メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    医療ミス

    1:
     名古屋大病院(名古屋市昭和区)は23日、平成27年7月に同病院で甲状腺乳頭がんの手術を受けた三重県の20代男性患者が、手術の翌日に死亡したと発表した。病院側は診療行為が不適切だったとして、遺族に謝罪した。賠償も検討している。


     同病院によると、手術の翌朝、男性の肩から首にかけて腫れがあるのを看護師が見つけ、医師に連絡。医師は経過観察を指示した。男性はその後、強い呼吸困難を訴えて心肺停止に陥り、駆け付けた医師が蘇生を試みたが死亡した。手術後に出血が長時間続き、できた血腫が気道を圧迫して窒息したと考えられる。医師が早期に出血と診断していれば、救命できた可能性があるという。


     石黒直樹病院長は「全て責任が当院にあることが明白になった。本当におわびしたい。ざんきに堪えない」と陳謝した。男性は25年12月にも甲状腺がんの手術を同病院で受け、定期検査のため通院。27年5月にがんの再発が分かり、同7月に手術を受けた。

    http://www.sankei.com/west/news/170523/wst1705230055-n1.html

    引用元: ・【愛知】甲状腺がん手術で20代男性死亡 名古屋大病院、遺族に謝罪 [無断転載禁止]©2ch.net

     【医療ミス】甲状腺がん手術を受けた20代男性が翌日に死亡。 名古屋大病院、遺族に謝罪 の続きを読む

    1:
    総合病院で集中治療室にて入院していた患者が突如容体が悪くなり、医師から死亡判定を受けて、霊安室に移された。死亡したと判定された男性は82歳と高齢で、5月9日の午後12時40分頃に担当医から心肺停止による死亡判定を受けた。この老人は長期間の肝臓透析でほかの病院で治療をうけていたが、容体が悪化し、8日に総合病院に移された。


    この男性の家族は死亡判定後1時間ほど経って、葬儀場霊安室に遺体を移したという。しかしそこで男性が突如動きだし家族は驚いた。最後の最後に身元確認する際に男性の体を覆っていた布が揺れたからだ。家族と葬儀場の関係者は男性が息をしているのを確認し、男性を再度集中治療室に戻した。


    男性はその後、2日ぶりに食事をするほど容体が好転し、近い内には一般病室に移動できるという。男性の家族は「父が生きていることを知らずに葬儀を行うところだった」と病院側を抗議した。


    病院側は当時心肺停止状態だった男性に心肺蘇生を十分にしたものの、呼吸と脈が戻ってこず、家族が見守る中で死亡診断を発行。通常の手続き通り進めたと述べた。また、男性の死亡判定を受けた後に、再度息を吹き返したのは医学的に説明が不可能だと付け加えた。この病院の関係者は「男性は認知症も患っていたが、息を吹き返したあとは家族の認識度が良くなっていた」「医師たちも苦しむミステリーだ」と述べた。

    http://gogotsu.com/archives/28934
    no title

    引用元: ・死亡判定された82歳のおじいちゃん遺体安置所で目を覚まし家族ビックリ! 食事ができる程元気に [無断転載禁止]©2ch.net

     死亡判定された82歳の男性、遺体安置所で目を覚ます! その後食事ができる程元気に - 韓国 の続きを読む

    1:
    30年前に手術、体内に医療器具置き忘れ 鹿児島大病院
    島崎周 2017年4月28日23時09分

    鹿児島大病院(鹿児島市)は28日、約30年前に手術した女性患者(当時30代)の体内に医療器具を置き忘れていたことを明らかにした。すでに患者に謝罪し、手術で器具を除去。術後の経過は良好という。
     
    病院によると、女性は1989年に外科手術を受けた。昨年8月に同病院でコンピューター断層撮影(CT)検査を受け、体内に異物があることが判明。同病院の事故調査委員会がCT画像や手術をした当時の記録を調べたところ、手術の際に血液などを体の外に排出する管「ドレーン」を体内に残したままだったことがわかったという。
     
    病院では現在、手術後にX線撮影を行い、体内に器具を置き忘れていないか確認しているという。(島崎周)

