メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    万引き

    1:
    「物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなる」という病気である「窃盗症(クレプトマニア)」――。これまで「万引き問題」は、「犯罪」と「刑罰」という視点でのみ捉えられることが多かった。しかし、これからは「疾患」と「治療」という医学的観点で取り扱うことも重要になってくるかもしれない。


    大森榎本クリニックは、東京都内で唯一、クレプトマニアの専門外来が設けられている。そこではどのような治療が行われているのだろか。同クリニックの精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏に話を聞いた。



    ■ 薬物依存症のプログラム「SMARPP」を参考に

    「当クリニックで行っているのは、認知行動療法を中心としたワークブックを使ったプログラムです。12セッションで1クール(半年間)、内容は『再発の予測と防止』と『リスクマネジメント』が中心です」

    そのプログラムで参考に用いたのが「SMARPP」。国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦氏が薬物依存症患者を対象に考案したプログラムだ(参考:薬物依存で<人里離れた施設に隔離>は古い?~街中でも治療可能な「SMARPP=スマープ」http://healthpress.jp/2016/11/smarpp.html)。


    「当院のクレプトマニアの治療プログラムは、まず『万引きをする引き金』や『万引きのリスクや衝動への対処』などを具体的に検討します。最後に再発防止計画(リスクマネジメントプラン)をつくり、患者そしてその家族と共有します」(斉藤氏)


    治療プログラムに加えて、患者にとって大きなメリットは「同じ問題を抱えた仲間が集う居場所がある」というとだ。「孤独」が引き金となって始まりやすいクレプトマニアにとって大切なことなのだ。通院パターンは、週に6回もあれば3回、あるいは1回など再発リスクに応じてさまざまだが、通院という、習慣を変える行動そのものも治療のひとつに違いない。実はさまざまな依存症に共通する再発の2大リスクがある。

     

    ■ すべての依存症に共通する<再発の2大リスク>

    「実はさまざまな依存症に共通して言えることは、『やることがなくて退屈をもてあます』『睡眠時間がきちんと取れなくなる』が、代表的な生活習慣の中での2大再発リスクなのです」(同)

    では、この2大リスクを回避するには、どうすべきか。「朝、目が覚めて、『行くところがある』というのがポイントです。また、我々の専門外来を訪ねれば、同じ悩みを持つ人と体験を共有できます。そして「やめ方」を学ぶことができます。さらに、クレプトマニアを克服しようとしているのは自分だけではない――と前向きな気持ちにつながります。

     
    また、通院して治療プログラムを受けている――という姿から、治療に真剣に取り組んでいることを家族も感じ取り、家族支援グループ(KFG:Kleptomania Family Group-meeting)への参加率も上がり、病気に関する理解や治療への協力が得られるようになる。家族の関係性も、良いほうに向かうことが多いようです」(同)



    ■ 治療のスタートは万引きで捕まってから

    ところが、クレプトマニアの患者は、最初から治療プログラムを自主的に受けることは少ない。患者の多くは窃盗(万引き)で捕まり、刑事事件として刑事手続の過程において、保釈されてから通院するケースがほとんどだ。だが、通院が裁判を有利に進めるための単なるアリバイに陥るおそれもあるのではないだろうか。そこで、大森榎本クリニックでは、裁判終了後も1年間の継続通院を患者と家族に誓約書に同意してもらってから治療を開始している。


    「治療プログラムの過程では、安全な日は『青色シール』、万引きをしそうになったら『黄色シール』、もし万引きしたら『赤いシール』、それらを各人がプログラムで用いるカレンダーに貼って、自身の<悪循環のパターン>を見つめ直します」「通院中の再犯は、これまで発覚したケースは1件。その方は、翌週に裁判を控えた中で再発しました。それも店員の目の前で万引きしています。


    我々は、このようなケースを『反省が足りない』『意志が弱い』という見方ではなく、それだけ重症であると判断します。このような患者を断ることなく受け入れていけば、当クリニックの患者の再犯事例は増えるかもしれません。しかし、居場所や受け皿は絶対に必要です。特に高齢者のクレプトマニアは、孤独が最大の引き金ですから」(同)

    http://biz-journal.jp/2017/07/post_19583.html
    http://biz-journal.jp/2017/07/post_19583_2.html

