メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    受動喫煙

    渡邉美樹
    1:
    https://thepage.jp/detail/20170306-00000009-wordleaf

     政府は今国会に受動喫煙を防止する法案を提出する予定ですが、原則禁煙という方針については一部から強い反対の声が上がっています。そのような中、居酒屋チェーン「ワタミ」の創業者で自民党議員でもある渡邉美樹氏が10坪以下の店は禁煙の対象外にすべきだと発言しました。居酒屋のプロである渡邉氏はなぜ禁煙にすべきではないと考えているのでしょうか。



    原則禁煙になった場合、居酒屋の約73%が、客数が減少すると予想

     渡邉氏はかつて自身が経営していたワタミにおいて禁煙を導入したものの、1年足らずで断念したとい
    経験を持っています。こうした経験から渡邉氏は「現実問題として10坪以下の飲食店で禁煙にしたら、間違いなくお店は潰れます」と断言しています。また渡邉氏は「煙草をくゆらせながらお酒を飲むことは、人によってはストレス解消」であり、「心の健康増進になる」とも主張しています(ちなみに渡邉氏自身は、現在はたばこを吸わないそうです)。 禁煙にすると店が潰れるのかという問題は、喫煙できる店の付加価値がどこにあるのかというテーマと同一になります。もし、お酒や料理に付加価値があれば、仮に禁煙になっても一定の客数は確保できるのではないかという推論も成り立ちます。


     たばこを吸えることが店の付加価値ということであれば、法案成立後はたばこの吸える店は稀少価値となる可能性が高く受動喫煙防止にお金をかけても採算が合いそうです。現実には、その中間あるいは両方という店が多く、禁煙にすれば客が減り、完全分煙にするための費用も捻出できないというのが実態かもしれません。


     富士経済の試算によると、現時点における受動喫煙法案が成立した場合、外食産業全体に及ぼす影響は約8400億円となり、このうち「居酒屋」「バー・スナック」への影響は約6500億円と全体の8割近くを占めています。


     居酒屋の顧客のうち53.8%が喫煙者となっており、店舗面積が50平方メートル未満の小規模店舗は居酒屋全体の71%に達します。原則禁煙になった場合、居酒屋の約73%が、客数が減少すると予想しています。渡邉氏が主張するように現実問題としてこうした店舗に対する影響は大きいでしょう。「喫煙は他人に危害を加える行為である」


     もっとも今回提出される法案は、喫煙に対する考え方が従来とは180度変わっています。これまで喫煙は愛煙家の権利であり、一定程度は周囲も受忍する必要があるとの考え方が主流でした。 しかし、今回の法案では、近年の司法判断を受け、喫煙は他人に危害を加える行為であるとの位置付けが明確になっています(原則禁煙という理屈はここから導き出されています)。


     権利以前に危険行為という位置付けですから、経済的な損失が考えられる、あるいは、人によって喫煙は心の健康増進になるといった渡邉氏の主張とはまったく噛み合わないことになります。結局のところ、今回の法案に対する賛否は、喫煙そのものに対する考え方の違いということになるでしょう。

    引用元: ・【ワタミ】「小さい店は禁煙にすると潰れる」渡邉美樹氏が全面禁煙に反対 [無断転載禁止]©2ch.net

     「小さい店は禁煙にすると潰れる」 渡邉美樹氏が全面禁煙に反対 の続きを読む

    プルーム・テック

    1:
     受動喫煙対策を強化する法改正をめぐり、厚生労働省はJTのプルーム・テックや、アイコスなども、現時点では規制対象とする案を示した。

     「電気加熱式たばこ」は、受動喫煙による影響の十分な知見が得られていないためで、施行までには、健康への影響を調べ、影響がない場合は、政令で規制対象から外すとしている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170302-00000001-nnn-soci

    引用元: ・【煙は出なくても臭いし】受動喫煙対策法 電気加熱式たばこ規制対象へ [無断転載禁止]©2ch.net

     煙は出なくても臭いから電気加熱式たばこ規制対象へ - 受動喫煙対策法 の続きを読む

    タバコ

    1:
    まだまだ上がり続けそうなたばこ税。「1箱1,000円構想」なんて喫煙者にとっては悲鳴ものの話題もまことしやかに取り沙汰されている。今回はマイナビニュース会員のうち喫煙者の男女191名に、たばこ1箱がいくらになるまで吸い続けるか考えてもらった。



    Q.たばこが値上がりするとして1箱およそいくらになるまで吸い続けますか?

