メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    乳がん

    乳がん検知犬

    1:
    【AFP=時事】犬は乳がんを患う女性の乳房に触れた布を正確に嗅ぎ分けられることを示した診断試験の結果が24日、発表された。珍しいながらも、将来性のある研究結果だ。

    【写真8枚】実験に参加するジャーマンシェパード犬

     試験を行ったフランスのチーム「Kドッグ(KDog)」によると、ジャーマンシェパード犬2匹が、わずか半年間の訓練で乳がんを100%探知できるようになったという。この方法は簡単で体への影響もなく、安価に実施できることから、マンモグラフィー(乳房X線撮影)利用が困難な国々での乳がん診断に革命をもたらす可能性がある。


     試験は、優れた嗅覚を持つ犬は乳がん細胞が持つ独特のにおいを嗅ぎ分けられるとの仮定の下で行われた。チームは、31人の乳がん患者から、がんを患う乳房に当てた包帯のサンプルを収集。犬専門家の協力の下、ジャーマンシェパード2匹に、がん患者の乳房に当てられた包帯とそうでない包帯を嗅ぎ分けるよう訓練した。


     6か月間にわたる訓練の後、2匹は今年1月と2月に行われた試験に臨んだ。試験では、訓練で使用したものとは別の乳がん患者から集められた包帯31枚を使用。1度の実験につき乳がん患者の包帯1枚と、非患者女性の包帯3枚が用意された。1回目の実験で2匹はがん患者の包帯31枚中28枚を検知し、成功率は90%だった。だが成功率は2回目の実験で100%に上昇した。


     研究チームは次に、より多くの患者と別の犬2匹による臨床試験を行う予定だが、資金が不足している状態だという。【翻訳編集】 AFPBB News


    webへどうぞ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000004-jij_afp-int

    引用元: ・【医療】布をクンクン、乳がん検知 犬が乳がんに触れた布を正確にかぎ分ける画期的診断法、仏で発表 [無断転載禁止]©2ch.net

     乳がん検知犬が話題に! 乳がんの乳房に触れた布を正確にかぎ分けるジャーマンシェパード の続きを読む

    乳がん

    1:
    異常が見えにくい高濃度乳房…受診者に「通知すべきかどうか」で議論

     自治体検診で、国が40歳以上の女性に推奨する乳がん検診法・マンモグラフィー(乳房エックス線撮影)。 日本女性にはこの方法だけではがんの有無を判別しづらい、乳腺の密度の濃い「高濃度」の乳房が目立つ。だが、異常が見えにくい乳房でも「異常なし」とだけ受診者に通知する自治体が多い。どう対処すべきか、いま議論が進んでいる。


     今月8日、東京・永田町で開かれた国会議員の勉強会。検診の実態について、野田聖子衆院議員が厚生労働省の担当者に迫った。「高濃度乳房だとがんが写りづらいことを、女性は知らされていない。私も知らなかった。知らせないとまずいのではないか」 厚労省側は「学会で(一律の通知は)時期尚早との意見がある」と答え、今後、国の検討会で議論する方針を明らかにした。


     乳房は乳腺の密度が濃い順に、高濃度、不均一高濃度、乳腺散在、脂肪性の四つに分類される。 密度が濃いとマンモ画像では全体が白く写り、同じく白く写るがんを見つけにくい。マンモに不向きとされる高濃度と不均一高濃度は日本女性の5~8割との指摘がある。


     この弱点をカバーするのが超音波検査だ。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    読売新聞(ヨミドクター) 2/27(月) 12:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00010001-yomidr-sctch&p=1

    引用元: ・【医療】異常が見えにくい高濃度乳房…受診者に「通知すべきかどうか」で議論 専門医は再検査対象者が殺到することに懸念も ©2ch.net

     異常が見えにくい高濃度乳房…受診者に「通知すべきかどうか」で議論 の続きを読む

    鈴木奈々

    1:
    スポーツ報知 2/9(木) 1:34配信
    鈴木奈々、胸にしこり…乳がん検診受ける「自分で守ろう。自分のからだ」 乳がん検診の大切さを訴えた鈴木奈々


    タレントの鈴木奈々(28)が9日未明に更新したブログで、乳がん検診の大切さを訴えた。鈴木は「旦那さんとデート中に胸が急に痛くなって胸を触ってみたらコリコリ動くしこりがあって今日病院に行ってきました」「病院に行くのは怖かったけど、不安の方が強すぎて乳腺外科に行きました」と報告した。


     「しこりを見つけてからの一週間はずっと不安で食欲もいつもよりなくなりぐっすり眠れなかったです」との心情を吐露したが、超音波エコーを受けた結果、不安が安心に変わったという。ただ、ブログには勘違いからか、「しこりは陽性でした」と記述している。


