メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    ハゲ

    1:
    男性のみなさんは今、頭皮に関するどんな悩みをお持ちだろうか。加齢とともに頭皮の悩みを抱える人は増えてくる。男性用スカルプケアブランド「アデノゲン」を展開する資生堂が昨年、国の20~40代の男性を対象に実施した「男性の頭皮マッサージに関する実態調査」によると、頭皮の悩みランキング1位は「抜け毛」だった。

    no title


    20代後半~40代の男性10,000人のうち、頭皮に関して最も気になるのは「抜け毛(30.4%)」だった。そのうち過去に手や器具で頭皮マッサージを行ったことがあると回答した人は55.3%と、半数以上が抜け毛対策として頭皮マッサージを取り入れたことがあることがわかった。一方、現在も頭皮マッサージをしている人は36.7%と減少し、頭皮マッサージを始めても、習慣化までできるのは一部の人のみであるという結果となった。

    no title


    no title


    no title


    http://www.excite.co.jp/News/product/20170411/Dime_370288.html

    引用元: ・男性1万人に聞いた「頭皮の悩み」ランキング 1位はハゲ 2位頭皮のかゆみ [無断転載禁止]©2ch.net

     男性1万人に聞いた「頭皮の悩み」ランキング 1位はハゲ 2位頭皮のかゆみ の続きを読む

    1:
    マシュー・マコノヒー(47)は髪が薄くなり始めた際に薄毛対策をして見事にその悩みを解消していたようだ。

     30歳の時に髪が薄くなってきたのに気づいたマシューは、天然由来成分を使用した「リジェニックス」という商品を使い、そのおかげで抜け毛が止まっただけでなく髪がまた生えてきたのだという。「そうだよ。(僕の髪は)本物だよ。1999年に髪が薄くなっていたのはほんとさ」「リジェニックスっていうものを頭につけ始めて、もしまた生えてこなかったら、最悪だったね。1ドル硬貨のような(頭の後ろにはげた)部分があったね」とマシューは明かす。


     そして、マシューの薄毛の回復ぶりがあまりにも驚異的であったことから、「毛髪移植」をしたと嘘の主張をする医者まで出てきていたのだという。


     『ライブ・ウィズ・ケリー!』に出演したマシューは「ビバリーヒルズで出くわした人から『ここ10年毎年行ってるカンファレンスで、君はいつも素晴らしい毛髪移植の例としてスクリーンにいつも映しだされていたから、君に会うのを待ちわびていたんだ』って言われたんだ。ここ6年、誰が君の移植をしたか手を上げなかったけど、ここ3年はスウェーデン出身のこの医者が名乗り出たんだ」「それで僕は『ああ、彼は嘘ばっかりさ』って言ったら、彼は『君の頭皮を見てもいいかい?』って言うんで、僕の頭を見せたら、『植毛移植なんてないじゃないか。あの男の嘘を次の年のカンファレンスで暴いてやる』って言ってたよ」と話す。


     さらに、妻カミラ・アルヴェスとの間に3人の子供を持つマシューは自身の過去の髪型にも触れ「高校生の時は、ラットテールの後に(後ろ髪を)パーマして、それからブロンドにしてたね」「ストレートだったのを15の時にパーマをして、それ以来ずっと髪にカールがかかっているね。その髪質を子供にまで受け継がせちゃったみたいだよ」と語った。(BANG Media International)

    ソース
    http://www.daily.co.jp/gossip/foreign_topics/2017/01/21/0009848125.shtml
    マシュー・マコノヒー
    no title

    引用元: ・【海外】マシュー・マコノヒー(47)、薄毛を克服していた [無断転載禁止]©2ch.net

     マシュー・マコノヒー(47)、天然由来成分を使用した「リジェニックス」で薄毛を克服していた の続きを読む

    1:
    朝日新聞デジタル 11/23(水) 5:55配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000014-asahi-bus_all

    育毛ケアができるアデランスの新型ヘルメット機器「ヘアリプロ LED プレミアム」


     アデランスは23日、家庭で育毛ケアができる、赤色LEDを使ったヘルメット型機器の新機種「ヘアリプロ LED プレミアム」を全国の直営店などで売り出す。ヘルメットの内側につけた80個の赤色LEDが頭皮を照射し、育毛を促すという。重さは560gで、従来品より2割軽くした。男女兼用で、青系と白系の2色がある。本体価格は税抜き13万5千円。


    【写真】育毛ケアができるアデランスの新型ヘルメット機器「ヘアリプロ LED プレミアム」

    no title




    引用元: ・【薄毛】赤色LEDが頭皮を照射、育毛を促す アデランスがヘルメット型機器を発売 価格は13万5千円©2ch.net

     赤色LEDが頭皮を照射して育毛を促す! アデランスがヘルメット型機器を発売 の続きを読む

    BOLD

    1:
    パリのリュクサンブール公園で、美女が恋人のスキンヘッドの頭を愛おしく――まさに愛撫するように――撫でまわしているのを目にしたときは、思わず目が釘付けになりました。

    それから、セーヌ川にかかる橋上で見た、赤ちゃん連れのブライダル風景。男性のオツムはツルツルで、「年の差婚で頑張っているんだなぁ」と観察していたら、お肌も赤ちゃん並みにツルツルスベスベ。なんと、「若いパパ」だったのです。

