メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    再生医療

    1:
    6月22日に逝去した小林麻央さん(享年34)。その壮絶な死から約1週間後の6月28日、驚きのニュースが飛び込んできた。他人のさい帯血を投与する医療を無届けで行ったとして、全国11のクリニックに業務停止命令が下った。そのうちの1施設が、麻央さんの昨年から何度も通っていたAクリニックだったのだ。


    「11カ所の民間クリニックではがん治療などの目的で、妊婦さんのへその緒の中にある血液、いわゆるさい帯血を投与していました。'14年11月に施行された再生医療法ではさい帯血など他人の幹細胞を使った医療を行う場合、専門委員会に計画書を提出し、安全性などの審査を受ける必要があります。しかしAクリニックは届け出を出しておらず、厚生労働省から再生医療を一時停止せよという命令をうけたのです」(医療関係者)


    さかのぼること5カ月前。今年2月上旬の朝10時半、ショートのウイッグに顔の半分を覆うマスクとファー付きのコートで“厳重装備”をした麻央さんが向かったのがAクリニックだ。タクシーでクリニック前に降りた麻央さん。姉の小林麻耶(37)も一緒だった。


    麻央さんがAクリニックで受けていたというのは「水素温熱免疫療法」。業務停止命令の原因となったさい帯血治療とは別の治療法だ。だが水素温熱免疫療法にはこんな指摘もある。「この療法はまだ10年ほどの歴史しかない、医学的な根拠が乏しいものです。あと10年、20年たたないと、有用性はわかりません」(別の医療関係者)


    この療法は保険のきかない自由診療。1回数万円になる。少しでも効果が期待できるならと、麻央さんはわらにもすがる思いで他にもさまざまな民間療法を試していた。「食事の代わりにオーガニックの野菜や果物のみを使ったジュースを飲む『ジュースクレンズ』や、酵素を加えたヒノキのおがくずや米ぬかに体を埋める『酵素風呂』も試していました。夫の市川海老蔵さん(39)がさまざまな人に相談し、この治療法がよいと聞くとすぐに連絡をとっていました」(歌舞伎関係者)


    鹿児島のがん専門医院や、ニューヨーク在住の日本人医師にも相談したという。「先進医療も民間療法も、保険適用外です。海老蔵さんが負担した治療費の総額は1億円を超えていると聞いています」(別の歌舞伎関係者)


    愛する妻のためにありとあらゆる手を尽くした海老蔵。家族のために“わずかな希望”にかけた麻央さん。Aクリニックの業務停止令のニュースを聞いた家族の“無念”はどれほどだったろうか――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170704-00010002-jisin-ent

    2017/07/04(火) 00:02:56.81
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1499094176/

    引用元: ・【芸能】<小林麻央さん通ったクリニック>「無届け医療」で業務停止命令...★2©2ch.net

     他人のさい帯血を投与する医療を無届けで行ったとして11のクリニックに業務停止命令 の続きを読む

    1:
    http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/170630/cpc1706301943001-n1.htm

    2017.6.30 19:43
     京都大は30日、人の再生医療に用いる胚性幹細胞(ES細胞)の作製が文部科学省と厚生労働省に認められたと発表した。医療用ES細胞の作製が認められるのは国内初。ES細胞をあらかじめ作って備蓄しておくストック事業を開始し、本年度中にも研究機関に提供したいとしている。


     厚労省の委員会が6月上旬、計画を大筋で了承していた。


     ES細胞は受精卵から作られ、人工多能性幹細胞(iPS細胞)と同様にさまざまな組織に成長できるため、医療応用が期待されている。迅速に提供できるよう京大はストック事業の計画を進めていた。計画では京都市内の病院で不妊治療をした夫婦に、廃棄する受精卵の提供を呼び掛け、ES細胞を作製する。京大の末盛博文准教授は「早く研究機関に届けられるようにしたい」としている。


     ES細胞は受精卵を壊して作るため倫理的問題が指摘され、利用は基礎研究に限られていたが、2014年に新指針ができ臨床研究ができるようになった。

    引用元: ・【医療】京大のES細胞作製を国が認可、本年度にも再生医療に提供開始 [6/30] 新指針ができ臨床研究ができるようになった [無断転載禁止]©2ch.net

