メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    医療大麻

    1:
     沖縄県石垣島の自宅に大麻を隠し持っていたとして、大麻取締法違反(所持)の罪で有罪判決を言い渡された元女優の高樹沙耶さんが10日、ツイッターを更新し、ドイツとイスラエルの大学が発表したという「大麻に『脳の若返り効果』 英紙ガーディアンらが報道」という記事をリツイートした。


     高樹さんがリツイートした記事はドイツとイスラエルの大学の研究チームが発表したというもので、大麻の有効成分の一つ、THCを少量かつ定期的な摂取することで、脳機能の経年的劣化を防ぐ働きがあることを突き止めたというもの。


     また、9日のツイッターには大麻の権威と呼ばれる専門家を招くティーパーティーの告知もリツイートしている。高樹さんは4月27日に那覇地裁から懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けたばかり。直後の会見では「ふざけた気持ちで大麻草と向き合ってきたわけじゃない。本当に困っている人のために医療を使うことができたらと頑張ってきた。そこだけは信じていただきたい」などとコメント。医療大麻の普及からは「一線から退く」と話していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00000060-dal-ent

    引用元: ・【反省の色なし】高樹沙耶さん、ツイッターで大麻が脳の若返り効果の記事掲載 [無断転載禁止]©2ch.net

     高樹沙耶さん、ツイッターで大麻が脳の若返り効果の記事掲載 の続きを読む

    パトリック・スチュワート

    1:
    http://japan.techinsight.jp/2017/03/kay03181126.html

    『X-MEN』シリーズの“プロフェッサーX”としてお馴染みのイギリス人俳優パトリック・スチュワート(76)が、自身の関節炎に言及。その症状や痛みに対処すべく医療大麻を使用していると明かした。ドクターの許可も得ており違法ではないというパトリックは、「おそらく遺伝でこの症状が出たのではないか」「母も手の痛みを訴えていたから」「医療大麻は私には効果がある」とも話している。



    このほど俳優パトリック・スチュワートが「関節炎を患っており、その症状に対処すべく医療大麻を使った軟膏やスプレー、食品などに頼っている」と告白した。

    「そう、あれは2年前のこと。私はロスにいて、ある医師の診察を受けた。」

    「その医師は、私が登録済みの店から大麻商品を法的に購入できるようメモを書いてくれてね。」



    それらを使うことで「両手の状態が改善するかもしれない」とアドバイスを受けたというパトリックは、自身の母に触れこう述べている。

    「おそらく、遺伝的なものではないかと。私の母の手は、酷くゆがんでいたし、痛みを訴えていたからね。」

    「だから私は、(大麻を使用して作られた)軟膏、スプレー、そして食品を購入したんだ。軟膏は、少々不快感を和らげる効果があった。でも脂っぽくて日中には使用できなかったから、夜間のみ使用しているよ。痛みが減る分、眠るのもラクになる。」

    「スプレーは、もっと有効だね。指、特に親指の関節に、1日に何度か使用しているんだ。」

    「軟膏とスプレーは、硬かった手をずいぶんほぐしてくれた。今なら拳を握ることもできる。この治療を始める前には、できなかったことだ。」



    今回この告白をしたのは、医療大麻の効果を検証するオックスフォード大学の研究に協力するためだそう。自分が話すことで「医療大麻の使用に対する偏見がなくなればいい」というパトリックは、『Daily Mail』にこう話している。


    「偏見、恐怖、無知。それらによって、英国ではあまりにも長く研究が控えられてきたんだ。この研究は私のような人々、そして何百万という人々に利益をもたらすかもしれないね。」


    本当にこれらに効果が期待できるのか、そして医学的根拠はあるのかなどは今後徐々に明らかになるだろう。
    (TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

