じょい速

2ちゃんねる等のニュースを興味の赴くままに世界の「じょい・JOY」まとめてみました^^

    乳がん

    1:
    体験者たちが語る無念の実例
    週刊現代
    講談社
    毎週月曜日発売

    「検査はしなくてもいいですか?」と問うと、「大丈夫です」と答える医師。しかし、がんは確実に患者の体を蝕んでいた――。そんな、悔やんでも悔やみきれない「がんの見落とし」を、経験者たちが振り返る。
    「心配いらないですよ」


    乳がんで亡くなった小林麻央さんは、生前、ブログにこんな言葉を残している。〈私も後悔していること、あります(中略)あのとき、/もうひとつ病院に行けばよかった/あのとき、/信じなければよかった〉('16年9月4日付)


    その言葉からは、病院や治療の選び方についての後悔が滲む。とりわけ彼女は、がん告知までの医師、病院の選択を深く悔いていた。なぜなら、その過程で医師が、がんを見落とした可能性があるからだ。


    麻央さんが初めてがんを意識したのは、'14年2月。夫の市川海老蔵と人間ドックを受け、医師にこう告げられた。「左乳房に腫瘤があります。これはしっかり検査して診てもらったほうがいいので、なるべく早く病院へ行ってください」 麻央さんが「がんの可能性もあるということですか」と尋ねると、「五分五分です」


    この段階で、がんのリスクはハッキリと麻央さんに提示されていた。しかしその直後、麻央さんは都内の虎の門病院で、マンモグラフィ検査などを受け、がんを疑う状況ではないと告げられる。麻央さんは重ねて、細胞を直接採取して調べる「生検」の必要はないかと確認したが、医師は、「必要ないでしょう。心配いらないですよ。半年後くらいに、念のためまた診てみましょう」と答えた。


    麻央さんはホッと息をついた。

    ところが検査から8ヵ月経った同年10月、麻央さんは左乳房にパチンコ玉のようなしこりに気づき、不安を胸に、再診を受ける。しこりについて虎の門病院の医師に報告し、触診を受けた。だがこの段階でも医師は、「大丈夫だと思います」と判断していたという。


    しかし、エコー検査をすると医師の表情が曇る。腋にもしこりがあると分かり、ようやく生検を受けることになった。そして、検査から約10日後の10月21日、がんが告知された――。「麻央さんの担当医は、かなり迂闊だったと思います」と指摘するのは、乳がんを専門とし、数千の手術を行ってきたベテラン医師である。


    「検査の段階でつまずいていた可能性が高い。当初、担当医はマンモグラフィを使ったようですが、授乳中はマンモグラフィが映りづらい。様々な可能性を考えて、生検も行うべきだったと思います。もちろん乳がんは診断が難しいですが、麻央さんの例に限らず、医師が独りよがりに診断を下してしまい、『これで診察は終わり』と打ち切ってしまうケースは見受けられます。大抵は経験が浅かったり、過去の失敗の反省がない医師ですね」

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52231

    引用元: ・【話題】「あのとき信じなければ」小林麻央さんも後悔 がんを見落とす医者 [無断転載禁止]©2ch.net

     「あのとき信じなければ」小林麻央さんも後悔 がんを見落とす医者 の続きを読む

    1:
    乳がん患者の乳房摘出を回避する治療に道を開く新薬が、徳島大の片桐豊雅教授(ゲノム制御学)らのグループによって開発されたことが11日、分かった。13日から福岡市で開催される日本乳癌学会学術総会で発表される。


    今回の研究は、日本で最も症例が多い「エストロゲン依存性乳がん」が対象。初期の場合、手術後の再発や転移を防ぐためにホルモン剤が投与されることが多い。現行のホルモン剤は投与期間が5~10年と長いうえ、その間に薬剤耐性ができたり、副作用が生じたりすることもあった。


    片桐氏らは平成22~28年、乳がん細胞を移植したマウスにタンパク質の一種、ペプチドから作った新薬「ERAP」を投与。週1回、1カ月間投与を続けた結果、がん抑制遺伝子「PHB2」が本来持つブレーキ機能を発揮してエストロゲンの経路を止め、がん細胞の増殖を抑えることを突き止めた。


    さらに、新薬の分子を化学合成でつなぎ合わせて効能を持続させる実験にも成功した。この新薬と既存のホルモン剤を併用することで、最終的にがん細胞が死滅したという。実験では薬剤耐性となった乳がんへの効果が実証された。片桐氏は「術前の一次療法段階で投与して、がん細胞を抑制することにも可能性は広がる」と適用拡大を視野に入れている。