     医師によると20代で乳がんになることは少ないらしいが、「だからといって、放置しちゃだめですよ」と忠告。「今回の事があって検診の大切さを知りました。早期発見、予防の大切さを知りました」と訴え、「自分で守ろう。自分のからだ」とブログをしめた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000059-sph-ent

    引用元: ・【話題】鈴木奈々の胸にしこり 乳がん検診受ける [無断転載禁止]©2ch.net

     鈴木奈々の胸にしこり 乳がん検診受けた結果が陽性?! の続きを読む

    水素温熱免疫療法

    1:
    女性自身 2/7(火) 0:00配信

    1月29日、小林麻央(34)が約1カ月ぶりに退院したことを公表した。

    闘病開始から約800日。これまで気丈に戦う姿勢を見せ続けてきた彼女だが、今回の入院については《今回の入院は底まで行って、考え、弱気になりました。暗くなりました》という心境ものぞかせた。この1年で11kgもの体重の変動があったという麻央。珍しく弱気な一面を漏らしたのは、それだけ闘病が過酷ということだろう。


    それでも彼女は病に勝つため《これから4キロ太ることがまず目標です!》と決意を表明。実際、退院後も海老蔵が作った卵かけご飯をすべて完食するなど、入院時とは見違えるほどの食欲で体力の回復ぶりを見せている。


    そんななか、2月1日午前10時半。自宅前に止まったタクシーに乗り込む麻央と姉・小林麻耶(37)の姿を
    本誌は目撃した。車を走らせること15分。到着したのは、都内にある完全予約制のクリニックだった。ここは「水素温熱免疫療法」という高濃度水素水を使った温浴療法など、さまざまな補完代替医療が受けられると評判のクリニックだ。


    「温熱療法とは、身体を温め血行をよくする物理療法です。痛みの緩和などが期待できるとして、がん患者さんが利用するケースも多いです」(医療関係者)


    昨年12月に麻央はブログで《温浴療法を始めてみたり》とつづっていたが、退院後も様々な治療法を模索していたようだ。


    彼女がクリニックを出て来たのは、1時間以上経った正午過ぎだった。その後、麻耶は麻央を連れて近くにある人気ブランド店へ。退院祝いをかねていたのだろうか。2時間ほどの“姉妹水入らず”のショッピングを終えると自宅へと戻っていった――。


    團十郎さんの命日となる2月3日、市川海老蔵(39)は成田山新勝寺での豆まきに参加。かたわらには長男・勸玄くん(3)、長女・麗禾ちゃん(5)の姿もあった。この日、麻央はブログにこう書き込んでいる。


    《楽しそうな笑顔を画面を通して見て、一安心。そして感謝いっぱいです。福は内》

    一進一退ではあるものの、彼女は今も「がんに負けない!」と決意の闘病を続けている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170207-00010001-jisin-ent

    引用元: ・【芸能】小林麻央 退院の陰で始めた「水素温熱免疫療法」という選択 [無断転載禁止]©2ch.net

     小林麻央さんが選んだ「水素温熱免疫療法」とは の続きを読む

    小林麻央

    1:
     がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が6日夜、ブログを更新。痛み止めがきかなくなり、近く放射線治療を再開することを明かした。

     麻央は「痛み止め様」のタイトルでブログを更新。「痛み止めの量を増やしてもまた痛みが増してきたり、痛みは心折れますね」 と痛み止めがきかなくなってきていることを明かし、「心折れます」と告白。緩和ケアの先生のアドバイスをもらいながら、痛みが和らぎ、穏やかな気持ちでいられる時とそうでない時の落差があることを明かした。


     麻央は2014年10月に乳がんと診断されたことを、昨年6月9日に夫・市川海老蔵(39)が会見して公表した。昨年9月下旬には根治手術ではなく、QOL(生活の質)向上のための手術を受け、左胸の乳がんを摘出。同10月からは基本的に自宅で過ごしたが、11月からは1カ月にわたり、平日に25日間、放射線治療を受けた。しかし、治療の副作用による激しい痛みが続き、クリスマスを前に再入院を余儀なくされた。


     この日は「これから、痛みのある部位だけに放射線をあて、痛みの軽減も期待します」と放射線治療の再開を報告。「が、私の決断が遅かったため、まだ始められないので、今は、首を長くして待っているところです」と治療再開を悩んだことも含めて告白し、治療の効果に期待する気持ちもつづった。


     ブログの最後には、自宅の玄関に飾られているという桃色の牡丹の鉢植えの写真をアップ。「私よりずーっと痛かったり苦しく このブログを読んでくださっている方が少しでも心和らぐ瞬間がありますように」と言葉を添えた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000088-dal-ent

    引用元: ・【激痛!】小林麻央、痛み止め効かずツラい放射線治療再開へ [無断転載禁止]©2ch.net

     小林麻央さん、痛み止め効かずツラいツラい放射線治療再開へ の続きを読む

    このページのトップヘ