    2017年03月18日 19:40

    引用元: ・【芸能】『X-MEN』シリーズのパトリック・スチュワート 「医療大麻は私には効果がある」 [無断転載禁止]©2ch.net

     『X-MEN』シリーズのパトリック・スチュワート 「医療大麻は私には効果がある」 の続きを読む

    医療大麻

    1:
     福岡県久留米市の大学病院の外科医に大麻を譲り渡したとして、福岡県内の別の病院に勤務する看護師の男が逮捕されました。

     逮捕されたのは、福岡県筑紫野市にある「済生会二日市病院」の看護師・古賀慎介容疑者(32)です。古賀容疑者は去年10月、久留米市の自宅アパートの駐車場で、久留米大学病院の外科医・津留俊昭被告(30)に、大麻1袋を2万4000円で譲渡した疑いが持たれています。

     警察は先月、津留被告を大麻所持の疑いで逮捕し、その後、入手ルートなどを調べたところ、知人の古賀容疑者が浮上したということです。警察は、古賀容疑者の認否を明らかにしていません。

     済生会二日市病院は、「事実であれば非常に申し訳ない」とコメントしています。

    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170201-00000048-jnn-soci

    引用元: ・【社会】医師に大麻譲渡した疑い 別病院の看護師逮捕©2ch.net

     医師に大麻譲渡した疑いで済生会二日市病院の看護師・古賀慎介容疑者を逮捕 の続きを読む

    マリファナ2

    1:
    危惧された「未成年者の大麻汚染」は起こりませんでした。詳細は以下から。

    大麻合法化が着々と進むアメリカ合衆国。その際に危惧されてきた未成年の「大麻汚染」ですが、結果は真逆になっています。アメリカ合衆国の未成年者や若者の行動や意見、価値観などを研究する機関Monitoring the Futureが2016年に入ってから行った調査によると、「大麻を簡単に手に入れられる」との答えが1992年以来過去最低となりました。

    日本の中学2年生に相当する8Tth Gradeでは前年から2.4ポイント下がって34.6%となり、高校1年生に相当する10th Gradeでも64%と過去最低。高校3年生の12th Gradeにおいても81%で2015年からの有意な増加はなく、こちらも過去最低です。実際の使用については8th Gradeで減少し、12th Gradeでは停滞、10th Gradeではこの5年ほど横ばいで、統計学的に有意な変化はないとのこと。


    毎年の調査を担当する国立薬物乱用研究所のディレクターのNora Volkow博士は「説明できない、驚くべき結果だ」と述べています。米国の大麻合法化の流れは若年層の認知の低下と相まって、有害な大麻使用が増加すると考えていましたが、それは起こりませんでした。アメリカ合衆国では未成年者以外で大麻の使用が増加しています。その中でも18歳から24歳の間での使用が最も増加しているため、未成年者でも増加したはずだと考えましたが、違っていました


    Volkow博士は現在アメリカ合衆国の若者の間でアルコールやタバコの消費が減っている傾向と似た理由があるという仮説、さらには若者がよりPCなどの前で過ごす時間が増え、大麻を勧める友人との時間が減っているという仮説を立てています。


    Marijuana Policy Projectのスポークスマン、Mason Tvertさんは「未成年者を大麻に近づけない最も良い方法は教育と帰省であり、大人の大麻使用者を逮捕したり医療大麻の患者から大麻を奪ったりすることではない」としています。また別の見方では、大麻をコーヒーショップでおおっぴらに吸えるオランダでも若者の大麻使用者数が大して伸びていないことなどから「大麻が反抗の象徴ではなくなり、若者にとっては退屈な嗜好品に過ぎなくなっているのではないか」との意見も。


    なお、以前BUZZAP!でも取り上げたように、映画評論家の町山智浩氏がラジオで語ったいままでみたいにヤミのやつは売人が高校生とかに売っていたんですけども。こういう状態になると、ヤミの売人は消えちゃうんで。たぶん高校生の方には前よりは行かなくなるんじゃないかっていう説もありますけどね。(町山智浩が語る アメリカ マリファナ(大麻)解禁・合法化の現在より引用)という可能性もあり得ます。確かに合法的な販売ルートがあるにも関わらず、無理をして未成年者に売るというリスクを冒すメリットはありません。