    ▽引用元:朝日新聞DIGITAL 2017年4月28日23時09分
    http://www.asahi.com/articles/ASK4X5RLXK4XTLTB00Z.html

    引用元: ・【医療】30年前に手術、体内に医療器具置き忘れ 患者に謝罪し、手術で器具を除去/鹿児島大病院©2ch.net

     30年前の手術で体内に置き忘れられた医療器具がようやく取り除かれたが、慰謝料は払われるんだろうな?- 鹿児島大病院 の続きを読む

    1:
    嘔吐や耳鳴り 医師の決めつけで重病が放置された誤診の例
    zakzak 2017.04.23
    http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20170423/dct1704231000001-n1.htm

     「私の誤診率は14.2%である」--神経内科の権威で東大名誉教授の冲中重雄氏は、1963年、東大を退官する際の最終講義でこう述べた。これは臨床診断と剖検(病理解剖)結果を比較して出した数字で、医療関係者はその率の低さに驚嘆したが、市井の人々は逆に、日本最高の名医でも14%も誤診があるという事実に衝撃を受けた。


     また、2004年に世界的に有名な医学専門誌『Archives of Internal Medicine』に、フランスの医師らがICU(集中治療室)で死亡した人々の剖検結果についての論文を掲載した。そこには〈生前診断の約30%は誤診だった〉と書かれていた。誤診が起こる理由としてもっとも多いのが診察時の「見誤り」や「見落とし」だ。実例を見ていこう。


     〈眼科医に緑内障と診断されて以来、定期的に眼科で検査を受け、点眼薬を使い続けたが、右目の視野がどんどん狭くなっていった。治療効果が得られずおかしいと思い、大学病院でCTスキャンを撮ったところ、「脳腫瘍」だと宣告された〉


     脳は人体において最も重要な器官であるが、疾患の症状は多岐にわたるため、脳が原因だと疑われないケースもある。この患者は腫瘍摘出手術を受けたが、結果的に右目は失明してしまったという。上野毛脳神経外科クリニック院長の小林信介氏が解説する。「脳腫瘍が視神経を圧迫し、視力悪化や視野狭窄などの症状が出るケースです。急激な視力悪化など緑内障と症状が似ているため、誤診されることが多い。もっと早く精密検査をしていれば、失明せずに済んだかもしれません」


     高齢者の場合、脳腫瘍の発症部位によっては、軽度の認知症を引き起こすこともある。「もの忘れが1年ほど前からひどくなり、言葉が出なくなったという男性が先日来院され、MRI検査をしたところ脳腫瘍が見つかりました。腫瘍を手術で取り除いてからは、もの忘れの症状が改善されました」(同前)


     〈日常的な耳鳴りに悩まされ、近所の耳鼻科に相談したところ「耳鳴りは老化現象の一つだから仕方ない」と言われた。後日、別の病院で聴力検査を受けると、聴力に左右差があった。念のためMRIを撮ってみると、「聴神経腫瘍」という脳腫瘍が見つかった〉


     井上耳鼻咽喉科院長の井上里可氏が言う。「最初の医師はなぜ、単なる老化と決めつけたのか。耳鼻咽喉科医の間では、耳鳴りは、聴神経腫瘍の初期症状として知られています。この脳腫瘍は神経にできる“おでき”のようなもので、100人に1人くらいの割合で発生します。耳鳴りは脳腫瘍に限らず、様々な病気のサインであることが多い。“耳鳴りは放置してはいけない”と心してほしい」


     その他、くも膜下出血の誤診も起こり得る。くも膜下出血の典型的なサインといえば“頭をバットで殴られたような痛み”だが、それ以外に“首の後ろが痛むだけ”というケースもある。後者の場合、整形外科に行ってしまうと「寝違え」などと誤診され、症状が現われた時には手遅れという可能性がある。症状としては「嘔吐」や「吐き気」もポイントとなるため、もしそれらがあれば脳神経外科を受診するべきだろう。