    乳がん治療では近年、日本人研究者の発見が注目されている。東京医科歯科大の三木義男教授は遺伝性乳がんなどの可能性を示す乳がん原因遺伝子「BRCA1」を発見。米女優、アンジェリーナ・ジョリーさんの乳房の予防的切除の医学的根拠となった。


    片桐氏は平成26年、乳がん細胞だけにあるタンパク質「BIG3」が「PHB2」の働きを阻害するシステムを解明し、今回の研究につなげた。安全性や効果を調べる大型動物への非臨床試験を経て、3~5年後の実用化を目指している。


    がん遺伝子研究の世界的権威、中村祐輔シカゴ大教授は「がん細胞は自分を防御する性質も備えるなど、抗がん剤や分子標的薬を投じてもなかなか消えない。この新しいメカニズムから攻撃する方法はがん医療の常識を変えるかもしれない」と評価している。

                       ◇

    【用語解説】エストロゲン依存性乳がん

    女性ホルモン「エストロゲン」を“エサ”として、がん細胞が増殖する乳がん。乳がんの薬物療法の分類であるサブタイプでは、ホルモン受容体陽性型のルミナールタイプに入る。日本の患者の約7割がこのタイプに属する。

    乳がんの新ホルモン療法
    no title


    配信 2017.7.12 10:00更新
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/life/news/170712/lif1707120011-n1.html

    引用元: ・【医療】乳がん、乳房摘出せず治療 徳島大グループが新薬開発 3年後の実用化目指す [無断転載禁止]©2ch.net

     乳がん、乳房摘出せず治療 徳島大グループが新薬開発 3年後の実用化目指す の続きを読む

    1:
    標準治療を遅らせた? 海老蔵“スピリチュアル信仰”の是非
    2017.07.01
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/208528

     小林麻央さん(享年34)の逝去から、はや1週間、海老蔵一家はもとより、日本国民全員が悲嘆にくれている状況だが、今週発売の「週刊新潮」がある疑問を呈している。


     麻央さんは14年2月に人間ドックを受診。左乳房にしこりが見つかり、要再検査で都内の病院を受診したところ、白黒はっきりつかないため、3カ月後に再受診するよう促されたという。その8カ月後に再検査に訪れ、がんが見つかり、脇のリンパ節にも転移していることが明らかに。医師からは抗がん剤治療などの標準治療を提示されたが、これを断り、気功治療を行っていたというのだ。


     がんが見つかった段階で標準治療を行っていれば一般的には5年生存率で90%といわれているのだが、がん治療に訪れたのは発見から1年4カ月後。もうリンパが瘤のように腫れ上がり、乳房から膿が出るほどになっていたという。




    医師の米山公啓氏がこう言う。

    「代替医療に頼る前に、医師を訪ねセカンド、サードオピニオンに回るべき。医師の意見をたくさん聞くことで治療法を考えれば、もう少し考え方も変わったかもしれません。患者さんの年齢に関係なく、腫瘍はとにかくより早く取り除くことが生存率を高めます」


    ★1が立った日  2017/07/01(土) 09:52:06.97

    ※前スレ
    【芸能】標準治療を遅らせた? 海老蔵“スピリチュアル信仰”の是非
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1498870326/

    引用元: ・【芸能】標準治療を遅らせた? 海老蔵“スピリチュアル信仰”の是非 ★ 2 [無断転載禁止]©2ch.net

     小林麻央さんの標準治療を遅らせたのは、市川海老蔵さんの“スピリチュアル信仰”のせい?! の続きを読む

    1:
    小林麻央さんの命奪った乳がん 意外と知らない基礎知識
    dot.:2017/6/24 07:00
    https://dot.asahi.com/dot/2017062300063.html

    no title

    浸潤がんと非浸潤がん

    no title

    主なリンパ節の位置

    no title

    乳がんのステージ分類



     小林麻央さん(34)の命を奪った乳がんとはどんな病気なのか。

     乳房には母乳(乳汁)をつくる「小葉」と乳汁を乳頭まで運ぶ「乳管」からなる「乳腺組織」があり、それらを間質組織が支えている。乳がんは、この乳腺組織に発生するがんだ。乳房を正面から見て、乳頭を中心にして上下と左右の四つに分割すると、最も乳がんができやすいのは、わきの下に近い外側の上部で、約半数を占める。次に多いのが、鎖骨に近い乳房の内側上部だ。


