メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    人工透析

    1:
    尿酸が体内に溜まり、関節に激痛が走る病気・痛風。偏った食生活などがきっかけとなり、当然に発症してしまう非常にツラい病気だ。

    今回登場するオッサン・山本さん(46歳・会社員)も痛風を患ってしまった一人。記者とは元同僚であり、当時は毎日のようにランチで大好きなラーメンを食べていたのだが、その偏った食生活が原因となって右足に痛風を患ってしまい、医者からラーメンを禁じられてしまっていたのである。



    ・3年の闘病の末に完治!
    ところが、山本さんは再びラーメンを食べるため、医者からの厳しい指示をしっかりと遵守。3年の闘病の末ついに痛風を完治させたのである! これは快気祝いをせずにはいられない。何が食べたい? と聞いたところ「ラーメンが食べたいよぉ!」と即答した山本さん。彼に好きなだけラーメンを食べさせてあげようと考え、とあるイベントに連行することにした。



    ・最強ラーメンフェス
    そのイベントとは、5月7日まで東京都町田市のシバヒロにて開催されている「最強ラーメンFES.」。早速食券を購入し、オッサンの食べたいものを調達することにした。



    ・いきなりラーメン3品+餃子2品を購入
    山本さんはなんと一気にラーメン、混ぜそば、つけ麺のラーメン3品と餃子2品と生ビールを購入! まったく遠慮のない、清々しいほどのおごられっぷりである。「のびちゃうんで食べていいスかぁ~?」と煽ってくるので、写真撮影は程々にしていよいよ3年ぶりのラーメン解禁!結局山本さんはラーメン8杯、餃子2人前を食べ終えたところで本日は打ち止めとなった。


    ちなみに、「来週も絶対来よう!」と熱く語って会場をあとにした山本さんは、心なしか右足を引きずっているように見えた。痛風が再発しなければいいのだが……。


    http://buzz-plus.com/article/2017/04/29/tabesugi-kanchi/
     
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: ・【グルメ】ラーメンの食い過ぎで痛風になったラーメンマニアのオッサンが完治→またラーメン食べまくる [無断転載禁止]©2ch.net

     ラーメン食べ過ぎて痛風になり医者からラーメンを禁じられたマニアがこちらw の続きを読む

    うどん県

    1:
     “うどん県”をアピールする香川県は、糖尿病による死亡者数が全国3位、患者数を示す受療率は同2位と“糖尿病ワースト県”としても知られる。糖尿病は肥満や食べ過ぎ、運動不足などが主な原因とされるが、国の調査によると香川県の場合、肥満度を示す体格指数BMIは全国8位、塩の摂取量は34位、1日の歩数は27位(いずれも男性)と突出して悪いわけではない。ではなぜ? 医療関係者は「うどんとおにぎりなど『炭水化物の重ね食べ』に加え、うどんの過剰摂取、早食いという県民の食習慣にあるのでは」と指摘。不名誉な結果は、やはりうどんの影響なのか。



    “粉もん文化”に匹敵する“うどん県文化”の重ね食べ事情

     香川県民のソウルフードといえばうどん。そのうどん店で、トッピングの天ぷらなどとともに欠かせないサイドメニューの定番が、おにぎりやいなりずしなどのご飯物だ。

     うどん店の多くは、好きなトッピングや総菜を取って、レジに持っていくセルフ式で、おにぎりなどはレジのすぐ横に置いてある。高松市内にある人気店の女性店員(53)は「だいたい半分くらいのお客さんがおにぎりなどを買っていきますね」と話す。

     こうした炭水化物の重ね食べは、お好み焼きやたこ焼きなど粉もんが好きな大阪でもよく見られるが、体にあまりよくないとされる。

     大阪府が今年8月に発表した「大阪版健康・栄養調査」によると、「米・パンと麺(めん)類や粉もんを一緒にどのくらい食べているか」という問いに対し、男性は約27%、女性は約26%が1日1食以上、重ね食べをすると回答。4人に1人が「お好み焼きとご飯」など主食の重ね食べをし、BMIが高い人ほど、その傾向が強いことが明らかになった。

     重ね食べはカロリー過多になりやすく、栄養バランスも悪いため、府は「炭水化物の重ね食べは大阪文化で改善は難しいが、バランスの良い食事を心がけて」と呼びかけている。



    炭水化物の過剰摂取、早食いも

     しかし、大阪府の糖尿病死亡率は33位、受療率は20位と、香川県とは隔たりがある。医療関係者は「(香川で糖尿病が多いのは)重ね食べも要因の1つだが、炭水化物の過剰摂取や早食いの影響も大きいのでは」と指摘する。