    1位 500円 51.3%
    2位 1,000円 12.6%
    2位 600円 12.6%
    4位 800円 6.8%
    5位 400円 5.8%



    Q.それはどうしてですか?

    ■500円
    ・「ワンコインだから。500円を超えたら、禁煙します」(53歳男性/物流・倉庫/技能工・運輸・設備関連)

    ■1,000円
    ・「1,000円は生活費の負担になる」(34歳男性/広告・出版・印刷/クリエイティブ関連)

    ■600円
    ・「1カ月で支払う総額を考えて逆算すると、この金額が家計への限界です」(58歳男性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)

    http://news.mynavi.jp/news/2017/02/28/122/

    引用元: ・たばこ値上げ、いくらまでなら吸い続ける? 1位500円 2位1,000円 3位600円 [無断転載禁止]©2ch.net

     たばこ値上げ、いくらまでなら吸い続ける? 1位 ●●●円 2位 1,000円 3位 600円 の続きを読む

    最後の一服

    1:
    死が迫る患者に好きなたばこを楽しむ時間を――。

     政府が今国会に提出を予定している健康増進法改正案で、医療機関の敷地内が全面禁煙となる方針であるのに対して、がん患者が最期の時を過ごす緩和ケア病棟での喫煙を例外的に容認するよう、緩和ケア医らが求めている。同法改正案は、非喫煙者がたばこの煙を吸い込む受動喫煙を防ぐのが目的。厚生労働省は「患者が集まる医療機関は配慮が特に必要」と説明する。


     これに対して、緩和ケア病棟を持つ病院などで作る日本ホスピス緩和ケア協会は、敷地内禁煙によって喫煙者が同病棟への入院を断られたり、退院を迫られたりする事態を懸念。全面禁煙の対象から除外するよう求めている。同協会の約200施設が答えた調査では16%の施設が病棟に喫煙所を設けていた。

    他に、玄関横やベランダでの喫煙を認める施設もある。志真泰夫・同協会理事長は、「残り時間の少ない人を追い詰めるのはいかがなものか」と訴える。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170227-OYT1T50063.html

    引用元: ・「死の迫る患者さんにたばこを吸わせたい」病院、健康増進法へ涙の訴え [無断転載禁止]©2ch.net

     「死の迫る患者さんにたばこを吸わせたい」病院、健康増進法へ涙の訴え の続きを読む

    バー

    1:
     ◇厚労省、政令で定める方針

     他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙対策の強化に関し、厚生労働省は、小規模なバーやスナックなど例外的に喫煙を認める延べ床面積を「30平方メートル以下」とする方針を固めた。数字は健康増進法改正案には盛り込まず、政令で定める方針。国会審議が不要で比較的見直しやすい政令にすることで、反対派の理解を得たい考えだ。


     厚労省は当初、飲食店を原則屋内禁煙とし、喫煙室の設置を認めるとしていた。これに飲食業界などが反発したため小規模店舗に限って例外を認めることとし、対象について(1)バーなど(2)居酒屋なども含む--の2案を検討。居酒屋などは家族連れや外国人の利用が見込まれることから規模に関係なく原則禁煙とする(1)案に絞った。3月1日の政府の会合で公表する。


     例外を認める規模は、1人で切り盛りするバーやスナックなどを想定し、30平方メートル以下とする方針だ。受動喫煙の可能性があることを利用者に周知することや換気などを義務付ける。


     与党内では例外対象の拡大を求める意見が根強く、政令とはいえ30平方メートルを基準とすることに反発が予想される。【阿部亮介】

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000007-mai-soci

    引用元: ・厚労省、「30平方メートル以下」の飲食店のみ喫煙許可へ©2ch.net

     厚労省、「30平方メートル以下」の飲食店のみ喫煙許可へ の続きを読む

    このページのトップヘ