ホップの苦み成分

1:
ポリフェノールを含む赤ワインに認知症予防効果があることが報告されているが、ビールについてもアルツハイマー病予防効果の可能性が示唆されている。東京大学、学習院大学、キリンの研究グループは、ビールの原料ホップに含まれる苦み成分(イソα酸)がアルツハイマー病の予防効果があることをマウスの実験で確認した。


ただし、アルコール摂取量は適量を維持することは重要で、一週間あたり300gを超える総エタノール量を摂取すると脳卒中のリスクが上がるほか、飲酒量が増えるほど口腔がん、咽頭がん、大腸がん、食道がん、乳がんなどのリスクが上がることがわかっている。こうしたことからも、アルコール摂取は控えめに越したことはなく、日本人では1日の純アルコール摂取量を23g(ビールで大瓶1本程度)以内にとどめ、従来からいわれているように休肝日を設けることが健康維持のポイントとなりそうだ。
(編集担当:久保田雄城)

一部抜粋でお送りしております。
詳細は下記引用元よりご覧ください|ω・)
http://economic.jp/?p=72589

引用元: ・【健康】赤ワインだけじゃない=ビールの苦み成分にアルツハイマー病予防の効果!/東大などが発表 [無断転載禁止]©2ch.net

 ビールの苦み成分にアルツハイマー病予防の効果! - 東大などが発表 の続きを読む