    (中略)

    以上のように、フランス滞在も長くなると、多くのマダムやマドモアゼルが、パートナーの“ハゲ具合”に頓着しない、それどころか、スキンヘッドをとても好んでいると思われる場面に数多く遭遇します。

    *+*+ 東洋経済 +*+*
    http://toyokeizai.net/articles/-/142381 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    引用元: ・【社会】パリジェンヌは男の薄毛を“官能的”と捉えている!不毛な戦いから開放されよう [無断転載禁止]©2ch.net

     世界には男の薄毛を“官能的”と捉える女性もいる! の続きを読む

    アデランス2

    1:
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161018-00000020-zdn_mkt-bus_all

    10月14日、アデランスがMBOを実施すると発表した。

    投資ファンド・インテグラルが子会社を通じてTOBを行い株式を取得、同社の支援を受けながら経営再建を目指すということで、近く上場廃止になるという。この背景には業績低迷が長引いていることがあるというが、ではいったいアデランスに何が起きているのか。今年4月の2016年2月期決算発表で津村佳宏専務がおっしゃった言葉がすべてを物語っているので、引用させていただこう。


    「これまでの高価格帯のかつらを売るビジネスが崩れ始めた」
    (日経産業新聞 2016年5月16日)


    縁のない人にはなんのことやらという話だが、実は「かつら」は世の人々が想像している以上にコストがかかる。もちろん、個人差もあるが、アデランスなどの大手メーカーで自分の頭にピッタリのかつらをフルオーダーすると、40万~50万はゆうにかかるといわれる。しかも、そのお金をなんとか用立てれば新しい人生を迎えられるというものでもなく、そこから延々と維持管理費を払い続けなくてはいけない人生が待っているのだ。


    例えば、残った自毛は普通に生えてくるので、毎月のように境目を切りそろえるなど調整しなくてはいけない。また、技術が進んだとはいえ、人工物である以上、毛も抜け落ちるし、装着感も変わる。雨風や紫外線で疲弊したぶん、修繕も行わなくてはいけない。そうなってくると、その間にかぶる「代車」ならぬ「代かつら」というスペアも必要になってくる。


    さらに言えば、頭髪の寂しい人がある日を境に急にフサフサになるとバレバレなので、中には徐々に髪を増やしていくために、段階的なかつらを必要とする人も出てくる。事実、カツラーであることをカミングアウトされている綾小路きみまろさんも、テレビ番組などで「カツラは夏用、冬用など何着かある。洋服の着替えみたいなもんですね」とおっしゃっている。


    つまり、「かつらビジネス」というのは、高価で高品質なかつらを販売してゴールではなく、そこからスタートするメンテナンス、カウンセリングによってチャリンチャリンとお代を頂戴し続けるという仕組みになっているのだ。



    ●ビジネスモデルが崩れつつある理由

    このビジネスモデルが崩壊してきているというわけだ。では、その理由はなぜか。報道によれば、大手メーカーでは実現できないような低価格のかつらを提供する新興勢力が増えてきているからだという。確かに、2000年に創業したかつらメーカーのWith(ウィズ)のWebサイトをのぞくと、オーダーメイドの全頭かつらは16万8000円、部分かつらは14万8000円。修理・補修費用も2万5000円~5万円と料金表を公表している。


    「かつらのために働いているみたい」「頭に高級車をのっけて生きている」という嘆きも漏れ伝わるカツラーが、アデランスからこのような新興勢力に乗り換えてしまうのもしょうがないのかもしれない。ただ、アデランスの「高いかつらを売るビジネス」が崩れ始めた理由はこれだけではなく、日本人の「かつら」に対する認識が変わってきていることも大きい。


    よく言われることだが、日本ほど「ハゲ」に対して不寛容な社会はない。それを象徴するのが、1984年に日本進出を果たした大手かつらメーカー、スヴェンソンのローランド・メリンガー社長(当時)の言葉だ。

    「日本に来て初めてわかったが、日本人は髪が薄くなると真剣に悩む。ヨーロッパなら全く髪がない人でも街中をかっ歩している。一方、日本人は抜け始めの時点で考え込み、品質のよいかつらを探し歩く」(日経産業新聞 1986年4月15日)


    松木安太郎さんや漫画家のやくみつるさんも愛用を公言する「編み込み式増毛法」 開発した世界的なかつらメーカーでさえ驚くほど「薄毛」を忌み嫌う文化が日本には定着していたのだ。これには、日本人の髪が濃い黒であるため、欧米人よりも薄毛になると惨めな感じになってしまうからだとか、「恥の文化」という日本の精神性が関係しているとか諸説あるが、決定的な原因は分かっていない。


    ただ、この「ハゲ=恥」という文化を世に広めた「功労者」が誰なのかだけははっきりしている。


    お分かりだろう、アデランスだ。

    引用元: ・【経済】日本のおじさんたちは何故「アデランス」をかぶらなくなったのか。アデランスビジネス崩壊の理由 [無断転載禁止]©2ch.net

     アデランスが日本の男性に支持されなくなった理由とは の続きを読む

    このページのトップヘ