     ※週刊ポスト2017年4月28日号


    聴神経鞘腫 治療が遅れると聴力失われることもあるので注意
    http://www.news-postseven.com/archives/20111021_65661.html
    血便が続く、吐き気が収まらない がんが見逃された誤診実例
    http://www.news-postseven.com/archives/20170421_513858.html
    原発性の脳腫瘍は1万人に1人の割合で発生 但し半数は良性
    http://www.news-postseven.com/archives/20110511_19972.html
    【がん検査法5/6】費用が高額なPET検査、MRIの精度は?
    http://www.news-postseven.com/archives/20160130_380121.html
    クモ膜下出血 年間5000人に1人発症し約40%が3日以内に死亡
    http://www.news-postseven.com/archives/20130323_177633.html

    依頼815

    引用元: ・【嘔吐や耳鳴り】医師の決めつけで重病が放置された誤診の例©2ch.net

     世間が思うより医師の誤診率が高い件  医師の決めつけで重病が放置された誤診の例 の続きを読む

    1:
    ことし1月、大阪・和泉市の産婦人科医院で、「無痛分べん」で出産した31歳の女性が意識不明になり、その後、死亡していたことがわかりました。警察は、女性が呼吸不全になった際に、医師が人工呼吸などの十分な対応をしなかったとして、業務上過失致死の疑いで書類送検する方針です。


    捜査関係者などによりますと、ことし1月、大阪・和泉市の産婦人科医院「老木レディスクリニック」で、31歳の女性が、麻酔で陣痛の痛みを和らげる「無痛分べん」で出産中に意識不明の状態になりました。赤ちゃんは無事に産まれましたが、女性は、およそ10日後に低酸素脳症で死亡したということです。これまでの捜査で女性は、59歳の院長が背骨に局所麻酔の注射をした際に容体が急変し、呼吸不全になったと見られることがわかったということです。


    警察は、人工呼吸を続けて体の状態を回復させるなどの十分な対応をしなかったとして、近く院長を業務上過失致死の疑いで書類送検する方針です。院長はNHKの取材に対し、「弁護士に任せており、コメントできない」としています。


    「無痛分べん」をめぐっては、ほかにも背骨に麻酔の注射をした際に死亡した例があり、厚生労働省の研究班は通常の分べんとは違った管理が求められるとして、今月、全国の医療機関に十分な体制を整えるよう求める緊急提言をしています。この医院はホームページで、当面、無痛分べんを行わないことを明らかにしています。



    <人気高まるも副作用には細心の注意必要>

    「無痛分べん」は、出産の際に母親に麻酔をかけることで陣痛の痛みを和らげる分べん方法です。厚生労働省の研究班の調査では平成20年の時点で全国およそ250の施設が無痛分べんを実施していたということですが、陣痛の痛みを感じずに、出産できることなどから、妊婦の間で人気が高まっていて、ここ数年でさらに増えていると見られます。


    一方、麻酔をかける必要があることから、副作用には細心の注意が必要だとされています。無痛分べんでは背骨の中に注射をするなどして局所麻酔をかける「硬膜外麻酔」と呼ばれる方法が一般的です。硬膜外麻酔は、一般の産科の医師でも行うことが認められていますが、麻酔科の専門医によりますと、誤って血管や脊髄などに麻酔薬を投与してしまうと意識を失って呼吸ができなくなるケースや血圧が急激に低下するケースなど深刻な合併症が起こるということです。


    いずれも迅速に対応すれば回復するということで、麻酔をかける際には患者の変化を見逃さないよう細心の注意が必要だということです。無痛分べんをめぐっては、今月、厚生労働省の研究班が無痛分べんには通常の分べんとは異なる管理が求められるなどとして、医療機関に対し、十分な医療体制を整えることを求める緊急提言を行っています。

    配信 4月25日 17時07分

    NHK NEWS WEB ニュースサイトを読む(動画あり)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170425/k10010960791000.html

    引用元: ・【大阪】「無痛分べん」で女性死亡 医師を書類送検へ [無断転載禁止]©2ch.net

     大阪・和泉市の産婦人科医院「老木レディスクリニック」で、31歳の女性が無痛分娩で死亡  医師を書類送検へ の続きを読む

    このページのトップヘ