     総務省が取りまとめた経済センサスによると、香川県にある「うどん・そば」の店は約600店。人口1万人当たりに対する店舗数は5・92店で、全国1位。別の統計ではうどんの県別消費量が全国平均の2倍以上というデータもある。

     香川のうどん店では、小(1玉)から大(3玉)までサイズがあるのが一般的。1玉当たりの量は店によって違うが、市販のものだと1玉約250グラム。仮に3玉分750グラムだとすると800カロリーになり、一般的な成人男性の1日の炭水化物摂取量の約3分の2に当たる。

    以下省略

    http://www.sankei.com/west/news/161114/wst1611140003-n1.html

    引用元: ・【社会】糖尿病ワースト3位・香川県、原因はやはりうどん? 炭水化物重ね食べ、早く食い…県民の食習慣に“待った” [無断転載禁止]©2ch.net

     糖尿病ワースト3位の香川県、原因はやはりうどんか? の続きを読む

    1:
    林敦彦2016年11月13日17時15分
    写真・図版
    糖尿病治療の体験を話すグレート義太夫さん=東京都内で
    no title


     「たけし軍団」のタレント、グレート義太夫(ぎだゆう)さん(57)は、糖尿病の症状が進んで腎不全になり、いまは週に3回、人工透析を受けている。「2型糖尿病」と診断されてからも、しばらくは治療に正面から向き合わなかった。そのことを悔やみ、講演会や自身のブログで注意を呼びかけている。 「糖尿病予備軍の方は僕みたいにならないよう、生活習慣を少し見直してみませんか」


    14日は世界糖尿病デー 国内2千万人超の患者・予備軍

     糖尿病とわかったのは1995年7月、36歳のときだった。114キロあった体重が92キロぐらいに落ちていたが、「夏バテだろう」と思い込んでいた。自宅で立ち上がろうとした瞬間に倒れ、救急車で運ばれた病院で検査を受けて「2型糖尿病」と診断された。

     「それほどの自覚症状もなかったので、いきなり糖尿病と言われて驚いた」。そう振り返る。 (空腹時の)血糖値は630(正常は110)ミリグラム/デシリットル。担当医から「立派な糖尿病です。普通だったら昏睡(こんすい)状態になっていてもおかしくない」と言われたという。

     前年の94年には、糖尿病の治療を受けていた父が血管障害の「食道静脈瘤(りゅう)破裂」で亡くなっていた。それでも、当時は「自分がなんで糖尿病なの?」と思っていた。

     http://www.asahi.com/articles/ASJCC560ZJCCUBQU00C.html

    引用元: ・【タレント】 糖尿病予備軍「生活習慣見直そう」 グレート義太夫さん[11/13] [無断転載禁止]©2ch.net

     人工透析患者のグレート義太夫さんが、糖尿病予備軍の人々に「生活習慣見直そう」だって の続きを読む

    腎臓疾患

    1:
    「暴論」とは文字通り、乱暴な議論のことであるが、結果的に、蓋をしておきたい何かを「暴く」論となることもありうる。先頃、フリーアナウンサーが発した暴言も、その是非とは別に、日本の「人工透析」が抱える恐ろしい実態の一端を炙り出したのは確かである。

     ***



    その長谷川豊アナ(41)がブログに記したのは、

    〈自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ! 無理だと泣くならそのまま殺せ! 今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!! 〉

    という発言であった。



    彼の論理は、〈人工透析患者の8~9割は「自業自得」の食生活と生活習慣が原因〉で、それによって〈保険料、食いつぶされ続けている〉。そして、そうした患者を「バカキリギリス」とした上で、〈餓死しなければいけない。でなければ、アリさんはやる気を失う〉というもの。むろん、関係団体などから非難が噴出し、長谷川氏は出演番組すべてを降板させられた。



    もっともこの騒動、批判の中心は「自業自得」とか「殺せ!」といった言葉の評価。その意味では、プロのアナウンサーであることが不思議なくらい、言葉選びの感覚に欠けた人物と言わざるをえないが、

    「人工透析の現状を見れば、将来、自己負担を増やせ! の声が多方面から出てくるのは、十分ありうる話です」

    とは、医師でジャーナリストの富家孝氏である。



    ■“定期預金”

    さる腎臓内科医が言う。

    「2014年で日本の人工透析患者は32万人。彼らは大抵、週に3日、1日4時間ほどの治療を強いられ、これにかかる費用は1人あたり年間500万円と言われています。単純に32万人をかけると、総額で年間1兆6000億円にも上ります」

    月に直せば40万円ほどもかかるため、高額療養費の特例が適用され、自己負担は上限月1万~2万円。さらに透析患者は身体障害者の1級に認定されうるから、それらを合わせると患者負担が0円のケースも。つまり、国民が納めた保険料や税金からこの額が負担されることになるのだ。

