書いてしまうとその月の末日までになっちゃう。だからこの部分は絶対“空白が正解”ね。



    では、どう使ったらいい?

    「支払い時に窓口に提示すればOK。ただし1つ注意点が。『限度額適用認定証』が使えるのは保険診療部分で差額ベッド代などは含まれません」


    『限度額適用認定証』は、1人につき1枚必要。急な病気やけがでも、お金の心配をせず治療を受けられるよう、年に1度、家族分をまとめて申請しておくと安心かもね!

    写真:申請先は、「保険者」欄をチェック!


    http://www.news-postseven.com/archives/20170111_482525.html

    引用元: ・【医療】どんなに医療費がかかっても8万~9万円程度に抑える裏ワザ 『限度額適用認定証』とは [無断転載禁止]©2ch.net

     どんなに医療費がかかっても8万~9万円程度に抑える裏ワザ 「限度額適用認定証」とは? の続きを読む

    このページのトップヘ