    http://www.excite.co.jp/News/it_g/20161213/Buzzap_40353.html

    引用元: ・【大麻解禁】大麻合法化が進むアメリカ、危惧された「未成年者の大麻汚染」は起こらず、真逆の結果に [無断転載禁止]©2ch.net

     【驚愕】 アメリカの大麻事情 「未成年者の大麻汚染」は日本人の想像以上 の続きを読む

    大麻3

    1:
    退任する大統領は、常に禁じられているスケジュール1薬としてマリファナをリストアップしたリチャード・ニクソン大統領の1970年の命令を変える大統領令に署名するだろう。この命令は1960年代の「ヒッピー文化」への牽制と言われていた。


    若い時のマリファナ経験について書いたバラク・オバマ大統領は、退任前にマリファナを合法化するだろう。彼はマリファナを医師の処方箋があれば連邦法でも合法であるクラスIIの薬物にする。その場合でも各州はマリファナを非合法にし続けることができるが、既に米国の約半数の州は特定の限度内で医療用マリファナや嗜好用マリファナを許可している。オバマ大統領は、マリファナはたばこと酒のように扱われるべきだと言います。


    オバマ大統領は、「合法化が万能策だと信じてはいない」と述べた。「しかし、私はマリファナを公衆衛生の問題として扱い、たばこや酒と同じように使用する方がスマートだと考えている。司法省やDEA(麻薬取締局)が法律のつぎはぎを強制するのは、長期的には一貫していない。ある州で合法的なものが、別の州で20年の懲役刑を科す可能性がある」と、オバマ氏はローリングストーン誌に語った。


    リバタリアンの大統領候補者ゲイリー・ジョンソンはワシントン・タイムズで合法化を予測した。ジョンソン氏は、オバマ大統領が退任する1月20日の前に、特に有害で中毒性が高いとされる麻薬の「スケジュールⅠ」リストからマリファナを取り除き、連邦政府の政策を一筆で変えると考えていると語る。


    ジョンソン氏はワシントンタイムズ紙に語った。「酒と同じようになるだろう。オバマ大統領は退任前に、大麻をクラスⅠから変更すると予測している。私は彼が変更を実現させる事を望んでいたが、彼はそれを退任前に行うつもりだと思う。それは間違いない」火曜日、オバマ大統領は薬物犯罪で有罪判決を受けた79人に恩赦を与え、彼らの判決を減刑した。オバマ氏は10人の前任者以上に1000人の犯罪者を赦免した。彼の政権の下で、DEAは大麻を合法化する州をほぼ無視していた。 DEAは、政策の問題として大麻犯罪に殆ど手を付けていないマリファナは現在、LSDやヘロインなどの薬と並んで「スケジュール I」のリストに載っています。DEAは、クラスIの薬物が、乱用の可能性が高く、現在受け入れられている医療用途ではないと定義している。


    民主党のヒラリークリントン氏は、スケジュールまたはクラスIIの下での薬物の再分類を提案した。これらの薬物には、コカインが含まれるが、医療処方で入手可能なオキシコドンのような特定の鎮痛剤も含まれる。ジョンソン氏のキャンペーンは、元知事が大統領が規制物質リストから大麻を取り除き、各州が合法化し規制を彼らとその有権者が選ぶことを可能にすることを望んでいることを言い続けると述べた。

    http://www.washingtontimes.com/news/2016/mar/29/gary-johnson-predicts-obama-will-reclassify-mariju/

    http://www.smobserved.com/story/2016/12/05/news/obama-will-sign-executive-order-removing-marijuana-from-schedule-one/2301.html

    原文は>>2以降

    引用元: ・【大麻解禁】オバマ大統領「大麻は煙草や酒と同様に扱うべき」 退任前に大統領令で連邦での医療大麻解禁に踏み切るとの見方も [無断転載禁止]©2ch.net

     オバマ大統領「大麻は煙草や酒と同様に扱うべき」 退任前に大統領令で連邦での医療大麻解禁に踏み切るとの見方も の続きを読む

    このページのトップヘ