    また、「人工透析で問題なのは、病が完治することは難しく死ぬまで付き合わなくてはいけないものであることです。一度受ければ、元に戻るのは容易でなく、費用もかかり続ける」(同)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161022-00513696-shincho-ent
    デイリー新潮 10月22日(土)5時57分配信

    2:
    先の富家氏も続ける。

    「厄介なのは有効な対策がないこと。腎臓移植が進めば良いのですが、日本の場合はドナーが圧倒的に足らず、年間で移植が出来るのは1300人ほどです。また、医者にとっては、人工透析患者は“定期預金”。永遠のリピーターになりますから、患者を人工透析に誘導しがち。そうさせない動機が働かないのです」


    かくして、透析患者は1年に6000人ほど増えている。先の1・6兆に加え、年間約300億円の負担が増え続けるのだ。


    「これでは国の財政は破綻する。その前に、人工透析の自己負担額を増やせ、という議論は起きるはずです。しかし、増やしたところで、人工透析の患者さんは、週の半分は病院通いですから、仕事もままならず、経済的に高額の医療費を払う余裕などない人が多い」(同)

    つまり、完全に袋小路というワケだ。一アナウンサーの進退など論じているのが滑稽なほど切迫した状況と言えるが、そのことを一体、どれだけの方が騒動から読み取ったことであろうか。

    ワイド特集「君の名は」より

    「週刊新潮」2016年10月20日号 掲載

    引用元: ・【芸能】長谷川豊アナが炎上…年間1.6兆円「人工透析」の実態 [無断転載禁止]©2ch.net

     長谷川豊アナ炎上で話題になった年間1.6兆円もの税金が使われる「人工透析」の実態 の続きを読む

    no title

    1:
    フリーアナウンサーの長谷川豊さんが9月19日に更新した「自業自得の人工透析患者は殺せ」とするブログなどが大きな批判を集め、長谷川さんがニュース番組などを降板する騒ぎになった。

    長谷川さんは自身のブログやインタビューなどで「言葉が過ぎた」などと謝罪したが、Change.orgを利用して、抗議のネット署名を呼びかけ2万5000以上を集めた腎臓病患者の野上春香さん(仮名、41)は、ハフポスト日本版の取材に対して「謝罪のポイントが違う」と憤り、患者の声を知ってほしいと話した。その一方で、「長谷川さんが本当に訴えたかったことを聞き、一緒に未来を考えたい」とも考えていた。

    参考記事:「透析は大勢の死者の上に成り立っている」長谷川豊アナに抗議の署名・女性患者が訴えること

    野上さんは10月15日、都内で長谷川豊さんに対面し、集まった署名を手渡した。ハフポスト日本版では、野上さんとともに長谷川さんの話を聞いた。

          ◇

    野上:今回、私がChange.orgで署名のページを立ち上げて色々な方が広めてくださり、勇気をもらいました。それで、ハフィントンポストの取材を受けました。その記事をご覧いただけましたでしょうか。

    長谷川:はい。まずは何よりも、とても悲しい思いや嫌な思い、辛い思いをさせたと思います。野上さんに賛同してたくさんの方が署名されてたと思うんですね。その全ての方に、心からお詫び申し上げます。本当にすみませんでした。

    野上: 記事の中で、過去には腎臓病で亡くなる子どもがすごく多くて、私も実際に友人を亡くしたという話をしました。結局、治療費のことを苦に自殺されたり、ご家族の方が病気を苦に一家心中したりってことがありました。それが元で患者会などから働きかけがあって、ようやく制度ができたわけじゃないですか。それまでの間に亡くなられた方が制度の礎になった。

    長谷川:単純にいたずらに私を攻撃しようという人間もおりましたし、非常に悪意を持って拡散する人間達も残念ながらいるにはいました。ただそれ以上に、私も冷静に読み直してみてこれは申し訳ないことをしたなという思いがありました。

    野上:こうしましょうっていうアイディアがあるのに、そこに説明するまでたどり着かなかったわけじゃないですか。なのでそういうのはやっぱりもったいないと思います。

    ■なぜブログに暴言を書いてしまったのか

    以下、記事全文
    http://www.huffingtonpost.jp/2016/10/18/yutaka-hasegawa_n_12534234.html

    引用元: ・【芸能】長谷川豊アナ「『医療は全員に』は違う」 抗議の署名届けた患者女性と対談 [無断転載禁止]©2ch.net

     長谷川豊アナ、抗議の署名届けた患者女性と炎上狙いの対談か。 の続きを読む

    このページのトップヘ