メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    人工授精

    精子バンク

    1:
    自称「精子バンク」、60サイト以上 性交渉も選択肢
    精子提供の流れ
    no title

    朝日 2017年3月26日05時03分
    http://www.asahi.com/articles/ASK3T778DK3TPLBJ00G.html

     他人の精子を使った人工授精を手がける医療機関が減る一方、ネット上には「精子バンク」などと称して精子の提供を掲げるサイトが、活動休止中も含めて60以上存在する。多くは「無償」や「ボランティア」とし、個人で運営している。精液を入れた市販の注射筒を渡して、女性が自分で注入する方法のみのサイトがある一方、性交渉を選択肢とするところもある。


     都内に住む20代後半の女性は「無償の精子バンク」を運営する男性の提供で、長女(1)を生んだ。胸に抱いた長女を見つめて「そっくりでしょ」と笑う。スマホには、長女によく似たまゆ毛の男性の写真が映っていた。「男性への恐怖心や嫌悪感」で結婚はしたくなかったが、子どもは欲しかった。医療施設ではAIDを受けられないため、ネットで提供者を探した。


     複数のサイト運営者と面会し、4人目の男性に「こちらの気持ちをくみとってくれている」と感じた。1年近くにわたり月1、2回、注射筒をもらって、自分で人工授精を十数回繰り返した。うまくいかず、妊娠の確率を上げようと性交渉した結果、妊娠したという。「後悔は何もない。この子の質問には答えていきたい」と話す。


     提供した男性は関東地方の40…

    有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

    残り:521文字/全文:1008文字



    精子提供で人工授精、施設減少 ネットでは個人やりとり
    朝日 2017年3月26日05時01分
    http://www.asahi.com/articles/ASK3T5TZHK3TPLBJ008.html

     夫が不妊症の夫婦を対象に、他人の精子を使った人工授精(AID)に取り組む医療施設が、この14年で26カ所から7カ所に減ったことが朝日新聞の取材でわかった。一方、ネットを介して、個人が精子を提供する動きが出ている。規制もなく、トラブルや子どもへの影響を懸念する声もある。


     AIDは、提供精子を器具を使って人工授精する。国内では1940年代から始まったとされる。日本産科婦人科学会(日産婦)が97年に営利目的の精子提供を禁じて、対象を婚姻した夫婦に限るルールをつくり、実施施設を登録制にした。登録施設は、2003年に26カ所あったが、16年には14カ所に減少。朝日新聞の取材では、このうち現在も実施している施設は7カ所だけだった。


     減少の背景には、子どもに精子提供者の情報を知らせる「出自を知る権利」が世界的に認められつつあり、将来のトラブルを心配して提供者が減っていることなどがある。感染症検査で一時凍結した精子を使うため、妊娠率が数%という低さも敬遠される一因だ。12年に中止した施設は「出自を知る権利が認められたら対応できない」と説明。実施中の複数の施設も「提供者が集まりにくい」と回答した。


     施設が減る中、国内でAIDを最も多く手がけている慶応大学病院は、1年以上先まで予約で埋まっている。

     自民党は13年、AIDで生ま…

    残り:284文字/全文:835文字



    関連
    【第三者卵子】不妊女性の希望、課題は…2人の「母親」、出自知る権利、提供リスクも
    2017.3.22 21:15
    http://www.sankei.com/life/news/170322/lif1703220064-n1.html

    引用元: ・【人工授精】自称「精子バンク」60サイト以上で規制なし、性交渉も選択肢、一方、正規の医療施設は「出自を知る権利」で減少©2ch.net

     「精子バンク」と称して精子の提供を掲げるサイトが乱立。 一方、正規の人工授精(AID)を扱う医療施設は激減 の続きを読む

    卵子ドナー

    1:
    社会
    国内初 匿名の第三者から卵子提供、出産
    (東京都)


    ■ 動画をみる
     病気で卵子のない女性が、匿名の第三者から卵子の提供を受け出産したことが分かった。こうした出産が明らかになったのは国内で初めて。 NPO法人「OD-NET」によると、出産したのは早発閉経で卵子がない40代前半の女性で、2015年、卵子の提供を受け妊娠したという。30代の女性が匿名を条件にボランティアで卵子を提供した。  


    日本ではこれまで、姉妹などから卵子の提供を受け出産した例はあるが、匿名の第三者の卵子で妊娠・出産が明らかになったのは今回が初めて。赤ちゃんは女の子で今年1月に生まれ、母子共に健康だという。