     京都大学のES細胞作製を国が認可、本年度にも再生医療に提供開始 の続きを読む

    歯の再生

    1:
    岡山大、犬の歯を幹細胞で再生
    天然とほぼ同じ

    犬の幹細胞から作り出した歯のもとになる「歯胚」を、同じ犬の歯が抜けた部分に移植し、天然の歯とほぼ同じものを再生することに成功したと、岡山大と理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)のチームが16日付の英科学誌電子版に発表した。

     
    マウスでも成功例の報告があるが、岡山大の窪木拓男教授は「実用的な歯の再生治療が可能なことを大きな動物で実証した。人への応用を目指したい」としている。

    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:共同通信 2017/3/16 21:19
    https://this.kiji.is/215081735738426868

    ▽関連
    岡山大学 プレスリリース
    イヌの歯の再生に成功 大型動物モデルにおける構造・機能的に完全な歯の再生成功によりヒトにおける完全な歯の再生治療の実現可能性を証明
    http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id457.html
    図1 イヌ歯胚細胞を用いた再生歯胚の作成
    http://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press28/press-170317-1img1.jpg

    引用元: ・【再生医療】イヌの歯の再生に成功 犬の幹細胞から歯胚を作成、移植し天然の歯とほぼ同じものを再生/岡山大など©2ch.net

     人間の歯の再生にも期待が高まる!! イヌの歯の再生に成功! - 岡山大学と理化学研究所  の続きを読む

    豚人間

    1:
    人の細胞持つブタ胎児作製 米、将来の臓器移植見据え

    【ワシントン共同】人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)をブタの受精卵に注入し、人の細胞が交ざったブタの胎児を作ることに初めて成功したと米ソーク研究所などのチームが26日、米科学誌セルに発表した。
     

    将来的にブタの体内で人の臓器を作り、人に移植する再生医療につなげることを目指す技術だが、倫理的に問題だとする指摘も根強い。

     
    チームは人の皮膚から作ったiPS細胞を、1466個のブタの受精卵に注入し、41匹のブタの子宮に戻した。
    186個の受精卵が最長4週間育って胎児となり、うち67匹が人の細胞を持っていることを確認した。



    ▽引用元:共同通信 2017/1/27 12:431/27 12:49updated
    https://this.kiji.is/197518507767006708

    ▽関連
    Salk Institute for Biological Studies
    Salk News January 26, 2017
    New findings highlight promise of chimeric organisms for science and medicine
    http://www.salk.edu/news-release/new-findings-highlight-promise-chimeric-organisms-science-medicine/

    Cell
    Interspecies Chimerism with Mammalian Pluripotent Stem Cells
    http://www.cell.com/cell/fulltext/S0092-8674(16)31752-4
    http://www.cell.com/cms/attachment/2081749851/2072569773/gr1.jpg

    引用元: ・【再生医療】人の細胞持つブタ胎児作製 ヒトのiPS細胞をブタの受精卵に注入 将来の臓器移植見据え/米ソーク研究所など©2ch.net

     人の細胞持つブタ胎児作製 ヒトのiPS細胞をブタの受精卵に注入 将来の臓器移植見据え - 米ソーク研究所など の続きを読む

    バイオ3Dプリンター

    1:
    3Dプリンターで神経再生=細胞チューブ作製-京大など

    人や動物の細胞を立体的に作る「バイオ3Dプリンター」を使い、事故などで欠損した神経を再生する世界初の技術を開発したと、京都大の池口良輔准教授らの研究グループが23日発表した。論文は米科学誌プロスワンに掲載された。
     
    事故で指の神経細胞が欠損した場合、足などの神経を移植する手術が行われるが、代わりに足の神経は欠損してしまう。シリコン製チューブで欠損した神経同士をつなぐ人工神経の開発も進むが、事故前の状態まで回復させるのは難しい。
     
    池口准教授と九州大発の医療ベンチャー、サイフューズ(東京)は、人の皮膚から採取した細胞を培養して作った細胞の塊から、サイフューズが開発したバイオ3Dプリンターを活用し、筒状のチューブ「神経導管」を作製した。

    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:時事ドットコム 2017/02/23-16:27
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017022300972&g=soc

    ▽関連
    PLOS ONE
    The efficacy of a scaffold-free Bio 3D conduit developed from human fibroblasts on peripheral nerve regeneration in a rat sciatic nerve model
    http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0171448

    引用元: ・【再生医療】バイオ3Dプリンターを使い欠損した神経を再生する技術を開発 細胞チューブ作製/京都大など©2ch.net

     バイオ3Dプリンターを使い、欠損した神経を再生する技術を開発 細胞チューブ作製 - 京都大など の続きを読む

    このページのトップヘ