メディカル速報

2ちゃんねる等の医療関連ニュースを中心に情報収集&備忘録用ブログです。

    ノロウイルス

    1:
     本格的な夏の到来を前に、各自治体が、加熱しても殺菌しにくい「ウェルシュ菌」食中毒への注意を呼びかけている。作りおきしたカレーなどの煮物が原因となることがあり、昨年は全国で約1400人が発症した。専門家は「梅雨や夏は1年の中で最も菌が増えやすい。料理は常温保存せず、速やかな冷蔵を心がけ、食中毒を防いで」と呼びかけている。


     「リーガロイヤルホテル」(大阪市北区)のレストランでは5月初旬、昼食をとった利用客25人が下痢や腹痛などの症状を訴え、患者からウェルシュ菌が検出された。大阪市は提供メニューのうち、カレーなど作りおきの煮物料理が感染源の可能性が高いとみている。


     3日間の営業停止処分を受けた同レストランは、料理の作りおきの中止や温度管理の徹底などの再発防止策をとった。担当者は「うまみを出すなどの目的で作りおきをすることがあった。調理後、速やかに提供するよう徹底する」と話す。


     夏場は気温、湿度が高く、他の季節以上に食べ物への注意が必要だ。ウェルシュ菌は肉や魚、野菜などに広く付着する。加熱処理さえすれば「安心」と考えがちだが、この菌は加熱しても一部は残存する。カレーやシチューのようにとろみがあり、空気が通りにくい料理だと特に増えやすい。


     しかも食材の温度が45度程度まで下がると急激に増殖する特徴があり、いったん増殖すると死滅させるのは難しい。100度で6時間加熱したが、それでも殺菌できなかったという報告もあるという。厚生労働省の統計では、ウェルシュ菌による食中毒は過去10年間、およそ500~2800人で推移。昨年は前年の2・6倍の1411人に急増し、原因物質別でノロウイルス、カンピロバクターの次に多かった。


     特に7月は大量発生が頻発する“要注意”月で、1980年には埼玉県久喜市で小中学校の給食が原因で生徒ら3610人、2012年には山梨県富士河口湖町のホテルで宿泊客の高校生126人がそれぞれ集団で発症した。


     大阪府立大食品安全科学研究センターの三宅眞実センター長は予防策として、〈1〉調理後はすぐに食べる〈2〉保存する時は、できるだけ速やかに15度以下に冷蔵する〈3〉再加熱する際は長時間よく混ぜる――の3点を挙げる。(守川雄一郎)

    2017年07月06日 16時57分読売新聞
    http://yomiuri.co.jp/national/20170706-OYT1T50000.html
    no title

    引用元: ・【社会】一晩寝かせたカレー、ウェルシュ菌増殖の恐れ…昨年は全国で1400人発症 [無断転載禁止]©2ch.net

     作り置きしたカレーで食中毒…昨年は全国で1400人発症。 加熱しても殺菌しにくいウェルシュ菌に要注意 の続きを読む

    1:
    http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20170305k0000m040049000c.html

     東京都立川市の小学校や和歌山県御坊市の小中学校などで起きた給食が原因とみられる集団食中毒で、大阪市は4日、給食の刻みのりを加工した食品製造業「いそ小判海苔(のり)本舗」(大阪市北区)を無期限の営業禁止処分にした。加工所内から検出されたノロウイルスの遺伝子型が、東京などで給食に使われた刻みのりの型と一致した。


     大阪市生活衛生課によると、加工所内にあるのりの裁断機やトイレの便器など8カ所から、ノロウイルスが検出された。事業主の男性は市の調査に「昨年12月下旬にトイレで嘔吐(おうと)した」と説明している。


     この刻みのりは、賞味期限が今年12月1日の製品。3日現在、東京、大阪、福岡など16都府県で計780袋が流通していることが判明した。大阪市は再発防止の措置がとられるまで営業を禁止するとともに、いそ小判海苔本舗に製品の回収を命令した。


     一方、この刻みのりの袋には、いそ小判海苔本舗に加工を委託し、製造には関わっていない「東海屋」(大阪市都島区)が製造者として表示されており、市は食品表示法に違反していないかを調べている。【千脇康平】

    引用元: ・【食中毒】加工所からノロウイルス、焼きのりに付着か 無期限の営業禁止処分に [無断転載禁止]©2ch.net

     海苔加工所からノロウイルス、食品製造業「いそ小判海苔(のり)本舗」(大阪市北区)を無期限の営業禁止処分 の続きを読む

    1:
    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: ・ノリ加工業者「ノロっぽいけど……素手で作業してもかまへんか」 [無断転載禁止]©2ch.net

