メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    マンモグラフィー

    1:
    体験者たちが語る無念の実例
    週刊現代
    講談社
    毎週月曜日発売

    「検査はしなくてもいいですか?」と問うと、「大丈夫です」と答える医師。しかし、がんは確実に患者の体を蝕んでいた――。そんな、悔やんでも悔やみきれない「がんの見落とし」を、経験者たちが振り返る。
    「心配いらないですよ」


    乳がんで亡くなった小林麻央さんは、生前、ブログにこんな言葉を残している。〈私も後悔していること、あります(中略)あのとき、/もうひとつ病院に行けばよかった/あのとき、/信じなければよかった〉('16年9月4日付)


    その言葉からは、病院や治療の選び方についての後悔が滲む。とりわけ彼女は、がん告知までの医師、病院の選択を深く悔いていた。なぜなら、その過程で医師が、がんを見落とした可能性があるからだ。


    麻央さんが初めてがんを意識したのは、'14年2月。夫の市川海老蔵と人間ドックを受け、医師にこう告げられた。「左乳房に腫瘤があります。これはしっかり検査して診てもらったほうがいいので、なるべく早く病院へ行ってください」 麻央さんが「がんの可能性もあるということですか」と尋ねると、「五分五分です」


    この段階で、がんのリスクはハッキリと麻央さんに提示されていた。しかしその直後、麻央さんは都内の虎の門病院で、マンモグラフィ検査などを受け、がんを疑う状況ではないと告げられる。麻央さんは重ねて、細胞を直接採取して調べる「生検」の必要はないかと確認したが、医師は、「必要ないでしょう。心配いらないですよ。半年後くらいに、念のためまた診てみましょう」と答えた。


    麻央さんはホッと息をついた。

    ところが検査から8ヵ月経った同年10月、麻央さんは左乳房にパチンコ玉のようなしこりに気づき、不安を胸に、再診を受ける。しこりについて虎の門病院の医師に報告し、触診を受けた。だがこの段階でも医師は、「大丈夫だと思います」と判断していたという。


    しかし、エコー検査をすると医師の表情が曇る。腋にもしこりがあると分かり、ようやく生検を受けることになった。そして、検査から約10日後の10月21日、がんが告知された――。「麻央さんの担当医は、かなり迂闊だったと思います」と指摘するのは、乳がんを専門とし、数千の手術を行ってきたベテラン医師である。


    「検査の段階でつまずいていた可能性が高い。当初、担当医はマンモグラフィを使ったようですが、授乳中はマンモグラフィが映りづらい。様々な可能性を考えて、生検も行うべきだったと思います。もちろん乳がんは診断が難しいですが、麻央さんの例に限らず、医師が独りよがりに診断を下してしまい、『これで診察は終わり』と打ち切ってしまうケースは見受けられます。大抵は経験が浅かったり、過去の失敗の反省がない医師ですね」

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52231

    引用元: ・【話題】「あのとき信じなければ」小林麻央さんも後悔 がんを見落とす医者 [無断転載禁止]©2ch.net

     「あのとき信じなければ」小林麻央さんも後悔 がんを見落とす医者 の続きを読む

    1:
    大阪府岸和田市が27日に行った市の女性職員対象の乳がん検診で、検診を受ける職員の様子を40代の男性医師が盗撮した疑いがあることが捜査関係者や市への取材で分かった。医師のスマートフォンに画像が保存されており、大阪府警が医師に任意で事情を聴いたところ、盗撮を認めたという。


    府警は府迷惑防止条例違反や軽犯罪法違反の疑いもあるとみて調べている。市は、28~30日に予定していた乳がん検診を中止した。27日はこの医師が約150人を担当していた。検診は市役所そばの職員会館3階の一室で午前と午後に実施。午後に受診した女性職員が受診中に不審な点に気付き担当者に相談。


    人事課が府警に通報した。府警が確認したところ、医師のかばんの中にスマホがあり、検診が行われた時間帯に撮影された上半身裸の女性の画像があったという。府警は医師から引き続き任意で事情を聴くとともに、画像の分析を進める方針。【井川加菜美】


    配信 2017年6月28日 15時00分
    毎日新聞
    http://mainichi.jp/articles/20170628/k00/00e/040/316000c

    引用元: ・【大阪】医師、乳がん検診の市職員をスマホで盗撮 警察聴取に認める 乳がん検診は中止 岸和田市 [無断転載禁止]©2ch.net

     変態医師、乳がん検診の市職員をスマホで盗撮。 乳がん検診は中止(大阪府岸和田市) の続きを読む

    1:
    乳がんリスク高い体質の女性への通知 ガイドライン作成へ
    日本放送協会:2017年6月5日 17時07分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170605/k10011007131000.html

    女性がなるがんで最も多い乳がんの検診で、がんが見逃されるリスクが比較的高い体質の女性にどのように通知するか自治体によって対応が異なり、患者団体などから批判が出ています。このため、厚生労働省はほかの検査を紹介するなど、きめ細かい対応を求めるガイドラインを作成することになりました。