     乳がんは乳管内にとどまっている「非浸潤がん」と乳管の外まで広がっている「浸潤がん」に大別される。非浸潤がんは血管やリンパ管に入り込んでいない早期がんで、がんの進行度を示す「病期」は、0期に分類される。この場合手術で治る可能性が高い。


     しかし非浸潤がんを放置すると多くの場合、がんは乳管の壁を破って増殖していき、浸潤がんになる。やがてリンパ管や血管に入り込み、全身に転移を起こす。最初に転移しやすいのが、わきの下にある「腋窩リンパ節」だ。さらに乳房から離れた肺や肝臓、骨などに転移していく。病期はがんが乳房の中でどれくらいの大きさか、リンパ節転移があるか、乳房から離れた臓器への転移があるか、によって決まってくる。浸潤がんでもがんの大きさが2センチ以下なら、治療で8割以上が治る。


     乳がんの特徴の一つは、ほかのがんと比べると増殖のスピードが比較的ゆっくりな場合が多いということだ。乳がんが発生してからしこりとして認識されるまでには、何年もかかる。



    ■主な症状はしこり、分泌物、ただれ

     乳管内でがんが増殖すると、乳腺組織が腫れてしこりとなる。また、がん細胞から出血すると乳頭から血液の混じった黄色や茶褐色の分泌液が出ることがある。浸潤がんの場合、皮膚のくぼみやひきつれ、乳頭の陥没が見られることがあり、まれに痛みも生じる。がんは塊をつくる際に周囲の組織を引き込みながら縮んで、硬くなる性質があるためだ。


     乳がんの症状といえばしこりが代表的だが、がんが進行してもしこりをつくらないタイプの乳がんもある。一つが「炎症性乳がん」で、皮膚が赤く腫れるのが特徴だ。毛穴がオレンジの皮のように目立つようになり、乳房が全体的に大きくなる。もう一つが「パジェット病」で、乳頭が炎症を起こし、ただれていく。どちらも発症率が低い特殊な乳がんだ。


     こうしたがんの症状はいずれも「乳腺症」や「線維腺腫」「乳腺炎」など良性の病気でも起こるもので、乳がんとの鑑別が難しいこともある。(監修:がん研有明病院乳腺センター乳腺外科部長・岩瀬拓士医師)

    引用元: ・【医学】小林麻央さんの命奪った乳がん 意外と知らない基礎知識©2ch.net

     【医学】小林麻央さんの命奪った乳がん 意外と知られていない基礎知識 の続きを読む

    1:
     歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻で、進行性の乳がんと闘病中だったフリーアナウンサー、小林麻央さんが22日夜に東京都内の自宅で死去したことが23日、分かった。34歳だった。麻央さんは昨年9月1日、「力強く人生を歩んだ女性でありたい」と、公式ブログ「KOKORO.」を新設し、闘病生活を赤裸々に明かした。


     投稿された記事の数は実に352回。苦痛を訴えるようなものはなく、回復を願い、生きている喜びをつづる前向きなものばかりで、多くの人々の共感を呼んだ。最後の更新は今月20日午前6時15分で、題は「オレンジジュース」。鼻にチューブを入れながらも笑顔の写真を添え、「皆様にも、今日 笑顔になれることがありますように」と結ぶなど最後まで愛にあふれていた。


     麻央さんのブログは、がんと闘う人々に勇気を与え、昨年11月には英公共放送BBCが選ぶ世界の人々に感動や影響を与えた「今年の100人の女性」の1人に日本人として初めて選出された。ブログ読者の1人だった教育評論家、尾木直樹氏(70)は「今を懸命に生き抜こうという力強さ、周囲への感謝の気持ちが伝わり、麻央さんが輝いてみえた」と振り返り、「彼女の生き方をそれぞれが自分の中に引き継ぐことが大切では。バトンを受けたランナーのように」と訴える。


     250万人以上の読者に希望を届けた同ブログは、今後、書籍化される可能性もありそうだ。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-00000000-sanspo-ent

    引用元: ・【映画化も?】小林麻央さんのブログ書籍化検討、がんと闘う人々に勇気と希望届けたい [無断転載禁止]©2ch.net

     小林麻央さんのブログ書籍化検討、がんと闘う人々に勇気と希望届けたい の続きを読む

    このページのトップヘ