     ノリ加工業者 「ノロっぽいけど……素手で作業してもかまへんか」 の続きを読む

    1:
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170228-00000044-jnn-soci

    東京・立川の集団食中毒、原因は親子丼の「きざみのり」

     東京・立川市の小学校で1000人あまりが集団食中毒となった問題で、東京都は、原因は給食の親子丼に使われていた「きざみのり」と発表しました。


     この問題は、今月17日以降、立川市の7つの小学校の児童らあわせて1098人がおう吐などの症状を訴えたもので、東京都は先週、ノロウイルスによる集団食中毒と断定しました。その後の調査で、原因は大阪市の「東海屋」が製造した「きざみのり」と特定されたと東京都が発表しました。


    「きざみのり」は今月16日の給食の「親子丼」で使われていて、仕入先に保管されていた賞味期限が同じ「きざみのり」からノロウイルスが検出され、患者のウイルスと遺伝子配列が一致したということです。


     また、和歌山県によりますと、先月、御坊市で、給食を食べた生徒ら800人以上が食中毒となった問題で、原因となった磯和えにも同じ「きざみのり」が使われていたということです。(28日15:41).

    引用元: ・集団食中毒の原因は大阪で製造した「きざみのり」 これはまさか・・・ [無断転載禁止]©2ch.net

     東京&和歌山の集団食中毒の原因は大阪で製造した「きざみのり」 これはまさか・・・ の続きを読む

    ノロウイルス

    1:
    下痢や嘔吐(おうと)、腹痛、発熱などの症状で知られる「感染性胃腸炎」を引き起こし、毎年、秋以降に流行が本格化するノロウイルス。国立感染症研究所と北里大学生命科学研究所の研究グループによると、この秋冬は、昨シーズンまで流行の注意を呼びかけていた新型ノロウイルス「GII.17」ではなく、予想外に変異した遺伝子型「GII.2」が猛威をふるっている。それにより感染性胃腸炎が過去10シーズンで2番目の流行を記録し、厚生労働省が注意を呼びかけている。


    2016年の第 50 週(12 月 12 日~18 日) の感染症発生動向調査では、感染性胃腸炎の小児科定点当たりの患者数が、過去10シーズンで2番目に多い数字(20.89人/週)となった[注1]。その後、第51週では、17.28人/週となったことから、小児における感染性胃腸炎の流行はピークを越えたと見られる。


    しかし、まだ油断はできない状況だ。というのも、今シーズンの感染性胃腸炎の原因のほとんどがノロウイルス、特に変異型ウイルスである「GII.2」によるものと推定されているからだ[注2]。子どものピークが収まった後、子どもから大人へと感染し、今月末に向けて食中毒が増えていくことが危惧される。実際、国立感染症研究所の集計によると、2016年11月のノロウイルス流行株は、80%以上が「GII.2」だった(12月の集計は1月末に出る予定)。


    上記研究グループの片山和彦教授(北里大学北里生命科学研究所・感染制御科学府ウイルス感染制御学I)らの解析によると、今期流行している「GII.2」は、従来から流行がたびたび報告されている「GII.2」の遺伝子配列が変化し、ノロウイルスの表面の抗原性に変化が生じた変異株であることが明らかになっている(抗体が異物を認識して結合するための標的となるものを「抗原」と呼ぶ。


    抗原性変化とは、抗体が結合する標的部分のアミノ酸配列が変わってしまうこと。それによって、抗体が結合できなくなり、感染を防御できなくなる)。「従来流行していたGII.2に対して人々が獲得した免疫が、このGII.2の変異株に対して効果を発揮しにくくなり、流行が拡大しているのではないか」と片山教授は話す。


    [注1]IDWR速報データ 2016年第50週[注2]2016年12月2日のIASR速報として報告された宮城県の流行事例や、2016年12月21日に千葉市より報告された流行事例による

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170113-00000007-nikkeisty-hlth
    NIKKEI STYLE 1/13(金) 7:47配信

    引用元: ・【健康】ノロウイルス、10年で2番目の流行 まだ拡大かも [無断転載禁止]©2ch.net

     ノロウイルス由来の感染性胃腸炎、10年で2番目の流行 まだ拡大かも、とか嫌過ぎる… の続きを読む

    このページのトップヘ