    今回、出産した女性以外にも同様の卵子提供で妊娠した女性が2人いて、年内に出産予定だという。卵子提供を巡っては、誰が母親なのかなど親子関係が複雑になるため、NPO団体は法律の整備を急いでほしいと訴えている。
    [ 3/22 15:38 NEWS24]

    http://www.news24.jp/nnn/news890146054.html
    Copyright(C)NNN(Nippon News Network)

    引用元: ・国内初 匿名の第三者から卵子提供、出産 [無断転載禁止]©2ch.net

     国内初、匿名の第三者から卵子提供を受けて、妊娠&出産 の続きを読む

    加藤貴子

    1:
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000075-dal-ent

    加藤貴子 夫の「不妊」を告白 妊活の現実伝える

     ドラマ「温泉へ行こう」シリーズなどで知られる女優・加藤貴子(46)が自身のブログで、夫が「不妊」だったことを明かした。加藤は13年10月に一般男性と結婚。不妊治療の末、14年11月に第1子長男が誕生した。現在も妊活中。


    加藤は12日に更新したブログで、「これから妊活を始めようとしている方の旦那さん、またはパートナー、男性の方へのメッセージです」と切り出し、「まず、不妊の原因は女性側だけではない、『男性不妊』というのもあることを知っていただきたいです。現に我が家は男性不妊でした」と“不妊=女性が原因”とのイメージを取り除くように願った。


     加藤の夫は精子が一般男性の10%しかなく、そのうえに、運動率5%と言われた時もあったという。医師からは「顕微授精でしか妊娠できる可能性はないです」と伝えられ、「旦那さんはショックを受けたようです。まさか、妊娠できない理由が自分にもあるんだとは、思ってもいなかったようです」と振り返った。


     加藤夫妻の場合は、不妊治療のクリニックに相談するまで8年間かかったことも告白。「その間に卵子はどんどん老化していました」と明かし、「避けられるものなら、私たちが経験したことを避けて欲しいと思います(中略)お子さんが欲しいとお考えの方は、奥さんやパートナーに丸投げせずに、どうかお二人で取り組んで戴きたいです」と伝えた。


     加藤の夫の場合は運動や食事の改善、酒を控えるなど生活改善した結果、自然妊娠出来るまで精子の状態が好転。その後、顕微授精ではなく体外受精で第1子を授かることができたという。

    引用元: ・加藤貴子が夫の「不妊」をカミングアウト「子供が出来ないのは男が原因でした」 [無断転載禁止]©2ch.net

     加藤貴子が夫の「不妊」をカミングアウト「子供が出来ないのは夫が原因でした」 の続きを読む

    体外受精

    1:
    体外受精で26人に別人の精子使用か オランダ、半数が既に妊娠・出産


    【12月28日 AFP】オランダ中部ユトレヒト(Utrecht)の医療機関で、体外受精(IVF)を行った最大26人の女性に対して、父親になるはずの男性とは別人の精子細胞が使用された恐れがあることが分かった。これらの女性の半数は既に妊娠または出産しているといい、調査が行われている。


    ユトレヒトのユニバーシティ・メディカル・センター(University Medical Centre)は27日に発表した声明で、2015年4月中旬から2016年11月中旬までに行われた体外受精で「手続き上の誤り」があったと明らかにした。

     
    あるカップルが用いた精子細胞が他の26組のカップルにも使われた疑いがあり、父親になるはずの人の精子細胞とは別の精子細胞が卵子細胞と体外受精させられた可能性があるという。同センターは取り違えが起きた可能性は小さいとしながらも、可能性は「排除できない」としている。

     
    体外受精を行ったカップルには取り違えの可能性が伝えられている。(c)AFP


    ▽引用元:AFPBBNews 2016年12月28日 12:03 発信地:ハーグ/オランダ
    http://www.afpbb.com/articles/-/3112642

    引用元: ・【生殖医療】体外受精で26人に別人の精子使用か 半数が既に妊娠・出産/オランダ ©2ch.net

     体外受精で26人の女性に父親になるはずの男性とは別人の精子使用か 半数が既に妊娠・出産 - オランダ の続きを読む

    不妊

    1:
    政府が2017年度から、仕事を続けながら不妊治療を受ける従業員を支援するための制度創設に乗り出すことが分かった。


    現在の不妊治療に対する助成制度だけでなく、治療と仕事の両立に向けた企業支援の枠組みを創設し、女性の社会進出を阻害する要因を取り除きたい考えだ。

    *+*+ YOMIURI ONLINE +*+*
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161011-OYT1T50102.html 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    引用元: ・【社会】不妊治療、仕事との両立へ制度創設に乗り出す…政府方針 [無断転載禁止]©2ch.net

     国が不妊治療に助成制度創設 - 女性の社会進出をサポート の続きを読む

    このページのトップヘ