    ※続きます

    引用元: ・【医療】万引きを繰り返すのは病気…「刑罰」だけでなく「治療」が重要 [無断転載禁止]©2ch.net

     万引きを繰り返すのは病気…「刑罰」だけでなく「治療」が重要??? の続きを読む

    万引き

    1: 2016/07/13(水) 18:44:29.60 ID:CAP_USER9
     万引を繰り返す人の中に、盗みをやめられない心の病「窃盗症(クレプトマニア)」や、周囲に分かりにくい型の認知症が原因の場合が多数あるとして、弁護士らが団体をつくり支援に乗り出した。本人と家族に助言を提供し、社会には「刑より治療が有効」と訴えている。再犯のため懲役の実刑確実とみられた被告に「治療を受けるべきだ」と執行猶予や罰金刑の判決が言い渡されるケースも出ているという。


     クレプトマニアは世界で使われる米精神医学会の「精神疾患の診断・統計マニュアル」にも記載され「個人で用いるのでも金銭的価値のためでもなく、盗もうとする衝動に抵抗できない」などの診断基準を紹介。依存症の一種との見方もある。


     万引常習者の弁護に詳しい林大悟弁護士はこのほか「前頭側頭型認知症」が万引をした高齢者に発見されるケースも多いと話す。「性格が変わり衝動が抑えにくくなる。だが物覚えには影響がみられず家族は認知症と分かっていない場合も多い」と述べ、高齢になって万引し始めた人を病院で検査すると「この診断が出ることが極めて多い」と強調する。


     病気が原因の場合、刑務所ではなく治療で対処する必要があるとして、林弁護士らは二〇一四年十二月、支援団体「アミティ」を創設。クレプトマニアの人の自助グループや家族会の運営、治療医の紹介に取り組み「窃盗症患者の回復と万引の被害防止」を掲げている。


    ◆挙式直前、逮捕で知った
     東京で昨年十一月、結婚式を三週間後に控えた女性が和菓子万引の現行犯で逮捕された。戸惑う婚約者の男性が知らされたのは、多数の前科だった。「窃盗症(クレプトマニア)」。どうしても万引がやめられない心の病気に彼女は苦悩していた。二人での治療が始まった。(夫婦は仮名)


    ■気付けば盗品が手に
     昨年十一月九日、警視庁東京湾岸署の面会室。数日ぶりに会うトモカ(38)は透明な仕切り板の向こうで、灰色のスエットを着ていた。泣いて「ごめんね」と繰り返すトモカ。ヒロユキ(34)も涙を流し「大丈夫だ」と励ました。


     「私なんて、また社会に出たら公害」。逮捕直後、トモカは別れを覚悟した。万引はいつも催眠中のように意識がなく、気付いたら盗品が手にあるか、取り押さえられている。止めるには自殺しかないと思った。ヒロユキと出会ってからは心が落ち着いて症状は出ず、新しい自分になったと、秘密にしていた。


     最初に面会に来たのはヒロユキの両親だった。婚約破棄だと直感し、当然だと思った。だが、仕事で来られない彼の気持ちとして伝えられたのは「別れない。病気を二人で治そう」。三人で涙を流した。


    ■自分痛めつける行動
     クレプトマニアに詳しい精神科医の斎藤学(さいとうさとる)さんは「自分を罰し、傷つけ痛めつける行動の一つ」とみる。 「快楽目的ではなく、捕まるように派手に盗む人も少なくない。経済的利益を求める通常の盗みとは全く違う」と説明し、特に過食や拒食の経験がある女性の発症が多いと話す。


     勾留中に予定通り婚姻届を提出。保釈後、治療医の診察を初めて受けたトモカは、肉親との人間関係に苦しんでいたことや、暴食しては吐く摂食障害という経験を打ち明けた。 万引中に意識がないのは心の傷を持つ人の防衛反応で「解離」という状態ではないかという見方が示された。

     
     治療が順調に進んでも実刑となり確定すれば収監される。ヒロユキは「被害者には本当に申し訳ない。でも、刑務所で解決するのではなく、家族で治す病気だと思う。トモカじゃなく僕に頑張れと言いたい」と話した。


     <窃盗症(クレプトマニア)> 盗みを繰り返してしまう心の病。普通の窃盗は役に立つ品や金銭的価値があるものを盗むのに対し、自分が使う意思も、価値もないのに盗む衝動に抵抗できなくなる点が異なる。症状が始まるのは青年期が主とされ、摂食障害との関連も指摘されているほか、女性の患者が多いとの見方もある。

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201607/CK2016071302000235.html

    引用元: ・【社会】 窃盗症に理解訴え 弁護士ら支援、万引常習「刑より治療を」 [無断転載禁止]©2ch.net

     窃盗症に理解訴え 弁護士ら支援、万引常習「刑より治療を」 [無断転載禁止]©2ch.net  の続きを読む

    このページのトップヘ