    40歳以上の女性を対象にした自治体の乳がん検診は国の指針で「マンモグラフィー」と呼ばれ、エックス線の検査を行うことになっています。ただ、日本乳癌検診学会によりますと、日本人女性のおよそ4割は乳腺の密度が高い「高濃度乳房」という体質だと推定されています。この場合、がんが乳腺に隠れて画像に写りにくく、検査の精度が最大で50%ほど下がるとされ、見逃しのリスクが指摘されるようになりました。


    しかし、国の指針ではこうした体質を通知するかどうか定めがなく、8割を超える自治体が乳がん検診の結果として、『異常なし』などと伝えるにとどまっていて、患者団体などから批判が出ています。


    このため厚生労働省は5日、専門家会議を開き、高濃度乳房の場合、マンモグラフィー検査ではがんの判別が難しいとしたうえで、がんが見逃されるリスクをきちんと説明したり、超音波の検査など乳腺の密度が影響しない検査を紹介したりして、通知を受けた人が不安にならないよう自治体側にきめ細かい対応を求める方針を決めました。


    厚生労働省は今後、自治体の対応をまとめたガイドラインを作成し、来年3月までに示したいとしています。厚生労働省は「国としては有効性が確立しているマンモグラフィーを勧めているが、自治体には受診者に対し、体質を正しく理解してもらったうえで、自費で受けられる別の検査などを丁寧に示してほしい」と話しています。

    引用元: ・【健康】乳がんリスク高い「高濃度乳房」体質の女性への通知、ガイドライン作成へ 厚生労働省©2ch.net

     乳がんリスク高い「高濃度乳房」体質の女性への通知、ガイドライン作成へ 厚生労働省 の続きを読む

    1:
    乳がん検診 超音波使う新技術を開発 日立
    日本放送協会:2017年5月24日 14時11分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170524/k10010993371000.html

    超音波を使う乳がんの検診で、検査をする人の技量に左右されずに高い精度で腫瘍を発見できる新しい技術を日立製作所が開発しました。日立が開発したのは、乳がんの検診のうち超音波を使う方式の新しい技術です。新しい技術では、受診者はうつ伏せになって水を満たした検査容器に乳房を入れるだけで検査を受けられます。


    従来の検診では、1つの方向から超音波を照射するため、腫瘍などの発見は検査をする人の技量に左右されていましたが、新しい技術はリング状の装置が超音波を360度から照射するため、検出の精度が大きく高まったということです。また、腫瘍の様子もより詳細に把握できることから、良性か悪性かの判定の精度も高まるとしています。


    日立では北海道大学病院と共同研究を進め、3年後の2020年をめどに実用化を目指すということです。開発に当たっている日立製作所基礎研究センタの川畑健一さんは「現状の検診よりも簡単に測れるうえ精度がよく、誰がやっても同じ結果が出る検査を目指して開発した」と話しています。



    ▼関連スレ
    【社会】日立がメインフレームのハード製造を中止、AP8800Eの後継はIBM機ベース
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1495551374/

    引用元: ・【医療/企業】高い精度の乳がん検診 超音波使う新技術を日立製作所が開発 ©2ch.net

     検査する人の技量に左右されない精度の高い乳がん検査機器を日立製作所が開発。  の続きを読む

    乳がん検知犬

    1:
    【AFP=時事】犬は乳がんを患う女性の乳房に触れた布を正確に嗅ぎ分けられることを示した診断試験の結果が24日、発表された。珍しいながらも、将来性のある研究結果だ。

    【写真8枚】実験に参加するジャーマンシェパード犬

     試験を行ったフランスのチーム「Kドッグ(KDog)」によると、ジャーマンシェパード犬2匹が、わずか半年間の訓練で乳がんを100%探知できるようになったという。この方法は簡単で体への影響もなく、安価に実施できることから、マンモグラフィー(乳房X線撮影)利用が困難な国々での乳がん診断に革命をもたらす可能性がある。


     試験は、優れた嗅覚を持つ犬は乳がん細胞が持つ独特のにおいを嗅ぎ分けられるとの仮定の下で行われた。チームは、31人の乳がん患者から、がんを患う乳房に当てた包帯のサンプルを収集。犬専門家の協力の下、ジャーマンシェパード2匹に、がん患者の乳房に当てられた包帯とそうでない包帯を嗅ぎ分けるよう訓練した。


     6か月間にわたる訓練の後、2匹は今年1月と2月に行われた試験に臨んだ。試験では、訓練で使用したものとは別の乳がん患者から集められた包帯31枚を使用。1度の実験につき乳がん患者の包帯1枚と、非患者女性の包帯3枚が用意された。1回目の実験で2匹はがん患者の包帯31枚中28枚を検知し、成功率は90%だった。だが成功率は2回目の実験で100%に上昇した。


     研究チームは次に、より多くの患者と別の犬2匹による臨床試験を行う予定だが、資金が不足している状態だという。【翻訳編集】 AFPBB News


    webへどうぞ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000004-jij_afp-int

    引用元: ・【医療】布をクンクン、乳がん検知 犬が乳がんに触れた布を正確にかぎ分ける画期的診断法、仏で発表 [無断転載禁止]©2ch.net

     乳がん検知犬が話題に! 乳がんの乳房に触れた布を正確にかぎ分けるジャーマンシェパード の続きを読む

    このページのトップヘ